みなと町でも桜は咲くら - 静岡市観光&グルメブログ

メジャースポットからディープなネタも!静岡市の観光・グルメ情報をご当地キャラさくやちゃんがPR!原住民の紹介するお得な静岡市ぶらぶら情報サイト!ζζ.

『大道芸ワールドカップ in 静岡 2017』シュールパントマイマー 加納真実さんを追う

f:id:sakuyaoi:20171105030327p:plain

大道芸ワールドカップ2017お疲れ様でした!観光ブログなら開催前に紹介してよって話になると思いますが、申し訳ないことに4日め最終日の更新です。2017年度は11月2日~5日までの開催でした、まだ本日の夜までありますが。来年の備忘録になればいいな程度の役に立つかは微妙な記事になりますので、大道芸を楽しんだ人の日記としてお読みください。後半は個人的にファンな加納真実さんの画像でほぼ埋め尽くされます。

大道芸ワールドカップ in 静岡

f:id:sakuyaoi:20171105013703j:plain

毎度おなじみ全身銀色な怪しいおじさんun-paさん

1992年から開催されている市民参加型イベント。毎年11月初めの土日を含めた4日間で行う。静岡市のイベントの中で最も集客があるとされ、2016年開催は過去最高の205万人を突破。日本国内の大道芸人をはじめ、海外の有名ストリートパフォーマーも招聘、近年は若手活躍の場としてアマチュア枠(フリンジ部門)も広げられています。パフォーマーは事前審査でフリンジ部門、オン部門、ワールドカップ部門の3段階に分けられます。

フリンジ部門

2016年度より、オフ部門の代わりに創設。オン部門の基準に満たない方、ワールドカップ部門に招聘されなかったパフォーマーの参加応募枠、言わばアマチュア部門ですが、派手なパフォーマンスに囚われない個性的なパフォーマーが揃い、大道芸ワールドカップの新しいジャンル開拓の礎となることを理想としています。

f:id:sakuyaoi:20171105013644j:plain

金色の花嫁像スタチュー June brideさん

オン部門

毎年国内外から35~40組が参加する人気パフォーマーの応募枠。倍率約5倍の狭き門です。会場内の各パフォーマンスポイントで演技を行う通常パフォーマンスと、歩き回りながら演技を行う移動型ウォーキングアクトに分かれています。

f:id:sakuyaoi:20171105013604j:plain

アニメーションダンスのZANGEさん

ワールドカップ部門

選抜された国内外のアーティスト14組の中からその年のチャンピオンを決めるコンペティション部門。選ばれた静岡市民20名による投げ銭形式の投票でチャンピオン(金)、シルバー賞、ブロンズ賞が決定されます。シルバー、ブロンズ賞は来年度のワールドカップ部門への招聘内定。チャンピオンは来年度はゲストアーティストとして招聘されます。ワールドカップ部門はステージでの有料ショーになります。例年駿府城公園内のステージで行われてきましたが、2017年度は静岡市民文化会館で行われました。

f:id:sakuyaoi:20171105015122j:plain

ステージのチラシ

駿府城公園、静岡駅前の商店街などに設けられた各会場でのパフォーマンスの他、奇抜な演技と恰好で街中を歩き回るウォーキングアクト、駅で注目を浴びるスタチュー(銅像芸)さんなど町中にパフォーマーさんが出没します。パンフレットがないと会場の案内板だけでは正確な情報はわかりませんので、参加費と思って購入しましょう。

大道芸は投げ銭もマナーです。が、途中で投げるのはパフォーマンスの邪魔になりますし人に当たっては危険です。各パフォーマンス後には投げ銭タイムが用意されていますので、時間とタイミングを守ってお金を落としていって下さい。

今年もたくさんの人であふれかえる中、多くのパフォーマーさんのショーを見せていただきました。この記事では私が個人的に大ファンのオン部門出演者『加納真実』さんを紹介させていただきます。

シュールパントマイマー加納真実

f:id:sakuyaoi:20171105014054j:plain

パフォーマンス開始20分前でこの人集り!

