静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡のグルメブロガーさくやちゃんです!静岡市観光するならこのブログをチェック!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

『まぐろ王国大ちゃん』マグロカツ食べ放題!清水河岸の市のコスパ食堂!

学生人気の名店が河岸の市に出店!
海鮮もカツもお腹いっぱい食べられます!

f:id:sakuyaoi:20180713093023j:plain

店頭

水駅みなと口にある清水港の魚市場【河岸の市】のマグロ館に2017年7月にオープンした海鮮料理のお店。三保方面にある学生に人気の定食・そば処【福乃家】さんが経営しています。

私が生魚食べられないので、河岸の市含め海鮮料理のお店はほとんど紹介できていないのですが、お友達の波音ちゃんのブログで、どのセットにもマグロカツ食べ放題がついてきます!と紹介されていたのでつられて久々に河岸の市へ行ってみました。

広告

 

店舗紹介

まぐろ王国大ちゃん:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180713093028j:plain

店頭のマグロカツ

回の目的はこのマグロカツ!食べ放題だからといってこの舟盛りボリュームを食べ切れる人はいないと思いますが、店頭のサンプルとしてはインパクトあって良いですね!

f:id:sakuyaoi:20180713093018j:plain

店内

新しいお店なのですが、テナントは入れ替わりなので以前の店舗から継続しているような歴史を感じる店内です。出店している福乃家さんが清水の老舗なので良采配。

スペースは狭めですがテーブルはたくさん並んでおり、20人ほどは座れそうです。平日でしたが結構混んでいて相席をお願いされました。

f:id:sakuyaoi:20180713093001j:plain

海鮮用です

テーブルの調味料は醤油と山葵、海鮮用ですね。奥のソースはマグロカツに使えますが、醤油で食べるのもおすすめとのこと。

f:id:sakuyaoi:20180713092957j:plain

奥にセルフキャベツ

店の奥には取り皿とマグロカツの付け合せにセルフでキャベツとドレッシングのコーナーが、ドレッシングはマグロカツに掛けるのも良いみたい。 

まぐろ王国大ちゃん:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180713093032j:plain

丼メニューとセットメニュー

メニューとセットメニュー、単品丼でもまぐろカツ食べ放題はついてきます。案の定海鮮丼尽くし!分かってはいましたけども!

ありがたいことに右下に海鮮が苦手な方へのから揚げ丼がありました!そば単品もありましたが、福乃家さんのから揚げも有名なのでこちらを選択。揚げ物と揚げ物でかぶってしまってますけど。

セットのそばはアラ汁とどちらか選べるそうです。今回はそばにしました。

f:id:sakuyaoi:20180713092951j:plain

一品料理と大ちゃんについて

一品料理ではまぐろの目玉の煮付けがおすすめされています。メニューが並んでるかと思えば目玉の効能でした笑 一品料理だけの注文は流石にマグロカツはつかないそうです。

右のページはまぐろ王国大ちゃんの紹介。コスパいいぞと自推するほどの原価率。そばは福乃家さんと同じみたいで、つゆは県内産の鰹節から作るオリジナルだそうです。

トロまぐろカツ食べ放題

f:id:sakuyaoi:20180713093004j:plain

マグロカツ

文が通るとすぐにマグロカツを持ってきていただけました。最初は3枚ほど。追加注文からは数指定です。混んでいるとどんどんサーブされていくので、揚げたてを貰える可能性が高いです。

そしてお味は無料で食べ放題なのに看板になるクオリティ!マグロは薄めでソリッドタイプのツナ缶のような状態ですが、淡白ながらも脂が乗っていて、くどくないのにジューシーでカツの理想といった仕上がり。

揚げ物の食べ放題といっても胃の都合でそんなにたくさんは食べられないだろうなと思っていましたが、ついついおかわりしてしまいます。

唐揚げ丼セット(そば)

f:id:sakuyaoi:20180713093010j:plain

から揚げ丼セット

ばはセットのミニそばって感じですが、から揚げ丼が予想外のボリュームです。ガツ盛り系ですね。やっぱり揚げ物で被せるのはアウトだったか〜と一瞬絶望しました。

f:id:sakuyaoi:20180713093007j:plain

ガッツリ

しかしこちらのから揚げもマグロカツよりは脂っぽいものの、生姜が効いていてかなりさっぱり!ごはんのうえにキャベツが敷いてありますし、追加のキャベツも食べ放題ですからね。

胃もたれしない食べ方、揚げ物→キャベツ→揚げ物→ご飯と繰り返せば案外食べられます。ボリューム的に厳しい気もしますが、白米のおかずにマグロカツが食べられたのも良かったです。

f:id:sakuyaoi:20180713093014j:plain

そば

お蕎麦は二八蕎麦とのこと、癖がなく食べやすいのはセットメニューとして良い相性です。モチモチ系ではなく弾力が強くつるつるぶっつりな食感。シンプルですがふつうに美味しいあると嬉しいセット蕎麦ですね〜!

