静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡市観光するならこのブログをチェック!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!静岡市のご当地PRキャラさくやちゃんによる市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

『きのえね』清水区の老舗定食屋で手打ちそばとお得な丼ランチを!

お得なランチメニュー豊富に揃ってます!
夜は居酒屋営業あり!手打ちそばの店!

f:id:sakuyaoi:20180520153801j:plain

外観

水区七ツ新屋にある定食屋。暖簾がでているようにウリは手打ちそばですが、丼メニューが豊富。一品料理や定食も揃っており、セットはそばの代わりにうどんも選択でききます。そば専門店というよりはランチ定食屋ですね。

昭和37年開店の老舗で、最盛期は6軒あった『きのえね』の分店の一つ。いまはここだけになってしまいましたが、半世紀以上続いています。齢80を超える初代のお爺さんが未だ現役で、子、孫の三代で一緒に経営しています。

お得なランチセットが豊富に揃っており、麺の増量なども対応できるため幅広い層のランチに人気のお店です。夜は居酒屋メニュー・おつまみも扱っており、静岡の地酒も揃っています。

広告

 

店舗紹介

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180520153758j:plain

玄関

入口には横向きですがショーケース。座布団の乗った東屋にあるようなベンチで雰囲気の良い店頭です。

 

f:id:sakuyaoi:20180520153755j:plain

店内

カウンター8席、テーブルが4人席×6となかなかの広さ。おすすめは上記の画像カウンター席の隅に座ると漫画が読み放題です笑。もともとラーメンを中心に扱ってた歴史もあってか、厨房を囲んだカウンターなど、懐かしくも清潔で落ち着いた雰囲気の店内になっています。窓が大きいので自然光が入ってきてお昼は目に優しい明るさが良いですね。

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180520153808j:plain

ランチメニュー

丼モノと半そばのセットが各種揃い、追加料金でそばを通常サイズにすることも可能になっています。 女性や少食の方には15時までのサービスランチ『半丼半そばセット』もおすすめ。選べる半丼に選べるお蕎麦、サラダと小鉢が付いて940円です。フライ定食や焼肉定食などガッツリなメニューもリーズナブル!

f:id:sakuyaoi:20180520153815j:plain

f:id:sakuyaoi:20180520153811j:plain

そば・うどん

そば・うどんも温冷各種揃います。

f:id:sakuyaoi:20180520153843j:plain

f:id:sakuyaoi:20180520153846j:plain

夜のメニュー

地酒を中心に夜のお酒・おつまみの一品メニューも豊富。日本酒呑み比べセットも良いですね!

今回のメイン:カツ丼半そばセット(+並盛)

f:id:sakuyaoi:20180520153805j:plain

カツ丼そばセット

カツ丼と半そばのセットを追加オプションでそば並盛に変更しました。見た目からボリューミーすぎましたね!並盛オプションはお腹結構空いてる方にお勧めです。お昼時は混んでいる為、注文から到着まで15分ほど時間がかかりました。

f:id:sakuyaoi:20180520153739j:plain

f:id:sakuyaoi:20180520153745j:plain

そば

色は薄めの透明感ある綺麗な見た目のお蕎麦。二番粉っぽいですね。箸で掴んだ感じではぺたぺたくっつくタイプ。コシと噛み応えはあまりなく、モチモチ感が強いです。見た目の細さより太く感じる食感で、かつ口当たりつるつる、つゆにもよく絡みます。シンプルですが飽きずに食べられる美味しさですね。つゆは甘めで清水人の口に合ったイメージ!濃すぎずさっぱりいただけます!

f:id:sakuyaoi:20180520153742j:plain

f:id:sakuyaoi:20180520153749j:plain

カツ丼

肉厚で卵もたっぷりな煮かつが丼ぶりの縁にまで余すことなく盛り付けられた大ボリューム!カリカリ感をのこしつつも、しっかり甘みのある蕎麦つゆが混ざった出汁で味付けられており、ご飯が進みます!

ロース肉は脂が乗ってとってもやわらかジューシー!でもちゃんとお肉感があります!今まで食べたカツ丼の中でも上位に食い込むバランスの良さを感じました!

その他のおすすめ

半丼半そばセット(天丼)

f:id:sakuyaoi:20180520153850j:plain

半丼半そばセット 天丼

半丼半そばセットはサラダと小鉢(今回はおから)もついてきます!天丼は野菜3つと大きな海老天!ご飯が丼ぶりサイズなのでこちらでも充分お腹に溜まるボリュームでしたね!蕎麦は少な目に見えますが、意外と厚く盛られています。

半温そば

f:id:sakuyaoi:20180520153735j:plain

温そば

こちらも半そばセットの温そばです。半と言ってもかけそば一杯分くらいはあります。色が濃い目で定食屋の温そばっぽい見た目していますが、意外と薄味でお上品な感じ。温かい汁に心も体も温まります。

f:id:sakuyaoi:20180520153840j:plain

LINE登録サービスも

LINE@にてサービス情報やイベントの配信がされています。当日友達登録するとその場で天ぷらや大盛りなど選べるサービスが初回限定ですが受けられますよ!

広告

 

店舗情報

店名 きのえね(分店)
住所 経路案内 〒424-0066 静岡県静岡市清水区七ツ新屋423-6
連絡先 054-345-0717
駐車場 あり(6台)
定休日 木曜日
営業時間 昼 11:00~15:00 夜 17:00~21:00 水曜日はお昼の部のみの営業
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22013198/
食べログからのTポイントがたまるネット予約に対応しています。

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『さつま福永牛焼肉クーニーズ』とろける黒毛和牛を食べ比べ!@静岡ツイッターオフ

f:id:sakuyaoi:20180518004908j:plain

牛の部位

静岡ツイッターオフに参加しました

2018年5月8日、静岡の商店アカウントの中の人、ブロガーさん、静岡で活動する方を中心にツイッターの募集から集まり肉を囲う『静岡ツイッターオフ』が開催されました。

今回は私はほぼ全員相互フォロワーさんでしたので、ネット上ではほとんど知り合い、でも実際には会ったことない人揃いだったので一気に挨拶できる素敵な機会になりました。

会場は葵区駿府町、新静岡センターセノバの向かい側にある『さつま福永牛焼肉クーニーズ』さんです。

広告

 

参加者の皆さん

当ブログで紹介した商店さんもいらっしゃいますので、せっかくなので参加者の皆さんを紹介させていただきます。

ROSSOさん

今回の主催!葵区山崎にあるイタリア食堂さんです。Twitterでは相互でしたが、今回初めてお会いしました!

三保原屋さん

私も常にお世話になってる葵区呉服町で330年続く老舗雑貨店。食卓の便利グッズから服や茶碗まで小物がなんでも揃います。当ブログでも昨年紹介記事を書かせていただきました。

とり酢 鳥冠さん

葵区呉服町の焼鳥屋さん。プロレスラーさんが集まるお店とのこと!前々から気になっているのですが、なかなか営業時間内に私が葵区に居ることが少なく...。

黒田呉服店さん

清水区入江の1911年創業の老舗呉服店さん。いつもの行動範囲にありながら、最近になって店舗の位置を把握しました笑 取材して記事書かせていただく約束いたしました!

たべものがかりさん

静岡東部の農産品など美味しい物を紹介されてる素晴らしい方!前回のクーポール麻婆豆腐会とお会いしたのは二回目です!

おふろcafe bijinyu(美肌湯)さん

葵区籠上にある日帰り温泉&くつろぎカフェ施設。4月にじっくり取材させていただき、今回も担当者さんをお誘いしたら快く参加していただけました!

ボススケさん

前回の麻婆会で初めてお会いした静岡情報のwebマガジン『静岡のすゝめ』管理人さん!相変わらずの盛り上がり担当!

静岡県庁わかものががりさん

まさかの県庁からの刺客!とってもノリよく私の活動についても聞いてくださいました!静岡の若者を応援するわかものががりさんを応援する静岡こさくやがかりになります!

田丸屋本店さん

明治8年創業の有名店!わさび漬けの田丸屋本店さん!以前わさびアイスのレポ記事書かせていただきました!

辻村聡子@ねりしゅに子さん

沼津市のはんこと朱肉のお店『ハンの辻村』さん!イベントにて私のブログ紹介カードを配架していただきました!

ピピタパンさん

静岡のボドゲイベントに良く参加されているとのこと!今回のオフのレポ漫画も描いて下さいました!

しのごのさん

OKAMUさん

お二人ともいつもツイートへの反応ありがとうございます!

会場:さつま福永牛焼肉クーニーズ

f:id:sakuyaoi:20180518004912j:plain

外観

セノバ前、麵屋 燕Rsさんと同じビルの二階にあります!

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180518004905j:plain

インテリア

店名や牛に因んだインテリアが並ぶお洒落な店内。飾られている牛には名前があるみたいです。焼肉店ですが女子会などにもピッタリの雰囲気ですね!

f:id:sakuyaoi:20180518004915j:plain

掘りごたつのテーブル

今回は大人数だったので入口右のテーブルが並ぶ掘りごたつ席を貸し切りに。このスペースには掘りごたつの4人テーブルが5つ。

f:id:sakuyaoi:20180518004814j:plain

半個室

掘りごたつ席の他にはカーテンが下せる半個室のボックス4人席が3つあります。合計で32名まで、貸し切りの予約があるとほとんど埋まってしまうキャパですので個人や少人数グループでも予約がおすすめです。ホットペッパーのポイント予約にも対応していますよ!

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180518004921j:plain f:id:sakuyaoi:20180518004924j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004927j:plain f:id:sakuyaoi:20180518004930j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004934j:plain f:id:sakuyaoi:20180518004937j:plain

メニュー

鹿児島のブランド黒毛和牛『さつま牛ふくなが』のお店なので単品価格はそれなりにしますね!部位ごとのメニューがあるのでかなり豊富に揃っています!今年は西郷どんの年ですし、さつまのネームバリューもあるんじゃないでしょうか!

今回は呑み放題付きのこちら、黒毛和牛堪能コースを予約しました。

【2時間飲み放題付】「黒毛和牛」堪能コース 5000円(税抜) | さつま福永牛焼肉 クーニーズ Cooneis(焼肉・韓国料理) | ホットペッパーグルメ

f:id:sakuyaoi:20180518004940j:plain

呑み放題メニュー

生ビールは無いですがそれぞれ定番のお酒が揃っていました。

黒毛和牛満喫コース

前菜:キムチと旬野菜ナムルの盛り合わせ

f:id:sakuyaoi:20180518004949j:plain

前菜 キムチとナムル盛り合わせ

塩気とゴマ油の効いたご飯が進みそうなナムル。思わずご飯頼みそうになりましたが、まだ肉の量も分からないのにと自粛。通常のナムルと素材が違うのでどうかなと思いましたが、ちゃんとナムルっぽい味です。紹介が下手ですみません。

キムチは一口めかなり辛いですが、段々慣れてきてこれまたご飯のおかずにしたい味のある逸品でした。

自家製えんどう豆ドレッシングのサラダ

f:id:sakuyaoi:20180518004946j:plain

サラダ

緑色のドレッシングがかかっていて、胡麻風味のアボガドドレッシングかな?って感じの味でしたが、えんどう豆のドレッシングみたいです。お肉の前に野菜を食べるとカロリーが相殺されてゼロカロリーになりますからね!

鹿児島産黒毛和牛「さつま福永牛」盛り合わせ

f:id:sakuyaoi:20180518004952j:plain

ブランド黒毛和牛の盛り合わせ

今回のメイン!ブランド牛の食べ比べ!名札が付いた焼肉初めてです!4人で分けるのでタン以外一枚ずつなのですが、絶対一人じゃこういうの注文できないので嬉しいです!ちなみに肉の種類は日によって変わるらしく、盛り合わせ単品は平日のみ注文可能とのこと。

カブリ

f:id:sakuyaoi:20180518004958j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518005001j:plain

カブリ

お肉を順番に紹介!カブリはサーロインの横のリブロースの一番背中の表面に近い辺りとのこと。噛み応えがあって溶ける感じは無いのですが、硬い訳ではなくて柔らかい肉を長く噛んでいられる感じ!脂感が強くないので、噛み続けてもくどくならずサッパリとコクのあるお肉が食べられます!

