みなと町でも桜は咲くら - 静岡市観光&グルメブログ

メジャースポットからディープなネタも!静岡市の観光・グルメ情報をご当地キャラさくやちゃんがPR!原住民の紹介するお得な静岡市ぶらぶら情報サイト!ζζ.

『甘寅』清水の老舗食事喫茶で麺洋なラーメンハンバーグセットを

銀座路地の老舗喫茶レストラン
人気の秘訣は奇妙なセットメニュー?

f:id:sakuyaoi:20180217030710j:plain

外観

店舗紹介

水区銀座(町名)にある食事喫茶(喫茶レストラン)。波止場踏切付近から清水銀座商店街へ入ってすぐ右の路地へ、シンプルな外観とショーケースが目印です。食事喫茶は喫茶店ほどカフェメニューが多くなく、代わりに食事メニューが多い業態のことですね。今日日清水にも少なくなりましたが、ちびまる子ちゃんに出てくるデパートの食堂みたいな和洋中+カフェの様々なメニューが揃う、毎日通えるお店です。

f:id:sakuyaoi:20180217030719j:plain

入口にショーケース

見ると嬉しくなるショーケース。清水も老舗のそば屋さんや喫茶店、ラーメン店にはまだありますけど、食堂スタイルのお店自体が少ないので、こうやって肉料理と飲み物のサンプルが一緒に並んでるのはもう甘寅さんくらいかもしれません。

店内は四人掛けテーブルが5個のみ。喫茶店のようにアンティークが飾られていたり、小洒落た音楽が流れていたり、食器にこだわっていたりとかは全くないです。シンプルな外観そのものな店内をしています。昼時は満席になることはないけど、必ず2組ほどは座っており、どの時間でも同じくらいお客さんがいる感じのお店ですね。

客入りに合わせてなのか調理はある程度の注文が溜まってから一気にやっちゃうようで、全員分が完成しないと届きません。気難しそうな顔してる店長さんなのでそういう性格なのかも分かりませんが笑 結構時間がかかる場合もありますので、混んでいたら時間と相談しましょう。私は結構通っていますが、一人の時は10分ほど、三組居る時は20分ほど調理にかかってます。

f:id:sakuyaoi:20180217030640j:plain

ドリンク

メニューに合わせて紹介していきます。注文後時間はたっぷりあるので全ページ撮影させてもらったりしましたが、あんまりメニューばっかり貼ってもページが重くなるだけなので面白いページを選びました。こちらはドリンクのページ。右下のダブルクリームソーダが私のイメージするクリームソーダの理想形で毎回注文したくなるのですが、甘寅さんのラーメン1杯と同額なので躊躇します。

あとクリームソーダはあるけどメロンソーダ単品は無いのですよね。レモンスカッシュも喫茶店ドリンクって感じで魅かれます...。デザートメニューは書き加えられた『チョコレートパェー』のみ、パフェとは違うのでしょうか?ビールもあるので純喫茶ではないですね。

f:id:sakuyaoi:20180217030643j:plain

麺類のページ

焼ソバとラーメンのページ。焼ソバは単品350円とお安いですが、具材がキャベツオンリーのシンプルスタイル。お肉入りは500円です。ラーメンも400円とこの辺りでは最安値です。一番下の両面テープで隠された600円のメニューが気になります。

f:id:sakuyaoi:20180217030705j:plain

大盛り焼きそば

ちら500円の大盛り焼ソバ。比較するものが紅ショウガくらいしか無かったですが、なかなか大皿でボリューミーです。前述した通り麺とキャベツのみ。店もシンプルなら焼ソバもシンプルなわけですね。しかし甘寅さんの焼ソバは他のお店とは違う特徴があります。

f:id:sakuyaoi:20180217030716j:plain

ソースあとかけ

卓上にあるオリジナルソースをかけて味を調整する、ソース後かけタイプの焼きそばなのです!清水の昭和の食堂では一般的だったらしく、清水の古いお店で焼きそば扱っていれば同じようなメニューもあるはずとのことでしたが、珍しいですよね。というか焼きそば自体レストランで食べるのは珍しい気もしますが。甘寅さんの焼きそばは麺が細く、少しカリッとなるまで強火で焼き上げられている為、ソースをかけない状態でも香ばしさが分かります。味はほとんどしないのですけど、ソースも絶妙に絡み合い、かければかけるほど美味しくなりますので(好みに個人差あり)フライを食べるがごとくドバドバソースに絡めましょう。

f:id:sakuyaoi:20180217030650j:plain

焼きそばのセットメニュー

焼ソバはマカロニグラタンとサラダのセットがおすすめです。焼ソバは和食にカテゴライズされる料理なのか分かりませんが、グラタンとセットって面白くないですか?炭水化物×炭水化物ですけど癖になる組み合わせなのですよね。下にはオムライスとグラタンのセットもありますけども。

f:id:sakuyaoi:20171229195401j:plain

焼きそばグラタンセット

f:id:sakuyaoi:20171229195358j:plain

グラタン

焼きそばは先ほどと同じなので省略。ホタテの器に入ったグラタンは具がマカロニのみ!ものすごくシンプルながら、なぜか焼きそばと一緒に食べて美味しく感じる謎に満ちた存在です。写真だと物足りなそうに見えなくもないですが、案外大きいのでお腹に溜まりますよ。カロリーも結構高そうじゃないですか。

f:id:sakuyaoi:20180217030645j:plain

ラーメンセット

ちらが今回のタイトルにあった、ラーメンハンバーグセットのメニュー。お値段的にもかなりお得で是非お勧めしたいのですが、ラーメン×ハンバーグのセットは中華×洋食に留まらない奇抜さがありますね。ラーメンチキンカツセットもなかなかの狂気です。

f:id:sakuyaoi:20180217030656j:plain

ラーメンハンバーグセット

全部完成してから提供されるので写真も1枚に収められました。このミスマッチ感が最高です。インスタ映えはしませんが記念にインスタに投稿しました。ラーメンをスープと考えればバランスのいいセットかもしれませんね。逆にライスを追い飯と考えてハンバーグは一品料理扱いにしちゃっても良いですね。

f:id:sakuyaoi:20180217030702j:plain

ラーメン

ラーメンは濃いめの塩ラーメン。麺は細く、これもまた昔ながらのラーメンです。小さい頃連れて行ってもらった海水浴場の海の家とか、富士マリンプールの軽食コーナーとかのあの簡単食材で作られたラーメンを思い出します。特徴が無いのが特徴と言えるくらい、これもまたシンプルなわけですが、きっとこの味に心休まる方も居るんだろうな~と言った具合の懐かしさを感じる一杯でした。チャーシューが案外柔らかジューシーです。手前のネギが切れてないのはわざとなのかご愛敬なのか。

f:id:sakuyaoi:20180217030659j:plain

ハンバーグ

お皿が大きいので小さく見えますが結構食べ応えがありました。甘みと酸味のバランスが素晴らしい特製ソースがハンバーグの肉汁を吸って濃厚な仕上がりに。つなぎも多めなのでお肉食べてる!って感じの弾力や肉肉しさはあまりないですが、ふんわりジューシーな手ごね手焼きの特製ハンバーグです。家庭料理のハンバーグが洋食へと進化した感じ!サラダも結構乗っていて大満足!

f:id:sakuyaoi:20171229195356j:plain

おでん

セルフサービスでおでんもあります。ちゃんと真っ黒な静岡おでんですよ!清水には静岡おでんのお店が数えるほどしかないので貴重なコーナーですね(静岡市全体と誤解されがちですが静岡おでんは葵区のグルメです)。なにやら値上げの跡は見えてますが60円は安いです。ついつい摘まみ過ぎて高く付くまでが様式美。

f:id:sakuyaoi:20180217030653j:plain

真っ黒

黒すぎて上げてみるまでタネかなんなのか分からないのも静岡おでんらしいですね~!ちゃんとだし粉もありますし、清水人の味覚に合わせて甘味噌も用意されてました。清水のおでんは甘味噌必須なのです。葵区の本場の静岡おでんには味噌は付けません。

 

 

店舗情報

店名 甘寅
住所 〒424-0817 静岡県静岡市清水区銀座9−8
連絡先 054-366-1749
駐車場 なし
定休日 水曜日
営業時間 11:00~18:00頃まで
サイト

なし

『三宝園』食べ放題より食べ過ぎる?コスパ最高な三保の焼肉店

時代を感じる店内はご愛敬
味とコスパで勝負の焼肉店

f:id:sakuyaoi:20180214173401j:plain

外観

店舗紹介

水区三保、三保の松原の御穂神社近くにある老舗っぽい焼肉店。いつからあるかは分かりませんが外観も店内も非常に歴史を感じる...汚さがありますね。しかしそんな見た目を気にするお店ではないのです!とにかく安く美味しい肉を食らう!その願いは三宝園さんが間違いなく叶えてくれます!