どこにでもいそうでもあるし逆にいなそうでもある青ジャージのおb...お姉さん。パントマイマーと表現していますが、彼女のパフォーマンスはパントマイムを超えた別次元の何かです。何をしたいのか、何を表しているのか初めはわかりません。パフォーマンス前も『①青ジャージの女性が②面白いことをします』としか紹介されません。しかし目の前でパフォーマンスを見ていると、その不思議な世界、アヴァンギャルドでシュールな空間に客である私たちも取り込まれていきます...。

f:id:sakuyaoi:20171105014100j:plain

もうすぐはじまるよ

紹介を受け、BGMと共に登場。スケッチブックにもうすぐ始まるよの文字。ここから加納真実の世界が始まっています。

f:id:sakuyaoi:20171105014106j:plain

f:id:sakuyaoi:20171105014122j:plain

目が合って、倒れて、飛び跳ねて

BGMに合わせ、軽快に、時に顔をゆがめながら、空間を飛び回る加納真実さん。

f:id:sakuyaoi:20171105014127j:plain

準備体操でした

f:id:sakuyaoi:20171105014134j:plain

f:id:sakuyaoi:20171105014139j:plain

時間時間!加納の時間!

気を取り直して、ここからが加納の時間!内容自体はイベントによって変わりますが、いつもここからスタートです。

f:id:sakuyaoi:20171105014144j:plain

in静岡 大事ですね

恋人よ

f:id:sakuyaoi:20171105014151j:plain

リコーダーを構える加納真実さん なぜそんな低い位置にマイクを

体操を終え、ひとつめのパフォーマンスは『恋人よ』五輪真弓さんの名曲『恋人よ』に合わせて色々やるパフォーマンスです。リコーダーで前奏部分を音をはずしながら完璧に吹き上げます。

f:id:sakuyaoi:20171105014157j:plain

枯葉散る~夕暮れは~

曲に合わせ、腰バッグから枯葉を取出し投げ散らす加納真実さん。お客さんにわかりやすいように3回も繰り返してくれました。ちらほら、歌詞の枯葉か!とお客さんの声が聞こえてきます。夕暮れではないですけども。

f:id:sakuyaoi:20171105014203j:plain

サビ前になると客席をぐるりと見渡しランニングポーズでゆっくり近づいてきます

f:id:sakuyaoi:20171105014209j:plain

恋人よ~そばにいて~

とお客さんに求愛する1セットです。サビが3回あるので3人の獲物に求愛しますが、ことごとく振られ、『つきあって』の紙もびりびりに破り捨てます。と、思ったら

f:id:sakuyaoi:20171105014214j:plain

せめてお友達から

破り捨てたはずの紙が別の言葉に!唐突なマジックショー要素。

f:id:sakuyaoi:20171105014222j:plain

f:id:sakuyaoi:20171105014228j:plain

後奏中もアピールを忘れません

f:id:sakuyaoi:20171105014240j:plain

求愛されたお客さん

3人目で求愛されたお客さんが連れてこられました。何をするのでしょう。

f:id:sakuyaoi:20171105014245j:plain

掃除をさせられるお客さん

破り捨て地面に散っていた『つきあって』の紙や枯葉を掃除させられていました。

f:id:sakuyaoi:20171105014259j:plain

お礼になでなで

f:id:sakuyaoi:20171105013826j:plain

マーブルチョコを1個もらいました

『恋人よ』はこれで終わりです。掃除させられたおじさん含めてお客さんは仕込みじゃないですが、一番前に陣取ってる人たちは間違いなく加納真実さんのファンですので、選ばれた人をうらやましそうに見ている訓練された人たちばかりでした。

f:id:sakuyaoi:20171105013832j:plain

早くも最後の作品
 

 

仮面舞踏会

f:id:sakuyaoi:20171105013839j:plain

仮面舞踏会

加納真実さんの真骨頂『仮面舞踏会』です。毎年進化を続けるお客さん巻き込みパフォーマンス究極の狂気です。BGMは中島みゆきさんの『あしたバーボンハウスで』に合わせて...

f:id:sakuyaoi:20171105013844j:plain

バッグから何かを取り出します

f:id:sakuyaoi:20171105013849j:plain

能面です。ぶりっ子ポーズです。

f:id:sakuyaoi:20171105013856j:plain

能面を被って真の力を解放した加納真実さん

f:id:sakuyaoi:20171105013901j:plain

狂気に身を任せ、体が軽くなっています

流れは準備体操や恋人よと同じで曲のリズムに合わせて踊り狂っているだけですが、能面を被っただけで破壊力が数倍に増しています。さらに、

f:id:sakuyaoi:20171105013906j:plain

掃除してくれたお客さん逃げてー!