生魚の紹介ができていないので魅力も半分くらいしか伝えられなかったと思いますが、マグロカツだけでも来店の価値ありますよ!おすすめですっ!

広告

 

店舗情報

店名 まぐろ王国大ちゃん
住所 〒424-0823 静岡県静岡市清水区島崎町149
連絡先 054-395-9595
駐車場 あり
アクセス 清水駅から徒歩3分
定休日 水曜日
営業時間 月~水 10:00~15:00 金~日・祝 10:00~17:00
予約 食べログ

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『招福』グルメ通りの呑み歩きに生姜が効いた清水らしい〆のラーメン

小腹を満たすシンプルな一杯
〆に最適な清水らしいラーメン

f:id:sakuyaoi:20180713002425j:plain

外観

水駅前の居酒屋街グルメ通りを進んだ先、清水駅前銀座の入り口近くにある老舗のラーメン店。独特な形で餃子と書かれた提灯とともに入口上の看板も光り、微妙に傾いた暖簾は味ある風貌とも言えますが年季の入り具合が半端じゃないです。

という感じで入るのになかなか勇気がいる風貌ではあります。ずっと気になっていたので清水みなとまちバルの〆に寄ってみました。シラフで入れる気しなかったのでぇ。

広告

 

店舗紹介

招福:雰囲気

内はカウンター4席と4人掛けテーブルが2つ結構窮屈に並んでいて、ワンルーム6場のマンションよりも狭く感じ、これはすぐ食べてすぐ帰る感じの店かな~と思いましたが、先客の常連さんらしきマダムお二方はテーブル席で終わりそうもないトークを繰り広げていました。

店内BGMはバラエティ番組が流れるテレビ。マダムたちの話題もバラエティの流れに反応して諸行無常の響きあり。

店員さんは熟年のおじいさん&おばあさん。人柄は見た目じゃ判断できませんね、ラーメンを作る姿は真剣そのもので頑固おやじな印象を受けたおじいさんも、サーブした後はおいしいかい?とやさしく語りかけてくれました。

店内の写真を撮るにはスペースが足りませんでしたので写真はありません。ぜひあなたの目で見て老舗の風貌を味わってください。

招福:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180713002433j:plain

メニュー

ウンターの上にメニューが並びます。豊富って程ではないですが、看板メニューのラーメンと餃子以外にもチャーハンや焼きそば、焼肉定食などもあるみたいです。お値段は普通ですね。

写真は見切れていますがサッポロラガービール(赤星)と日本酒のみアルコールメニューもありました。

普通のラーメン

f:id:sakuyaoi:20180713002436j:plain

普通のラーメン

板メニューの普通のラーメンです。600円税込み。確かに普通で昔ながらな感じな見た目の醤油スープですがトッピングがなかなか豪華!

チャーシュー・ネギ・メンマ・かまぼこはワンコインラーメン4種の神器ですが、味玉も入って、もやしまで!そしてメンマの量がメンマラーメンってレベルにどっさりです。トッピングが多いとボリューミーに見えますね!

f:id:sakuyaoi:20180713002429j:plain

麺は黄色っぽい昔ながらの中華ストレート麺そのもの。 スープと絡みすぎずあっさり啜れるつるつるコシのある麺です。

スープは生姜が効いたあっさりしょう油の清水らしい味!感想を聞かれた際に、清水の醤油ラーメンって生姜入ってるお店多いですよね?と聞いてみましたが、うちだけだと思ってたとの回答。無意識で生姜を入れたくなる風土があるのでしょうか?

見た目に比べて柔らかいチャーシューも清水のラーメンの共通点!もやしが入ってるのはここくらいですけど、あとメンマ大きい!大きくて量もある!めんま好きにはかなり推せる一杯です!

生姜スープが体を芯から温めてくれるので、まさに〆に最適な一杯です。深夜営業はしていませんが23時まではやっているので2軒周った後でも間に合うと思います!外観で躊躇うことなかれ!私はためらったけど!次は餃子も試したいです。

広告

 

店舗情報

店名 招福
住所 〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町1-40
連絡先 054-366-3445
駐車場 なし
アクセス JR清水駅より徒歩5分
定休日 木曜日
営業時間 17:00~23:00
予約 食べログ 

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『Deeply do』ドリンク200種以上!落ち着いた雰囲気の清水のBAR

ドリンクも料理も豊富に揃ってます
一人でも落ち着いて飲める大人なBAR

f:id:sakuyaoi:20180710214358j:plain

外観

水区銀座、清水中央銀座より清水橋の下を道沿いに進んだ先にある落ち着いた大人の雰囲気のバー。深夜営業で翌朝3時までの営業ですが、オープンも17時とお仕事帰りにすぐ寄れる良い営業時間ですね!