営業は夕方17時から、ランチタイムはありません。一応予約なしでも入れることにはなっていますが、平日でも近隣の大学生が毎晩のようにたまり場にしてますので確実に入るには予約必須です。2000円、3000円のセットメニューのみになっており、利用は2人以上からとなっています。駐車場の入口が狭くて入りにくかったり、駅からバスではかなり遠かったりと周辺住民以外だとかなり敷居高い気もしますが、それを差し引いても一度は試してもらいたいお得さを紹介していきますね。

f:id:sakuyaoi:20180214164801j:plain

基本設備

煙が立ち込める店内に入り、2人の場合はカウンター席、グループの場合はテーブルに案内されます。カウンターとテーブルに設置された焼肉ロースターを基本2人で一つ使用します。年季の入った昔ながらの焼肉屋さんらしいロースターですね。この業務用焼肉ロースター(パロマ PY1)はもう製造されていないレアものだそうです。

f:id:sakuyaoi:20180214164753j:plain

f:id:sakuyaoi:20180214164757j:plain

最初から用意されてる

予約席に座ると、ナムル、キムチ、生野菜は既に机に並んでいました。こちらは事前情報ではお代わり自由でしたが、生野菜(キャベツ、玉葱、シイタケ、ピーマン、ナス)は原価高騰でお代わり1回までになったそうです。ナムルは味が濃くご飯が進みそう。キムチはかなり辛いですがよく漬かっていて美味しいです。

f:id:sakuyaoi:20180214164804j:plain

エサヒィ~~スープゥードゥラァァァ~イ

お得ポイントのひとつですが、三宝園さんは飲みものの持ち込みが自由です。瓶ビールのみ取り扱ってるそうですが、それでも缶ビールも持ち込んで良いとのことで、酒代の節約になりますね。もちろん持ってきた缶は持ち帰りですけど、グループでビール1ケース持ってくる方々も居たそうです。他にも三宝園で扱ってないもの(サンチュ、スナック菓子など)は持ち込み可能とのこと。

f:id:sakuyaoi:20180214185054j:plain

厚切りの牛タン

今回は2人で行き、一人2000円のセットを選びました。セットの内容は特に書いてないので、事前情報が無ければ店員さんに内容を確認しましょう。初めに出てきたのは厚切りの牛タン。薄いタンしか食べたことなかった私はあり得ないほどの厚みに見えるのですが、凄くないですか?オリーブオイルとガーリックを混ぜた特製ソースがかけられています。ちなみにカウンター席の場合は目の前が厨房になっており、店員のおじいさんが肉の仕込みをしているのが間近で見える状態にあります。

f:id:sakuyaoi:20180214164811j:plain

野菜と一緒に焼きます

厚切りな為、焼けるのには少し時間がかかります。タンは良く焼いてねとのことでした。ちなみに今回焼けた一番美味しい瞬間にそのまま食べている為、焼けた後の写真はほぼありません。感想だけ書いていきます。牛タンはコリコリしたタンならではの弾力を残しつつも、霜降り肉のような口溶け。舌の上でとろけることはありませんが、噛みしめると驚くほど柔らかく、旨味がジュワァ~と口内いっぱいに広がっていきます。大きく切り分けたステーキを豪快に頬張るような満足感。一番最初に提供されますが、これが一番のメインと言えると思います。

f:id:sakuyaoi:20180214164820j:plain

ごはん

ごはんもセットに含まれ、こちらはお代わり自由。普通盛りで頼むと丼ぶりいっぱいサイズで来ますので、お茶碗サイズなら小盛で頼んだ方が良いです。私は頼みませんでしたが生卵も無料で注文可能、卵かけごはんに肉を入れて掻き込むのが学生に人気の食べ方なのだとか。

f:id:sakuyaoi:20180214164824j:plain

中華スープ

あとは卵とわかめの中華スープもお代わり自由で提供されています。お肉の合間に飲むと温まりますが、結構お腹に溜まるのでお肉優先でいきたいですね。これらのお代わりメニューはセルフではなく注文制となっています。

f:id:sakuyaoi:20180214164814j:plain

三種盛り

牛タンを食べ終わると残りの三種盛りが一気に来ました。これで2人前です。こちらもかなりの厚切りで、牛カルビ10枚、牛ホルモン、豚カルビ8枚乗っていました。

f:id:sakuyaoi:20180214164827j:plain

ホルモンから

先ずは時間がかかるホルモンから。こちらのロースターは網の部分に置くより中央に置いた方が早く焼けるそうです。火力が強く3分ほどで綺麗な焦げ色が両面に着きました。牛タン以外のお肉はコチュジャンの混ざった辛味のある特製ダレが絡めてあり、この味付けが物凄くご飯が進みます。ホルモンもとろける柔らかさ。良く噛みしめるのでご飯もどんどん欲しくなります。牛タンも他のお肉も一枚が大きいので肉食べてるって感覚になるのが良いですね~。

f:id:sakuyaoi:20180214164830j:plain

豚カルビ

こちらは豚カルビ。脂身とのバランスが良く、そのまま食べてもジューシー、タレに漬けるとよく絡んでより旨味が増します。牛カルビの前座ではありますが、決して劣らない香ばしさに大満足。大昔に食べた高級店にも負けない質だと思います。

f:id:sakuyaoi:20180214164833j:plain

牛カルビ

焼肉のメインと言えば牛カルビ。こちらは国産黒毛和牛なのですが、最初の厚切りタンに近い厚さで高級ステーキを食べているかのよう。焼くほどに肉の香りが強くなり、口に入れるとすぐ溶けるほどの柔らかさ。1枚でご飯1杯行けちゃいそうな程の旨味です。実際あの大盛りご飯をもう一杯いけちゃいました。ダイエットしてるのにいけちゃいましたじゃないのですけど。

実際のところお肉の枚数的には多いって程じゃないのですけど(2000円でこれなら充分な量だと思いますが)一枚一枚の満足度が比にならないほど高いのでどんどんお腹に溜まってくのですよね。それでも食べ続けちゃうのでお腹いっぱいより先まで食べすぎてしまいます。ご飯は2杯しか食べてませんよ?となりで食べていた学生さんグループは四杯目の卵かけごはんを食べていておじいさんに赤字だ赤字~と嘆かれてました笑

f:id:sakuyaoi:20180214164839j:plain

一度にたくさんは焼けません

焼くスペースが広くないので次の肉が食べられるまでの時間が空くのも満足感につながってる気がしました。食べ放題で焼いて食べて焼いて食べてとはまた違う時間バランスですよね。

f:id:sakuyaoi:20180214164843j:plain

インスタ映えはしない

火力が強いので牛肉は写真撮ってるとすぐ焦げてしまうのですけど1枚だけ。とにかくお腹いっぱい美味しいお肉を食べたいならおすすめのお店です。3000円のコースも気になるのでまた行きたいですけど、絶対に食べすぎてしまうので危ないですね~ζζ

 

 

店舗情報

店名 三宝園
住所 〒424-0901 静岡県静岡市清水区三保1027
連絡先 054-334-7605
駐車場 あり
定休日 水曜日
営業時間 17:00~22:00
サイト なし

『らーめんまん』モダンな外観と昔ながらの中華そば

幅広い世代に安定した人気
地元御用達の昔ながらの醤油ラーメン

f:id:sakuyaoi:20180212130939j:plain

外観

店舗紹介

水区追分のラーメン店。2011年オープンの比較的新しいお店で外観と名前は若者向けっぽいですが、オーソドックスな昔ながらの中華そばをウリにしています。カウンター6席に6人掛けテーブル席が2つと店内は狭め、店内は黒を基調とした古すぎず新しい感じもせずのこれまたオーソドックスなラーメン店な内観です。

最寄りのJR清水駅からも結構離れており、徒歩では30分ほど、場所的にも住宅街の入り組んだ町並みに唐突にといった具合で、車の場合も土地勘が無いと見つけにくいお店です。外からのお客さんよりは住宅街の住民御用達店という感じですね。

f:id:sakuyaoi:20180212130917j:plain

f:id:sakuyaoi:20180212130920j:plain

メニュー

ーメン単品は以前は500円でしたが増税後に値上げ。清水のお店もワンコインラーメンが少なくなってしまいましたね~。食事はラーメン5種にチャーハンと餃子のみ、サービスセットのラーメンチャーハンセットがありますが、ランチメニューなどは用意されていません。お酒はお昼でも注文可能とのこと。今回は『半チャンラーメン』を注文しました。

f:id:sakuyaoi:20180212130923j:plain

ラーメン

最初に来たのはラーメン。これぞ中華そばのテンプレートトッピング!ネギ、チャーシュー、メンマ、ノリ、たまごです。最近のラーメン店はトロトロの味玉が人気のお店も多いですが、こちらは完全に火が通り切った普通の固ゆで卵です(すこし飾りは施してますが)。

お昼時のらーめんまんさんはかなり混んでおり、座敷でも空いた席にどんどん人を入れていく出来るだけ相席システム。グループ単位での注文は推奨されない雰囲気がある気がします。その為、グループ単位で順番に調理ではなく、ラーメンならラーメンを一気に注文分作って提供、次にチャーハンを注文分作って提供というタスク式でやってるみたいです。タイミングが良かったのかラーメンはすぐ来ましたがチャーハンの提供はしばらくかかりました。

f:id:sakuyaoi:20180212130929j:plain

ラーメンとチャーハンを一緒に撮りたかったですが、伸びて冷めたラーメンじゃ味も分からないので熱いうちにいただきます。麺もシンプルなちぢれ麺。だしの聞いた醤油スープが麺に良く絡みます。薄くはありませんが飲み切れるスープです。めんまは甘め、チャーシューは厚すぎず薄すぎずですがジューシーで普通に美味しいです。近所に合ったら数日に一回くらいふらっと寄って食べたくなる感じがよく伝わる温かいラーメンですね。

f:id:sakuyaoi:20180212130926j:plain

チャーハン

しばらくして半チャーハンがきました。見た目からお茶碗1杯分以上あるので店によっては普通のチャーハンサイズのボリューム感!半じゃなかったらかなりお腹いっぱいのセットですね...。

f:id:sakuyaoi:20180212130933j:plain

味濃いめ

チャーハンは結構しょっぱめ。ラーメンが薄めなのでバランスはとれています。チャーシューを角切りにしたものがゴロゴロ混ざっていて見た目以上にお腹に溜まります。こちらもまさにチャーハンといったテンプレートメニューでしたが、基本が完全なだけに毎日食べられる味だと思います。メニューを絞って味で勝負してる感じに好感!また行きます。

 

 

店舗情報

店名 らーめんまん
住所 〒424-0841 静岡県静岡市清水区追分1丁目7-1
連絡先 054-366-7855
駐車場 あり
定休日 水曜日
営業時間 11:00~14:00 17:00~22:00
サイト なし

f:id:sakuyaoi:20180212130936j:plain

駐車場

店の隣には3台しか置けませんが、少し離れた場所に+2台分駐車スペースがあるみたいです。

『㐂(よろこび)』メニュー豊富!清水駅前銀座の隠れ家系居酒屋

豊富なお酒に美味しいおつまみ
おもてなしの基本が揃ってます

f:id:sakuyaoi:20180128233058j:plain

外観

店舗紹介

清水駅前銀座商店街にある居酒屋。入口には店名の看板が一つ、あえて分かりにくくしたメニューパネル、中が全く見えない引き戸、HPもないなど、行ってみなければ良さを量れない所謂隠れ家風です。

f:id:sakuyaoi:20180128233054j:plain

お酒が並ぶ入口

店内の写真はこれ以外には撮っていませんが、シンプルな入口から驚くほど奥に広く感じる造りになっており、テーブル席、カウンター席の他に個室と宴会ができる部屋も用意されています。老舗の居酒屋さんとは少し気色が違い、かといって若者向けの新しい感じという訳でもない独特な作りになっており秘密基地のようなワクワク感もありますね。

f:id:sakuyaoi:20180128232934j:plain

f:id:sakuyaoi:20180128232931j:plain

メニュー

おつまみメニューは2枚の紙にぎっしりと。お酒メニューは別に数ページのメニュー本になっており撮り切れませんでした。それほどにメニューが豊富です。お店については他に紹介する内容も無いので、今回は頼んだ料理をどんどん紹介していきます。

f:id:sakuyaoi:20180128232939j:plain

お通しの卵焼き

お通しは薬味が添えられた大きめの卵焼き。お通しも小鉢じゃなくて一品料理って装いで出てくるとなんだかうれしいのですよね。

f:id:sakuyaoi:20180128232944j:plain

ビール

最初の一杯はプレミアムモルツ!ちなみに今回結構なメニューを注文していますが、3人飲み会で来てますので間違っても私一人で全部注文したわけでは無いですからね!