ウワミスジ

f:id:sakuyaoi:20180518005008j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518005011j:plain

ウワミスジ

一頭から少ししか取れない希少部位らしいです。肉の旨味を感じるセレブの味~みたいな説明されてる。確かに食べた中で一番香りや食感含めてお肉を食べてるな~って感じが強かったです。噛むごとに味わい深い。

カイノミ

f:id:sakuyaoi:20180518005014j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004739j:plain

カイノミ

グルメ漫画の焼肉会でよく出てくるカイノミ。だいたいの焼肉屋さんで上カルビとして提供されてる部位とのこと。舌の上で溶ける肉その一。食感が物凄く柔らかいです。

フランク

f:id:sakuyaoi:20180518004742j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004745j:plain

フランク

カイノミと繋がってる部位でこちらも上カルビとして提供されてることが多いそうです。薄めに切られていたのですぐ焼けました。これも舌の上で溶けるくらい柔らかく、肉脂も出ますが、溶けながらも食感があるので一番理想の焼肉と言った感じでした。

熟成イチボ

f:id:sakuyaoi:20180518004748j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004752j:plain

熟成イチボ

お尻の先、ランプの下あたり。モモ肉で一番霜降りの多い部位とのこと。熟成されて旨味が詰まっています。こちらも薄切りなのですぐ焼けました。柔らかい中に確かな噛み応え、濃厚な肉脂の旨味。

ランプ

f:id:sakuyaoi:20180518004755j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004759j:plain

ランプ

お尻の先のお肉で脂が少なくあっさりしています。イチボとほぼ同部位なので見た目も同じですね。こちらは熟成って書いてないけどイチボと同じく変色。厚く切ってあるので食べ応えありました。

熟成カメノコ

f:id:sakuyaoi:20180518004802j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004805j:plain

熟成カメノコ

後ろ脚の付け根の一部で断面の模様が亀の甲羅に似てることからカメノコらしいです。脂と霜降りも少なく赤みに近いお肉。独特な風味と硬さがありますが、旨味も素晴らしいです。

タン

f:id:sakuyaoi:20180518004808j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004811j:plain

タン

タンはタン、一人2枚ずつありました。コリコリジューシー焼肉の定番。もちろん美味しいので特段語ることも無いです。

焼き野菜

f:id:sakuyaoi:20180518004955j:plain

焼き野菜

コースメニューに書いてありませんでしたが、焼き野菜も付いていました。手を付けないテーブルもありました。野菜はカロリー融解剤。バランスよく食べましょう。

ガーリックハラミ

f:id:sakuyaoi:20180518005004j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004825j:plain

ガーリックハラミ

ニンニクパラパラと、四人で分けてもなかなかのボリュームで盛られたハラミ。厚切りなので一枚一枚食べ応え充分です!タレによく漬かって柔らかくなっているので、よく焼いた方が美味しいですね。焼けるのが早いですが網を焦がすのも早いです。これに関してはごはんとの相性の良さを常に感じたので絶対に白米を頼むべきだったと滅茶苦茶後悔しています。

新鮮!和風だし漬け&塩ホルモン盛り合わせ 

f:id:sakuyaoi:20180518004829j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004835j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004838j:plain

ホルモン

和風だしで食べるホルモン。1枚目と2枚目はどちらか片方が各テーブルに並んでいました。私は1枚目の方だったのでセンマイにありつけなかったです。ハリネズミみたいな見た目だけどどんな食感するんだろう...。

マルチョウやテッチャンは見た目通りのプリプリ感!ホルモンは焼けると脂が出てしぼんでくイメージでしたが、大きいまま焼けていき、噛みしめた瞬間に脂がジュワッと出てきました。和風だしも美味しいのですが、タレで食べた方が私は好きでした。

黒毛和牛肉味噌茶漬け

f:id:sakuyaoi:20180518004856j:plain

多分違う気がする

これはたぶんコースのメニューと違いましたね。味噌の味はしませんでした。もっとサッパリで和風スープな感じのお茶漬け。ご飯ものがあるって言われてたので白米頼まなかったのですが、スープにしちゃうとお腹が満たされません~そこだけずっと引きずってます笑 次に焼肉会が合ったら絶対にご飯頼む。

季節のシャーベット

f:id:sakuyaoi:20180518004902j:plain

いちごアイス

シャーベットじゃなくていちごアイスでしたがお肉食べた後の甘味は最高です。普通のアイスでも数倍美味しく感じます~。

常務の四秒ロース

f:id:sakuyaoi:20180518004841j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004844j:plain

f:id:sakuyaoi:20180518004847j:plain

四秒ロース

こちらはコース外。三保原屋さんの名物常務の粋な計らいで各テーブルに片面四秒焼きで食べられるロースが振舞われました!4秒で焼かないと焦げるのですが4秒だとお肉がぬるいので10秒焼きました。叛逆。サッパリしていて美味しかったです!常務に感謝!

呑み放題

f:id:sakuyaoi:20180518004943j:plain

麦とホップ

最初はビール。発泡酒だけど。

f:id:sakuyaoi:20180518004832j:plain

静岡割り

緑茶ハイって名前でした!静岡の緑茶割りは全部静岡割りって名前で出す法律作って!!

f:id:sakuyaoi:20180518004817j:plain

カリモーチョ

コーラと赤ワインのカクテル。これは他の呑み放題だと見たこと無かったです。白ワインとジンジャエールのカクテル『オペレーター』も飲みましたが写真撮り忘れました。

f:id:sakuyaoi:20180518004853j:plain

梅酒ソーダ割り

呑み放題では一杯は頼まないと気が済まない梅酒のソーダ割り。普通に美味しいですが私の理想の梅酒は鶯宿梅なのです。

f:id:sakuyaoi:20180518004850j:plain

アイスティーハイ

ほろよいでよく飲む迫真のアイスティーハイ。甘くなくてサッパリなので好きです。静岡割りには叶いませんが。せっかくだから静岡の丸子紅茶で丸子割りとして静岡割りと並べて売りだしたらどうかなって。

お肉に集中していたので6杯しか飲めませんでした!ペース配分大事ですね。

半貸し切り状態だったのでワイワイ楽しめました!静岡人ばかりで集まると静岡トークもはずむはずむ!皆さん少なからず静岡を盛り上げたいと思っている素晴らしい方々です!クーニーズさんは中規模の焼肉パーティにもお勧めのお店ですね!

広告

 

店舗情報

店名 さつま福永牛焼肉クーニーズ
住所 〒420-0856 静岡県静岡市 葵区駿府町1-15 叶家ビル2F
連絡先 054-266-6781
駐車場 なし
定休日 月曜日
営業時間 火~木、日、祝日 17:00~23:00
金、土、祝前日 17:00~翌0:00
詳細・予約 https://www.hotpepper.jp/strJ001135459/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『静岡ホルモンセンター』早割りでお得にはしご酒!ゴールデン横丁の焼肉店!

B級スポット感ある飲み屋街テーマ施設
17時から19時はお得なサービスも!

f:id:sakuyaoi:20180506180332j:plain

外観

JR静岡駅北口から左へしばらく進んだ高架下の複合テーマ居酒屋施設『静岡ゴールデン横丁』にある焼肉店。ホルモンを中心に比較的安価に飲み屋の焼肉が提供されています。バブルがコンセプトの施設なので外観は古びて昭和っぽくなっていますが、中は2017年にオープンしたばかりなので綺麗です。店内に入ると案外普通の焼肉店でした。

広告

 

店舗紹介

ゴールデン横丁とは

f:id:sakuyaoi:20180506180406j:plain

ゴールデン横丁

回の記事、はしご酒の一店で少ししか食べていないので紹介する内容が少ないです。尺稼ぎじゃないですがゴールデン横丁から紹介いたしますね!

ゴールデン横丁は2017年3月にオープンした複合テーマ居酒屋施設。『平成元年』をコンセプトに、活気あるバブルの時代の盛り上がりを再現した『ナウでハッスルなパラダイス』だそうです。絶妙なダサさがポイントなのだとか。

私は平成8年生まれなのでバブルの時代は全く知らないのですけど、ゴールデン横丁を利用した方もバブルっぽい感じとは違うかなという感想が多かったようで、まあイメージ&コンセプトなので、テーマ施設ってそういうものなんでしょう...?多分。

f:id:sakuyaoi:20180506180324j:plain

入口

全体的にとっ散らかってお祭り騒ぎな感じ。入り口の屋根にはアフロのサタデーナイトフィーバーな人形がポーズを決めてます。当時を知らないので懐かしいな~とか感動は全くないのですが、個人的にB級スポット大好きなので電脳九龍城とか道頓堀極楽商店街とかに近い好感が湧きました。

f:id:sakuyaoi:20180506180329j:plain

中へ進みます

内装はかなり凝っており、各店の外観は古い感じがB級スポット欲に刺さる良い雰囲気。暗めで提灯の明かりがちゃんと光源になってるのが良いですね~。奥のホルモンセンターの前のスペースは休日になるとライブなどのイベントも行われているそうです。

現在の店舗は、鮮魚居酒屋『三代目魚寅

関連ランキング:居酒屋 | 静岡駅新静岡駅日吉町駅

お好み焼き店『鉄板28号

関連ランキング:鉄板焼き | 静岡駅新静岡駅日吉町駅

やきとり専門店『やきとり元気

関連ランキング:焼き鳥 | 静岡駅新静岡駅日吉町駅

ドイツ風レストラン『ハンプルク

関連ランキング:居酒屋 | 静岡駅新静岡駅日吉町駅

餃子専門店『餃子のハシモト

関連ランキング:居酒屋 | 静岡駅新静岡駅日吉町駅

串カツ専門店『串カツ拳伝承店

関連ランキング:串揚げ | 静岡駅新静岡駅日吉町駅

そして今回紹介する焼肉店の『静岡ホルモンセンター』です。オープン当初といくつか店舗入れ替わってる気がする。

全店朝5時までの営業になっている為、二次会や朝まではしご酒にぴったりな施設になっています。ゴールデン横丁内でのはしご酒の場合に特典が付いたりとサービスもあります。

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180506180337j:plain

一人一つ使えます

こからはホルモンセンターの紹介。店内は席数48席と外観の割に広く、かなり賑わっていたため写真は撮れませんでしたが(店舗情報の詳細URLに写真載ってます)長テーブルに赤い丸椅子、壁一面にメニューと、明るくてきれいなので分かりづらかったですが、昔の焼肉屋さんっぽさはイメージされているようです。その昔が分からないのであやふやな表現しか今回は出来てないのですけど。

今回案内されたカウンター席はおひとり様用で、コンロも一人一台置いてあります。炭火焼きじゃ無いですが結構広く使えて便利そう。バブルのころの焼肉はこういうコンロだったのかな?そこは関係ないのかな?

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180506180345j:plain

お肉のメニュー

メニューはホルモン中心になかなか豊富に揃っています。おつまみのサイドメニューも居酒屋の基本を抑えて焼肉屋だからこそなメニューもありますね!ホルモンが4~500円台からなので多少リーズナブルかな?黒毛和牛のユッケも気になりました。

f:id:sakuyaoi:20180506180349j:plain

お通しがメニューに書いてある

メニューに書いてありますがお通しは千切りキャベツです。150円。席代としては安いけどキャベツか~塩キャベツならな~感。そして実はお代わり自由だったらしいのですがその説明なかったのが残念。 

ドリンクメニューも豊富ですが、看板メニューは『ビームハイボール』とのこと。そしてここからがお得ポイント。オープンの17時から19時までの間に入店すると、

①ビームハイボール1杯(380円)が何杯でも1杯100円に!

②シロホルモン1人前(430円)が無料!

のどちらかを選んで特典が付きます!ハイボールたくさん飲むなら①が間違いなくお得ですが、今回ははしごでお肉1品お酒1品と決めていたので②を選択。

今回のメイン:シロホルモンとビームハイボール

f:id:sakuyaoi:20180506180341j:plain

お通しとビームハイボール

近ハイボールをウリにしたお店が増えてますが、そういうお店で大体メインにしてるのがジムビームハイボールですね。カットレモンが入っているのが特徴です。特典はどちらかなので普通に380円で注文です。写真右手がお通しのキャベツ。

f:id:sakuyaoi:20180506180355j:plain

シロホルモン

そしてこちらが無料のシロホルモン。ホルモンは縮んじゃうのでこの状態じゃ判断できませんが、なかなか盛りは良いほうかもしれません。シロコロのことかと思いましたが見た感じ豚小腸ですね。後でホームページ見たところ、豚ホルモンは神奈川県厚木のと畜場から直送とのことでした。

f:id:sakuyaoi:20180506180358j:plain

ぱぱっと焼きます

渋りながらちょっとづつ焼いても時間がもったいないので全部乗せてしまいました。網に乗せてしまうと量は少なく見える焼肉屋の幻想ですね~。無料と思えば充分お得感あるのですが。

f:id:sakuyaoi:20180506180402j:plain

焼けました

カリッと焼けて食感ジューシー、噛めば噛むほど肉甘みを感じられる美味しい豚ホルモンです!そのままでも下味が付いていますが、卓上のタレを付けても美味しくいただけました!千切りきゃべつとの相性も抜群!もちろんハイボールとの相性も抜群ですっ!

