みなと町でも桜は咲くら - 静岡市観光&グルメブログ

メジャースポットからディープなネタも!静岡市の観光・グルメ情報をご当地キャラさくやちゃんがPR!原住民の紹介するお得な静岡市ぶらぶら情報サイト!ζζ.

『あおい温泉 草薙の湯』更に快適なった静岡市の大衆日帰り温泉

温泉も湧きました
区民定番の日帰り大衆風呂

f:id:sakuyaoi:20180116013250j:plain

外観

あおい温泉 草薙の湯

水区草薙にある定番の日帰り温泉施設『あおい温泉 草薙の湯』の紹介です。ダイエットを宣言しながら甘い物の記事を上げてしまったので、お次はサウナでカロリー消費となりました。それにしても、地元紹介ブロガーさんならわかってもらえると思いますけど、温泉施設の記事って書くの大変ですよね!なにせ更衣室から先は撮影できませんから、肝心の温泉の部分を文章だけで紹介しなきゃいけません。あとは公式HPみてね!の丸投げじゃ記事として成り立ちませんし!がんばります。

広告

 

f:id:sakuyaoi:20180116013247j:plain

ピンクの看板が目印(目印になるとは言ってない)

JR草薙駅最寄りの温泉施設なのでアクセスも悪くは無いのですが、駅からは少し離れてますのでマップを見ながら進むのが確実です。住宅街を突っ切っていくので目印になるものが少なく、何も見ないでたどり着くのは土地勘のない人には厳しい場所ですね。駐車場がいっぱいあるので車で来る分には楽なのですけど。大手の旅行サイトとかですとここで駅からのルートを写真で懇切丁寧に紹介したりするみたいですが私はそんなに優しくないです。Google先生の地図を信じてください。

f:id:sakuyaoi:20180116013253j:plain

券売機制です

内に入ると正面に券売機、左手側に靴箱があります。靴箱に履物を仕舞い、ナンバー付きのカギを取ってから券を買って受付に渡すオーソドックスな最近の銭湯タイプです。しかし券売機のメニューが多いですね。よく見ると、

f:id:sakuyaoi:20180116013357j:plain

色々売ってる

二段目が館内利用券、三、四段目はカットサロンの利用券、その下にアメニティまではいいのですが、一番下の段は山葵商品やかりんとうなどお土産の食品まで一括で販売されていますね。コンビニのような券売機、新しい!

料金は平日700円、休日は800円ですが会員カード(100円)を発行すればその日から50円引きになります。一回しか利用しないなら仕方ないですけど、2回以上利用する可能性があるなら会員になっておいた方が良いですよ!ポイントが溜まったり、季節イベントでさらに割引があったりします。小学生以下の方は平日休日会員関係なく一律350円です。貸しタオルもアメニティ扱いで250円かかりますので持ち込みがおススメ。

f:id:sakuyaoi:20180116013347j:plain

岩盤浴

岩盤浴も+550円(会員は500円)かかります。こちらは館内着がセットになり、汗をかいたら1枚までは無料で交換可能、二枚目以降は有料です。あとで紹介しますがたっぷり汗かく施設が揃っているので、一回は交換することになると思います。

f:id:sakuyaoi:20180116013342j:plain

草薙の湯について

泉の紹介の前に草薙の湯について。清水区草薙の"草薙"は歴史?古文?の教科書にも載ってる有名な草薙伝説の地です。ファンタジーの設定にもよく使われる、クサナギノツルギ(アマノムラクモノツルギ)やヤマタノオロチの話ですね。静岡市民が中二病にかかると真っ先に引用するネタです。

あおい温泉の"あおい"は駿府(かつての静岡市)を治めていた天下人『徳川家康』の徳川家家紋、葵の紋から来ています。静岡市にある温泉施設は必ずと言っていいほど徳川家康に結び付いた名前が一部使われており、家康が市内の温泉好きだったなど怪しい作り話を紹介してる施設もあります(江戸時代にそこの温泉沸いてなかったでしょうに)温泉に限らず静岡市はどこを見ても徳川だらけなのですけども。

話がそれましたが、草薙の湯は以前まで普通の銭湯でした。温泉もあったのですが、伊豆からお湯を輸送したもので市内で沸いてるわけではありませんでした。その為今とは違い『中伊豆温泉 草薙の湯』という名前で経営されていました。2016年始め頃に東静岡駅傍、長沼の地下1500mから温泉が湧き、そちらにも温泉施設ができましたが、草薙の湯もちゃっかり引き湯して天然温泉になったのです。まだ2年も経ってないので地元の人間でも天然温泉に変わったこと知らない人が多いかもしれません。

温泉の紹介

写真は撮れないので文字だけで紹介。

泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物泉。傷とか体の病気とか心の病気とか疲労とかいろいろ効くらしいです。

きりきず、抹消循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症、筋肉・関節のこわばり、腰痛、
神経痛、打撲、捻挫、胃腸機能の低下、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、
軽度高コレステロール血症、軽度喘息または肺気腫、自律神経失調症、病後回復期、疲労回復、健康増進

加水されていない完全な天然温泉とのことで、長時間の入浴は逆効果だそう。5分→休憩→8分→休憩→3分の入浴を繰り返すのがおススメだそうです。
更衣室から浴室に進むと、変わり種の内湯が大きなフロアに並んでいます。サイダーの中に浸かってるような高濃度炭酸泉肩湯・座湯・寝湯・電気風呂などのエステ風呂。お肌がつるつるになるらしいシルク風呂もあります。色々な方向から水流によるマッサージを行うスーパーエステ風呂など草薙の湯オリジナルなお風呂もありました。別室に大きなサウナもあり、座る段差によって熱を受ける量が変わる調整の効くタワーサウナです。