f:id:sakuyaoi:20180128233107j:plain

黒はんぺんフライ

まずは黒はんぺんフライ、400円。静岡市じゃ定番ですね。以前にも記事にしましたが黒はんぺんの応用料理は数あれど、結局はこのフライで食べるのが一番美味しいと思うのです。居酒屋メニュー的に3枚で400円ならそこそこですが、大きめの黒はんぺんでしたのでお得感ありました。

f:id:sakuyaoi:20180128232948j:plain

海鮮サラダ

海鮮サラダ、750円。比較対象を映さなかったのでわかりにくいですが、結構大盛りです。3人で分けるなら充分な量ですね。かつお節やジャコが香ばしい和風サラダです。

f:id:sakuyaoi:20180128233010j:plain

もつ鍋

もつ鍋、900円。3人なので3人前にしようと思いましたが、サラダのボリュームからして怪しかったので2人前で注文したところ案の定のボリューミーさ。鍋が結構な底深で見えてない部分にも野菜とモツがたっぷり。1人前を3人で分けても良かったかもしれません。出汁とモツ・野菜の旨味を利用したシンプルなお鍋はもちろん美味しいですが、量に苦戦して最後まで残ってました。

f:id:sakuyaoi:20180128233023j:plain

三ケ日みかんサワー

こちらは三ケ日みかんサワー。市内の居酒屋じゃ定番メニューなのですけど、市外でも普通に提供されてるのかな?静岡割り(緑茶割り)と並んで、地酒以外で静岡っぽいお酒ですね。

f:id:sakuyaoi:20180128233005j:plain

牛ホルモン炒め

牛ホルモン炒め、900円。完全にモツとモツが被ってしまったぞ状態です。ホルモンとモツで呼び方違うのに同じ肉で来るとは...しかしこちらも大満足なボリューム、肉肉しいスタミナ焼きでお酒に良く合います。居酒屋のメニューって高くても1人前とか1人前より少し少ないくらいで提供されるのが普通だと思ってたので、こんな1品2~3人前で来るお店もあるんだと居酒屋経験が浅い私には驚きでした。

f:id:sakuyaoi:20180128233000j:plain

海鮮チヂミ

海鮮チヂミ、800円。ぶつ切りの大きなイカがたっぷり入った食べ応えあるチヂミ。甘辛のタレを付けて食べます。私未だにお好み焼きとの違いよく分かってないのですけど、チヂミの方がもちっとしてますよね。頼んだおつまみに連続してニラが入っていたためかなりスタミナ付きそうな感じに。

f:id:sakuyaoi:20180206104226j:plain

明太マヨきゅうり

明太マヨきゅうり、350円。私は明太子が苦手(魚卵全般×)なので食べませんでしたがお野菜系メニューも豊富で良いですね~!

f:id:sakuyaoi:20180128233028j:plain

ふわとろパイン

こちらは生絞り系サワーのふわとろパイン。お酒メニューは地酒で数ページ、サワー系もジャンルごと数ページと本当に豊富で、気になるけどどんなお酒なのか想像できない感じのものも結構ありました。

f:id:sakuyaoi:20180128233044j:plain

笑えないからさとは

ここでメニューの激辛マーボーどうふが気になりました。辛さが調整できるそうで、笑えない辛さもできますと書いてあれば、私の求める激辛の御眼鏡に叶うか是非試したいところ。店員さんに笑えない辛さでお願いします!と注文しました。

f:id:sakuyaoi:20180128232956j:plain

激辛マーボーどうふ

こちらが笑えない辛さの激辛マーボーどうふ、800円。豆腐は細かく切っておらず、1丁8等分を5個星型に並べてあります、こういうのもあるのですね。その分麻婆なひき肉とラー油が滲むほどたっぷりたっぷりしており、匂いも見た目も辛そうです。一口食べると確かに辛い!花椒も見えませんでしたがしっかり効いていて本格四川マーボー豆腐です。充分な程の辛さですが、ヒーヒーといった具合なので前に紹介した麻辣亭さんよりは一段階辛くないくらいですかね。それでも初めての方にはなかなか厳しい辛さです。

f:id:sakuyaoi:20180128233020j:plain

さくらんぼサワー

辛いメニューのお供は甘いお酒。生絞りサワーからさくらんぼを選びました。

f:id:sakuyaoi:20180128233038j:plain

一人で食べました

結局一緒に飲んでいた二人は辛いのが苦手ということで遠慮され一人で全部食べました。一食分の激辛を摂取してしまいかなりお腹に来てます。

f:id:sakuyaoi:20180128233035j:plain

ゴディバミルク

流石に口がビリビリなので、さくらんぼサワーも一気に飲み干し、甘いお酒の筆頭ゴディバミルクを追加。なんとか慣らします。牛乳瓶に入ってるのがかわいいですよね。

f:id:sakuyaoi:20180128233014j:plain

エビマヨ

最後はエビマヨ、750円。下に春巻きの皮を揚げたアレが敷かれていてテンション揚がりました。お腹は一杯でしたが好物のエビマヨなので別腹ですよ!さすがに〆メニューを注文するお腹は残っておらず、なんとかモツ鍋を消化して終了です。

f:id:sakuyaoi:20180128233049j:plain

百年梅酒

最後に梅酒だけは飲んどかないと気が済まないので〆の一杯(酒)です。今回何杯飲んだのでしたっけ?6杯...?飲み過ぎましたね...。甘いお酒中心なのでジュース感覚でぐびぐび行けちゃうのですよねぇ~。それも美味しいおつまみあってのこと!豊富なメニューがどれも美味しい素晴らしいお店だと思います!

 

 

店舗情報

店名 㐂(よろこび)
住所 〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町5-22
連絡先 054-366-5222
駐車場 なし(近くに銀座の有料駐車場があります)
定休日 月曜日
営業時間 17:00~翌2:00(L.O.1:00)
サイト https://r.gnavi.co.jp/acubhdp50000

 

2018年版 エスパルスドリームプラザが100倍楽しめるまとめ!

水区観光の玄関口
みなと町のすべてが揃っています

f:id:sakuyaoi:20180206173243j:plain

エスパルスドリームプラザ
 

 

清水港の中心にある観覧車が目印の商業施設、通称ドリプラ。1999年にオープン、清水観光の玄関口となっているこちらの施設には、各階様々な店舗が揃っています。当記事では最新のドリプラ情報を隅から隅まで紹介いたします!色々揃い過ぎていて事前情報なしでは商品を探すのも大変かもしれません!ぜひ当記事をご活用ください!ζζ

※2018年2月更新

 

駐車場の利用について

リームプラザの駐車場は、歩道橋で繋がる立体駐車場(450台)、入口前の第二駐車場(50台)、その向かいの第三駐車場(40台)、遊歩道脇の日の出パーキング(430台)、マリンパーキング(570台)と約1600台の駐車スペースがあります。
基本どこでも1時間200円ですが、ドリームプラザ館内の認証機に駐車券を通すことで1時間無料に、館内で3000円以上お買い上げのレシートをインフォメーションカウンターへ提示すると更に1時間無料。映画館を利用すると2時間無料、合計最大4時間分無料になります。(立体、第二、第三は5000円以上、7000円以上で更に1、2時間無料)
また1日ドリームプラザ周辺の観光をする場合は『マリンパーキング』がおすすめです。こちらは他の駐車場と一部システムが異なり1日の最大料金が300円となっている為、長時間利用であれば確実にお得になります。

観覧車ドリームスカイ

f:id:sakuyaoi:20180206173254j:plain

ドリームスカイ

2008年にオープンしたエスパルスドリームプラザのランドマーク。1周13分高度52mの空の旅、清水港全体が眺められ、晴天時は港の奥に富士山も眺められます。夜に乗っても港ならではの夜景が見渡せておススメです。LED仕様のイルミネーションを日本で最初に取り入れた観覧車だそうですよ。ペットの同乗も可能です。

1F

シーサイドストリート

f:id:sakuyaoi:20180206173128j:plain

シャトルバス乗り場前の館内入口

覧車の下はデパートの屋上のような子供向けのミニ遊園地!入口前までカフェやスイーツ、軽食が揃う『シーサイドストリート』こちらから入ってすぐにインフォメーションがあります。

f:id:sakuyaoi:20180206173227j:plain

昨年の記事で紹介したたい焼きやは2017年11月に大学芋専門店に
入口付近のお店案内
何のお店 店舗名
カフェ This is cafe
クレープ フェリーチェ・ドルチェ
大学芋 いもやゐも蔵
カフェ YAMADAEN お茶&コーヒーカフェ(仮) 2018年春オープン予定


イベントフロア

f:id:sakuyaoi:20180206173103j:plain

イベントフロア

末や期間限定でパン祭り・お菓子祭り、アウトレット販売などのイベントフロアとして使用されます。普段はテーブルが並び休憩用のフロアになっています。

f:id:sakuyaoi:20180206173106j:plain

パン祭り開催時

f:id:sakuyaoi:20180206180443j:plain

イルミネーション開催時

ガラス張りで外の景色も良く見える為、ウッドデッキでのイベントを中から眺めているお客さんも多いです。また清水のFMラジオ『マリンパル』のサテライトスタジオがエスカレーター下にあります。

1階イベントフロア周辺のお店案内
何のお店 店舗名
アイス ディッピンドッツ・アイスクリーム
寿司 すし屋のお持ち帰り寿司

駿河みやげ横丁

f:id:sakuyaoi:20180206173111j:plain

駿河みやげ横丁

ーサイドストリート手前の入口すぐのお土産売り場。フロアに所狭しとお土産や静岡の甘味が並んでおり、文字通り静岡土産ならなんでも揃うお土産の横丁です。曜日限定のお菓子や静岡県内の有名和菓子屋さんが日替わりで銘菓を卸しています。