次の店に行くのでこれだけで退散。なんとも迷惑な客ですね。でもはしご酒推奨してるんだから問題ないはず!一人のお客が私だけで居心地が...って言い訳しておきます。お値段はしっかりハイボール+お通し+税のみでした!

広告

 

店舗情報

店名 静岡ホルモンセンター
住所 〒420-0851 静岡市葵区黒金町28-1 ゴールデン横丁
連絡先 054-204-0350
駐車場 なし(静岡駅の有料駐車場をご利用ください)
定休日 無休
営業時間 17:00~翌5:00
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22031367/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『ライム軒』魚介出汁をライムでさっぱり!駿河区のらー麺&つけ麺専門店!

2018年2月オープン!
魚介スープからほのかに柑橘系の香り
大盛り無料でお腹いっぱい!

f:id:sakuyaoi:20180510160956j:plain

外観

駿河区中田本町に2018年2月1日オープン!真四角で白と緑の独特な雰囲気の店舗には『らー麺 つけ麺 ライム軒』とどこか聞いたことのあるようなフレーズ。店名の前の丼ぶりとライムをくっつけたようなアイコンも可愛いですね。

魚介系醤油スープにライムエキスを入れたラーメン&つけ麺を扱っています。ライムを入れてるからそのままライム軒なのかと思いきや、店長さんが元フレンチの料理人だったらそうで、そこからラーメン+仏(フランス)→ラ仏→ライムと名付けたそうです!看板もよく見るとイムが詰まってちゃんと仏ですね笑

店長さんは東京の有名ラーメンチェーン『麺屋武蔵』で修業した超実力派!麺までオリジナルなこだわりの一杯を提供しています!

広告

 

店舗紹介

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180510160903j:plain

店内も緑!

観と同じく店内も白と緑を基調としたライムをイメージした雰囲気に!テーブルと床はウッディですが、それ以外はとことんライム色にこだわっています!写真のテーブル席、椅子も緑ですね!

カウンターが9席、4人掛けテーブル×2、6人掛けテーブル×1です。キャパは少なめですが、注文から5分かからずのかなり早い提供でしたので回転早そうです。

ゆとりのある空間、窓が多く自然光が入ってくるため、照明が気にならない自然な明るさの店内になっています。

f:id:sakuyaoi:20180510160856j:plain

グラスもライム色

グラスまで緑のライム色なので水の代わりにライムサワーでも出してくれそうな気がしましたが普通に水でした。

f:id:sakuyaoi:20180510160952j:plain

卓上の調味料

テーブルには赤・黒・白が混ざった胡椒と七味、そして『ライム酢』味は後ほど紹介しますが、ライム軒さんならではの調味料です!

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180510160859j:plain

食券制

上にメニューが無いので券売機の写真。食券制ですがちゃんと画像が表示されていてありがたいです。といってもライム軒さんのラーメンは魚介醤油ベースのらー麺 or つけ麺、辛いか辛くないかの2×2択にトッピングのみです。

サイドメニューもトッピングと白飯、豚のかやくごはんのみ、ビールは缶ですが扱ってます。餃子やから揚げも無いので麺類一本勝負ですね!

通常のらー麺が750円、辛いらー麺が800円、つけ麺は+30円ずつ。ライムの名前が付いてるメニューがトッピング全部乗せです。

今回はライムらー麺、辛いの、つけ麺を注文したので順番に紹介していきます。

ライムらー麺

f:id:sakuyaoi:20180510160906j:plain

ライムらー麺

イム軒さん一番の主力メニュー、基本形だと思います。トッピング全部乗せの通常らー麺ですね。味たま、ネギ、メンマと大きなチャーシュー、左側にあるのは豚の角煮です。

らー麺は大盛り無料、つけ麺は300gまで量が選べ、それ以上も無料で増量できるみたいです。口コミによれば1kgまで対応可能と言ってる方もいましたがどうなんでしょう?流石にそんなに食べられませんが、無料でそれだけ増量できたらすごいですよね。

スープはかつおの味を強く感じる魚介ベースの醤油出汁に柑橘系の香りと甘みがかなり効いています。正直みかんとレモン以外の柑橘系の違いがよく分からないのですが、ライム軒の名前で柑橘系のエキスを入れてるからにはライムでしょう。そう信じておきます。

ライム辛らー麺

f:id:sakuyaoi:20180510160910j:plain

ライム辛らー麺

回私が食べたのはこちらのライム辛らー麺。スープはなかなか辛そうな赤色に胡麻がたっぷり。トッピングは同じなのに印象が結構変わりますよね。

スープは普通のらー麺と同じく魚介かつおベースに柑橘系の甘さですが、そこに辛みが加わることでより食欲の湧くスープになっています。

辛さをウリにしているお店のような激辛ではないですし、辛さの調整もありませんが、個人的には普通の方より辛い方がより魚介の旨味と、辛さの後に来るさわやかな甘さで柑橘系の風味も際立ってると思いました。おすすめです。

f:id:sakuyaoi:20180510160930j:plain

麺は極太では無いですが太めのちぢれ麺。スープに浸かったこの写真だと分かりにくいですが、斑点が付いている変わった見た目の麺です。ゴマ入りかと思い、麺だけで食べてみましたが特にゴマの風味は感じませんでした。何が入ってるんだろう?

食感もちもち、口あたりつるつるでコシもなかなか。今まで食べた麺の中で一番『麺とよく絡む』感じが強かったです。辛らー麺はごまたっぷりなので、麺にくっついてきたごまがとっても香ばしい!相性ピッタリです!

大盛りは少なくとも200g以上、食べた感じ300gは無かったですが、食べてるうちに伸びたのかそれに近いくらいにたっぷり入ってました。ガッツリ食べようと思ってこないとなかなかお腹いっぱいな量です。量は事前にご確認をお勧めします。

f:id:sakuyaoi:20180510160936j:plain

チャーシュー

チャーシューは2枚入り、写真の撮り方失敗しましたがかなり厚めです。ボリュームもさることながら、食感が非常に柔らかくジューシー!味が少し濃いめなのでご飯に乗せてチャーシュー丼にしても美味しそうです。角煮も入ってるので豚豚だな~と思いましたがこれは大当たりなトッピング!

f:id:sakuyaoi:20180510160933j:plain

豚角煮

角煮もチャーシューと言えばチャーシューかな?肉×肉ですがこちらもハイクオリティ!甘めにじっくり煮込まれています。箸でほぐせるほど柔らかくなっているので、噛むというより歯と舌で撫でるように溶けていきます。とろとろ・ほろほろ、なんて表していいのかとにかくやわらか~い角煮でした!

f:id:sakuyaoi:20180510160939j:plain

味たま

箸でつまむとぷにぷにとやわらかい味たま。色もしっかりついていて美味しそう。茹で具合を見たいので割ってみると、

f:id:sakuyaoi:20180510160945j:plain

半熟!

白身はしっかり固まっているのに、黄身は完璧な半熟!ここまで完成度の高い半熟味たまは初めてかもしれません!こぼれ出た黄身が麺と絡んでクリーミーな味わいに!どのトッピングも麺とスープと相性抜群!丼ぶりの中で喧嘩しない完成された一杯です!

味玉辛つけ麺

f:id:sakuyaoi:20180510160916j:plain

味玉辛つけ麺

最後はつけ麺!こちらも辛い方、麺の量は300gです。トッピングはチャーシューが入っていない味玉辛つけ麺。麺の量300gでもこの見た目ですから1kgなんて絶対食べれないですよ...。

f:id:sakuyaoi:20180510160919j:plain

スープ

スープはつけ麺なのでらー麺より濃いめ、より魚介出汁の風味が強くなっています。柑橘系の香りも、らー麺の方は言われてみると強く感じる~といった具合でしたが、こちらは一口飲むだけで香りが突き抜けていきます。ごまとネギもたっぷり入っていて香ばしいです。

f:id:sakuyaoi:20180510160942j:plain

らー麺の方だと分かりにくかったですが、拡大してみるとこんな感じ。胡麻みたいな点々がありますよね。らー麺もつけ麺も麺は同じですが、冷たい麺のつけ麺の方がよりもちもち感が強く感じました。

f:id:sakuyaoi:20180510160949j:plain

割り出汁

つけ麺のスープまで美味しく飲み干すために割り出汁も用意してもらえますよ。1対1くらいで割るとらー麺に近い濃さになりますが、やっぱりつけ麺の方が出汁が濃く感じますね!

ライム酢

f:id:sakuyaoi:20180511011816j:plain

ライム酢

満を持して紹介!そのまま飲んでみると、酢も入っているのですがライムの酸っぱさが強く出ています。らー麺と違って甘さは薄め、これをスープに入れると一気に味が変わり、さっぱり感マシマシになりますが、入れ過ぎると酸っぱさも目立ってしまうので、調整しながら少しずつ入れましょう。スープを飲み干す際に多めに入れるといい感じですね!

美味しいらー麺がボリューム満点で味わえる駿河区の話題の新店!静岡市のラーメンランキングにも上位に入ってきそうなクオリティでした!今後も期待です!清水からもっと近ければ通えるのになぁ~~。

広告

 

店舗情報

店名 ライム軒
住所 〒422-8043 静岡市駿河区中田本町62-6
連絡先 054-287-3311
駐車場 あり
定休日 火曜日
営業時間 11:30~14:30 18:00~21:30
スープが無くなり次第終了
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22032769/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『拉麺 葵』葵区のお洒落な新店で柚子香るつみれのあっさり醤油拉麺!

4/27 葵区七間町にオープン!
お洒落なカフェのような拉麺店!

f:id:sakuyaoi:20180509190651j:plain

お洒落な外観

区七間町、静岡市上下水道局の入るビルの近くに2018年4月27日『SOZOSYA TERRACE』がオープン!4店舗飲食店が入ったテナント施設で、その1階入り口に入ったのが『拉麺 葵(らーめん あおい)』さんです!漆黒にウッディ調を取り入れテラス席まで用意したお洒落な外観で、遠目ではラーメン店だと分からないかも!

私の名前は葵桜玖耶なので葵の名前が付くお店はどうしても気になる...葵区なので珍しくないのですけど笑 オープン前からずっと行きたいと思ってました!やっと紹介できますっ!

広告

 

店舗紹介

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180509190655j:plain

食券制です

近のラーメン店では当たり前になってきましたが、葵さんも食券制。拉麺の他におつまみ・一品料理もあり、メニュー豊富なので迷ってしまいますね。後ほど紹介しますが、卓上にもメニューがあるのでラーメンを食べながら決めておき、追加注文したくなったら都度購入という形でできます。

f:id:sakuyaoi:20180509190729j:plain

カウンター席
店内はカウンター席がメイン、外にあったテラス席の他に店内はカウンター9席と四人席テーブル1つ、二人席テーブル1つ、小さなカフェのようなキャパ少な目の店内ですが、今回の注文では調理の時間がかなり早く感じました、先客1組と合わせて5分くらい。回転はよさそうです。

f:id:sakuyaoi:20180509190708j:plain

卓上の調味料

ラー油、醤油、酢、木器は七味、胡椒と追加の調味料は一通り揃っています。木のテーブルにレンガで段差を作っていて、店内の細かいところまでお洒落ですね~!

お水はセルフサービス、カウンターの一番上にあります。

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180509190645j:plain

外のブラックボード

こが一番カフェっぽかったブラックAボード、おすすめメニューが書いてあります。鶏つみれのラーメンがメインの一杯、ランチ限定のわっぱめしもここだけのメニューです!ぜひとも食べたい!とオープンの記事を見た時から思っていたのですが、なんと私の前のお客さんでぴったり売り切れ!ショック!

ランチ限定のメニューなのであんまり多く扱わないのかもしれないので今度はオープン時間に言って確実に食べたいですね~。

f:id:sakuyaoi:20180509190658j:plain

昼メニュー

f:id:sakuyaoi:20180509190702j:plain

夜メニュー

昼と夜でメニューが違いますが、昼は昼メニュー・夜は夜メニューしか注文できないわけでは無く、ランチ限定メニュー以外はいつでも注文できます。お昼用メニューと飲み用おつまみ(夜メニュー)で分けてるだけみたいですね。夜は24時まで営業しているようなので〆のラーメンもいいかも!

ラーメンは10種類!今回は鶏つみれ醤油拉麺とわっぱ飯は食べ逃したのでランチ限定サラダを注文してみました。

今回のメイン:鶏つみれ醤油拉麺とサラダ

f:id:sakuyaoi:20180509190732j:plain

拉麺の見た目もお洒落です!

