みなと町でも桜は咲くら - 静岡市観光&グルメブログ

メジャースポットからディープなネタも!静岡市の観光・グルメ情報をご当地キャラさくやちゃんがPR!原住民の紹介するお得な静岡市ぶらぶら情報サイト!ζζ.

青葉シンボルロードイルミネーションを見てきました

ドリームプラザのイルミネーションの記事や、

www.sakuyaoi.com

清水港線跡遊自歩道のイルミネーションの記事で

www.sakuyaoi.com

さんざん持ち上げてましたが、実のところ毎年葵区で開催される『青葉シンボルロードイルミネーション』を生で見たことがありませんでした。

番組の特集でかなり豪華で盛大な紹介がされていたり、イルミネーション特集サイトで静岡県内2位の人気となっていたので、それはもう壮大なイルミネーションなんだろうなと期待しながら『おいしい四川風麻婆豆腐を食べる会』の際に立ち寄ってみましたが、結論から言うと思っていたより全体の規模は大きくありませんでした。ただし一つ一つのイルミネーションが大規模で絢爛、これは清水の二つのイルミネーションには無い豪華さでしたので、素人目ですが紹介させていただきます。

"おまち"から望むきらめく地球(ほし)

前置きが長くなりました。今年の青葉シンボルロードイルミネーションのテーマは『"おまち"から望むきらめく地球(ほし)』だそうです。11月10日に点灯式が行われ、2018年の2月15日まで開催されます。

f:id:sakuyaoi:20171202033137j:plain

入口は光のアーチ

葵区役所前、呉服町通りとの交差点からスタートします。葵区に来る機会の少ない私は、普段からこのアーチがあった気がしないことも無いのですが、イルミネーション用に設置されたものだそうです。左右の鏡のような柱はいつもあるとのこと。シンボルロードはその名の通り、元より特徴的でアーティスティックな通り。どこがイルミネーションの飾りでどこが普段の飾りなのか分かりにくいですけど、普段からある鏡にも光が反射してとても綺麗です。

f:id:sakuyaoi:20171202033141j:plain

ミラーボールじゃなかった

アーチの天井にはボールが付いていますが、普通の電飾の玉灯りでした。ドリームプラザのイルミネーションにはミラーボールが付いていたので流行ってるのかと思いましたが、あちらが奇抜なだけでしたね。

テーマのきらめく地球は他の星や惑星も指しているそうで、アーチや木に付いている電飾が数多の星を、玉灯りが惑星をイメージしているのかもしれません。市の公式ページの説明曰く『アーチは地球のきらめきをイメージ』と書いてあるのですが、地球のきらめきって何でしょうね。地球は恒星ではないので光を発さないのですが、そういう話じゃない?

f:id:sakuyaoi:20171202033148j:plain

基本的には街路樹イルミネーション

アーチを抜け、横断歩道を渡り次のブロックへ。奥に三角のイルミネーションが見えますが、そこまではずっと街路樹のイルミネーションのようです。ちなみに、この写真では青く光っていますが、時期によって色が変わるそうで、来るたびに雰囲気が変わる様を楽しんでくださいとのことでした。

予定は、

平成29年11月10日~11月30日 ブルー×パープル
12月1日~12月25日 グリーン×ゴールド
12月26日~平成30年1月20日 ブルー×パープル
1月21日~2月15日 グリーン×ゴールド