駿河みやげ横丁フロア内のお店案内
何のお店 店舗名
せんべい
アイス
いかせん本舗
お茶 竹茗堂
ねりもの 磯揚げまる天

その他のお土産は一括で購入可能です。

清水すし横丁

f:id:sakuyaoi:20180206173114j:plain

f:id:sakuyaoi:20180206173119j:plain

清水すし横丁

前は『すしミュージアム』というお寿司の歴史を紹介した展示の一部としてお店を出していましたが、現在は分離しています。

1階フロアが寿司・海鮮丼などを扱うお店が並んだ『清水すし横丁』2階が寿司の歴史や江戸前の雰囲気が味わえる『すしミュージアム』です。すし横丁でお食事をするとすしミュージアムの入場料が半額になります。

清水すし横丁フロア内のお店案内
何のお店 店舗名
流れ鮨 沼津魚がし鮨
寿司定食 清水港さかなや
丼専門店 清水みなと漁師丼の店
江戸前寿司 鮨処おがさわら
回転寿司 朝獲れ回転寿司のぶちゃん
江戸前寿司 勇喜寿司
江戸前寿司 入船鮨
珍味 うみ丸
和食
鮨食べ放題
御食事処 大漁市場(2階)

すし横丁の向かいで沼津魚がし鮨がお持ち帰り鮨を販売しています。夕方17時過ぎ頃から閉店までのタイムセールがとてもお得です(お目当てのものが残るとは限りませんが)

清水いりふね通り

f:id:sakuyaoi:20180206173125j:plain

清水いりふね通り

屋・輸入食品雑貨店・お弁当屋・地場野菜の直売店などデパ地下のような雰囲気のショッピングエリアです。お土産というより静岡の企業が製造販売している製品のお店が揃っています。地元商品に特化したスーパーのようなフロアです。

f:id:sakuyaoi:20180206173054j:plain

地場野菜販売 清水みのり市場

f:id:sakuyaoi:20180206173051j:plain

輸入食品チェーン カルディコーヒー

f:id:sakuyaoi:20180206173205j:plain

清水かんづめ市場

f:id:sakuyaoi:20180206173216j:plain

清水ラムネ博物館
清水いりふね通りフロア内のお店案内
何のお店 店舗名
輸入食品 カルディコーヒーファーム
ビュッフェ はとばキッチン
珍味 清水港 海道市場
地場野菜 駿河みのり市場
とんかつ とんかつ新宿さぼてん
地酒 篠田酒店
乾物 駿河桜えび・乾物処
ラムネ 清水ラムネ博物館(木村飲料)
缶詰 清水かんづめ市場
清水いりふね通り出口、国道デッキ側お店案内
何のお店 店舗名
そば処 戸隠そばドリームプラザ店
美容室 美容室サンク

まんぷく街

f:id:sakuyaoi:20180206173058j:plain

まんぷく街

1階の食堂エリア。お弁当・総菜のお店、海鮮、ラーメン店など個人店が揃います。こちらも休憩用のテーブルが並べてあり、イベントフロアと同じく購入した商品の整理やお弁当を食べたりできます。静岡県内の人気店が支店として出店している場合が多いのですが、数年で入れ替わってしまうお店もありました。

まんぷく街のお店案内
何のお店 店舗名
海鮮定食 まぐろ一船買い問屋
バンノウ水産
パン
弁当
駿河みのり市場プラス
ラーメン 麺屋 燕
チャーハン 清水チャーハン食堂
浜松からあげ 竹泉
お弁当 我が家のお弁当
 

 

2F

シーサイドモール

f:id:sakuyaoi:20180206173131j:plain

シーサイドモール

2階は雑貨店が並んでいます。サッカーグッズショップ、ハンドメイド・エスニック雑貨、アクセサリー、キャラクターグッズなどバラエティに富んだ雑貨や服が揃います。雰囲気の違うお店が連なっていて、まるで海外の大型テーマパークのお土産コーナーみたいですね。

f:id:sakuyaoi:20180206173136j:plain

清水サッカーショップ
シーサイドモールのお店案内
何のお店 店舗名
サッカーグッズ 清水サッカーショップ
パワーストーン CRYSTAL PACKAGE
キャラクターグッズ キデイランド
生活雑貨 tips
和雑貨
インテリア
Timeless Tender/td>
エスニック MALAIKA
カジュアル衣料 orb
ハンドメイド CRAFT MARKET
レンタルスペース レンタルスペースうみのはこ
英会話教室 ペッピーキッズクラブ

フードテラス

f:id:sakuyaoi:20180206173139j:plain

フードテラス

2階のフードテラスはチェーン系の軽食店が3店舗。室内から海側の景色が見え、デッキにも席が並びます。マクドナルドも入っている為、平日でもお昼時は地元の方中心にかなり込み合っています。

フードテラスお店案内
何のお店 店舗名
ハンバーガー マクドナルド ドリームプラザ店
インドカレー DELHI'S KITCHEN
洋食プレート 潮風食堂

3F

アミュージアム

f:id:sakuyaoi:20180206173143j:plain

アミュージアム

3階の半分ほどはゲームコーナーのアミュージアム。メダルゲームとUFOキャッチャー、プリクラ中心でファミリー向けですが、近頃はUFOキャッチャーのプライズがフィギュアやアニメグッズに偏っていたりとややサブカルゲームセンター寄りに。でも音ゲは太鼓の達人しかありません。メダルゲームコーナーでは玄人のお爺さんお婆さんがざわ...ざわ...しています。

週末は入口傍で大ガラポン抽選会が行われています。だれでも参加可能で在庫処分のプライズやUFOキャッチャーの無料券などが当たりますよ!また映画の半券を見せるとUFOキャッチャーが1回無料で挑戦できます。

ちびまる子ちゃんランド

f:id:sakuyaoi:20180206173148j:plain

ちびまる子ちゃんランド

水が舞台のアニメ『ちびまる子ちゃん』の世界を再現したファン向け博物館。有料コーナーも規模はそれほど大きくありませんが、沼に浸かったファンしか分からないようなキャラクターのネタや、作者のさくらももこさんの他の作品が読める漫画コーナーもあり、ゆっくり見て周るとちびまる子ちゃんは軽く知っている程度の方でも結構楽しめます。写真スポットが多いので家族連れの方が一番おすすめですね。週末はちびまる子ちゃんが着ぐるみで登場する日もありますよ!

無料コーナーは作中の駄菓子屋みつや(こちらも清水に実在しました)を再現した駄菓子屋&お土産コーナーがあり、ちびまる子ちゃんの最新グッズまですべて揃うテーマキャラクターショップとなっております。案外こちらの方がファンにとって宝の山なのだとか。

その他3階のお店案内
何のお店 店舗名
給食レストラン みんなの学校給食
フットサルコート エスパルスプラザコート
キッズコーナー キッズパラダイス

f:id:sakuyaoi:20180206173151j:plain

学校給食を完全再現した『みんなの学校給食』

4F MOVIX清水

f:id:sakuyaoi:20180206173154j:plain

MOVIX清水

4階は清水唯一のシネマコンプレックス、MOVIX清水。1フロアに9スクリーンとなかなかの規模。配給される映画も豊富です。映画の半券はドリームプラザ内の各店舗、フロアで優待券として使用できます。曜日によって鑑賞割引もあります。下の階のお店の方が早く閉まるので遅い時間の映画を見た帰りは閑散としていてびっくりするかも。

海側デッキ

f:id:sakuyaoi:20180206173249j:plain

デッキ

1階から3階までは各階ともハーバーデッキになっています。1階はThis is cafeとはとばキッチンのメニューを海風を浴びながら楽しめます。ワンちゃんもOK。

2階もジョーズ・キッチンやフードテラスのテラス席。3階は海を眺める休憩スポット、カップルさんが溜まり場にしています。昼間はヨットハーバーやクレーンを眺めてぼーっとするのに最適なスポットです。

f:id:sakuyaoi:20180206173230j:plain

テルハクレーン

f:id:sakuyaoi:20180206173236j:plain

ヨットハーバー

f:id:sakuyaoi:20180206173211j:plain

冬のイルミネーション

f:id:sakuyaoi:20180206173222j:plain

年末カウントダウンイベントの様子
2階デッキ・その他お店案内
何のお店 店舗名
ビュッフェ ビュッフェレストラン ジョーズ・キッチン
インテリア雑貨 BAYSIDE Calmo(立体駐車場二階)
ATM 静岡銀行/セブン銀行、清水銀行

新館

ドリームプラザはオープン当初、時期を見て2つめの建物をオープンする計画でした。しかし想定よりも儲けが出なかったことから計画は流れ、代わりにファッションチェーンが並ぶエリアができました。そちらをそのまま新館と呼んでいます。

何のお店 店舗名
カジュアル衣料 ユニクロ
ジーンズ JACK
ABC-MART

SOUND SHOWER ark

ドリームプラザ駐車場の1階はライブハウスになっています。県内最大規模の立席600人のイベントホールです。全ては把握してませんが結構有名アーティストもイベントを行ってるそうで、ドリームプラザ傍の広場マリンパークで行われるフェスイベント『マグロック&フジソニック』の第二会場に使用されるなど港のイベント需要は多いです。地元の企業、団体主催の対バンやクラブイベントも毎月開催されています。

その他お得情報

レンタサイクル

f:id:sakuyaoi:20180206235404j:plain

レンタサイクル

ドリームプラザ入口傍にレンタサイクルコーナーがあります。1日500円でレンタサイクルの利用が可能です。波止場から出ている三保行きの水上バスにも乗せられますので、細い道も多い清水の町をぶらぶらするなら自転車はおすすめの移動手段となっています!