これじゃHPの内容書き出したのと変わりないので感想を。私の一番のお気に入りは高濃度炭酸泉!市内の他の温泉施設にも炭酸泉はありますが、ここまでシュワシュワと体が溶けそうになるくらいの炭酸っぽさを感じるお風呂は入ったことありませんでした!とっても心地よい刺激で興奮します。スーパーエステ風呂も同様に四方八方からのジェット噴射の攻め立てが素晴らしいですね。

露天風呂スペースにはメインの天然温泉足湯壺風呂が用意されています。大きめのテレビが設置されているのはありがたいのですが、長時間非推奨のとおりで長湯してるとすぐ体が熱くなってきます。熱くなったらお湯から出て足湯コーナーで冷ますなどローテーションするとより気持ちよく入れそうな感じでした。

これ以上の説明は難しいので画像は公式サイトを見て下さい。

www.kusanagino-yu.com

食事処

f:id:sakuyaoi:20180116013310j:plain

メニュー

薙の湯のお食事処は受け付け正面の広間『お食事処 旨い蔵』のみです。和洋中おつまみからデザート、お酒まですべてそろってます。写真は見開き分ですが、もっとページがありますので食べたいものは何かしら揃うでしょう。

f:id:sakuyaoi:20180116013303j:plain

草薙ラーメン

ダイエット中なのにラーメンを選ぶ痛恨のミス!地名が入ったメニューってつい頼みたくなっちゃうのですよね~!見た目は普通の醤油ラーメンですが、出汁と生姜が効いていて温まります!チャーシューも結構な厚切り、メンマやネギもしっかり入ってるので食べ応えありました!スープは見た目より濃い醤油味です。

f:id:sakuyaoi:20180116013256j:plain

ダイエット中なのに(以下略)

電車で来たのでお酒も飲める。温泉に来て飲めない苦行はもうこりごり。梅サワーを頼みました。ビールよりカロリー低いから良いんです。

休憩施設

f:id:sakuyaoi:20180116013317j:plain

穴にソファー

間の二階部分は『湯上がりお休み処』漫画が読める休憩スペースです。穴型のソファーにぐでんと寝転がり、

f:id:sakuyaoi:20180116013337j:plain

漫画が読める

手の届く範囲に並べられた漫画をゆっくりじっくり読破できます。そんなに数は多くないですがコナンを最新刊まで読めるので連続3日は暇つぶしできますね!

f:id:sakuyaoi:20180116013326j:plain

階段に沿って本棚もあります

f:id:sakuyaoi:20180116013314j:plain

奥に謎の六角形

奥側は仮眠スペースですが、ミニベッドと向かい合って六角形のカプセルホテルのような半個室が用意されています。掛け布団が用意されててありがたい!

f:id:sakuyaoi:20180116013330j:plain

正面から

奥には枕と明かりが設置され、うつ伏せで漫画を読むのに最適な環境ですね。ここで寝てると下に落ちそうで怖いですが。

岩盤浴

眠コーナーの先は岩盤浴コーナーにもつながっています。受付のすぐ後ろに入口の階段があるのですが、二階が繋がってるのは便利でした。岩盤浴コーナーには2つの岩盤浴と強力なサウナが用意されています。

天平の間

特殊な壁と天井が遠赤外線とマイナスイオンを効率的に体に取り込ませる。とよくわからないですが凄そうな岩盤浴。平らですべすべな岩の上に横になるので、ゴツゴツしていて眠れそうには無かったですが、体はすぐに温まり汗が吹き出しました。座るタイプもありましたが、横になる方が効果的ですね。

羽衣の間

横になる部分にピンク色の岩塩がずらっと敷き詰められた岩盤浴。初見は見た目にも触れた感覚にもびっくりしますが、横になってみると存外心地よく、触った感じはほとんど熱を感じず、こちらの方が眠れました。岩に包まれる間隔はここでしか味わえないと思います。背中から徐々に発汗していき、天平の間以上に体の奥から汗が噴き出していきます。壁と天井がとげとげしていたのですが、どうやら沖縄のサンゴで出来てるらしいです。

飛天の間(ロウリュウサウナ)

三つめは岩盤浴じゃありませんが、巷で話題のロウリュウサウナがあります。中央に巨大なストーブがある部屋でストーブを囲うように座り、スタッフさんがアロマを焚いてくれたり、巨大なうちわで煽ってくれたり、発汗運動をしてくれます。これは慣れてないとかなり危険なレベルの汗をかきますので水分補給等注意が必要です。実際二人ほど脱水で倒れて運ばれていきました。サウナ内の温度が急激に数度上がりますので、体感温度は更に急激に上がります。サウナに慣れた方には本当におすすめな上級者向けのサウナですね。

広告

 

店舗情報

店名 あおい温泉 草薙の湯
住所 〒424-0886 静岡県静岡市清水区草薙1865−2
連絡先 054-349-2626
駐車場 あり
定休日 第三水曜日(月1休み)
営業時間 平日・土曜 10:00~24:00 日・祝 9:00~24:00
サイト http://www.kusanagino-yu.com

f:id:sakuyaoi:20180116013351j:plain

すっかり夜に

町中の小さな温泉施設のイメージでしたが夜になるまでゆっくり遊んでしまいました!市内で行ったことない方にもおススメできる温泉施設ですよ!ぜひ一度お試しください!ζζ