とのことです。

f:id:sakuyaoi:20171202033153j:plain

富士山のようなイルミネーション

街路樹イルミネーションは飛ばして三角のイルミネーションまで来ました。こちらは『富士山を見上げる夜空』と名前が付いています。写真でおわかりいただけるでしょうか、光度が強いので道路まで青く光っています。空間そのものが幻想的に彩られている感じですね。分かったようなコメントをしてみました。

f:id:sakuyaoi:20171202033157j:plain

斜め下から

なんかこう、綺麗なのですけど、巨大なスカートの中にいるというかワルプルギスの夜というか、巨大触手というか。なにかが被さってる感覚です。アーチの時も思ったのですが、青い灯りに照らされる鉄骨って『SASUKE』の第二ステージ以降をイメージしませんか?雰囲気壊してすみません。

f:id:sakuyaoi:20171202033201j:plain

横から

富士山イルミネーションは、噴水『ZEN』の上に設置されていました。こちらの噴水は普段からある可動式の噴水。時間になると壺に溜まった水を溢し、ゴロンゴロンと転がりながら元の状態に戻ります。フランスの造形作家ベルナール・ジトンさんが日本の達磨からインスピレーションを受けてデザインしたそうです。イルミネーションとは関係ありませんでしたが、静岡の町中には変わったアートが各地に存在しますので、詳細を調べると結構面白いですよ。

f:id:sakuyaoi:20171202040509j:plain

青葉おでん街

富士山のイルミネーションを抜けてすぐ左を向くと、青葉おでん街があります。イルミネーション全く関係ないのですけど、こちらは普段から提灯が並ぶ華やかな居酒屋街。ジャパニーズイルミネーションですね。またいつか紹介記事書きたいですね。

f:id:sakuyaoi:20171202040113j:plain

この辺りはイルミネーションなし

次のブロックには今年はイルミネーションはありませんでした。去年の写真を見ると足場に沿って光のアーチが設置されてたりして良い雰囲気でしたが、お客さんが水たまりに落ちてびしょ濡れになったりしたのかもしれません。安定した道ではないのでこぞって歩く場所でもないですからね。イルミネーションの規模が縮小したようにも感じて残念でしたが。

f:id:sakuyaoi:20171202033212j:plain

地球が見えてきました

こちらがテーマにもあった『きらめく地球』ですね。人工池の上に設置されているので綺麗に反射しています。周りは銀河でしょうか?星にしては流石に多すぎて敵機の群れに囲まれたみたいになっていますが。

f:id:sakuyaoi:20171202033216j:plain

少し近づく

とっても綺麗なのですけど、見れば見るほどセンスは変わってるなあと感じます。なんで地球なんだろう?アートはコンセプトを説明されても分からないものは分からないものですけど、それにしても地球...?きらめく地球...?なんとも難しいですね!綺麗ではあるんですよ!

f:id:sakuyaoi:20171202033222j:plain

折り返します

左側を通ってきたので右へ折り返します。右側からの写真、正面は大西洋でしょうか?大陸が独特の縮尺で分かりづらい!日本は丁度反対側にありましたね。撮り逃してしまいました。

イルミネーションはここでおしまい。500mなので清水港線跡イルミネーションよりも範囲は狭いのですよね。公式サイト情報では約22万個のLEDを使っているとのことで、たくさんの小さな光が集まる様は確かに『きらめき』なのかもしれません。

 

 

イルミネーションの数が少なく消化不良感ありましたが、そのまま引き返していくと、

f:id:sakuyaoi:20171202033226j:plain

富士山イルミネーション(裏)

裏から見た『富士山を見上げる夜空』がものすごく綺麗で、地球側からスタートすればよかったなと。しっかり富士山に見えますし、こちらが正面なのかもしれません。なんとも幻想的。この写真が撮れただけでも歩いた甲斐がありましたね!

イベント情報

イベント名 青葉シンボルロードイルミネーション
期間 2017年11月10日~2018年2月15日
点灯時間 16:30~22:00
※12月15日~1月8日は24:00まで
お問い合わせ I Loveしずおか協議会 事務局 054-252-7720
会場 〒420-0031 静岡県静岡市葵区両替町2丁目 青葉シンボルロード
サイト https://iloveshizuoka.jp/event/2017/09/13981/

葵区役所前、葵スクエアでは2017年12月9日~2018年1月8日の期間中アイススケートリンクもオープン!イルミネーションとセットでお楽しみください!ζζ