無料シャトルバス

f:id:sakuyaoi:20180206235432j:plain

シャトルバス

JR清水駅、清水区役所を通るシャトルバスが平日1時間に2本、休日1時間に4本運行しています。週末は混みますが、駅まで直通ですので駅ご利用の方はご活用ください。

 

 

店舗情報

店名 エスパルスドリームプラザ
住所 〒424-0942 静岡県静岡市清水区入船町13-15
連絡先 054-354-3360
駐車場 あり
定休日 年中無休
営業時間 土産処 10時~20時 映画館 ~24時 ゲームセンター ~23時 レストラン11時~21時
サイト http://www.dream-plaza.co.jp/

『モンマルシェ 鮪とろ』1缶1200円の最高級ツナ缶を食べました

回は以前紹介した究極のツナ缶『オーシャンプリンセス ホワイトツナ』を販売する究極のツナ モンマルシェさんの最高級ツナ缶を紹介します。そもそも『オーシャンプリンセス ホワイトツナ』自体 1缶400円と高級ツナの枠に入っていますが、それを超える日本一高級なツナ缶が今回の、

『プレミアム オーシャンプリンセス 鮪とろ』

1缶1200円(税別)です。

最後に紹介すると内容が劣ってしまいそうなので先に前回の商品記事を↓

www.sakuyaoi.com

ワイトツナでも究極のツナ缶ってハードル高い肩書がついているのに、今回は更に"プレミアム"までつけてくれちゃっています。値段もプレミアムですが、公式サイト情報では原料が希少な為1ヶ月に50缶しか生産できないそうで、2016年10月の発売から単純計算で800個しか流通してないことになりますね(初回ロットはもう少し多いと思いますが)。"最高級のエクストラバージンオリーブオイル""鮪1尾に1%相当しかない希少部位のトロ"のみを使用とまさにプレミアム!

といっても1缶1200円に安いお店ばかり紹介している私のお財布が緩むはずもなく。実は今回、モンマルシェの選べるギフトをいただいたので、その中で異彩を放っていたこちらの商品を選んだ次第です。

f:id:sakuyaoi:20180205004912j:plain

ギフト

高級感ある包装でやってきた最高級ツナ缶。選べるギフトには『ホワイトツナ』9缶入りなどもある中『鮪とろ』は3缶です。他社製品になりますがスーパーで売ってる『シーチキンLフレーク』が1缶120円くらいですからね。『鮪とろ』3缶で『シーチキン』30缶...自分でお金出すなら間違いなく後者かなぁ...しかし『鮪とろ』に本当に1200円の価値があるというのなら...もしかしたら...大金持ちになった暁なら...毎日リピートするかもしれない...というわけで今回のお試しです。

f:id:sakuyaoi:20180205004915j:plain

紅イモタルト色

包みを丁寧に剥がそうとしましたがびりびり破れました。なかなか固く梱包されていたのですもの。中から現れたのは紅イモタルトのような色をした高級感満載の箱。

f:id:sakuyaoi:20180205004920j:plain

野口英世+200円が3箱...

隙間が少なく開けるのに結構力が必要でした。開けてびっくり、これまた嫌味な程に高級な並べ方で入っていました。高級なツナ缶は自らインスタ映えする角度にポーズを決めるみたいです。

f:id:sakuyaoi:20180205004924j:plain

外箱

シンプルかつまとまったデザインの高級そうなパッケージ。というかこの箱だけで200円分くらいかかってませんか?箱が無ければ1000円で出せるんじゃありませんか?

f:id:sakuyaoi:20180205004927j:plain

裏面

賞味期限は約2年半、缶詰がスチール、ふた部分がアルミ製と捨てる際には注意が必要ですね。注意書きにはツナ缶のオーソドックスな内容に加え『ローレルの葉を使用しておりますので、取り除いてからお召し上がりください』と書いてあります。上の説明にも『ローレルの葉で味付けした』って書いてありますね。粉末のローレルを料理に使うことは結構ありますが葉っぱのままは初めてですね。

f:id:sakuyaoi:20180205004930j:plain

f:id:sakuyaoi:20180205004935j:plain

またしても開けにくい箱を開けると、中身の缶詰はなんともシンプルなノーデザインパッケージ。これは自分で落書きしてオリジナル最高級缶詰を作ろうってことでしょうかね。

f:id:sakuyaoi:20180205004939j:plain

いよいよ開封

置きが長くなりましたが、こちらが最高級ツナ缶『鮪とろ』の中身です。普通のツナ缶より油の量がかなり多いですね。開けた瞬間から芳醇なエクストラバージンオリーブオイルとツナの香りが漂います。右にあるのがローレルの葉っぱですね。

f:id:sakuyaoi:20180205004941j:plain

ローレルを退かしました

多少崩れていはいるもののソリッドタイプのツナ以上に身がしっかり固形になっています。見た目は切り分けられたハムが並んでいるようにも。

f:id:sakuyaoi:20180205004955j:plain

こちらが取り出したものになります

"とろ"なので箸でつかんでもすぐ切れちゃうくらいトロトロなのかと思いましたが、見た目通りの硬さです。オリーブオイルもトロトロなのかと思いましたが案外サラサラしており、本当にとろ缶なのか怪しくなってきました。

 

 

まず冷たいまま一口食べた感想ですが、結構クセがある味です。箸でつかんだ際は見た目通りの硬さと思いましたが、口に含むと食感を残しつつも舌の上で溶けていきます。ただ脂身を食べている感覚の溶けていくではなく、柔らかいお肉を含んだ時のような感覚ですね。身もツナというよりお肉、焼いてはありませんがステーキを食べてるような味わい深いものです。オリーブオイルとローレルの味かは分かりませんが、出汁と塩っぽい味が結構濃く、醤油やマヨネーズなどは付けないほうが美味しいです。

f:id:sakuyaoi:20180205004945j:plain

少し取り出した後

脂が減ると普通のソリッドタイプのツナ缶っぽいですね。今度はレンジで温めて食べてみました。本当は湯煎のほうが良いのですけど今回は開封の儀を行いたかったので。レンジで温める際は油が跳ねますのでラップをして、ワットは抑え目に10秒~20秒ほどで充分です。

そしてこれは温めた方が間違いなく美味しいですね。残りの二缶は最初から湯煎しようと思います。レンジ結構飛び散りましたし。温めることで肉質は更に柔らかくなり、"とろ”感が増しました。オリーブオイルも完全にサラサラとそのまま飲めるくらいに安定し、くどさも全くありません。相性抜群なステーキとステーキソースです。缶詰は出来立ての料理には及ばずそのものを味わうものではないと思っていましたが、こちらはそのままメインとして出されても成り立つクオリティ。味があるといっても濃すぎるほどではないのでご飯のおかずにはならないかもしれませんけど、お酒のつまみになら充分すぎます。

f:id:sakuyaoi:20180205004950j:plain

f:id:sakuyaoi:20180205005002j:plain

f:id:sakuyaoi:20180205005007j:plain

f:id:sakuyaoi:20180205005010j:plain

諸行無常

残ったオリーブオイルはパスタに和えてみましたが、それだけで高級ペペロンチーノに変身!油を切るなんて愚かな真似だけはしてはいけませんよ...というか普通のツナ缶も油含めてツナ缶なのですけどね...。

では、1200円の価値があったかといえば...全然分かりません。

そもそもメイン1品に1000円かけたことない私は1200円の料理の時点で価値を量る基準が無いのです。もちろん普通のツナ缶より間違いなく美味しいです。前回紹介したホワイトツナも美味しかったですが、それを余裕で越えてきました。しかしこれ1缶で1200円、ランチ2食分と比べてしまうと..........まぁ高い食材はそれに見合ったお金を持った人向けなのですよね。違いが分かる人なら私よりもっと感動するのだと思いますし、だからと言って私も普通のツナ缶との違いくらいは分かります。どんな食材だって人によって感想は違いますから、違いが分かる自信のあるなしに関係なく、だれでも一度は味わってみても良いんじゃないかなと思います。

試す際のアドバイスは、

温めた方が絶対美味しい

醤油やマヨネーズは蛇足

この2点は今回確信しております。最高級ツナ缶そのものを味わってみてください。

 

商品の通販はこちらからどうぞ!


こだわり食材のモンマルシェ

『竹寿司』ランチにぎりが550円!港町屈指のお得なお寿司やさん

回らないお寿司やさんで
ここよりお得な店私は知りません

f:id:sakuyaoi:20180203124057j:plain

外観

店舗紹介

静鉄新清水駅から裏の通りに入った辺りにあるお寿司屋さん。二階建て住宅の一階部分がお店になっています。こちらのお店はぱっと来てぱっと食べて行く庶民のランチという古来の港寿司のスタイルで運営されており、お得なメニューと手早い提供がウリの一つ。多少行列ができることもあるそうですが、回転が速いのでそんなに時間かからず入れると思います。

f:id:sakuyaoi:20180203124038j:plain

500円のランチメニュー看板

店前の脇に500円と大きく書かれたランチの看板が建てかけられていましたが、こちらは現在増税で550円になったとのこと。それでもお寿司の値段を知っている方には驚きだと思うのですけど。

店内の写真は撮りませんでしたが落ち着いた雰囲気にカウンター後ろに酒瓶がずらりと、あ~お寿司屋さんだといった感じ。ほのかに酢飯の香りが漂っています。戸を開けてすぐにいらっしゃい!と声をかけてくれた初老の店主さんとおそらく奥さんの二人で経営されています。カウンターが6席+座敷の6人掛けテーブル2つと利用できる人数は少な目。その分お店自体は小さいのですが広く感じます。

 

ところで私は生の青魚がアレルギーのようで食べるとぶつぶつが出ます。青魚以外は食べられるのですがちらし寿司とかでは混ざっちゃってる場合もあるのでほとんどお寿司屋さんや海鮮メインのお店にはいかないのですよね。まあ当ブログでは学生さんのお財布に厳しい高いお店は紹介していないので、どうあがいても学生ランチには向かないお寿司屋さんはそうそう紹介できないのですが、『竹寿司』さんはこの格安価格、写真を見ると青魚も入ってないみたいでしたので意を決して入ってみました。

f:id:sakuyaoi:20180203124049j:plain

寿司屋の湯のみ

竹船に乗せられたおしぼりと大きめの湯のみがお寿司屋さんっぽい!いやお寿司屋さんなのは間違いないですが、久々なので雰囲気に嬉しくなりました。

f:id:sakuyaoi:20180203124053j:plain

にぎり1人前(550円)

というわけで今回は看板のにぎり一人前を注文。青魚は無理なことも先に伝えましたが入らないので大丈夫とのこと。一人前550円、にぎり6種、巻物2種5個、味噌汁が付いています。

