みなと町でも桜は咲くら - 静岡市観光&グルメブログ

メジャースポットからディープなネタも!静岡市の観光・グルメ情報をご当地キャラさくやちゃんがPR!原住民の紹介するお得な静岡市ぶらぶら情報サイト!ζζ.

羽衣伝説と富士山信仰の歴史『三保の松原』観光ガイド

富士山信仰と芸術の源泉
静岡市唯一の世界遺産

f:id:sakuyaoi:20171129215154j:plain

波打ち際からの富士山

三保の松原(みほのまつばら)

三保の松原は静岡市内にある唯一の世界遺産。

2013年6月22日 世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として富士山の構成資産の形で登録されました。富士山からの距離は最遠になります。全長約7kmの松林、羽衣の松、神の道、御穂神社、清水灯台から構成されています。

当初、富士山との距離が離れていること、海岸浸食対策の消波ブロックが景観を損ねているなどの理由から、構成資産入りの審査では除外の方向で話が進んでいましたが、報告を受けた地元学生による海岸、松林の大規模清掃活動が評価されたこと、そして文化遺産として登録することは景観ではなく古来よりの信仰の対象、芸術家がインスピレーションを受けた地として充分の価値があるとされ、逆転の形で構成資産入りを果たしました。

f:id:sakuyaoi:20171129215127j:plain

キャンドルナイト

毎年6月22日前後の土曜日には世界遺産登録記念事業として『三保の松原キャンドルナイト-あかりともるよる』が開催されています。羽衣の松などのスポットが集まる三保の松原の中心区域の松の周りに、地元の方々が願いを込めて作成したたくさんのキャンドルが並べられます。

f:id:sakuyaoi:20171129215134j:plain

新三景の碑

1915年に実業之日本社主催で日本三景にならった日本新三景の選定が当時の雑誌『婦人世界』の読者投票で行われました。三保の松原が最多得票数で登録されたことからも、当時から国内での知名度は高かったものと窺えます。1922年に国の名勝に指定されました。

羽衣の松(はごろものまつ)

f:id:sakuyaoi:20171129215205j:plain

羽衣の松

見所の一つである羽衣の松。三保に伝わる羽衣伝説の中で、天女が羽衣を掛けたまま忘れてしまった松とされています。初代の松は1707年の宝永大噴火で沈んだと伝えられており、近代存在した松は2代目でしたが、2010年頃には立ち枯れが進み、お客さんに折れた枝が当たってしまっては危険だと判断され伐採。現在の羽衣の松、三代目が選定されました。

選定の条件としては伝承から、神が降り立った『羽車神社』神が歩いた『神の道』そして神が鎮座された『御穂神社』の一直線上にある立派な松とのことです。

f:id:sakuyaoi:20171129215158j:plain

二代目の松

二代目羽衣の松は、三代目の松の後方に位置する、羽車神社の隣に幹から下を残して保存されています。

羽衣伝説

三保の羽衣伝説は以下の通り、

ある日、三保に住む漁師の白龍は、いつものように浜へ釣りに出かけました。松の間を歩いていると、輝くばかりに美しい衣が松に架かってるのを見つけます。衣を手に取った白龍は『持ち帰って我が家の宝にしよう』と引き換えします。すると後方から『もし』と声をかけられました。

そこに立っていたのはこの世のものとは思えないほどの美女でした。美女は『その衣は私のものです。どうか返してください』と頼みますが、白龍は『これは私が見つけたものです』と譲りません。美女は『それは天の羽衣。人間には不要なものです』と諭します。すると白龍は『天の羽衣ですって?ではあなたは天女なのですね。それならばなおさらもったいない。国に天の宝としてお納めするとしよう』と頑なに断り続けます。

天女はどうしていいか分からなくなり『それがないと天に帰れないのです。どうかお返しください』と涙を流し蹲ります。すると白龍も申し訳なくなり『わかりました、羽衣は返しましょう。ですが、私の願いを一つ聞いていただきたい。うわさに聞く天の舞を見せて下さらぬか』と条件を出しました。

天女は『わかりました。それで天に帰れるのでしたら喜んで舞いましょう。舞を舞うためには羽衣が必要です。先に返してください』と返します。すると白龍は『羽衣を返したら舞を舞わずに帰ってしまうのではないか?騙されるものか』と疑います。天女は『虚実を扱うのは人だけです。天に嘘はありません』と力強く返します。白龍は途端に自分が愚かしく感じ、羽衣を返しました。天女は頷き、舞を踊りながら天の彼方へと消えていきました。

こんな感じのお話です。日本各地に羽衣伝説が存在しますが、三保の伝説はあっさり解決しています。他の場所ですと漁師が天女を騙して嫁にしたりと散々ですので白龍さんはまだマシな方ですね。

f:id:sakuyaoi:20171129215208j:plain

羽衣伝説(省略)

お土産売り場の壁に羽衣伝説の絵本のようなパネルがありますが、かなり省略されていますので白龍さんがすごく素直な感じになってます。

エレーヌの碑

 羽衣の松の傍には『エレーヌの碑』と書かれた墓碑があります。

f:id:sakuyaoi:20171129215131j:plain

エレーヌの碑

エレーヌ・ジュグラリス(1916-1951)

彼女はフランスの舞踏家でしたが、日本の能に魅せられ西洋で能『羽衣』の上演に情熱を注いだ人物です。

生涯を羽衣に奉げ、羽衣の衣装を纏ったまま舞台で倒れ、そのまま35歳の若さでこの世を去りました。

最後まで憧れを抱いたままついにたどり着く事の無かった三保の松原へは1951年、彼女の遺志を継いだ夫のマルセル氏が遺髪と能装束を携え訪れました。

戦後の暗い時代を過ごしていた三保の住民は遠いフランスの地で日本の伝統芸能に生涯を奉げた舞踏家の存在に感銘を受け、彼女の羽衣と三保を愛する心と功績を称えると共に、日仏文化交流の記念碑として羽衣の碑(エレーヌの碑)を建てました。

