みなと町でも桜は咲くら - 静岡市観光&グルメブログ

メジャースポットからディープなネタも!静岡市の観光・グルメ情報をご当地キャラさくやちゃんがPR!原住民の紹介するお得な静岡市ぶらぶら情報サイト!ζζ.

巴川と橋⑧ 柳橋

前回からかなり日が空いてしまい申し訳ありません。

川の左を通ったり右を通ったりで、また左から進みます。

前回はこちら

www.sakuyaoi.com

f:id:sakuyaoi:20171202163740j:plain

次の橋へ

大正橋から次へ進みます。隣の橋とそんなに離れていません。こちらの道は植栽があるので今までより細いですね。車は次の橋まで、こちら側からの一方通行になります。

柳橋(やなぎばし)

f:id:sakuyaoi:20171202163744j:plain

柳の木

奥に橋が見えてきました。次の橋は『柳橋』手前側になりますが、柳の木が生えています。橋の完工は1929年ですが、以前から柳の木があったから柳橋なのか、橋を作った記念に植えたのかは分かりません。萬世橋みたいにどの橋にも橋の名前の由来看板建ててくれればいいのですけど。

f:id:sakuyaoi:20171202163747j:plain

駐車場付き(既視感)

こちらの橋も千歳橋と同じく駐車場付きの橋。こちらの方が橋は古いですけど駐車場はどの時期にできたのでしょうね?今回のシリーズでは歩いて回ってるだけですけど、また時間があるときに郷土史の図書館で歴史的な部分も探してみることにします。

f:id:sakuyaoi:20171202163751j:plain

駐車場入り口

千歳橋と同じ料金、同じような仕組み。合併前までは地元の管理で有人の料金所だったらしいです。今はどこでも有人の駐車場の方が少なくなりましたね。

f:id:sakuyaoi:20171202163759j:plain

全体像

こちらが柳橋本体。歩道と車道の間を遮るガードは比較的新しい感じ。前はなかったような気もします。そして柳橋はひさびさ八千代橋以降のシンボルのある橋!親柱が柳の葉が絡んだオブジェになっています。

f:id:sakuyaoi:20171202163805j:plain

逆側

左右のオブジェは大きさが違いますね。語彙力が無いのでオブジェとしか表現できませんが、これは何なのでしょう?柳の葉が巻き付いてるものなのは確かですけど、ただの柱なのか、それとも何か特定の飾りを表現しているのでしょうか。

f:id:sakuyaoi:20171202163814j:plain

高欄

高欄も柳の葉の形に加工されたブロンズが埋め込まれています。よく見ると葉の重なる表現など結構複雑なデザイン。こう細かいと工事費結構かかってそうですね~。

f:id:sakuyaoi:20171202163817j:plain

並んでいます

高欄はおそらく完工当時からあるのだと思いますが、歩道部分は新しめの2色コンクリートタイル、先ほどの写真で紹介したようにガードも設置されてあまり経ってない感じでしたので、橋の改良の跡が他の橋と比べても目立ってる気がします。

f:id:sakuyaoi:20171202163808j:plain

駐車場側

例によって駐車場内には入らなかったので手前からのお写真。奥にJR橋梁が見えています。柳橋は大正橋ができて4年後の完工ですが、案外近くに造られてますね。交差点1本分しか離れてないのにどういう意図があったのでしょう、気になります。

この辺りは住宅街なのでこれと言って他に紹介できるスポットはないですね。先に進みましょう。

f:id:sakuyaoi:20171202163821j:plain

進行方向

正面に次の橋が見えます。比較的離れてるよに見えますが、地図上では港橋~富士見橋間と同じくらいの距離のようです。写真では見切れていますが、進行方向左側は100年続く清水の材料メーカー、巴川製紙所の工場があります。右側は住宅街です。どちらを進みましょうか。

f:id:sakuyaoi:20171202163824j:plain

進行方向側から見た柳橋 水道管

柳橋は橋に沿って水道管が繋がってますね。10年ほど前は港橋にも水道管の橋が並行して設置されていたのですが、ある日突然折れてしまい大慌てなんてこともありました。結局港橋の水道管は復旧させずに取り外してしまいましたが、柳橋のは頑丈そうなんできっとまだまだ大丈夫ですね。ですよね。

f:id:sakuyaoi:20171203035146j:plain

右を進みます

大正橋からは左を通ってきたので、反逆の精神で右を進みます。というか左側は日当たりが悪いので綺麗な写真撮る為の都合です。また次の記事で紹介しますが、こちらの道の岸壁はデザイン的で良い雰囲気にまとまっていますね。


 

 

橋名 柳橋(やなぎばし)
完工年 1929年
地図

今回も山場はありませんでしたが、久々に橋自体のデザインに触れられた記事でした。最初に色々な特徴のある橋と紹介しておきながら、橋を取り巻く地域の紹介になりがちだったので...。

次回でこのシリーズは一旦最終回となりますが、稚児橋は他の橋と比べても知名度の高い人気橋!歴史と伝説の整った橋になりますのでどうぞお楽しみにζζ

 

最終回はこちら

www.sakuyaoi.com