メニューには大盛り800円、二人前1050円もありました。普通の一人前で写真の通りですから大盛り以上はかなりボリューミーっぽいですね。男性は一人前じゃ足りなくて大盛り以上にするそうですが、ランチなら一人前でもバランス良い量だと私は思います。ちらし寿司も550円(大盛り650円)とお得です。アジフライなど揚げ物やお刺身の定食・丼メニューも揃っていて、ほとんどが1000円以内です!
夜も少し値段が上がりますが、基本ランチと同じメニューに加え、おつまみの一品料理、お酒も扱っています。一番豪華な握りの盛り合わせで1800円だそうなので、他の回らないお寿司屋さんと比べても明らかに低価格だと思います。
値段の話ばかりになってしまってますが、港町で寿司が美味しいというのは大前提と言えなくはないですからね、この質でこの値段!っていうのが驚きなのです。

f:id:sakuyaoi:20180203124041j:plain

アップ

にぎりのネタは、まぐろ・えび・サーモン・イカ・たまご・キンメ、鉄火巻き3つとかんぴょう巻き2つです。まずシャリがかなり大きめで、ネタに隠れちゃってますが一貫のボリューム感がかなりあります。ネタ自体もかなり厚切りで、それぞれをしっかり味わって食べられます。この値段でありながら現在かなりの高級魚となってるキンメが入ってるのも凄いですよね。

シャリの酢飯が強めで久々にちゃんとしたお寿司って感じのシャリを食べられました。回転ずしは子供でも食べやすいように薄めになっているので、それはそれで需要に合わせたやり方ですが、やっぱりお寿司屋さんならこのガツンと来る酢の香りが無いとですね~!わさびもかなり多くてこちらは少し減らしてもらいたかったです笑

どのネタも程よい脂のノリとやわらかさ、筋もまったくなく食べやすさの意味でも負けていません。酢が効いている為魚臭さも全くなく、これなら海の香りが苦手な方でも食べれそうだなと思いました。巻物の海苔も香ばしさが分かる良いものを使っていました。卵焼きもさっぱりしていて美味しかったです。

f:id:sakuyaoi:20180203124046j:plain

お味噌汁

お味噌汁は濃いめ。具材はネギ、油揚げ、しめじまでは普通なのですが、そうめんが少し入っていておもしろかったです。沸騰直後くらいの熱々で提供されるので最初は気を付けて口付けた方がいいですね。

 

 

店舗情報

店名 竹寿司
住所 〒424-0829 静岡県静岡市清水区巴町11-14
連絡先 054-352-9540
駐車場 あり
定休日 火曜日
営業時間 月・水~土 11:00~14:00 17:00~23:00
日・祝 11:00~14:00 17:00~21:00
サイト なし

電話で予約して訪問時間に合わせて握ってもらうことも可能だそうです!お昼時にパパっと食べられるお寿司、魅力的ですよね!ζζ

『らーめんブッチャー』ダイエットに最適!静岡の二郎系ラーメン!

富士山の如く盛り付けられた
ラーメンを超越した存在

f:id:sakuyaoi:20180131152844j:plain

店頭

店舗紹介

駿河区小鹿のラーメン店。静岡市の他に焼津店、沼津店、函南町店があるそうです。それぞれが独立店として運営されているそうですがラーメンチェーン『大勝軒』の運営会社『麵屋こうじグループ』に属しているみたいです。サイト見てもどういう形態なのかよくわからなかったのですけど。

メニューはいわゆる二郎系。言わずと知れたといっても私も二郎に行ったことないので説明しますが、東京中心に展開する『ラーメン二郎』というガツ盛を超えたガツ盛、ラーメン越えたラーメン風の何かを提供するチェーンにインスパイアされた、見た目もボリュームもインパクト大なお店を『二郎系』と言うらしいのですね。東京になかなか行けない田舎の民は二郎系ラーメンを食べてラーメン二郎に思いを馳せるとか馳せないとか。

f:id:sakuyaoi:20180131152847j:plain

店頭にメニュー看板

看板でメニューが紹介されていますが、なんともボリューミーな感じ。しかしこの程度なら普通に食べられそうですね。せっかくなので定番の追い飯セットで行こうかな~などと考えてると後悔するかもしれません。

f:id:sakuyaoi:20180131152850j:plain

食券制

注文は入口傍の食券制です。上の方に看板に書いてあったメニューが並びますが、下の方はよくわからない表示が並ぶので独自の文化か常連だけが分かる裏メニューなのかもしれません。食券を買ったらすぐ店員さんに渡すのですが、この際に

f:id:sakuyaoi:20180131152919j:plain

麺の量

麺の量が大盛りまでは無料でアップグレードできるため、大盛りにしますか?と聞かれます。並盛が200g、大盛り250gなのでせっかくですから大盛りにしておきましょう。50gの差なら大したことないですよね!(カップヌードル0.8杯分)ちなみに一番上のサイズ『富士山盛り』は+300円で注文できます。並盛の3.5倍で300円プラスなら安いですが、安いからと言って700gのボリュームを注文する人はそうそういないはず...私の次に来た人が富士山盛り野菜背脂増し増しとかオーダーしてた気がしますが聞こえませんね。

f:id:sakuyaoi:20180131152854j:plain

野菜増し増しは有料

野菜増し増し有料のお知らせが貼ってありました。すでに凄い写真が目に入ってしまったのですが、以前はこれが無料オプションだったのですね。さすがにこれは食べられないと思ったので、今回のオーダーは『特製ふじそば大盛り野菜増し』です。背脂はどんな状態で来るか分からなかったので普通にしました。野菜は増しまでは無料で付けられます。これらのオーダーも食券を渡す際にスタッフさんが聞いてくれますので二郎系初心者でも安心ですね。

店内はカウンター7席と4人かけテーブル1つ、6人かけテーブル1つです。注文してからラーメンが届くまでは10分ほど。ラーメン二郎の予備知識では、ものすごく回転率が高い/独自ルールでギラギラしたムードと聞いていたのですが、インスパイア店が皆同じ感じではないようです。お客さんも多かったですが皆さん結構のんびり食べていて、常連さんらしき方はスタッフさんと談笑されてたりとかなりゆるい雰囲気でした。

f:id:sakuyaoi:20180131152858j:plain

特製ふじそば大盛り野菜増し

して届いたのがこちら! なんとも初体験なボリューム!静岡市内の二郎系 / 特盛りのラーメンは今回のブッチャーさんが初めてなので、ここまでもやしどっさりで麺やスープが見えないほどとは思いませんでした!せっかくなら『富士山盛り野菜背脂増し増し』の方も見てみたいな~と思ったら暫くして先ほどオーダーしていた人の席に間違いなく運ばれてました。丼ぶりを含めてこの2.5倍くらいの高さにもやしが積みあがってましたよ。逆に私のこの量なら余裕でいけるのでは?って気にさせてもらえました。

f:id:sakuyaoi:20180131152906j:plain

上から

特製ふじそばのトッピングは、たっぷりのモヤシの上に刻んだ生の玉ねぎ、めんま、フライパンで二度焼きされた焼豚、味玉と量を考えなければ組み合わせ自体はシンプルです。焼豚を更に焼いてるのは個性的ですけどね!

 

ざ実食。ラーメン二郎には天地返し?なる上の野菜と麺をひっくり返してスープに絡ませる技があるみたいですが、ブッチャーさんは意外とスープも上までひたひただったので、モヤシの山を崩してスープに漬けながらマイニングしていきました。茹でただけなもやしと生の玉ねぎに味はついていないのですが、背脂の甘みが染み込み濃厚なのについつい飲んでしまう感じのスープが野菜との相性抜群で、お酒のつまみになるなぁ~なんて思いながら食べました。まだ麺にたどり着いていないのですけど。

f:id:sakuyaoi:20180131152913j:plain

たどり着いた

上のモヤシをあらかた消化して(混ぜたりした方がよかったのでしょうか)麺にたどり着きました。なんというか、今まで食べたことないタイプの麺です。ものすごく独特。見た目が既に四角い感じの極太麺でこんなの見たことない~って感じなのですけど、食感もかなりもっちりで、この表現は分からない人の方が多いと思いますが山梨県の『吉田のうどん』に近いコシです。それでいてスープにはとても馴染んでいて、スープを飲まなくても麺にしっかりくっついてくる理想のコンビです。これは初めて食べる方は驚くと思いますし、好みも左右しそうだと思いました。私はすごく好きなタイプなのですけど。

f:id:sakuyaoi:20180131152910j:plain

ニンニクトッピング

食べ進めていくと、量が厳しいとかの前に同じ味に飽きてくるタイミングがあります。そこで登場するのが卓上にある味付きのニンニク!看板のメニュー写真では最初から一番上に乗っかっていましたが、こちらはセルフです。少し入れただけで一気にニンニクの旨味、匂いが広まり、味も別物に変わります。まさにニンニク爆弾といった所。これの調整で味を変えていくのが正解なのかもしれません。もちろん基本も美味しいのですけど、量が多いですからね。

f:id:sakuyaoi:20180131152916j:plain

意外といけた

い、というわけで余裕ではないですがいけちゃいました。これならもう一段上でも...しかし次は+100gなのですよね。野菜増し増しの方がいけるかも...モヤシはおつまみ食べてる感覚でいくらでも食べられそうでした。食べ終わった後に見えてくる丼ぶりのデザインもオリジナルで良いですね~!スープ全部は飲み切らなかったので豚さんっぽい絵が見えませんでしたが。そして麺を食べた後の背脂が浮いたスープがまた旨味甘みで最高なのですけど、ここでタイトルに書いた『ダイエット』要素が出てくるのですよね。

再三と当ブログの記事でダイエット宣言しておきながらいきなり特盛のラーメンを食べた阿呆と呼ばれたくないので弁解させていただきますと、この一杯で夜までお腹がいっぱいの状態をキープできたので本日は2食で済んだのです!お腹空かせて我慢するならともかく、お腹いっぱいの状態なら無理して食べなくていいですからね!

