みなと町でも桜は咲くら - 静岡市観光&グルメブログ

メジャースポットからディープなネタも!静岡市の観光・グルメ情報をご当地キャラさくやちゃんがPR!原住民の紹介するお得な静岡市ぶらぶら情報サイト!ζζ.

巴川と橋⑥ 千歳橋

少し日が開いてしまいましたが後半戦。今シリーズの特集は稚児橋までですが、リクエストがあったのでまた今度その先まで周ってみますね。

前回はこちら

www.sakuyaoi.com

f:id:sakuyaoi:20171128105130j:plain

萬世橋からそこそこ進みます

進行方向には富士見橋と同じようなガードレールな橋が見えます。もう少し近づいてみると、

f:id:sakuyaoi:20171128105135j:plain

車が並んでる

千歳橋

f:id:sakuyaoi:20171128105138j:plain

千歳橋

手前側にゲートがある駐車場付きの『千歳橋

県道407号静岡草薙清水線、通称『南幹線』と呼ばれている道の終点傍で交通量が多く、清水区役所、新清水駅が徒歩圏にあるみなと町の中心に架かる橋です。橋の上の駐車場は、この辺り最安値の1時間100円(38台 1日最大800円)なのもあって結構混んでいます。

f:id:sakuyaoi:20171128105146j:plain

千歳橋

こちらは千歳町にある千歳橋。久々にストレートです。巴川の橋は親柱にひらがなで名前が書いてあるのでわかりやすいですね。完工は1958年です。

f:id:sakuyaoi:20171128105142j:plain

進行方向はふさがってしまいました

羽衣橋からずっと川の左側を歩いてきましたが、ここで一度左側はふさがってしまいます。巴川に沿って大きな集合住宅の敷地になっています。

f:id:sakuyaoi:20171128105156j:plain

区役所方面

橋を渡ってそのまままっすぐ進むと区役所の方向です。この辺り入り組んだ分かれ道が多いので、一度違う方向に曲がってしまうと、引き返さないと現在地が分かりにくくなります。

f:id:sakuyaoi:20171128105153j:plain

来た道の対岸の道

駐車所を利用しないのに入るのも何だったので渡った先の右の道に入り、来た道を振り返ります。富士見橋の辺りから見え始めてたマンション群は千歳橋の手前にありました。

f:id:sakuyaoi:20171128105149j:plain

進行方向

橋の正面から次の橋も見えています。また巴川が弧を描いてるので街並みが広がって見えますね。 千歳橋も駐車場くらいしか特徴がなく、デザイン面では語る部分が少ないのですが、

f:id:sakuyaoi:20171128105127j:plain

次は橋の右側を進みます

f:id:sakuyaoi:20171128105202j:plain

進行方向から振り返る

駐車場側から見た時と、逆側から見た時で全然姿が違うことが個性と言えるかもしれませんね。駐車場側が富士見橋に似てて、進行方向側が港橋に似てるなと思いました(色だけ)

f:id:sakuyaoi:20171128105123j:plain

道をふさいでる集合住宅

そういえば、去年あたりこちらの集合住宅改装工事してたんですよね。写真撮るときも気になりませんでしたが、真っ白で目新しい感じになってることに記事書いてる今気が付きました。

 

 

橋名 千歳橋(ちとせばし)
完工年 1958年
地図

f:id:sakuyaoi:20171128105205j:plain

先へ進みます

向かう方向が変わり、何となく違和感を感じながらも次の橋へ進んでいきます。次の記事ではまとめて3本の橋を紹介しますよζζ