っ白な丼ぶりには良い感じのフォントとロゴで拉麺葵 AOIの文字。透明感あるスープにつみれとネギが浮いてる様も良い雰囲気~とお洒落ポイントを探すのは以上にして、大事なのは味ですよ!

f:id:sakuyaoi:20180509190712j:plain

サラダ

先にサラダから、ランチ限定の100円サラダ。ボリューム的には100円ならこんなところかなと可も不可もなくな感じですが、さっぱりとした和風胡麻ドレッシングが細切りの野菜と相性ぴったり、シャキシャキと食感も楽しい一皿です。

これからカロリーの高い拉麺を食べると思うと、つい自分を誤魔化すためにも頼んじゃいそうかな?笑

f:id:sakuyaoi:20180509190715j:plain

鶏つみれ醤油拉麺

オレンジ色に近い透明感ある醤油スープにトッピングは鶏つみれ二個、ぶつ切りの焼いた白葱と生の白葱、細葱と正にネギ三昧!追加トッピングもありますが、この状態が一番まとまってる気がします。

見た目より鶏がらと油のコクが強いですが、薄過ぎも濃過ぎもしない飲みやすいスープ。和風味に整えつつ、昔ながらの中華ラーメンの安定したイメージを残しています。飲み口はあっさりなのに油のコクのおかげか口の中で濃厚に広がっていきます。

濃厚だけどあっさり呑めるスープは最近のラーメン店ではよく出会いますが、葵さんはあっさりしているのに舌の上で濃厚に広がり逆向きの遊び心を感じるスープでした。

f:id:sakuyaoi:20180509190718j:plain

麺は細くも太くもない中間。あえて見た目を昔ながらの中華そばのイメージに近い麺にこだわってる感じもしますね。かなりもちもちしていて、スープだけでなくトッピングのネギとも味が良く絡んでいました。

f:id:sakuyaoi:20180509190721j:plain

つみれ

可愛いサイズのつみれ。よく見ると黄色いつぶつぶが入っていますが、こちらは柚子です。なんこつコリコリで食感楽しく、噛みしめると鶏の脂がジューシーに広がっていきます。柚子の香りが強く、さわやかでくどさを全く感じない、スープとも噛み合った素晴らしいトッピングです。いくらでも食べられそうなのでつみれいっぱい拉麺の登場が待たれます...。

f:id:sakuyaoi:20180509190725j:plain

焼いた白葱

香ばしさと甘さを兼ね備えた焼き鳥の定番焼きネギ!ラーメンのトッピングとして食べたのは初めてですが、スープに浸かって味が浸み込みつつも、焼き目の香ばしさはしっかり残していて普通の焼きネギより甘みを強く感じます。

スープも麺もトッピングもそれぞれこだわりを感じる、新しくも懐かしいあっさり醤油拉麺でした!

OMACHI創造計画

間町はSOZOSYA TERRACEの他にもOMACHI創造計画という一大プロジェクトの一環で静岡の中心街として今後もどんどん進化していくとのこと!新店舗も続々オープンしそうで楽しみですね!OMACHI創造計画についてははなげっくすさんの記事で詳しく紹介されています!こちらもどうぞ!

広告

 

店舗情報

店名 拉麺 葵(らーめん あおい)
住所 〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町16-5 「SOZOSYA TERRACE」 1階
連絡先 054-255-8005
駐車場 無料駐車場はなし 隣にコインパーキングがあります
定休日 未定(いまのところ毎日営業中)
営業時間 11:00〜14:30
17:00〜24:00
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22033140/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『みやもと河岸の市店』魚市場の魚屋であなご&ズワイガニ特盛天丼!

ボリューミーでカリカリな天丼はコスパも最高
生魚が苦手な私が唯一通う魚料理店です

f:id:sakuyaoi:20180508012236j:plain

河岸の市 みやもとさんは左手の店

水港の魚市場『河岸の市』内の魚屋が立ち並ぶいちば館入口近くにある魚屋兼お食事処。清水の名物マグロや海の幸がたっぷり乗った丼など、お得で新鮮な海鮮メニューをはじめ、驚くほどボリューミーなあなご天丼や桜えびのかき揚げ丼など天丼メニューが人気です!施設の営業時間が17時半までなので夜は営業していません。

広告

 

店舗紹介

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180508012224j:plain

外から見るとお魚屋

り口側は冷蔵ショーケースが並んでいて普通に魚屋です。いちば館に連なる他のお店と同じように並んでいるので、事前情報なしにぼーっと見て周っている人は食事も提供していると気が付かないかもしれません。

f:id:sakuyaoi:20180508012227j:plain

店内

正面左側から店内に入れるようになっており、テーブルが並んでいます。全部で5つ20席とキャパは少な目。市場の食堂らしく壁にはびっしりイベントポスターやおすすめ・限定のメニューなどが貼りだされています。

f:id:sakuyaoi:20180508101257j:plain

ハルチカ
2016年に清水が舞台のアニメハルチカの応援をお願いした際にはどっぷり協力していただき 、今でも一部のスペースにハルチカ関連のポスターや私が作った清水聖地マップなどを飾っていただいております。

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180517145018j:plain

f:id:sakuyaoi:20180517145011j:plain

メニュー

ニューは大きく分けて海鮮丼と天丼の二種類!

私がナマモノだめなので海鮮丼の方は紹介できなくてすみません...食べたことないのですが海鮮も質のいいマグロがリーズナブルでボリューミー、コスパも良好とのこと!

ナマモノだめなのに通ってる理由が天丼!画像から既に大迫力なガツ盛り感が出ています。紹介用に大きく見せてるとかではなくこのままでてくるので衝撃です。

f:id:sakuyaoi:20180517145139j:plain

単品メニュー

お刺身や天ぷらは単品メニューもありますが、こちらはメインの丼ものとセットでのみ注文可能です。

f:id:sakuyaoi:20180508012230j:plain

おすすめ品

ちなみにこちらの日替わりチラシ。テーブルの上に置いてあるのですが、本マグロの『ロ』をよく見ていただくと、

f:id:sakuyaoi:20180508012233j:plain

隠れこさくや

このブログのデザインにも随所に乱用している私制作のマスコットキャラ『こさくやちゃん』が隠れています。初期デザインなので体がありますが。静岡市のお食事処様!メニューに『隠れこさくや』やりませんか!!!!!

富士山天丼

f:id:sakuyaoi:20180517145500j:plain

富士山天丼

天丼メニューの顔役、海鮮天ぷらが一堂に会し、富士山のように積みあがった富士山天丼です。値段も1980円(税別)と富士山価格。あなご天丼+えび天丼のいい所どりに、この丼ぶりでのみ提供の贅沢なズワイガニ足の天ぷらが乗っています!

f:id:sakuyaoi:20180517145503j:plain

逆から

海鮮・野菜も含めてそれぞれのネタが巨大!後ろから見ると特にパーティのスナック菓子のような積み上がり具合。内容を一品ずつ紹介しますね。

f:id:sakuyaoi:20180517145444j:plain

ズワイガニ

まず一番上に乗ってるズワイガニ足の天ぷら2本。衣が薄めなので見た目通りのサイズのなかなかお目に掛かれない巨大なカニ足です!それを天ぷらにして旨味を凝縮!しっかりカニを食べてる感覚と、普段はそのまま茹でて食べるカニが天ぷらになってる特別感に、これだけでも一度は食べた方がいいメニューだと確信しました。

f:id:sakuyaoi:20180517145450j:plain

エビ

エビは1本。こちらもカニと同じくらいのビックサイズ。ぷりっぷりかつカリッカリ。身は柔らかく口に溶ける理想の海老天。ご飯との相性も安定していますね。しっぽまでパリパリ食べてしまいました。

f:id:sakuyaoi:20180517145447j:plain

タチウオ

これも富士山天丼のみのタチウオ、2枚入っています。白身魚独特の淡白な感じもありますが、身に脂が乗っていて、魚の天ぷらの印象を強く感じます。

f:id:sakuyaoi:20180517145453j:plain

野菜3種

野菜天も厚切りビックサイズ!こちらはスタッフの実家で取れた野菜中心のようで、季節替わりで旬モノ3種になります。

f:id:sakuyaoi:20180517145457j:plain

あなご

丼ぶりからはみ出す大あなご!あなご天丼では2枚入りですが、1枚でも充分満足できるボリュームなのですよね。海老天もカニ天も主役揃いで、三部作の主人公がチームを組んだような豪華すぎる富士山天丼。ボリュームと値段でなかなか手が出ませんが、一度は試してもらいたいです!

あなご天丼

f:id:sakuyaoi:20180508102514j:plain

あなご天丼

記事名には特大あなご天丼と書きましたが、メニュー名的には普通に『あなご天丼』1250円です。とはいえ丼ぶりからはみ出る以前に枠にすら入らず、ごはんから浮いてしまってるほどの巨大サイズ!

f:id:sakuyaoi:20180508012209j:plain

比較

比較写真も撮りましたがこの味噌汁もかなり大きいので比較対象になりませんね。後ろにある黒はんぺんフライと比べてください。黒はんぺんの大きさ県外の方分からないと思いますけど。

巨大なあなご天が2本、サツマイモ、れんこん、たぶん大葉が入ってます。前に食べた時はれんこんの代わりにカボチャだった日もあった気がするので固定ではないかもしれません。

天ぷらはゴマ油で揚げられているらしく、カリッとした食感から、素材のふんわり感、あまみがギュッと詰まっています!揚げたてで熱いので火傷しないように、なかなか冷めることも無いのですけど。甘めのタレが天ぷらともご飯とも相性抜群でどんどん食べ進められますよ!

f:id:sakuyaoi:20180508012221j:plain

一時期限定でしたが

2017年に普段の規格のあなごが獲れない時期があったようで、丼ぶりの2倍近くあるさらに巨大なあなご1本丼になっていた期間もありました。

桜えびのかき揚げ丼

f:id:sakuyaoi:20180508012212j:plain

桜えびのかき揚げ でかい

こちらは桜えびのかき揚げ丼。980円。あなご丼と同じく丼に収まりきらないシリーズ。ものすごく巨大なかき揚げに見えますが、一応2枚に分かれていますので食べにくくは無いです(量は変わりませんが)。

桜えびと少量の細ネギのみのかき揚げなので、由比港の桜えびを満足以上に食べられる豪快な一杯です!

小エビと小柱のかき揚げ丼

f:id:sakuyaoi:20180508012215j:plain

小エビと小柱のかき揚げ丼

小エビと小柱のかき揚げ丼。1100円。こちらは他の丼ぶりに比べるとミニじゃないけど小さめのサイズ。小エビも小柱もぷりぷりした食感と、衣に閉じ込められた濃厚な旨味が口いっぱいに広がる逸品。他の丼ぶりは食べきれなそうって方にもおすすめのサイズですが、普通にお腹いっぱいになります。

しあわせドーナツ

f:id:sakuyaoi:20180508012202j:plain

魚屋スペースの方で売ってます

2017年から販売しているデザートメニュー。魚屋スペースのフライコーナーと並んで販売されています。結構大きめな玉ドーナツに粉砂糖をかけただけなのですが、甘みのバランスが絶妙で、ボリュームもあるのでシェアして楽しめるコスパも良いスイーツですね。

みやもとの辛みそ

f:id:sakuyaoi:20180508012159j:plain

オソマ美味しい...

