みなと町でも桜は咲くら - 静岡市観光&グルメブログ

メジャースポットからディープなネタも!静岡市の観光・グルメ情報をご当地キャラさくやちゃんがPR!原住民の紹介するお得な静岡市ぶらぶら情報サイト!ζζ.

巴川と橋

巴川と橋⑭巴流大橋(ぱるおおはし)

いよいよゴールの巴流大橋。3本+1本?の川の傍にあるぐにゃりと曲がった歩道の橋、斜張橋ですが主塔がアンバランスに曲がっていて独特の味わい深さがあります。巴川では一番新しい特徴的な橋。今回のゴールにふさわしいですね!ζζ

巴川と橋⑬山原川~能島橋

今回で目的地の手前まで進みます。紹介する橋自体は1本なのに、前回の橋からとにかく距離があります。景色もだんだんと田舎っぽさが強く、絵になる風景も増えてきますね。支流の川も二本通過するので紹介しております。最後までどうぞよしなにζζ

巴川と橋⑫~渋川橋~JR東海新幹線橋梁

今回も普通の橋と普通じゃない橋の二本立て。でも特徴が少ないのであんまり面白い橋ではないですね。町並みが良く見える写真が揃いましたので、次の橋までの箸休め(橋だけに)でお願いいたします。ゴールまでまだ半分も歩いていません!ζζ

巴川と橋⑪巴川水管橋~坂政合板占用橋梁

巴川と橋シリーズ11回目。カモメと鳩がいっぱいな橋っぽいけど橋じゃない2本の橋を周りました。今回が巴川の橋の中では一番特徴的な内容かもしれません。記事の半分以上橋自体と関係なくなっていますがよろしくお願いしますζζ

巴川と橋⑩ 巴川橋 (国道1号)

昨年シリーズで紹介していた巴川に架かる橋の続きです。稚児橋からスタートし、巴流大橋を目指します!再開1回目の今回は特徴がないことが特徴?な国道一号線を通る交通の要、巴川橋まで歩きました!エクストラステージよろしくお願いします!ζζ

巴川と橋⑨ 稚児橋

巴川と橋シリーズは今回で一旦最終回。最も歴史があり、最も新しい橋『稚児橋』です。河童橋と言われることの多いこの橋周辺には古くから根付いた河童伝説があります。最終回にふさわしいボリュームを目指しました。最後までどうぞよしなにζζ

巴川と橋⑧ 柳橋

巴川と橋シリーズ8記事目。久々に橋自体に特徴のある『柳橋』を紹介。柳の木が生えた道を進むと、柳のデザインに彩られた古い橋にたどり着きます。こちらも駐車場付き。巴川と橋シリーズも残すところ2記事。最後までよしなにζζ

巴川と橋⑦ 2本の橋梁と大正橋

巴川に架かる橋シリーズ、7回目の更新です。千歳橋から右側通行で進み、3本の橋に出会います。今回は清水でも人気?の鉄道橋梁ネタです。痛い橋、度胸試しの橋、慣れると楽しい一番電車と近い橋。このシリーズも終盤戦、最後までどうぞよしなにζζ

巴川と橋⑥ 千歳橋

巴川に架かる橋シリーズ、6回目の更新です。歴史が伝わる萬世橋からそこそこ歩き、たどり着くのは千歳橋。こちらは世にも珍しい...かもしれない駐車場付きの橋なのです。毎度少ない内容を写真盛り盛りで誤魔化してます。引き続きどうぞよしなにζζ

巴川と橋⑤ 萬世橋

橋歩きシリーズもいよいよ折り返しです。書き忘れていましたがゴールは稚児橋で全9回予定。 今回も薄っぺらい知識を秋空の美しさで誤魔化します。 前回はこちら。 www.sakuyaoi.com 真っ直ぐ住宅街の川沿いを進みます。 八千代橋ともすぐ隣です 萬世橋 萬世…

巴川と橋④ 八千代橋

シリーズ4記事目、歩いた距離はまだ1.5km程度。大した内容ではないのですが雰囲気だけよさげに紹介しております。 前の記事はこちら www.sakuyaoi.com すぐ隣の橋 富士見橋と八千代橋はすぐ傍なので移動過程は飛ばしました。歩いて2分とかかりません。 八千…

巴川と橋③ 富士見橋

淡々と巴川沿いの街並みを紹介しているシリーズ いまいち盛り上がりに欠ける2記事を経て、3記事目ですζζ 前回はこちら 港橋から巴川沿いを進んでいきます こちらも壁画がたくさん並んでいます。このあたりの堤防は他と比べてかなり綺麗な気がします。最近塗…

巴川と橋② 港橋

巴川周辺と橋を歩きながら紹介するシリーズ2記事目です。 前回はこちら 前記事に引き続き巴川沿いを進みます ふと川の方向を見ると建物の間に富士山が 港橋 港橋 羽衣橋に続いて2本目の巴川に架かる橋。清水港界隈での橋間距離は羽衣橋と港橋の間が一番長い…

巴川と橋① 羽衣橋 ~ 清開橋

巴川は静岡市清水区、駿河区、葵区を貫流する全長17.98kmの二級河川。多くの支流に分かれて静岡市の市街地全域に広がっています。1974年の七夕豪雨を代表に水害も起こりやすく、現在は特定都市河川流域に指定され水害対策にも力を入れられています。 一本の…