これの理由がスープに浮いた『背脂』脂質が多い食品って=腹持ちが良いということになるらしく、それを食品全体に絡めて摂取するということはお腹が溜まる成分を普通のラーメンを食べるより多く摂取してることになるのですよね。『栄養足りてない』とか『背脂のカロリー100gで700kcal越えてるんだけど』とか意見はあると思いますが、結局のところカロリー調整よりも一食抜く効率は結構良いのです。三食きっちり食べるのが大事って殆どのダイエットサイトが言ってますけど、私はそれで痩せた試しが無いです!痩せようと思ったら運動しながらできる限りサプリやプロテインで栄養取って余計なカロリー接種を減らすしかないんですよ!持論ですけど!ちゃんと一度成功していますから...大丈夫です...ラーメン食べてもダイエットできますよ...。

お店の紹介記事なのにものすごく話がずれてしまいましたが、信じる人にとってはダイエットにも最適なお店ということで。というかコスパものすごく良いので学生時代なら週二くらいで通ってたかもしれません。社会人の私は二月に1度くらいの感覚でまた食べたくなりそうな気がしています。

 

 

店舗情報

店名 らーめんブッチャー静岡小鹿店
住所 〒422-8021 静岡県静岡市駿河区小鹿806−8
連絡先 054-208-4457
駐車場 あり
定休日 なし
営業時間 11:00~14:30 18:00~23:00
サイト

f:id:sakuyaoi:20180201084809j:plain

肉の日限定メニュー

29日(肉の日)と9のつく日はイベントで特別メニューを提供するとのこと!日によって内容は変わるので毎回楽しみですね!ζζ

聖一色にオープンした『からやま』行ってみました(地元民向け記事)

駿河区にある草薙総合運動場は草薙と付いていますが清水区草薙ではなく、駿河区栗原と聖一色を跨いで建てられています。豆知識から始まりましたが、今回の記事はそんな聖一色に昨年オープンした関東中心に展開を広げている唐揚げチェーン『からやま』の紹介な為、静岡市の方で『気になるけんまだ行ってないや~やいやいどんな感じずらか?』という方の為のレビュー記事です。静岡のチェーンと勘違いしてしまっては何なので前書きさせていただきました。

f:id:sakuyaoi:20180123000341j:plain

外観

店舗紹介

一色にあったお財布の味方、大正義『はなまるうどん』が無念の閉店となってしまった跡地に2017年11月24日にオープンしたからあげ専門店。店舗名は『からやま静岡草薙店』ですが、やっぱり住所は駿河区聖一色です。なぜこの辺りは草薙一緒くたなのでしょうね?

カツ丼チェーンの『かつや』を経営している『アークランドサービスホールディングス株式会社』の2014年からの新展開だそうで、東京の浅草にある『からあげ縁(ゆかり)』というお店とのコラボから始まったそうです。

ちなみに豆知識、天丼チェーンの『てんや』は『かつや』とは別会社ですが、静岡市内の『てんや』は『トークインコーポレーション』という会社がFC契約で運営しており、『からやま』も今回『トークインコーポレーション』のFC契約でオープンした為、静岡市内では『てんや』と『からやま』は同グループになります。『かつや』は別なんですけどね。あと『からやま静岡草薙店』の左側には『マルコデュパン』というパン屋さんがあり、こちらも『トークインコーポレーション』のグループ。右側には『かつや』もあります。『からやま』の前にあった『はなまるうどん』も静岡市内ではトークインコーポレーションですね。店舗名会社名が入り混じりすぎて紛らわしい文章になってしまいました。

f:id:sakuyaoi:20180123000352j:plain

からやま定食

置きが長くなり過ぎたのでメニューを淡々と紹介します。

からやま定食(590円) 大ぶりのからあげ4つにご飯、味噌汁が付いてきます。セットの内容はかつやと同じですね。味噌汁はチェーン店では珍しくとろろ昆布が入っています。つけダレは胡麻ニンニクと甘いタレです。唐揚げは1個120円で追加できます。

f:id:sakuyaoi:20180123000400j:plain

からあげアップ

大きい!って説明をしたいとき、毎回比較する何か持ってくればよかったなと思うのですが、これと言って持ち運べるもの何と比較していいか難しいですよね。喫煙者の方は煙草の箱と一緒に写真撮ってる方もいるみたいですけど。今回はキャベツと比べてください。大体一つ60g~70g程度だと思います。

素の味は薄めでカラッとジューシーに揚がったシンプルなから揚げ。これといって語る部分も無いですが、安定しておかずになります。つけダレとの相性は抜群で、そのまま食べるよりタレを付けた方が絶対美味しくいただけます!2種類だけですが、卓上の調味料でさらに風味のバリエーションは増えると思います!他のメニューにはから揚げ自体に味が付いたものもあるみたいでした。

f:id:sakuyaoi:20180123000403j:plain

チキン南蛮定食

チキン南蛮定食(590円)  チキンカツのような大判に切った鶏肉をから揚げっぽく揚げた上に甘酢とタルタルソースがかかっています。チキン南蛮はタルタルたっぷり派なので、この少なさはちょっとがっかりですが、から揚げの香ばしさとよく合ったタルタルソースです。からやま定食と比べて味が一辺倒なので初めて試す際はこちらよりからやま定食の方がおススメかな。

f:id:sakuyaoi:20180123000408j:plain

アップ

大判サイズですがから揚げ4個よりはボリューム無いと思います。メニューには無いのですけど油淋鶏っぽい揚げ方なので甘酢だけでさっぱりもよさそうだな~と思いました。味はこちらの方が濃いのでご飯たくさん食べられるのはこちらですね。

f:id:sakuyaoi:20180123000347j:plain

鳥かわ

皮せん(300円) 鳥皮揚げたメニュー、いろいろな店で気になってましたが頼んだのは今回が初めて。完全にスナックです!もっと皮の質量があるのかと思ってたのですが、カリカリに揚がってる為、皮の部分はベースでしかなく、もうポテトチップス食べてるのと変わりません。美味しいですけどお酒と一緒が良いと思いました。というかから揚げもお酒と一緒が良いな...近くにあれば...。お持ち帰りもできるのですけど、揚げたてが食べたいじゃないですか!

f:id:sakuyaoi:20180123000418j:plain

かつやのアレ

かつやに行ったことある方にはおなじみの"大根を甘辛い汁に漬けたメンマのような見た目のアレ"がからやまにもあります。これ私大好きでついつい手が止まらなくなっちゃうのですよね。

f:id:sakuyaoi:20180123000423j:plain

更にイカの塩辛

からやまでは更にイカの塩辛も無料!私は苦手なのですが、これだけでご飯食べられちゃうくらい美味しいって方も居ましたよ。

残念ながらかつやと違って次回100円引き券は貰えませんが、夜でもこれだけボリューミーな定食が安価で食べられるのは嬉しいですね。まだ聖一色の一店舗だけですが、展開を広げて是非清水の港の方にも一店舗...お待ちしております...。

 

 

店舗情報

店名 から揚げ専門店『からやま』静岡草薙店 
住所 〒422-8007 静岡県静岡市駿河区聖一色194-6
連絡先 054-267-1009
駐車場 あり
定休日 なし
営業時間 10:30~23:00(ラストオーダー22:30)
サイト http://karayama.com/

『来来軒』エスパルス選手も御用達!折戸・三保の住民定番の中華飯店

三保街道沿いのTHE中華飯店
唐揚げの大きさにびっくり

f:id:sakuyaoi:20180119225844j:plain

外観

店舗紹介

水区折戸と三保の境目にある中華飯店。三保の松原のすぐ近くで、よく三保の来来軒さんと呼ばれてますが住所は折戸です。いつからあるのか分かりませんが、折戸・三保地区の中華と言えば!なお店だそうで、周辺住民や折戸にある東海大学の学生さん中心に毎晩大盛況とのこと。外観はまさに中華料理店といった風貌ですね。座席はカウンター7席と4~6人かけのテーブルが2つと狭め、駐車場は6台置けます。

f:id:sakuyaoi:20180119225820j:plain

店内にはエスパルス選手のサインがずらり

三保には清水エスパルスの練習場があります。その為エスパルス選手の利用者も多いようで店内には選手のサインがずらりと並んでいました。天井にはチームフラッグもありますね。清水のお食事処にエスパルス選手のサインが並ぶ光景はあるあるネタでもあるのですが、来来軒さんのチームの世代を超えて並ぶサインは圧巻ですね。長年愛されてきた証明ともいえます。

f:id:sakuyaoi:20180119225815j:plain

f:id:sakuyaoi:20180119225817j:plain

メニュー

テーブルにメニューは無く、壁に一覧が書き出されています。ラーメンは500円から!ここもワンコインのお店でしたね!ご飯物や一品料理もお値段抑え目でお得な感じ。定食メニューは高い順に並び、単品メニューは安い順に並んでいますね笑

今回は2人で来店、私は名前の響きが気になる『ラーメン定食』もう一方が『みそラーメン』を、更におすすめの『鶏のもも肉から揚げ』を頼みました。おじいさんとおばあさん二人で経営されているようですが、調理をするのはおじいさん一人のようで結構お時間はかかりますね。お昼は時間がある時がいいかも。

f:id:sakuyaoi:20180119225824j:plain

どでかい!

初に『鶏のもも肉から揚げ』が登場!お値段は一品料理の中でも少しお高めの800円。写真だと比較するものが無くて分かりずらいですがかなりのビックサイズです!1個7、80gくらいはありそうなから揚げが5つとキャベツがどっさり乗っています。葉物も高騰してますし、たっぷり野菜盛り付けて貰えると嬉しくなりますよね!

f:id:sakuyaoi:20180119225827j:plain

トマトと比較

6等分サイズのトマトがついてたので比較写真。幅にして10cmはありますからね!からっと揚がったフリッターに近いタイプの衣でベースの味は控えめに塩コショウだと思います。しっかり鶏の脂がじゅわわぁと漏れ出すジューシーさ!もも肉100%ですからね!1個80gが5個入ってるので400gですよ!一人で食べきるにはなかなかのボリュームです!

f:id:sakuyaoi:20180119235858j:plain

調味料

卓上に調味料各種揃っていますので味の調整も可能ですよ!お店のから揚げにマヨネーズ付けられるのありがたや...。おススメはラーマヨ醤油、和風チリソースな味わいですよ。

f:id:sakuyaoi:20180119225830j:plain

味噌ラーメン

いて『味噌ラーメン』私のじゃないのでスープを一口だけ味見させていただいた感想ですけど、まさに中華料理店の味噌ラーメン!コーンともやしで見た目も味噌ラーメンのイメージそのものですね~!濃過ぎず薄過ぎずの安定したスープでした(一口しか飲んでないのですが)

f:id:sakuyaoi:20180119235901j:plain

ラーメン定食

後に登場!『ラーメン定食』そのままラーメン+定食セットですね。大森のご飯と冷奴、ふりかけが付いています。ラーメン単品が500円、ラーメン定食が650円なので定食セットは+150円で付けられるみたいですね。メニューにライス200円がありましたがセット頼んだ方がお得じゃないですか!