ししとう?が入ったピリ辛な味噌。みやもとさんのオリジナル商品でテーブルの上に置いてあります。販売もしてるのかな?天丼の熱々ごはんに乗せると最高にご飯がすすみ過ぎて足りなくなりますので注意。ヒンナヒンナ。

2号店

f:id:sakuyaoi:20180508012205j:plain

河岸の市の隣にあります

河岸の市の外には席数の多いみやもと二号店『宮本商店』があります。メニューは大体同じですので本店の河岸の市店が混んでいる時はこちらもどうぞ。

広告

 

店舗情報

店名 みやもと河岸の市店
住所 〒424-0823 静岡県静岡市清水区島崎町149
連絡先 054-351-9141
定休日 水曜日
営業時間 10:00~17:00
詳細・予約

https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22002132/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『This is cafe 清水店』港を望むカフェで優雅でお得なパスタランチ

サービスも味も整った人気店!
港が見えるドリームプラザのカフェ

f:id:sakuyaoi:20180506030624j:plain

外観

枝に本店を置くカフェの4号店。同じ名前でやってはいるのですが各店で扱うメニューは違い、コーヒーにこだわる点だけを統一、それ以外のコンセプトは異なります。

市内には今回紹介する2017年にオープンしたばかりのドリームプラザ内にある清水店と駿河区にある静岡店の2店舗があり、静岡店では肉料理が中心のランチ&ディナーを提供、今回の清水店はパスタが中心のランチ&肉料理のディナーです。

広告

 

店舗紹介

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180506030604j:plain

二人掛けテーブル

内はそんなに広くは無いのですが、フロアを有効に使いつつ、空間も確保して過ごしやすい席が揃っています。公式情報ではテーブル席52名 カウンター席6名 テラス席16名とのこと。二人掛け、四人掛け、六人掛けとグループによって使い分けられるのが嬉しいですね。

ゆったり休憩できる雰囲気ですが、コンセントなどはありません。wi-fiはドリームプラザ1Fの無料wi-fiに繋がると思います(席によっては反応悪いです)。

f:id:sakuyaoi:20180506030553j:plain

お持ち帰り用カウンター

店内入ってすぐのカウンターではドリンクメニューのテイクアウトも行っています。調理カウンターは別にあって調理が覗ける公開仕様。写真のカウンターにはコーヒーを淹れる器械が並んでいました。

ちなみにお会計に電子マネー・カードが使用できないのでご注意ください!なんとなく新しいカフェでできそうな雰囲気あったので一応書いておきます!

f:id:sakuyaoi:20180506030627j:plain

f:id:sakuyaoi:20180506030630j:plain

テラス席
こちらがテラス席。テーブルが少し小さめですが、海風を浴びて港を眺められる特別な席です。こちらも二人掛け席があるので一人でも利用できます。

f:id:sakuyaoi:20180506030636j:plain

晴れてればもっときれい

この日は曇っていましたが、晴れていれば太陽が海に反射してもっと綺麗な港の風景になります。富士山の向きが少し違って見えないのが残念です。すぐ傍のマリンパークまで行けば綺麗に眺められるのですけどね。

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180506030642j:plain

ランチセットメニュー

事メニューはセットのみです。清水店ではパスタが中心、カレーやお肉のメニューも少しあります。メインを1品選択し、前菜にサラダ5品、選べるドリンクが付いてきます。ドリンクはカフェメニューと同じで、1品430~550円相当になるのでそのまま計算するとメインのお値段が物凄くリーズナブルに感じます笑

+350円でデザートを追加可能、ドリンクのお代わりが200円、パスタの大盛りが150円です。

f:id:sakuyaoi:20180506030645j:plain

ドリンクメニュー・スイーツ

ドリンクメニューにはランチセットに無いメニューも豊富に揃っています。コーヒーの種類が豊富で、静岡市内では初となる『アイスブリュードコーヒー』も扱っています。

スイーツもドリンクとセットになっていますが、ケーキのみお持ち帰りなら全品370円なのでケーキを選ぶならこちらの方がお得な気も。

f:id:sakuyaoi:20180506030621j:plain

コーヒーの種類

ドリップコーヒーは3種類から選べるとのことで、説明のメニューも一緒についていました。

f:id:sakuyaoi:20180506030547j:plain

ディナーメニュー

ディナーもセットになりますが、肉料理が中心。ディナーにはパスタが無く一番安くて1500円からになりますので、安さを求めての場合は注意です。ディナータイムは17時から、それまでは休憩なくランチタイムになります。

f:id:sakuyaoi:20180506030549j:plain

アラカルト

サラダやポテトなど単品メニューもありますが、ランチやディナーのメインを単品でってメニューは無いですね。アルコールメニューも揃っており、こちらは昼から注文可能です。テラス席でも使っていたのかこのページだけ色あせてる笑

今回のメイン:ナスとモッツァレラチーズのトマトソースセット

f:id:sakuyaoi:20180506030612j:plain

ナスとモッツァレラチーズのトマトソースセット

回はパスタから『ナスとモッツァレラチーズのトマトソース』を選択、ドリンクは例の『アイスブリュードコーヒー』本当は抹茶ラテ飲みたかったけど珍しい物見たさです笑

ドリンクは食前・食後が選べますが、全部並べて撮りたかったので食前で。前菜とコーヒーは注文してすぐに来ましたがパスタが来るまで粘る...とマナーの悪い怪しいお客さんになってしまいました。

前菜・ドリンクが3分ほどで、メインが10分ほどできました。混んでいたのに結構早い!

f:id:sakuyaoi:20180506030558j:plain

前菜5品

前菜は小皿ではなくサラダ5品の盛り合わせ皿です。

左から、葉物はレモンソースでサッパリと、にんじんは生なのに甘みが凄い!オリーブオイルと柚を混ぜたようなこちらもさっぱりした感じでシャキシャキと食感も楽しい!真ん中はキッシュっぽい感じ、濃厚で甘みが口いっぱいに広がりました。

白いスープはパプリカがたっぷり入ったポタージュ!パプリカってフルーツなんだな~と感じる自然でとっても上品な甘さ!最後のカボチャサラダは、しっとり濃厚クリーミー!もはやデザートでした!

と各サラダについては前菜を届けてくれた際にスタッフさんが説明をしてくれたのですが、ぼーっとしていて殆ど覚えていませんでした。すみません~。

f:id:sakuyaoi:20180506030601j:plain

アイスブリュードコーヒー

まるでビールのような見た目のコーヒー。2017年ごろに流行っていたそうで、オープン時の流行に合わせた感じかな?市内では初の!とのことでしたが現在は他にも扱ってるお店あるのでしょうか?

f:id:sakuyaoi:20180506030556j:plain

サーバー

カウンターに合ったこちらのサーバーで作っています。どう見てもビールサーバーそっくりなのですけど!

コーヒー液をサーバーの中で冷やして、窒素ガスを含ませながら泡を入れていく、つまりは生ビールと同じなのですが、これによってのどごしを生み出すのだとか。ビールと違って炭酸は入っていません。

飲んでみると確かにコーヒーの苦みを感じるのですが、泡が混ざりクリーミーになってるせいか、ノンシュガーなのに甘みを強く感じます。泡が細かくやわらかい口当たりで今までにないコーヒーの形であることは確かですね!

f:id:sakuyaoi:20180506030615j:plain

メインのパスタ

ちらが今回のメイン『ナスとモッツァレラチーズのトマトソース』比較するものが無くてお皿が大きいので写真ではボリューム感少な目に見えますが、意外と深いお皿になっているので、普通のパスタ1本分よりは断然ボリューミーなんです!普通のパスタ屋さんの大盛り分くらいはありましたよ!

トマトソースとモッツァレラチーズの合わないわけがない最高の組み合わせによって酸味と甘みが極限まで引き立て上げられ、濃厚でクリーミーかつさっぱりとしたソース!

f:id:sakuyaoi:20180506030618j:plain

久々にパスタ食べました

パスタは硬くもなく柔らかくもなくですが、もちもちと食感が楽しい自宅では再現できない茹で加減!ナスも厚切りでオーブンで焼き上げられた香ばしさを強く感じ、ソースとの相性も抜群です!

どうしても余ってしまうクリームがもったいないですね~!アラカルトのガーリックトーストとか頼めばよかった!

f:id:sakuyaoi:20180506030609j:plain

チップじゃないよ

一瞬チップ制なのかなと焦りましたが、説明を聞くとお会計の伝票の代わりに番号付きのチップを渡して管理されているそうです。遊び心あって楽しいですね!

広告

 

店舗情報

店名 This is cafe 清水店
住所 〒424-0942 静岡市清水区入船町13-15 エスパルスドリームプラザ1階
連絡先 054-625-5822
駐車場 あり
定休日 なし
営業時間 11:00~23:00
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22031154/

関連記事

エスパルスドリームプラザの紹介はこちら!

お隣のカフェ

『そば処 青柳』清水銀座一の老舗!100年以上の歴史を持つそば店

銀座通り随一の老舗
地元民好みの味揃い

f:id:sakuyaoi:20180504101745j:plain

外観

水区江尻町、清水銀座の終際にあるそば店。外観からは想像できませんが、100年以上前の大正時代から続く、清水銀座の食事処では随一の、清水でも屈指の老舗になります。入口の木材は確かに時代を感じますね。

地物の桜えびのかきあげや、清水風のラーメン、地元の伝承を由来に名前を付けたメニューなど、地域に愛されて続いてきたお店です。逆に観光でここまで来る人はなかなかいないでしょうけど。

広告

 

店舗紹介

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180504101814j:plain

好みのショーケース

入口には老舗お食事処特有のショーケース。青柳さんにもしっかりあります!こちらは老舗の割に綺麗に残っているので作ったのはそんなに昔では無いのかもしれません。

右上の方に藁に棒が刺さって色々な首がくっついてる人形がありますが、こちらは『いちろんさんのでっころぼう』江戸時代からある清水の郷土玩具で今はもう製造されていません。詳しくはこちらの記事でも紹介しています。

地元っぽい物が置いてあると、より老舗って感じがして良いですね!となりには纏行列の纏のレプリカも置いてありますよ!

f:id:sakuyaoi:20180504101754j:plain

店内

店内は四人掛けテーブル×5、4人掛け座敷×2、二人掛けテーブル×1で広々と使っています。旧家独特の雰囲気に近い柱もありますが、大正時代から営業しているような古いイメージはないですね。何度かリノベーションしてそう。照明も落ち着いた雰囲気で過ごしやすいです。

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180504101751j:plain

メニュー

ニューはこちらのみ。以前は本型のもっとずらっと並んだメニューだったと思うのですが、世代交代したのか数年前に来た時にはあったメニューもなくなっていました。茶そばに桜えびが乗った『かっぱそば』が名物だったはずなのですけど。

f:id:sakuyaoi:20180504101748j:plain

店頭の看板は別メニュー

店内のメニューに書かれていないメニューが店頭の看板に書かれています。中に入ってから決める方は見落としがちですね。メニューに書いてないってのもなかなか無いですが地元の方が使うお店なのでローカルシステムってことで。

f:id:sakuyaoi:20180504101757j:plain

壁にも

壁を見るとちゃんと茶そばも書いてありました。それにしてもポップ、看板、壁と統一感なくバラバラに並ぶメニューにはちょっと笑ってしまいますね。

今回は外の看板に書いてあったラーメン+丼モノの『稚児丼セット』から天丼を選択!稚児橋の近くなのでそのまま稚児丼なんですかね。

今回のメイン:稚児丼セット(天丼)

f:id:sakuyaoi:20180504101801j:plain

稚児丼セット

客は私だけでしたが注文から15分くらいかかり、お昼休憩だったので少しピンチでした笑 ゆったり待てる方におすすめ。

天丼はお茶碗サイズですが、それに比べてもラーメンがかなり大きめの丼ぶりです。お盆にお店の名前が刻印してあると特別感あっていいですね!

f:id:sakuyaoi:20180504101807j:plain

清水のラーメン

ネギとチャーシュー、メンマ、のりになるとまで!昔ながらの中華そばのスタンダードかつ、スープの色と見た目は硬そうなチャーシューは清水のラーメンそのものです。

スープはそば屋独特のだしが効いており、あっさりだけど体の芯からじんわり温まります。美味しいのですけどスープの量が多いので飲み干すのは大変でした。

f:id:sakuyaoi:20180504101811j:plain

麺はよく離れたつるつる細麺。細くて白いので一瞬そうめんかと笑 チャーシューも清水ラーメンらしく、見た目は硬そうなのに凄くやわらかくてジューシーです。メンマは甘くないタイプで、この辺りのものと比べると変わってますね。

f:id:sakuyaoi:20180504101804j:plain

天丼

中々の色黒さのつゆたっぷり天丼。茄子と海老だけですが、海老はかなり大ぶりでご飯もお茶碗一杯分よりは多いのでなかなかボリューミーな見た目。

色の割には味が意外と薄く拍子抜けでしたが、甘みがあり、こちらもだしが効いていてご飯ともよく合います。大きな海老はぷりっぷり!衣も薄めで、海老と茄子の味がしっかり感じられる良いバランスでした!

もう一品ついてる浅漬けも癖が無くて口直しにぴったり美味しいです!

広告

 

店舗情報

店名 そば処 青柳
住所 〒424-0818 静岡市清水区江尻町6-11
連絡先 054-366-2162
駐車場 なし(清水銀座の路上駐車枠が無料で使えます)
定休日 水曜日
営業時間 11:00~20:00
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22008032/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『活うなぎ橋本』白焼きと蒲焼で二度美味しい!清水の極上うな重のお店!