毎年10月の一週目に行われる『羽衣まつり』ではエレーヌ夫人への献花、羽衣の舞の奉納、そして能『羽衣』を三保の海岸に設置したステージで上演します。

 

 

遊歩道→鎌ヶ崎(かまがさき)

海岸への階段を上り終えた左手側は遊歩道へつながっております。

f:id:sakuyaoi:20171129215137j:plain

遊歩道入口の分かれ道

松林の道、海の道と分かれていますが、どちらも松林の間を歩く遊歩道です。海の道はジェットコースターのようにうねった道になっていますので、車椅子の方等は松林の道がおすすめです。

f:id:sakuyaoi:20171129215140j:plain

f:id:sakuyaoi:20171129215143j:plain

f:id:sakuyaoi:20171129215147j:plain

遊歩道(松林の道)

片道10分の遊歩道沿いには様々な松が植えられています。種類も樹齢も様々、若い松もありますので見ていて飽きない風景です。

f:id:sakuyaoi:20171129215151j:plain

鎌ヶ崎

遊歩道の先は太平洋自転車道と合流します。この辺りを『鎌ヶ崎』と呼びます。

鎌ヶ崎は多くの三保の松原の絵画が描かれたロケーション。今は道路が舗装されてしまっている為当時と同じ景色とはいきませんが、正面から雄大な富士山を眺めることができる有数の富士山ビュースポットです。海岸に降りることもできますので、波打ち際からの富士山を眺めることも可能です。

海岸

f:id:sakuyaoi:20171129215221j:plain

波打ち際は近づき過ぎないように

富士山を見る一番のロケーションは、海岸波打ち際から左に振り返った方向です。ただ、三保の海岸は波が高く荒れやすいため、風の強い日は近づき過ぎないようにしてください。写真のようにいきなり数メートル先まで波が押し寄せる場合もあります。

また、駿河湾は浅瀬から一気に深くなる特徴がありますので、泳いだりしたら永遠に帰ってこれません。遊泳禁止の表示はありませんが、松原の海岸では泳がないようお願いします。命の保証ができません。夏は海水浴場がオープンするのでそちらへ。

f:id:sakuyaoi:20171129215212j:plain

軽食処

海岸と松林の間には昔からある軽食処も。静岡おでんや海の家のようなメニューが揃ってますので歩き疲れたら休憩にご利用ください。

三保の成り立ち

三保は安倍川からの土砂と有度山からの砂礫によって形成された砂嘴です。正確な記録は残されていませんが、江戸の時代までは船で三保島に渡っていたと記録されています。万葉集などに三保を詠んだ句が遺されていることから、平安時代から親しまれたとされ、天女伝説もその頃の時代の説が有力だそうです。

f:id:sakuyaoi:20171129215202j:plain

御穂神社

三保の松原入口にある御穂神社もその頃から存在していたと記事が遺されており、正確な創建年は不明ですが、1000年以上続く大変由緒ある神社とされております。

f:id:sakuyaoi:20171129235419j:plain

様々な神様が鎮座されています

三保の松原の観光地化は都合の良いことばかりではなく、海岸浸食の問題や観光客増加により松の根が傷んだりと問題も多いです。

松喰い虫という松枯れの原因となる虫への対策、大量に落ちた松葉の活用手段がないかなど、静岡市の学生を中心に研究も行われ、三保の松原は住民一丸となって守っていくものという認識があります。三保の美しい景色を楽しんでいただいた後は、少しだけ自然問題についても興味を持って頂けたらと思います。

f:id:sakuyaoi:20171129215218j:plain

クレーンと富士山

ちなみに景観の問題は、解決策としてテトラポットからL字突堤への置き換え工事が行われております。現在その工事の影響でクレーンが富士山を遮ったりもしてますが、未来の景観と海岸の為にご勘弁ください。今のクレーンが写る景色の方が貴重ですよ!

アクセスと観光のヒント

全長7km全てが三保の松原なので住所はありませんが、地図が指してるのは羽衣の松の辺りですね。

アクセスはJR清水駅からバス『三保山の手線』で30分程度『三保の松原入口』で下車し、海岸まで神の道を含む1km近くは歩きます。バスは平日10分に1本、休日は1時間に3本運航しております。

お車でお越しの場合は県道199号を進み『三保の松原入口』の交差点を右折、突き当りを左折すると御穂神社と神の道が見えますので、神の道側へ右折。そこから先は駐車場へ警備員さんが案内してくれます。

日の出埠頭、江尻埠頭(河岸の市)から、会場に浮かぶ富士山も望める水上バス(三保までの船)も出ておりますので、晴れた日はおすすめです。その場合、三保桟橋と松原まで少し距離がありますので、河岸の市 or ドリームプラザなどでレンタル自転車を借りて回りましょう。自転車は水上バスに乗せられますので、清水駅の方で借りれば、散策は自転車ですいすい、帰りも船の往復ですいすいと帰ってこれます。

バスで来られた方から『次は久能山に行きたいのですが』と聞かれることがありますが、久能山まで直通のバスはありません。東静岡駅経由になり、本数も極端に少なく現実的ではないので、タクシーで行ってしまった方が費用も時間も抑えられます。三保の松原お土産売り場の前でタクシーが待機しているのでそちらからどうぞ。

これから数年かけてビジターセンターの建設、公園化と工事がどたばた続く見込みです。ご迷惑おかけいたします。