みなと町でも桜は咲くら - 静岡市観光&グルメブログ

メジャースポットからディープなネタも!静岡市の観光・グルメ情報をご当地キャラさくやちゃんがPR!原住民の紹介するお得な静岡市ぶらぶら情報サイト!ζζ.

おいしい四川風麻婆豆腐を食べる会 in クーポール会館に参加しました

幻の麻婆豆腐を求めて

静岡ネタのwebマガジン『静岡のすゝめ』

www.gogo-shizuoka.jp

を運営されているボススケさんが『静岡で一番美味しい四川風麻婆豆腐はどこだろう?』の疑問から麻婆豆腐を扱う店を食べ歩いてるそうで、Twitterで情報募集ツイートをしていました。そのツイートへ『クーポール会館の中華料理コースの麻婆豆腐が絶品、ただし団体予約でしか食べられない』と情報が寄せられ、個人じゃ食べられない幻の麻婆豆腐を食べませんかという趣旨でイベントが開かれました。

 

静岡グルメブログの先輩『はらぺこリズム』のはなげっくすさんや、

Twitterでお世話になってる創業330年の老舗雑貨屋『三保原屋』さんの皆様など錚々たるメンバーが集まりましたが、私は全員初対面です。

 

クーポール会館

f:id:sakuyaoi:20171129093437j:plain

クーポール会館

JR静岡駅から徒歩5分、葵区紺屋町にある宴会、会議、結婚式などで利用される会館です。静岡に来るたびに前は通りますが、一度も中に入ったことはありませんでした。

『クーポール』の由来はフランス語の『La Coupole(ラ・クーポール)』という天空・丸天井を指す女性名詞からきているそうで、昭和29年に生演奏と食事を楽しめるレストランとして開業した際、天井の中心にステンドグラスを取り入れた丸天井があったことから名付けられたそうです。パリ・モンパルナスにあるレストラン『ラ・クーポール』のデザインを参考にしたことからもヒントを得たとのことでした。

 

会場には一番乗りで到着、緊張しながら会場に入ると、

f:id:sakuyaoi:20171129093432j:plain

貴族の趣

高級ホテルのラウンジのような佇まい(泊ったことないのでイメージですが)恐れ多くもここに座って待つことはできませんでしたが『麻婆豆腐を食べに来ただけのはずなのに一体どこに迷い込んでしまったの』と、いつの間にかトラックに跳ね飛ばされて異世界に転生してしまったことを疑うほど趣の違う空間でした。

f:id:sakuyaoi:20171129093422j:plain

出雲

案内された部屋は出雲。スタッフさんが『いつものお部屋になります』と言っていて、初めてなのに!?と思いましたがいずもでした。※ボススケさんネタ被ってすみません

f:id:sakuyaoi:20171129093234j:plain

おいしい四川風麻婆豆腐を食べる会

ストレートなイベント名がギリギリ尺に収まってる感じです。

f:id:sakuyaoi:20171129093440j:plain

会場

楕円卓がきれいに並べられ、いよいよ異世界転生して円卓会議に召集された説が濃厚になってまいりました。私の持つ『麻婆豆腐を食べる店』のイメージと全く一致しない為、すごくラフな格好で来てしまったのを後悔。

続々と参加者の皆様が集まり、ついに円卓会議が始まります。

 

 

これぞ中華コース

f:id:sakuyaoi:20171129093242j:plain

メニュー

感想が先になりますが、痒い所に手が届く、中華料理と聞いてイメージするものが全て揃ったコースで非常に満足です。麻婆豆腐がメインのはずなのに、全品メイン級。

f:id:sakuyaoi:20171129093239j:plain

自己紹介カードと最初の一杯

アルコールは別料金と聞いていたので、高いだろうから先に飲んできちゃおうとカラオケで一人酒盛りしてから臨んだ頭のおかしい私ですが、アルコール飲み放題もセットでついてました。はしごになってしまいました。皆様とビールで乾杯!成人してもうすぐ2年、最近ビールの旨味が分かるようになってきました。

f:id:sakuyaoi:20171129093245j:plain

前菜三種盛り

最初のメニューは前菜三種盛り。中華くらげ、チャーシュー、イカですね。撮り逃しましたが、初めに中央の回転テーブルに大皿が運ばれ、スタッフさんが取り分けてくれます。サービス慣れしてないもので緊張でお酒が進みます。

f:id:sakuyaoi:20171129093250j:plain

f:id:sakuyaoi:20171129093254j:plain

エビチリ

二品目は海老のチリソース煮。大ぶりの海老がぷりっぷりで、辛さのバランスも素晴らしい。エビチリは私の好物ですが、今までで一番美味しいエビチリに出会いました。既に満足感有り余り幸せです。ビールも2杯め。

f:id:sakuyaoi:20171129093258j:plain

f:id:sakuyaoi:20171129093303j:plain

豚肉のオイスターソース炒め

味付け的に青椒肉絲に近いですが、赤かぶやアスパラで独特の口当たりに。大きな干しブドウみたいな素材は、朝天干辛椒(チョウテンガンシンジャオ)という唐辛子。口の中に入れた瞬間はそこまで辛くないのですが、舌に触れた部分からじわじわと辛くなってくる火種のような存在です。

f:id:sakuyaoi:20171129093307j:plain

余った 朝天干辛椒

取り分け時に辛いので注意してくださいとスタッフさんが案内していましたが、私を含め好奇心旺盛な皆様は挑戦→辛くないよ→いや辛ッ→辛い辛いと同じ反応していました。3杯目のビールで舌を慣らしましょう。

f:id:sakuyaoi:20171129093314j:plain

f:id:sakuyaoi:20171129093317j:plain

油淋鶏

 4品めは鶏肉の薬味ソースかけ、いわゆる油淋鶏ですね。五味八珍で油淋鶏風から揚げは頻繁に食べてますが、本物の油淋鶏は初めてだったかもしれません。お肉が大きいので大皿の見栄えがいいですね。取り分けも結構多くお腹に溜まり、ビールも進みます。