香ばしい蒲焼&白焼き!
極み重でうなぎを満喫!

f:id:sakuyaoi:20180502211556j:plain

店頭

水区庄福町の住宅街にあるうなぎ専門店。店主さんの地元、榛原郡吉田町の養鰻場から新鮮な鰻を毎日仕入れているそうです。蒲焼と白焼き両方扱っており、お値段も手の届くお手頃価格で高級鰻店のクオリティ。比較的新しいお店ですが、リピーターも多い清水の人気店です。

広告

 

店舗紹介

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180502211626j:plain

焼き場が見える
回案内されたのは入口すぐの焼き場が見えるカウンター席。5席なので個人でというよりは家族で予約してといった利用が多そうです。奥にはテーブル席が1つと20名程まで使えるお座敷があります。全部で25席程しかなく、テーブル数的にも少ないので予約は必須ですね。

f:id:sakuyaoi:20180502211620j:plain

壁一面にサイン

カウンター席の後ろ側の壁にたくさんのサインが並んでいました。殆どが清水エスパルスの選手。橋本さんも清水には多数あるエスパルス選手御用達のお店みたいですね。うなぎ専門店が御用達...良い物食べてる...!そして偶然にも個室から選手が出てくるのを目撃したり。

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180502211603j:plain

おしながき表

なぎは蒲焼と白焼き両方扱っていて、一番小さいうな丼(半身)で1700円からと流石に専門店価格ですが、一身入るうな重が2500円、一身半の特上うな重が3200円と量が増えるごとのコスパが結構いい気がします。特上はうな重3杯分って考えると1人前が1060円くらいってことですもんね!(謎計算)

極み重というのは蒲焼と白焼きが半身の合い盛り重です。普通のうな重と値段は変わりません。肝焼きや骨せんべいもあり、リーズナブルな天丼も!ここまで来てうなぎ食べないのはなかなか勇気がいる決断ですが、気になるメニューではあります。

f:id:sakuyaoi:20180502211613j:plain

おしながき裏

サラダとデザートも2品ずつ。お酒も最小限に揃っています。ちなみにうな重はどれでもご飯の大盛り無料!タレの量もお好みで選べるようになっています。良いサービス!

今回のメイン:特上極み重(大盛り)

回は豪華に看板メニューの特上極み重!大盛りサービスはもちろんお願いしました。タレの量は分からないのでそのままです。鰻は焼くのに時間がかかるので、ゆっくり焼き場を眺めながら完成するのを待ちます。

f:id:sakuyaoi:20180502211629j:plain

ふたが浮いてる

お盆で登場した特上極み重、お重のふたが浮いています。ごはんが物凄い大盛りなのでしょうか?

f:id:sakuyaoi:20180502211600j:plain

特上極み重セット

なんのことはありません、鰻が巨大だったのです。特上極み重は蒲焼が一身分、白焼き半身がその上に乗っかっています。大盛りご飯の量も多いですが、厚いうなぎが重なってたらそりゃあ蓋も浮きますよね。

箸の上にあるのは白焼き用のお塩、汁物はうなぎの肝入りのお吸い物。漬物も付いてきました。

f:id:sakuyaoi:20180502211632j:plain

大迫力の特上極み重

見た目も香ばしく焼き上げられた特上極み重。どこから手を付けていい物なのか。まずは2枚ある蒲焼の方から一口。表面はタレがかかっているのにパリッと香ばしく、関西風のようで私には食べたことのないうなぎの食感でしたが、一度軽く蒸してはいるそうです。

身は噛みしめられないほど柔らかく、舌の上でふわっと溶けてしまいそうな程です。外はパリっ、中はふわって食感として完璧ですよね。

f:id:sakuyaoi:20180502211548j:plain

タレの味が美味しすぎる

ごはんにもたっぷり浸み込んだタレがまた格別で、柔らか儚い口溶けうなぎの風味を全く妨げることなく、さらに濃厚で香ばしい味へと昇華させています。

うなぎが乗っかっている部分に風味が浸み込んでいるので、ご飯だけで食べてもうな重を食べていると錯覚するほどの旨味...最高過ぎました。

f:id:sakuyaoi:20180504021324j:plain

白焼き

白焼きはタレに漬けていない分更にカリッ、パリッとした香ばしさが際立っています。もちろん白焼きも身は舌に溶ける柔らかさ!塩をつけて食べるのですが、そのまま食べてもうなぎの風味そのものが口いっぱいに広がります。

塩はかけ過ぎず少しずつ調整して、より旨味が際立つ比率を探しながら食べて行くのが美食っぽくていいですね。うな重のタレが少しついちゃったりしますが、それもまた素晴らしい味わい...。

f:id:sakuyaoi:20180504021327j:plain

高級山椒

凄く緑な紀州産の高級山椒。これをかけることで更にうなぎの風味に深みが増し、うな重として完成されていきます。最高以外の言葉が見つかりません。

f:id:sakuyaoi:20180502211546j:plain

肝吸い

しっかりうなぎの肝が沈んでいます。お吸い物なので薄口でお口直しにぴったり。肝からしっかり出汁が出ていて、口直しからもうなぎを満喫できてしまいますね!

f:id:sakuyaoi:20180502211553j:plain

つけもの

シンプルに美味しい漬物。しかしうなぎでどんどんご飯がすすみ、おかずとしての出番は訪れませんでした。

その他のおすすめ

f:id:sakuyaoi:20180502211623j:plain

骨せんべい

味しいうなぎなら骨まで絶対美味しいはずと頼んだうなぎボーン。150円でお買い得!市販のお菓子と違いその場で作るので揚げたて熱々の状態で提供されます!さっぱりうすしおで飽きの来ない美味しさ!酒のあてにぴったりです!

f:id:sakuyaoi:20180502211610j:plain

しかし今回はウーロン茶

広告

 

店舗情報

店名 活うなぎ橋本
住所 〒424-0855 静岡県静岡市清水区庄福町7-15
連絡先 054-351-3000
駐車場 あり
定休日 水曜日
営業時間 11:00~13:45 17:00~20:30
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22020196/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『ウッディクラウド』遊び満載の店内とワンコインからあげDON!

雰囲気抜群の隠れダイニングバー
店内もメニューも楽しさいっぱい!

f:id:sakuyaoi:20180422183623j:plain

入口

区両替町のビル2Fにある、隠れたダイニングバー。1Fに看板があり、エレベーターへ案内されていますが、二階に窓なども無いので外から見えない初見だと躊躇する人がいるかもしれない本物の隠れダイニングバーですね。でも一度行ってしまえばお得さと雰囲気の良さでファンになること間違いなしです!

上の写真の看板に書いてある通りワンコインメニューもあります!こちらはメニューが数月替わりだったり日によって開催してない日もあるなどまちまちですが、看板が出ていたら提供日になります!

広告

 

店舗紹介

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180422183626j:plain

入ってすぐ

レベーターで2階へ上がり、入口から入ってすぐはバーカウンターになっています!すでに雰囲気最高なのですが、こちらは夜のディナータイムがメイン。

平日のお昼なのにお客さんいっぱいで写真は撮れませんでしたが、とても面白い店内になっています。文章だけでイメージしにくいので公式サイトの写真も見てください!

私が案内されたBOX席は4~6人ほどで座れるソファーの席。半個室になっていますが、壁をくりぬいたような空間に席が取り付けられており、広い押し入れのような遊び心ある雰囲気です!

その他には先ほどのバーカウンター、完全個室で高級感あるソファーが設置されたVIP席、バーの雰囲気に慣れてない方でも安心の座敷席、はしごのような階段を上った先にあるロフト席など、普通のレストランではあり得ない秘密基地のような雰囲気の席が揃っています!ビルの2Fワンフロアながら席数は100席以上!大人数でのパーティにも活用できます!外から何も見えないのも合わさり、楽しさと遊びに満ちた店内ですね!

f:id:sakuyaoi:20180422183616j:plain

ミラーボール

天井にもむき出しの鉄パイプや鍾乳洞のように溶けだした土壁、偽物の木が生えてたり、目立つところにミラーボールと要素が詰まりすぎなほどですが、見ていてとっても楽しい店内になっています!

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180422183633j:plainf:id:sakuyaoi:20180422183637j:plain

f:id:sakuyaoi:20180422183640j:plainf:id:sakuyaoi:20180422183645j:plain

メニュー

の写真3枚目までがランチメニュー、四枚目はアルコールです。ランチタイムに限り対象のお酒メニューは300円だそうです!ランチは丼プレートメニューの日替わりDONを始め、カツやステーキのDONが人気だそうです。パスタやカレー、オムライスなども揃っており、価格もどれもほとんどが1000円以下!

夜のメニューはおつまみ中心ですが、ポテト食べ放題プランや、超巨大なハンバーガーなどパーティメニューも揃っていて、打ち上げや大人数での飲み会にもピッタリです!

f:id:sakuyaoi:20180422183629j:plain

ワンコインメニュー

更にお得なのがこちら!ワンコインで食べられるからあげDON!実はウッディクラウドさん、ワンコインのカツ丼が食べられると聞いての訪問だったのですが、丁度この月からワンコインメニューがリニューアル!からあげDONに変わっていました。今後も何月かで変わっていくみたいです。からあげDONは8種類のトッピングが選べます!

今回のメイン:からあげDON(タルタル)

f:id:sakuyaoi:20180422183647j:plain

からあげDON(タルタル)

ちらがワンコインのからあげDON!大きさが分かりにくいかもしれませんが、奥のプチトマトと比べてもらいまして、けっこう大きいから揚げなのです!それが5個!ご飯もお茶碗大盛り分くらいはあり、サラダもかなりボリューミー!+揚げ餃子付き!っと500円でこのコスパランチはそうそう無いじゃないでしょうか!

f:id:sakuyaoi:20180422183610j:plain

たるたるたっぷり

からあげは独特なスパイスとパセリの地味が付いています。香りは強いですが癖はなく、辛くもない肉がよりおいしくなるスパイスといった感じ。衣は薄めにパリッと揚げられているので非常にさっぱり、くどさも全然ありません!たっぷりのタルタルも酸味が効いてさらにさっぱりに!

f:id:sakuyaoi:20180422183652j:plain

サラダと揚げ餃子

まんまるく固まってると少なく見えますが、プチトマトのサイズと比べてもらうと、結構ボリューミーなのが分かると思います。葉物が高い昨今、ボリューミーなサラダは嬉しいです。

揚げ餃子は小皿なので日によって変わるかもしれませんが、しっかりかりかりな美味しい揚げ餃子でした!から揚げだけでご飯は食べきっちゃいましたけど!

ちなみにワンコインDON以外のDONメニューは大盛りも無料で出来ます!お得ですね!今度は夜も来てみたいけど他のランチメニューも気になりますね~また来ます~!

 

広告

 

店舗情報

店名 Woody Cloud(ウッディクラウド)
住所 〒420-0032 静岡市葵区両替町2-6-4 ジェードビル 2F
連絡先 054-221-8088
駐車場 なし
定休日 不定休
営業時間 ランチ 11:30〜15:00
ディナー 月~土 18:00~翌5:00 日 18:00~0:00
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22001801/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『麺や厨』静岡ラーメングランプリ優勝店!こだわり鶏白湯にうっ鶏!

まるでカルボナーラ!?
鶏をとことん煮込んだ特濃スープ!

f:id:sakuyaoi:20180501025114j:plain

夜でもかなりの行列が

駿河区国吉田にある行列のできるラーメン店!鶏をじっくり煮込んだ濃厚白湯スープが特徴の名店です!

2014年に清水の老舗懐石料理店っぽい建物を利用してオープン!2017年に現在地へ移転。若者っぽいにっこりマークオレンジの建物で再スタートしました!

2018年1月~2月に開催した静岡ラーメングランプリでは堂々の1位!清水で営業していた頃から口コミサイトなど中心にものすごい人気で、県内外からファンが押し寄せ昼夜問わず行列のできるお店でしたが、移転してからも常に上の写真のような状態。

今回はタイミングよく3組程しか待っていなかったので10分も待たずに入れましたが、帰り際はまた写真の状態でしたからね。

待つのが苦手な静岡市の民がそれでも食べたい、実績・口コミ共に静岡キングオブラーメンなのです!

広告

 

店舗紹介

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180501025107j:plain

カウンター

内はカウンター10席と6人まで座れる大きめのテーブルが4席ですが、少人数のお客さんが多い際はテーブルの真ん中に壁を作って、3人×8テーブルにしています。4人以上のお客さんが待っている時はちゃんと壁を外して元の形に。無駄のない素晴らしいシステムです!