ご飯の量が多く、おそらくラーメンの麺より量あるので、追い飯にしてはボリュームありすぎだと思います。今回みたいに一品料理のおかずを頼んだ際に白米が欲しかったら注文するのが正解かもですね。

f:id:sakuyaoi:20180119225837j:plain

ラーメン

味噌ラーメン同様、見た目からして完璧な中華料理店の醤油ラーメン。メンマ、ナルト、ネギ、チャーシュー。あ、海苔じゃなくてわかめだ!

スープから一口。あれ?醤油っぽさがズンっとくる中華な醤油スープとは少し違う味わいです。醤油が薄めで出汁がよく効いているタイプ、スープだけでも美味しく飲みほせそうです。最後に追い飯してみましたが、ご飯とも結構合います。

f:id:sakuyaoi:20180119225840j:plain

麺は細めの平打ち麺っぽい独特な見た目。もちもちしていてスープともよく絡んでいます。食感がしっかりしている為なんとなくパスタ食べてるような気分に。どうにも醤油ラーメンの麺っぽくは無いのですよね。

最初のイメージはTHE中華屋の醤油ラーメンでしたが、食べてみると全く別のオリジナルな醤油ラーメン。人(ラーメン)は見た目で判断しちゃだめですね!美味しかったです!

 

 

店舗情報

店名 来来軒(らいらいけん)
住所 〒424-0902 静岡県静岡市清水区折戸505−4
連絡先 054-334-1968
駐車場 あり
定休日 月曜日
営業時間 11:30~13:30 17:00〜22:00
サイト なし

『ポップクローバー』スイーツ勢ぞろい!老舗青果店のお洒落なカフェ

清水駅前銀座入口
100年続く老舗青果&スイーツ店

f:id:sakuyaoi:20180114005505j:plain

外観

店舗紹介

JR清水駅西口から徒歩1分。清水駅前銀座アーケードの入口にある青果『村越くだもの店』創業は1914年、100年を超える老舗店舗です。店内外に陳列された新鮮な果物と野菜、お惣菜などに加え、店内ではフルーツを使用したスイーツを数多く販売しています。殆どのメニューはテイクアウト可能です。

f:id:sakuyaoi:20180114005456j:plain

カフェスペース

以前も店内のスタンドコーナーでスイーツの販売を行っていましたが、2013年に店舗を改装し『ポップクローバー』という名前でカフェスペースを開きました。これが老舗の果物屋さん!?とびっくりするくらいお洒落でモダンなデザインの店内。スペースは広くはないですが、ちょっとした待ち時間や銀座でのお買い物の休憩にぴったりな気軽に立ち寄れる店舗になっています。

f:id:sakuyaoi:20180114005517j:plain

Wクリーム ピーチクレープ

今回は桃のクレープにしました。お値段もお手頃で、こちらはちょっと豪華なカスタード&生クリームのWクリーム+フルーツなので370円ですが、シンプルなチョコクリームクレープなど270円からあります!クレープのそこそこ値が張るイメージを壊してくれる学生のお財布にも優しいお店です。

f:id:sakuyaoi:20180114005451j:plain

クリームたっぷりボリューミー

伝わりにくい写真で申し訳ないです。クリームと桃をこれでもかと言う程たっぷり使用!かなりのボリューム感です。普通のクレープ(クレープのお店周ったわけじゃないので屋台のイメージですが)の倍以上クリームもフルーツも入ってる気がします。昔から大きなクレープのお店として有名だったそうで、多少値上がりはしてると思いますが、今でも満足なサイズで提供されているクレープはファンも多いでしょうね~。生地は厚めでしっかりとした食感。コシを感じ、お食事系クレープにも合いそうです。メニューにもツナコーンやハムエッグなどしっかり揃っていました。

クレープと並んで以前から販売されている生絞りのフルーツジュースが二大人気メニュー。クレープもジュースも種類豊富で制覇するには何度も通わなくちゃですね!店頭で販売しているクレープロール(まるごとバナナみたいなフルーツとクリームをクレープ生地でロールにしたケーキ)が店舗改装後の新名物!コーヒー・クッキーなどカフェメニューも揃っています。夏はフルーツが乗ったかき氷やフラッペも人気メニューとのこと!

 

 

店舗情報

店名 Pop Clover MURAKOSHI
(ポップクローバー/村越くだもの店)
住所 〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町3-5
連絡先 054-366-0727
駐車場 なし
定休日 水曜日、不定休(月2回程度)
営業時間 9:00~19:00
サイト なし

f:id:sakuyaoi:20180114005509j:plain

店頭に陳列された野菜や果物

時間やイベントの際などタイミングにも寄りますが、山菜おこわや天丼、お寿司などのお弁当メニューも店頭販売しています。何でもそろいますね!どのメニューもお得で美味しいです!清水駅にお越しの際にはぜひお立ち寄りください!ζζ

『麻辣亭』シビカラが自慢のお店でからうま麻婆豆腐丼!

一口めから辛くて美味しい!
花椒が効いた"シビカラ"のお店

f:id:sakuyaoi:20180105044238j:plain

外観

店舗紹介

水区港南町に2016年にオープンした中華料理店。清水忠霊塔公園のすぐそばにあります。メニューはラーメンが豊富ですが一品料理も揃っています。一番のウリは花椒を使った"シビカラ"な麻婆豆腐丼『麻辣丼』と同じ餡をラーメンにかけた『麻辣麺』どちらも痺れる美味しさだそうです。

f:id:sakuyaoi:20180105044252j:plain

f:id:sakuyaoi:20180105044249j:plain

店内

店内は狭めでカウンター4人分のスペースと、テーブルが4人掛け×2、2人掛け×1と大人数での利用はできません。夕飯時は特に混むようで入れないときも、オープン直後の時間を狙った方が確実ですね。

f:id:sakuyaoi:20180105044247j:plain

f:id:sakuyaoi:20180105044242j:plain

メニュー

ラーメンは普通のラーメンと辛いラーメンが半々で10種類、麺や辛さがカスタマイズできます。一品料理、ご飯ものもメニュー豊富!赤字で『メニューにない者も材料があればできることがあります』と書いてありますね。こういう柔軟に対応できるお店って何でも美味しいって相場が決まってるのですよ!

ウリの麻辣麺、麻辣丼は☆5の辛さですが辛さの調整が可能ですので、あんまり辛くなくなどイメージ通りの辛さに仕上げてもらえます。逆に一番辛く!と頼んで最高に辛いメニューに仕上げてもらうのもおすすめですね~!今回は辛いメニューを欲して来ているので『麻辣丼』を一番辛くで頼んでみました。

f:id:sakuyaoi:20180105044313j:plain

麻辣丼

ちらが麻辣丼。あれ?大盛りにしてもらったっけ?通常サイズのはずなのに凄い盛りです。豆腐もたっぷり入っていて食べ応えありそうですが、今回は辛いお店の一番辛いメニューですから、たっぷり入れられると日和見に...。スープは普通の中華スープでしょうか?ここで先に飲んでおけばよかったです...。

f:id:sakuyaoi:20180105044300j:plain

麻婆にアップ

近づいて見れば見るほど辛そうな赤い沼。そして花椒がたっぷりかかっていて、こんなに入れていいスパイスでしたっけ...と。麻婆豆腐を食べる会でもお好みで振りかけてくださいだったのに、その壺ごと全部かけられてるくらいの振舞いっぷり...。

f:id:sakuyaoi:20180105044305j:plain

いざ

湯気が出て熱そうなので写真を撮りながら少しだけ冷まし、いざ実食!

ぐぅうう...!一口めから触れた場所が火傷していくような辛さと痺れ...でも美味しい!豆腐からか肉からか分かりませんが、辛みと同時に甘みも感じます。柔らかい豆腐、シャキシャキ食感が残るネギ、香ばしく炒められたそぼろ肉、どれも旨味がぎゅっと詰まっていて、柔らかい料理なので噛みしめるものでもないのですが、咀嚼することで刺激と甘みが交互にやってきます。それにしても辛い!舌はびりびり!これがシビカラなんですね...!

ごはんもたっぷりなのですが、それでも麻婆との比率は2:3程度。辛い麻婆の方が多いとなるとなかなか大変です。スープがきついラーメンと違って麻婆豆腐はご飯の自然な甘さも調整になるのでどんどん食べ進められるのですが、やはり三分の二程度のところでご飯が尽きてしまいました。ここから先は麻婆豆腐のみ。一度箸休めにセットのスープを飲んでみましたが!辛い!滅茶苦茶辛い!いえ、スープは普通のスープの可能性が高いのですけど、麻婆豆腐と花椒に浸食された舌は何が振れても辛みを認識してしまいます。

ヒーヒー言いながらなんとか麻婆も完食。顔の汗が凄かったですが、食べ終わってみるとやっぱり美味しかったなぁの感情が先ですね。ただ辛いだけでは絶対にない美味しいからこそ食べきれるバランスの取れた激辛感。でもこれは慣れてないとキツイと思いました。☆5メニューは星の数を調整できますので、辛い物苦手な方は辛み少な目で注文して是非一度麻婆豆腐を味わっていただきたいです!

ちゃんと完食した写真を撮るつもりだったのですけど、あまりに食べきった際の興奮度が高すぎて完全に忘れてしまいました。肝心の食レポ部分が全部文字になってしまいバランス悪い記事構成ですねすみません...。スープも飲み干しましたが下の方に唐辛子が溜まってるのを発見。普通にスープも辛かったんかい!

この日は夜まで息が熱く、翌日はお尻が大変なことになりましたが、それも全部含めてやっぱり辛い料理は最高ですね!!!!!次のお店行きましょう~。

 

 

店舗情報

店名 麻辣亭(まーらーてい)
住所 〒424-0914 静岡県静岡市清水区港南町清水区港南町1-8
連絡先 054-374-2466
駐車場 あり
定休日 日曜日
営業時間 11:00~14:00 17:00~21:00
サイト なし

f:id:sakuyaoi:20180105044257j:plain

キャロライナ

みなと町からはちょっと遠いのですけど素晴らしいお店に巡り合えました。メニューで気になった世界一辛い唐辛子を使った麺『キャロライナ』次に来た際はこれに挑戦しよう...ζζ