 

そうしていよいよ本日のメイン麻婆豆腐。スタッフさんに辛さの提案を受け、一番辛いのでも私はよかったのですが、皆様とのシェアなので一番おいしく食べられるお勧めを注文になりました。

f:id:sakuyaoi:20171129093323j:plain

麻婆豆腐

見た目もボリューム感も納得の主役!冷めるのが早いのでお熱いうちにと言われたのですが、お話に盛り上がってる皆さんはなかなか手を付けません!もったいない!私もたくさんお話させていただきましたがメインは麻婆豆腐ですから!

f:id:sakuyaoi:20171129093331j:plain

取り分け

小皿に分けるとさらに絵になりますね。食べやすい辛さと言っていたので結構マイルドかなと思ったのですが、案外ピリピリ来ました。からウマです。麻婆豆腐は家で作れるチャーハンに次ぐ簡単中華なイメージでたまに食べられればいいやくらいの料理だったのですが、やはり本物は違います。お代わりを所望するのですといった具合。大皿に余ってた分お代わりいただきました。

f:id:sakuyaoi:20171129093341j:plain

卓上には山椒が

少し食べたところで山椒に気が付きました。説明してくれていたようですが聞いてませんでしたすみません。こちらをかけて再度実食。

f:id:sakuyaoi:20171129093336j:plain

山椒トッピング

そこまで辛くなったわけじゃないのですが舌が!しびれる!後で調べましたが、花椒(ホァジャオ)という本格的な麻婆豆腐にはなくてはならないスパイスのようで、これをかけて四川風麻婆豆腐が完成するようです。これはびっくりな新感覚。濃厚さ、さっぱり感、舌は痺れて脳が震える。麻婆豆腐カテゴリでも私の歴代ランキング一位を塗り替えました。ご飯が欲しかったけど無理なのでお酒。

f:id:sakuyaoi:20171129093328j:plain

静岡割り

ビールばっかりだったので趣向を変えて芋焼酎の緑茶割り=静岡割り。ウーロン茶割りと緑茶割りがあったのですが『お茶割り』と注文したら緑茶割りが出てきました。静岡以外だとウーロン茶が出ること多いのだそうですね。

 

 

f:id:sakuyaoi:20171129093346j:plain

f:id:sakuyaoi:20171129093351j:plain

カレイの甘酢あんかけ

メインの麻婆豆腐が通り過ぎたのに、またメイン級の一品!カレイのフリトーと野菜を甘酢あんかけで和えた料理。辛くて痺れる麻婆豆腐の後なので、あんかけの優しい甘さが舌に馴染み調子を整えてくれました。

f:id:sakuyaoi:20171129093355j:plain

f:id:sakuyaoi:20171129093401j:plain

チャーハン

そしてこのタイミングでチャーハン!本格的な中華コースは初めてなのですが、和会席と同じでご飯ものは最後の方に提供されるんですね。シンプルな見た目ですがパラパラとした完璧な食感に甘さとスパイスのバランスが整ったチャーハンの中のチャーハンです。あれだけぐびぐび飲んでるのにまだご飯ものが入る私の胃にびっくりです。

f:id:sakuyaoi:20171129093404j:plain

f:id:sakuyaoi:20171129093409j:plain

杏仁豆腐

最後はデザートの杏仁豆腐。事前情報で杏仁豆腐も美味しいと聞いていたので期待大!見た目はコンビニでも売ってるような杏仁豆腐そのものなのですが、なるほど確かに違う!口当たりしっとり、舌に当たると食感はあるのに溶けていく。甘すぎない酸味のあるシロップが杏仁豆腐と調和し、これまた新感覚。普段食べてるものと見た目が同じなのに中身は完全な別物、異次元から来た杏仁豆腐ですね。

f:id:sakuyaoi:20171129093414j:plain

茉莉花茶(モーリーフアチャー)

食後のジャスミン茶。しみじみ。

 

料理は以上、非常に満足です。ビールも飲みすぎてたぷたぷ。はじめはぎこちなく固まっていたメンバーの皆様と私も、終わりごろには(思い込みじゃ無ければ)すっかり打ち解け、1時間半のお食事会では全然話足りなかったです。先輩ブロガーの方々にももっといろいろ聞いておけばよかった!市内の情報や美味しいお店の情報交換などもしてお開きです。

f:id:sakuyaoi:20171129093428j:plain

黄綬褒章

会場の写真を撮らせてもらっていたら、是非こちらもどうぞと賞状を案内されました。調理を担当された千葉様は国から黄綬褒章(※農業、商業、工業等の業務に精励し、他の模範となるような技術や事績を有する方)を授与されているとっても偉いお方!なんとも凄い会でした。クーポール会館のスタッフの皆様も恐ろしいほどに統率のとれた丁寧かつ愛嬌のある対応。憧れます。

 

会場情報

店名 クーポール会館
住所 〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町2−2
連絡先 054-254-0251
駐車場 近隣に有料駐車場多数あり
サイト http://www.coupole.co.jp
 

始めは緊張してましたが素晴らしい料理の数々と、皆様のトークで幸せな一夜になりました!機会があればまた参加したいです~!ζζ