カウンターや各テーブルの下は段になっていてティッシュが置いてあったり、椅子の下には荷物置きのかごがあったりと、厨房を広く取っている分省スペースになってしまってる客席空間を最大限に活用しています!サービス込みで王者の風格ですね!

f:id:sakuyaoi:20180501025111j:plain

バカうめえラ(静岡弁)

実は店主さんは京都の方なのですが、静岡市を気に入って清水に出店を決めた静岡ファン!自慢のラーメンに使われている素材も、静岡地鶏をはじめ静岡の食材が多いそうで、バカうめぇラ(すごくおいしいでしょ?)と静岡弁で自家製麺の紹介をするポスターも飾られていました笑

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180501025030j:plain

うっ鶏そば

さんのラーメンは4種類の鶏白湯麺!それぞれのメニューがページごとに紹介されています!最初のページは『うっ鶏そば』厨さんの看板メニューで迷ったらコレな逸品!仕込みに野菜は使わず丸鶏や鶏ガラ等を14時間煮込んだ鶏全開な白湯スープです!

それぞれのメニューは味玉入り、チャーシュー、スペシャルなどから選べ、麺大盛りや麺を2/3にしてプリンが付いてくるセットなどもあります。

右のページの『トロ軟骨うっ鶏そば』は厨さんのリピート率No.1メニューとのこと!チャーシューの代わりに舌の上で溶ける程に煮込んだ軟骨が入ってるそうです。

f:id:sakuyaoi:20180501025033j:plain

しっ鶏そば

濃厚鶏白湯が看板の厨さんでは逆に珍しい、あっさりめの醤油&塩ラーメン『しっ鶏そば』それでもしっかり鶏を煮込んだ出汁がベースになっていますので、コクを感じる味わい深い一杯です!濃厚なのが苦手な方もこちらなら大丈夫なはず!

f:id:sakuyaoi:20180501025036j:plain

ねっ鶏&べっ鶏そば

うっ鶏そばでも14時間も煮込んでた鶏がらを今度は丸二日も煮込んでしまった静岡一濃いかもしれない『ねっ鶏そば』スープは濁りというよりは白そのものですね。

べっ鶏そば』はねっ鶏そばすら超える超濃厚スープつけ汁のつけ麺!ですが酸味が効いており意外とサッパリいけるみたい。こちらは移転後に登場したメニューなのでまだ体験してません!今度は食べたい!

f:id:sakuyaoi:20180501025039j:plain

創作そば&サイドメニュー

つけ麺はもう一品『濃厚海老つけ麺』そして今までとは異色の『台湾まぜそば』方向性の違う8種類のラーメンから自分に合う一杯が必ず見つかるはず!

サイドメニューもローストビーフ丼やびっくりサイズと書かれたからあげ、チャーシュー丼などもあります。先ほどのプリンも単品100円で販売されているみたい!ライスも100円でお代わり自由なのは素晴らしい!学生は無料で付けられるみたいです!

今回のメイン:ねっ鶏そば&ローストビーフ丼&から揚げ

f:id:sakuyaoi:20180502040643j:plain

豪華セット!

っかく紹介するならと豪華なセット!肉・肉・肉ですね。ねっ鶏そばは追加トッピングなどは無しのふつうのにしました。

f:id:sakuyaoi:20180502040719j:plain

ねっ鶏そば

スープと言うより泡のような見た目、埋まったトッピングが見えなくなる沼地です。地鶏を丸二日煮込み続けるって、鍋がどんな状態になってるのか気になりますね。

一口飲んでみると驚いたことに、意外と口当たりはなめらか&あっさりしています。洋食屋で出てくるクリーミーなポタージュのような、スプーンで掬うとトロトロしてるけど、口に入れるとくどさを感じることなく飲めるイメージというか。ねっ鶏って名前ですけどねっとり感はないですね。質量が結構あるポタージュ。

甘みのある鶏の風味全開の洋食スープって感じです!中華料理として扱うよりはむしろカルボナーラとして出された方が納得するかも?

鶏が煮込まれすぎて、細かいそぼろのようにスープに溶けているので、自宅で作るツナ缶ドリアの食感を思い出しました笑 しつこさもなく、くどくもなく、スープ単体でものみ切っちゃえます!

太めの麺がスープに絡むと、見た目ももうパスタです。トッピングはチャーシュー、鶏チャーシューが1枚ずつ。写真だと鶏チャーシューは沈んでいます。

半分沈んでるめんまと、中央で上にトッピングされているたっぷりのたまねぎ!最後にパクチーです。麺のボリュームが意外とあるので、大盛りはなかなかのものになりそう。

f:id:sakuyaoi:20180501025101j:plain

ローストビーフ丼

常連さんが絶対に頼んだ方が良いと進めるサイドメニューがこちらのローストビーフ丼。お茶碗サイズなのでそんなに量は無いですが、ご飯の上に5~6枚ほど大きなローストビーフが重なっています。

f:id:sakuyaoi:20180501025104j:plain

下は極上の卵かけごはん

ローストビーフを退かすと卵の黄身がかかっていました!バター醤油のごはんにもよく合うタレにネギのさっぱり感と卵の濃厚さが合わさって、これは確かにメインを張れる逸品ですね!

ローストビーフにもバターとオニオンソースの風味がよく浸み込んでいてそのまま食べても美味しいです!ご飯と一緒に食べて二度おいしい!

ただしラーメンに入れるのだけは双方の風味が損なわれるので私はお勧めしません笑

f:id:sakuyaoi:20180501025058j:plain

からあげ!大きい!

一般的なから揚げの3~4倍の巨大サイズ!1個から売っていますが、1個で200円、2個で300円、10個なら1200円と複数購入することで段々安くなっていきます。今回は二個注文。

べっ鶏そばとローストビーフ丼に手間取って後回しになってしまいましたが、衣がいつまでも熱々サクサクで、逆に出来立てだと火傷しちゃってたかもしれませんね!

ラーメンや丼と比べて薄味でさっぱり!でも肉食べてる感がすごい!鶏本来の旨味が閉じ込められた、鶏を扱う厨さんならではの高クオリティなから揚げでした!

その他のおすすめ

うっ鶏そば

f:id:sakuyaoi:20180501025042j:plain

うっ鶏そば(チャーシュー)

こちらは看板メニューのうっ鶏そばのチャーシュー麺!通常は鶏チャーシューと焼豚の1枚ずつですが、チャーシュー麺にすると4倍に!ボリューミーで見た目からお得感ありますね!

ねっ鶏そばに比べればあっさりしたスープですが、こちらもコクが凄く、飲み口は軽いのに口の中でうまみが広がって残り続けます!チャーシューたっぷりだと、最後まで麺と一緒に食べられるのでお肉のコクも続いてより最高!こちらもスープ単体で飲み干せます。ライス入れたいですね...!

f:id:sakuyaoi:20180501025055j:plain

べっ鶏で麺を紹介できなかったので。写真少しボケてて分かりづらいのですが、麺に斑点が付いていて、何か練り込んであるみたいです。太めでもちもち、かつ歯ごたえもあります。パスタ風なのでアルデンテかな?べっ鶏も同じ麺なので、よりカルボナーラ感増しましたね~笑

限定メニュー

f:id:sakuyaoi:20180502015619j:plain

もつカレーそば

f:id:sakuyaoi:20180502015550j:plain

ピザそば

厨さんは月替わりの限定メニューやイベント限定メニューでかなり挑戦的なラーメンを出すことでも有名!静岡市内のラーメンイベントにはだいたい出店しているので、毎度どんなラーメンを出してくるのかファンも楽しみに待っています!

4月はピザそばでした。これも食べてみたかったなぁ...でもせっかく紹介したものが食べられないっていうのも残酷なのでこれでいいのだ。

広告

 

店舗情報

店名 麺や厨
住所 〒422-8004 静岡市駿河区国吉田4-4-8
連絡先 054-395-7200
駐車場 あり(15台)
定休日 木曜日・月末水曜の夜
営業時間 11:00~15:00 18:00~22:00
詳細・予約

https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22026989/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

 

『清水みなとまちバル』5月19日開催!清水のはしご酒!参加店を紹介します!

f:id:sakuyaoi:20180430111526j:plain

2018年5月19日 清水の居酒屋&BAR&レストランなどをまたにかけたはしご酒イベント清水みなとまちバルが開催されます!毎年静岡おまちで開催されている『静岡おまちバル』と同じところの主催らしいのですが、清水でのイベントは4年ぶり!今回が第三回になります!当ブログと同じ清水のみなと町振興の企画!これは応援しないわけにはいきません!

広告

 

みなとまちバル概要

水みなとまちバルはイベント名の通り清水港周辺のお店で行われるバルイベントです。3枚つづりのバルチケットを購入し、バルの特別メニュー+アルコールのセットを提供している店をはしご酒します。

中にはお酒を提供せず料理+ソフトドリンクでお昼から営業している店もあり、19日のお昼から夜まで楽しめるイベントです。

第二回の参加店舗を見ると、なるほど今はもう閉店してしまったお店も多いみたい。今回の第三回に参加するお店にはこの4年で新規オープンした店舗も多く、新しい清水の夜のお店も出そろってきた感じかもしれません。一時期清水駅前銀座も本当にシャッター街でしたから。

前回の開催もイベント自体は知っていたのですが、私はまだ未成年だったので参加しませんでした。お酒以外も選べますけど、お酒の方が高いのでソフトドリンクだと勿体ないなという貧乏根性。今の当ブログにも反映されまくってるマイナス要素ですね。

 

詳しくはいつのまにかみなとまちバルスポンサーになっていた静岡のグルメブロガーはなげっくすさんの記事もどうぞ!(まだ残ってるか分かりませんが割引チケットも限定で販売してます!)

みなとまちバルシステム

1セット2500円のチケットで3店舗周れます。余ったチケットは翌日まで使えるお土産店の引き換えチケットになります。また、参加店舗の100円分のおまけチケットが付きますので、また期間内にリピートしてちょの精神です。

参加はチケットの事前購入または当日販売になります。特に事前購入がお得という訳でもないのですが。チケットは850セット限定になっていまして当日売り切れの可能性もありますので事前購入がおすすめです。また公式サイトで当日チケットの予約も可能です。

チケット販売店舗

次郎長屋
〒4240816 静岡市清水区真砂町4-9
054-367-0557

ホテルクエスト清水
〒424-0816 静岡市清水区真砂町3-27
054-366-7101

MAPROOM
〒424-0806 静岡市清水区辻1丁目3-1
054-368-7343

Crib
〒424-0815 静岡市清水区江尻東2丁目1-15
054-363-1070

侍ちゃんぷる
〒424-0816 静岡市清水区真砂町2-6
054-367-8010

1LDK
〒424-0817 静岡市清水区銀座8-14
054-366-0623

EN'z
〒424-0817 静岡市清水区銀座1-10
TELなし

草薙茄兵衛
〒424-0886 静岡市清水区草薙1丁目26-1
054-348-8788

アレグロアッサイ
〒424-0886 静岡市清水区草薙1丁目8-20 さかえビル2F
054-348-9000

政豊
〒420-0031 静岡市葵区呉服町2丁目7-5
054-253-1742

 

当日取り置き予約について

minatomachibar.jimdo.com

参加店舗紹介

いくつかのお店は当ブログでも紹介しているので、当該記事へリンクしましたが、私が知らないお店も多いので、はてなの店舗紹介に対応しているお店は食べログやぐるなびの情報を貼らせてもらいました。見つからなかったお店はすみません。約50店舗の参加店をエリア別に紹介します。

清水駅周辺エリア

Dining&Bar Crib

DINING&BAR Crib

ぐるなびDINING&BAR Crib

沖縄食堂 侍ちゃんぷる

侍ホルモン

昭和の清水湊酒場 泰平くん節

昭和の清水奏酒場 泰平くん節

食べログ昭和の清水奏酒場 泰平くん節

炭火焼肉 やまけん

Cafe マップルーム

cafe MAP ROOM

ぐるなびcafe MAP ROOM

レストランテ&バー クオモ

クオモ ホテルクエスト清水

食べログクオモ ホテルクエスト清水

ボン・マスダ

Bon Masuda

食べログBon Masuda

Cafe Lab

Cafe Lab

ぐるなびCafe Lab

みなと家 麺神

麺神

食べログ麺神

深夜キッチン 山田商店
スマイルリペア(おみやげ)
テキサス(おみやげ)

中澤園茶舗(おみやげ)

 

駅前商店街周辺エリア

銀座酒場 こさむ

かくれ家 ろぶ村

かくれ家 ろぶ村 清水店

ぐるなびかくれ家 ろぶ村 清水店

ミルククラウンカフェ

Milk crown cafe&bar ミルク クラウン カフェ アンド バー

ぐるなびMilk crown cafe&bar ミルク クラウン カフェ アンド バー

なが田酒店

DAEDRA JUNKS
YEN

yen

ぐるなびyen

炭焼おでん 十千花前

十千花前

食べログ十千花前

プルメリア

ポップクローバー(おみやげ)

