みなと町でも桜は咲くら - 静岡市観光&グルメブログ

メジャースポットからディープなネタも!静岡市の観光・グルメ情報をご当地キャラさくやちゃんがPR!原住民の紹介するお得な静岡市ぶらぶら情報サイト!ζζ.

静岡に来たら黒はんぺんを食べよう

本日21時からの秘密のケンミンShowがローカル練り物特集ということを今(20時半)知ったので急いで適当な記事を書いています。静岡の番宣で黒はんぺん!黒はんぺん!とアピールしてたので、せっかくなのでメディアに乗っかります。

静岡市のご当地グルメといえば静岡おでん、もつカレーや海鮮となっておりますが、これらは静岡県全体のグルメではありません。静岡広域(浜松の辺りを除く)で食べられてるものとしては、ご当地グルメではないですがさわやかのげんこつハンバーグと『黒はんぺん』です。

静岡県内(浜松を除く)の居酒屋やレストランのメニューで『はんぺん』が有ったら『黒はんぺん』だと思ってください。白いはんぺんはスーパーでもほとんど見かけません。浜松は白はんぺん文化らしいので知りませんが、静岡県民にはんぺん食べようと誘われたら黒はんぺんを出してくると思ってください。はんぺん食べようと誘われるほどメインの食材ではないですが。

f:id:sakuyaoi:20171107234427j:plain

こちらが素の状態の黒はんぺんです。このサイズは1枚25gほどで10円~20円ほどが定価。スーパーでは5枚入りや10枚入りで100円~200円で売っています。これの半分ぐらいのサイズで10枚70円くらいのパックもあります。練り物屋や魚屋では1枚から売ってくれます。

黒はんぺんは鯖や鰺、鰯などの青魚を塩、砂糖、澱粉などと混ぜてすり身にしたものを茹でた食材です。火が通ってるのでそのまま食べられます。画像ではザルに入ってますが水洗いも必要ありません。食感は弾力のあるものから柔らかいものまで業者によってさまざまですが、さつま揚げの少し柔らかいものと認識していただくと近いです。さつま揚げが全国にあるのかまではわかりませんが。独特なDの形は円型の器具で手作業で作っているとこうなるそうです。ものによっては丸い黒はんぺんもあります。

黒はんぺんの始まりは、駿府を治めていた徳川家康へ献上品の鰯が集まり過ぎて食べきれないよ!となっていた為、台所番の方に日持ちのする食べ方を考えさせ誕生したと言われています。

f:id:sakuyaoi:20171102203707j:plain

焼いた黒はんぺん

スタンダードな食べ方は焼いた黒はんぺん。醤油や生姜などで味付けしてもいいですし、ただ火を通すだけでも香ばしくなります。素の状態で食べるよりはこちらのほうが需要があると思います。素の状態でも焼いてもわさびとマヨネーズが合います。わさびマヨネーズにすると神がかり的な一体感です。チーズと一緒に炒めた魔のレシピもありますが写真が見当たりませんでした。

f:id:sakuyaoi:20171102204805p:plain

黒はんぺんフライ

こちらははんぺんフライ。居酒屋の定番メニューですが家庭料理としても人気の逸品。黒はんぺんを食べなれていないと、どうしても青魚特有の臭さが苦手という方が出てきます。しかしフライにすることで生臭さを飛ばし、さくさくもきゅもきゅといった食感も楽しく、だれでも食べやすい完成された状態がこのはんぺんフライです。天ぷらも美味しいです。

f:id:sakuyaoi:20171102203839j:plain

安いのでキテレツの家のコロッケ並みに大量に作ります

1枚10円ですので海老フライやアジフライより全然安ーい!ので大量に作ります。ただし冷めてくると青魚の臭みが戻ってきますので、揚げたてアツアツが一番おすすめ。大量に作って冷えてしまった場合はレンジで温めましょう。サクサク感よりは食べやすさです。

f:id:sakuyaoi:20171102204318j:plain

大きなサイズ

お祭りの屋台などで提供されるこちらは、比較するものがないですが通常のはんぺんフライの4倍ほどあります。このサイズになると原価も1枚80円くらいはしますが、肉厚なので食べごたえがあり、サイズ的にも食べ歩きに丁度いい感じで、なんでこれをお祭りのときにしか出してくれないんだと遺憾の意です。

f:id:sakuyaoi:20171102204834j:plain

おでん

最後はおでんの具として。画像は自炊なので静岡おでんじゃないですが、大量の練り物と一緒に黒はんぺんも入ってます。見えませんか?下のほうにありますよ。

f:id:sakuyaoi:20171102205013j:plain

水野商店さんのおでん

以前紹介したこちらの水野商店さんのおでんにも一番奥に黒はんぺんがありますね。静岡おでんの5か条には『黒はんぺんが入ってる』がありますので、必須食材なのです。ちなみに静岡おでんは静岡市、それも葵区のグルメですので、静岡市以外ではあんまり提供されていません。静岡県に来たから静岡おでん食べよーはいつでも上手くいくわけではありません。そんなことにならないためにも静岡市に行きましょう。

f:id:sakuyaoi:20171102205139j:plain

おでん祭りのおでん

こちらは葵区で開催されたおでんまつりのおでん。ちゃんと黒はんぺんが入っています。フライと比べるとどうしても生臭さを感じてしまいがちですが、そんなときにはからしが有効!おでんですのでからしとの相性も抜群!初めての食材は食べやすさが大事ですからね!あの手この手で黒はんぺんの味を舌に刻んでもらうのです!

というわけで黒はんぺんについて適当な記事でした。秘密のケンミンShowがそろそろ始まります。どれだけ尺があるかわかりませんが、気になった方は是非静岡に食べに来るか、Amazonで注文して調理してみてください!レシピが必要なら聞いてね!ζζ

Amazon 静岡 黒はんぺん 検索結果

 

11/3 放送後

案外濃い内容でよかったです!『まるで魚のハンバーグ』とか『フライにされるために生まれてきた』『魚より魚』は言い過ぎでしたけど笑 黒はんぺんの成り立ちで漁師飯として食べていたって紹介でしたけどそれは初めて聞きましたね まあ家康発案説もお話の一つなので何が本当かはわかりませんけどねζζ