能面の狂気は感染していきます。先ほどのお客さんに能面が手渡され、被らせてしまいました。

f:id:sakuyaoi:20171105013913j:plain

戸惑いながら説明を受けるお客さん

お客さんは滅茶苦茶戸惑っていたはずでした...なのに、

f:id:sakuyaoi:20171105013925j:plain

謎の一体感

かみ合ってるのかかみ合ってないのかバラバラの踊りですが、奇跡的な一体感!場をさらに混沌と狂気でのみ込み、お客さん全員の表情を無理やり笑顔へ変えていきます。

f:id:sakuyaoi:20171105013930j:plain

お客さんのノリも良すぎる!

そして、そして、狂気の感染は一人だけじゃないのです

f:id:sakuyaoi:20171105013937j:plain

あ、増えた

f:id:sakuyaoi:20171105013942j:plain

増やしてる

f:id:sakuyaoi:20171105013947j:plain

なんか違うのがいるぞ

曲が進むごとに能面の狂気はどんどん感染していき、前に座っていたお客さん約10人ほどが能面にされてしまいました。加納真実さんは私いらないじゃんとばかりに客席に座り観覧。すぐ能面軍団に連れ戻されていました。

f:id:sakuyaoi:20171105013952j:plain

ノリのいいお客さんたち

激しく踊り狂ってますが、ほぼ全員一般人です。子供もいます。姿の異常さも然ることながら、無理やり連れてこられてこのノリは、やばい呪いかクスリにかかってしまったに違いありません。これが仮面舞踏会の狂気なのです。

f:id:sakuyaoi:20171105013958j:plain

盆踊りしながら会場から去っていく能面一同

能面にされたお客さんたちは熟練の一体感で会場から去っていきました。1分ほど会場が静まり返り、

f:id:sakuyaoi:20171105014003j:plain

小走りで戻ってきて全員集合!

全員で手をつないでフィナーレです。ノリノリですね~!

f:id:sakuyaoi:20171105014011j:plain

能面を回収しながらお客さんみんなをなでなで

全員が客席にもどって仮面舞踏会はお開きになりました。

f:id:sakuyaoi:20171105014020j:plain

最後の作品の後の作品

仮面舞踏会が最後の作品だったはずなのに『はなうた』が始まりました。BGMは加納真実さん本人の鼻歌で『あしたバーボンハウスで』生で鼻歌しているわけではなくラジカセから録音を流しています。

f:id:sakuyaoi:20171105014029j:plain

そして本人は給水

時間稼ぎでした。

f:id:sakuyaoi:20171105014034j:plain

皆さん集中!

『恋人募集中』の『募』をはぎ取って、集中のシャツになりました。集中の『中』に集中~!

f:id:sakuyaoi:20171105014044j:plain

集金です

はい、パフォーマンスなので投げ銭タイム。見事な導線でした。加納真実さんの素晴らしい狂気の世界。何度見ても飽きないシュールの極致。いつかあの能面に混ざりたいものです。

www.youtube.com

こちらは別のイベント、別の方の動画ですが、仮面舞踏会の一部始終が収録されたいます。私の文と写真だけでは狂気の一端しかわからないと思いますので、是非映像で味わってくださいませ。

派手なパフォーマーさんや精巧なスタチューさんも勿論素晴らしい大道芸ワールドカップですが、最も印象に残るのは間違いなく加納真実さんでしょう。一度生で見ればもうあの世界の虜です。リアル固有結界の名がふさわしい次元を超えた狂気の世界。是非来年は皆様も一緒に味わいましょう...大道芸ワールドカップ in静岡、来年もお楽しみに。

www.daidogei.com