次郎長屋(おみやげ)
蒲原屋(おみやげ)
キッチン蒲原(おみやげ)
菊幸刃物店(おみやげ)

 

新清水駅周辺エリア

Deeply Do

木瓜

木瓜

ぐるなび木瓜

Hippy Shake

ヒッピー シェイク

食べログヒッピー シェイク

焼き鳥居酒屋 Flip Flop

Flip Flop

ぐるなびFlip Flop

超ハイボールくん節

割烹大花

割烹大花 清水

ぐるなび割烹大花 清水

NATIVE CAFE
MITRA

PyonKichi

cafe&bar いつもの店で

Ginza 澄海

Ginza 澄海

食べログGinza 澄海

ろばた 都

ろばた 都

ぐるなびろばた 都

居酒屋 笑
静岡鉄道(おみやげ)
中村商店(おみやげ)

 

清水銀座エリア

CAFE&DINING 1LDK

CAFE&DINING 1LDK (ワンエルディーケー) 清水

ぐるなびCAFE&DINING 1LDK (ワンエルディーケー) 清水

クローバーカフェ

クローバーカフェ

食べログクローバーカフェ

Bar 151
RAINBOW

RAINBOW (レインボー)

ぐるなびRAINBOW (レインボー)

そ乃田

そ乃田

食べログそ乃田

人間交差点立飲み EN’z(おみやげ)

 

(おみやげ)と書かれたお店は飲み食いではなくチケットと交換でお土産がもらえるお店です。おみやげ店に限り、20日も開催していますので、19日に使いきれなかった場合は翌日もおみやげであれば交換できます。(換金・払い戻しはできません)

 

紹介リンクが貼れなかったお店や、イベントの詳しい内容は公式サイトに載っていますので、興味のある方はこちらも確認してみてください。

 

minatomachibar.jimdo.com

 

『炭火焼肉やまけん』ホルモン好きにオススメ!清水駅前で静岡和牛を!

2017年2月オープン!ホルモンがウリ!
リーズナブルな清水駅前焼肉店!

f:id:sakuyaoi:20180428164957j:plain

外観

水駅前の交差点、清水駅側から右の横断歩道を渡ってすぐ右手側、2017年2月にオープンした炭火焼肉のお店です。店内は狭めなので、混んでいる時は店先にテーブルを出してビールケースに座って七輪を囲むスタイル。昭和っぽい雰囲気あります。静岡和牛のホルモンを中心に美味しい炭火焼肉が各種良心的な価格で提供されている人気の新店です!

広告

 

店舗紹介

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180428164919j:plain

店内

内はカウンターとテーブルが4つ、外も含めて最大30名までとのこと。店内も外の席同様ビールケースの椅子に年代を感じる机といった組み合わせですが、お店自体は新しいので、不潔感は全くありません。そういう昭和っぽい?雰囲気に揃えてるってイメージですね。

f:id:sakuyaoi:20180428164915j:plain

七輪

1人~4人で使う七輪。炭焼きで火力が強いのでバンバン焼けます。焼くスペースは狭めなのですが、すぐ焼けるので余程急いでない限りは丁度いい焼き時間になると思います。四人で囲んでお酒を飲みながらでもバランスよさそうですね。

煙もモクモク出ますが、七輪を置くスペースの頭上には必ず換気の装置が付いてますので、店内も煙たさは全く無いです。

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180428164909j:plain

お肉メニュー

チオシメニューは『牛ホル盛り合わせ』右側に単品の焼肉メニューが書いてありますが、牛ホルモン8種類が中心で、牛のタン・カルビ・ハラミ・ロース、豚のカルビ1品のみとほぼ牛肉のみ。牛一頭買いらしくこだわりを感じますね。サラダやキムチ、ご飯ものは揃っています。

f:id:sakuyaoi:20180428164912j:plain

お酒メニュー

お酒も各種居酒屋の基本を揃えた感じ。飲み放題プランもありますが、焼肉のコースとセットのみだそうです。ちなみに席料やお通しなどはありません。

今回のメイン:牛ホル盛り合わせ

f:id:sakuyaoi:20180428164935j:plain

今回頼んだ全部

回頼んだのは牛ホル盛り合わせ+ライス大のみです。上の写真は食べかけなのでまず最初の状態から紹介しますね。

f:id:sakuyaoi:20180428164922j:plain

牛ホル盛り合わせ

牛ホル盛り合わせ(1280円+税)メニューに載っていたホルモン8種を全部試せるごちゃまぜセットです。ごちゃまぜなので数に偏りがある気もするのでシェアする場合は注意かな。それでもシェア前提レベルのボリュームになっています。

こちらはタレ味。お肉は各種塩味も選べますが、+100円かかります。

f:id:sakuyaoi:20180428164932j:plain

f:id:sakuyaoi:20180428164929j:plain

一気に焼けて一気に煙が出ます

色々なホルモンが試せるのは良いのですが、無知なのでどれがどれだか分かりません。見た目から調べて紹介します。

焼いてる写真、右にある一個だけ独特なとげとげのホルモンはこの中で一番癖があり、味も独特。これが『せんまい』らしいです、初めて食べました。コリコリとした食感が美味しいですが、内臓系が苦手な人が特に苦手そうな味してます。私はかなり好き。

その左隣は『レバー』です。レバーなのでレバーの味がしますが、臭みが少ないのでこれまた美味しくおかずにできます。食感は表面がカリッと焼けて、中はレバー独特のパテ感ですね。

その左隣はたぶん『小腸』とその上の少し大きい塊が『大腸』どちらも箸でつつくとプリプリしていますが、口に入れてひと噛みで脂がじゅわっと溶けだし、口の中が肉脂の風味で満たされます。シロコロじゃないけど同じような感じですね。

f:id:sakuyaoi:20180428164945j:plain

まだまだ焼きます

一番手前のハチの巣っぽいのはたぶんハチの巣っぽいので『ハチノス』ですね。どんな食感なのかと思いましたが、これも舌の上で溶けてしまうタイプの柔らかいお肉です。裏面がカリッとしていて、ハチの巣っぽい方がとろけます。

その右隣はレバーと見分けがつきにくいですが、おそらく『はつ』。心臓なのでコリコリしています。でも一番お肉っぽいです。カルビやロースを頼まなかったので物足りないかなと思いましたが、はつが代わりになってくれました。

左上にある赤みがある白いホルモンが多分『赤せん』ギアラともいうらしいですが、これも小腸や大腸と同じく食感より脂とやわらかさが凄いタイプでした。

最後にその右隣の切れ込みがあるホルモン、こちらが『上ミノ』ですね。一番食感コリコリで柔らかさもあって焼肉っぽさが強かったです笑

f:id:sakuyaoi:20180428164938j:plain

ごはん

ライスは大ライスを選びましたが、量的には200g~250gくらい。普通の焼肉店だと中くらいの盛りなので、特大ライスが欲しいところですね~。ホルモン盛り合わせのボリュームにライスが追い付いていませんでした笑

f:id:sakuyaoi:20180428164951j:plain

水です

お酒と一緒にやりたかったですが、お仕事帰りで運転があるのでこちらはお水。グラスに入ってるとお酒っぽいので雰囲気だけいただきました~。

広告

 

店舗情報

店名 炭火焼肉やまけん
住所 〒424-0814 静岡県静岡市清水区 本郷町1-2
連絡先 054-689-7238
駐車場 なし
定休日 なし
営業時間 17:00~23:00(L.O22:30)
詳細・予約 https://www.hotpepper.jp/strJ001169844/
ネット予約の対応が早いのでお勧めです。

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『かづや』駅前銀座の老舗お食事処で昔ながらの清水ラーメンを!

小さな頃から通ってます
料理も接客も温かいお食事処

f:id:sakuyaoi:20180424001549j:plain

外観

水区真砂町、JR清水駅前から伸びる清水駅前銀座の駅寄りにあるお食事処。地元では広い世代に愛される老舗です。

いつからあるのかはわかりませんが、私も小学校に入る前からよく連れて行ってもらった記憶があります。一番最初に行ったお食事処がここかも!のれんに書いてあるとおり、蕎麦・うどんを中心に丼物や定食、ラーメンなどが揃っています。

広告

 

店舗紹介

雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180424001543j:plain

入口にサンプルがいっぱい

舗のお食事処と言えば玄関にある食品サンプル!かづやさんは特に多く、ずらっと並んでデパートのレストランみたい!ほとんどのメニューが並んでいるのでイメージしやすいです!

かづやさんは近隣に住むお爺さんお婆さん中心にお昼時は結構混んでます。大人数での利用の後や満席の際は、お片付け中です~と入口で少し待たされることがありますので、その間にじっくり悩んでメニューを決めます!

f:id:sakuyaoi:20180424001530j:plain

f:id:sakuyaoi:20180424001533j:plain

店内

竹と木でできた内装に灯ろうのような灯り、壁には手書き風のメニューや民芸品のインテリアに纏のポスターがずらりと雰囲気のある店内。

4人掛けの座敷席が5、4人掛けのテーブルが5、2人掛けのテーブルが5と、空間は狭めですが席は結構あります。うなぎも大きなポスターが貼ってあったりとおすすめメニューのようです。

メニュー

f:id:sakuyaoi:20180424001521j:plain

メニュー

ば・うどんが種類豊富!かけが550円、トッピングが乗って800~1000円程度とお食事処スタンダードなお値段。定食のとんかつやから揚げは少し高めの設定ですが、推されていたうな丼は1300円とお値打ちですね!

昔から来るたびに迷っていたのですが、結局ラーメン&おにぎりセットばかり頼んでいました。今回は一年ぶりくらいの訪問だったので迷わずラーメンです。

f:id:sakuyaoi:20180424001524j:plain

裏表紙は飲み物

ビールと焼酎・日本酒もお食事処としては種類豊富ですね。夜は19時45分までとかなり早めに閉店してしまうのですが、昼から呑む方が多いのでしょうか?

最後に書いてありますが、メニューはすべて税込みなのでお会計が楽でした。

今回のメイン:ラーメン

f:id:sakuyaoi:20180424001537j:plain

ラーメン

前はワンコインだったラーメン、去年あたりから値上がりして550円ですが、普通のラーメンでもチャーシューが3枚乗っていてお得感あります。

注文から5分ほどで届くスピードは短いお昼休憩にもピッタリ。提供が早いのが定食屋のウリですよね!流石に5分で出来るのは麺類くらいでしょうけど。

f:id:sakuyaoi:20180424001540j:plain

麺を摘まむ写真撮るの苦手

肝心の内容、スープは薄めに軽く出汁の味とごま油、生姜が体を温める中華屋のラーメンに近いイメージ。要するに最近流行りの濃い油でもなければ、藤枝ラーメンのようなダシ全開の和っぽさもない、スタンダードな中華そばのスープを極めたスタイルです。今まで紹介した清水の老舗のラーメンと共通点が多いスタンダードな感じがありますね。麺も細くもなく太くもなく。

ちなみにメニューには『昔ながらの清水ラーメン!』と紹介があります。清水ラーメンって名前はここで初めて見ましたが、清水の醤油ラーメンの特徴が強く出てるのは間違いなさそうです!

トッピング→見た目は硬そうなチャーシューですが意外に柔らかくジューシーです。味が濃い目なのでチャーシュー丼とかにそのままできそうですがメニューには無いですね笑 大きなメンマは甘め、生のねぎもさっぱり要因ですね~。

その他のおすすめ

f:id:sakuyaoi:20180424001517j:plain

ラーメン&おにぎりセット

こちらがいつも頼んでいたラーメン&おにぎりセット。おにぎりは単品で頼むと200円するのですが、このセットはラーメン+おにぎり2個+きんぴらのおまけ付きで850円とちょっとお得に!握りたてほかほかなおにぎりは、ラーメンとどちらもメインを張れる逸品です!

今回も頼もうと思ったのですが、なかなかにボリューミーというか炭水化物×炭水化物でカロリーが心配なセットなので暫くはやめておきます...。

f:id:sakuyaoi:20180424001546j:plain

天ぷらラーメン

こちらも昔頼んだのですが、大きな海老天が乗った天ぷらラーメン。見た目は奇抜な気もしますが、しょうゆと天ぷらなので合わない訳が無いのですよね。基本のラーメンが美味しいのでどのメニューもおススメです!

広告

 

店舗情報

店名  
住所 〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町3-9
連絡先 054-366-2832
駐車場 なし
定休日 水曜日
営業時間 平日 11:00~15:30 17:00~19:45 土日祝 11:00~19:45
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22008051/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!