みなと町でも桜は咲くら - 静岡市観光&グルメブログ

メジャースポットからディープなネタも!静岡市の観光・グルメ情報をご当地キャラさくやちゃんがPR!原住民の紹介するお得な静岡市ぶらぶら情報サイト!ζζ.

静岡土産紹介『白形傳四郎商店 お茶屋の静岡茶漬け』

商品レビューみたいになってしまいますが、いわゆる定番の静岡お土産とは違った、知る人ぞ知るお土産を紹介させていただきます。※前置きが長いので商品については最初の画像まで読み飛ばしてください。

お茶料理の話

お茶所静岡ですが、お茶を使った料理が当たり前に食べられているわけではありません。観光案内をしている私もよく『茶そばがおススメのお店を教えてほしい』とか『お茶料理はどこで食べられますか』など聞かれますが、紹介できるお店は数えられる程しかありません。静岡茶=緑茶なわけですが、料理に使うのってほとんど抹茶ですからね。市内にはお茶屋さん併設でカフェになってたり、ランチが食べられたりというお店もいくつかありますが、抹茶・ほうじ茶スイーツや、抹茶を練りこんだパスタなどをメインに、合わせて緑茶を飲む感じになっています。

緑茶を使用した料理となると、茶葉の天ぷら、しゃぶしゃぶの出汁を静岡茶にしてみたり、あとは今回紹介するお茶漬けくらいしか思い浮かびません。現在、静岡市の『するが有機農場協同組合』と飲食情報サイト『ぐるなび』のコラボプロジェクトで食茶を奨める企画も行われているようですが、それがニュースになる程には静岡人の認識としても食茶は当たり前ではない文化なのです。

静岡茶のお茶漬け

好みは人によるとは思いますので、静岡に住んでるからと言ってお茶漬けの消費量が他県より高いわけではないと思ってます。統計で静岡が消費一位とかだったらすみません研究不足です。とはいえ、静岡人が食べるお茶漬けはほとんどの場合静岡茶漬けです。お茶漬けを常食する文化は無くても、お茶を常飲する文化はあります。一人暮らしを除けば殆どの家庭は急須を持ってるでしょうし、切らすことなく茶葉を蓄えている方も少なくないでしょう。といった具合で、静岡人は常に他県より美味しいお茶漬けを食べていることは確かだと思います。

静岡茶で作ったお茶漬けなら何でも美味しい。と言ったらそれまでなのですが、お茶の好みもあり、普段飲みなれた茶葉で作ってるからこそ美味しいという部分もあると思いますので、静岡茶のお茶漬けが食べたいと思っても、どの茶葉を選んで、他に何を入れたらいいのか、それを紹介するのは静岡人側からしても迷ってしまうことでしょう。

と、そんなお悩みを解決した商品が今回紹介する『お茶屋の静岡茶漬け』です!前置き長くなりました。以降、商品紹介になります。

白形傳四郎商店 お茶屋の静岡茶漬け

f:id:sakuyaoi:20171214042642j:plain

パッケージ

白形傳四郎(しらかたでんしろう)商店は静岡市葵区の製茶問屋。創業1923年。種類様々な静岡茶や茶器の販売を通信販売中心に、業務用卸売り、海外輸出、小売店での販売と手広く行っているそうです。

お茶屋の静岡茶漬け』は1年の試行錯誤を繰り返し完成した究極のお茶漬けとのこと。本当なら是非静岡を代表するお茶土産として広めていきたいところ!

f:id:sakuyaoi:20171214042645j:plain

成分表示

丼型のパッケージ、裏の成分表示を見ると、静岡県産のお茶の他に、焼きのり、かつお、わさびと静岡県の特産食材が揃っています!

f:id:sakuyaoi:20171214042651j:plain

中身

中に入っているのはこちら。手前の青いパックは緑茶Tバック、奥の白いパックはお茶漬けの素です。三食入っています。

f:id:sakuyaoi:20171214042648j:plain

お召し上がり方

丼の側面に作り方が書いてあります。手順通り作っていきましょう。

f:id:sakuyaoi:20171214042654j:plain

ゴツゴツのアハン

始めに用意するのは熱々のごはん1杯。全然熱々に見えませんが写真を撮るために湯気を飛ばしています。ちゃんと熱々です。『ご飯一杯』だと推奨量が分かりませんね、とりあえず200g盛ってみました。

f:id:sakuyaoi:20171214042658j:plain

具をのせました

調味料パックを熱々のご飯の上にあけましょう。ちょっとご飯多かったかな?薄い茶色がかつおで大粒の茶色は玄米、緑は山葵でしょうか。満遍なく振りあけました。

f:id:sakuyaoi:20171214042701j:plain

ティーバック

お茶は使いやすいティーバック。急須に入れてお湯を注ぎます。通常お茶を淹れる際は熱湯のままでは苦みの成分が出やすくなる為、80度以下まで冷ますのですが、ご飯が熱々ならこちらも熱々の方が良かったのかな?正解の作り方が書かれてると分かりやすいのになと思いました。(結局75度で淹れてます)

f:id:sakuyaoi:20171214042704j:plain

注ぎます

熱々のご飯にそこそこ熱々のお茶を注いでいきます。良い緑、良い香り。写真を撮りながらなのでちょろちょろですがもっと豪快にかけた方が美味しくなったはず...。ここで注ぐお茶の量も指定して貰えるとありがたいですね。

f:id:sakuyaoi:20171214042708j:plain

完成しました

お茶屋の静岡茶漬け、完成です。パッケージの盛り付け写真は上に茶葉?海苔?が乗っているので見栄え良いですが、私はそのままなのでTHEお茶漬けといった具合。

 

まずはお茶を一口飲んでみると、ほのかな甘さを感じます。料理に合わせるのであれば甘みは贅沢な出汁ですからこの時点でかなりの好感触。お茶漬けの素が完全に溶けていないようでしたので、ご飯をほぐしながら混ぜ、実食。初めにピリリと山葵の香り、お茶の甘み、かつおの香ばしさと続いていきます。お茶が多かったのか風味自体は薄味ですが、それぞれの食材の味は良く再現されており、山葵は特に鼻につーんと居座ります。辛さのあとに甘さがまわる為バランスが取れ、その先のカツオ×お茶の出汁の風味がストレートに染みてきます。さらに玄米の香ばしさも加わり、間違いなく美味しいです。常飲している茶葉とは全く風味が違うのですが、これはお茶漬けの為の茶葉といった所、どなたのお茶覚にも合うであろう尖った部分の少ない出汁としてのお茶に徹しています。

少し残念なところがあるとすれば、ご飯やお茶の量が目分量なところ。もちろん好みはありますが、これだけバランスよく混ざり合う風味が完成しているのですから、一番おいしく食べられる量を指定してもらえればさらに究極のお茶漬けになったのになと感想です。

f:id:sakuyaoi:20171214042711j:plain

二杯目はお茶として

お茶漬け用とは言え、甘みのあるお茶は食後の一杯にもぴったり。余ったお茶は湯飲みでほっこりいただきましょう。

商品詳細

品名 お茶屋の静岡茶漬け
価格 1箱3食入り550円(通販価格) ※小売店などはオープンプライスです
製造 白形傳四郎商店
サイト www.shirakata.co.jp

f:id:sakuyaoi:20171214052317j:plain

イタリアン茶漬け!?

公式サイトを見ていたら同パッケージ商品にイタリアン茶漬けなるものが...いろいろな意味で気になりますね...ζζ