※今回の記事は清水で開催したバルイベント『清水みなとまちバル』での訪問ですので、普段と違う部分もあるかもしれません。ご了承ください。

広告

 

店舗紹介

Deeply do:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180710214401j:plain

座席結構多めです

ックな雰囲気で落ち着いた店内は、シンプルかつ高級感のあるイスとテーブルが並んでいます。カウンターが9席、6人席、4人席、3人席がひとつずつ、2人席が2つです。

奥がバーカウンターですが、料理も豊富なのでレストランとしての利用もできそうです。暖かい感じの照明と青くて冷たい照明を合わせた大人っぽい雰囲気ですね~!

f:id:sakuyaoi:20180710214424j:plain

バーカウンター

私があまりバーに行かないだけなのですが、こういう大人びたバーって清水では珍しい気がするのですよね。漁師町なのもあって大衆酒場が多いので、落ち着いて飲める静かなお店は貴重です。カウンターには沢山のお酒が並んでいます。

Deeply do:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180710214411j:plain

料理メニュー

ーブルには料理のメニューがあったのですが、カウンターに座ってしまったので撮り忘れてしまいました。口コミによれば50種類以上のお食事メニューが揃っているそうで、お酒メインじゃなくても楽しめそうですね。

壁のおしゃれなポップだけでも豊富な洋食系メニューがそろっています。私がバーにイメージしてる高級感と比較してですけど結構お得な価格設定かも?

f:id:sakuyaoi:20180710214408j:plain

飲み放題メニュー

みなとまちバルでは飲み放題メニューから1品でしたが、このメニューがものすごく豊富!結構遅い時間に行ったのでもう終わっちゃったと断られたお酒もいくつかありましたが、カクテル中心に全部で50種類以上あります。

f:id:sakuyaoi:20180710214421j:plain

アルコールメニュー

こちらは黒板メニューなので仕入れによって変わるものだと思いますが、全部で200種類以上のアルコールメニューを扱っているそうです。

ディタモーニと特製カレー

f:id:sakuyaoi:20180710214414j:plain

バルメニューはお酒1品とカレー

回のバルメニュー。ドリンクはメロンミルクが売り切れだったのでディタモーニを選びました。ディタライチとグレープフルーツジュースで作るさわやかなカクテルですね。ディタライチが高いので飲み放題に並んでるお店は初めてです。

カウンターにもシェイカーが置いてありますが、飲み放題メニューは基本使わないカクテルが多いですね。目の前でシェイクするの見たかった気もします。

f:id:sakuyaoi:20180710214417j:plain

カレー

バルメニューのカレーは量は少なめですがナンがついてお腹に溜まるボリュームメニューになっていました。3軒周ったラストなのでなかなかキます。

確認していないのではっきりとは言えませんが、普段のメニューでも提供していると思います。これはバルのために今回だけって感じの味じゃなかったです。

お肉以外の具は溶けてしっかりルゥに混ざっており、意外と辛いのですけど溶けた野菜の甘さと旨味が口の中にやさしく広がっていきます。

お肉はブロック肉の豚肉ですが、角煮のようにトロトロ。この量で十分満足できる完成度の高い味。ナンは市販品だと思いますが、甘めでカレーとのバランスが良い感じ!

 

お得な大衆食堂や酒場を中心に紹介している当ブログではあまり触れないタイプのお店でしたが、行ってみると良いものです。また視野を広げて情報開拓していきたいと思いますっ!

広告

 

店舗情報

店名 Food&Bar D.D ~Deeply Do~
住所 〒424-0817 静岡県静岡市清水区銀座1-1
連絡先 054-364-8073
駐車場 なし
アクセス JR清水駅より徒歩10分
定休日 火曜日
営業時間 17:00~翌3:00
予約 食べログ

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『MITRA』日替わりワンコイン!新清水のインド・ネパール料理店!

日替わり500円カレーランチ!
ディナータイムはお酒も豊富に!

f:id:sakuyaoi:20180711000812j:plain

外観

鉄新清水駅前に2017年7月にオープンしたインド・ネパール料理店。日本語が上手なネパールのお兄さんと、寡黙で仕事人の雰囲気あるネパールのお兄さんお二人で経営しています!

メイン料理はインドカレー!ランチタイムは日替わりのワンコインカレーやお得なセットもそろっています。お酒・おつまみのメニューも充実しており、夜はカレーと一緒にチョイ飲みもおすすめとのこと!

広告

 

店舗紹介

MITRA:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180711000742j:plain

テーブル

口から見える店内は狭めで2人掛けテーブル4つ分の席のみですが、実は冷蔵庫の奥から左曲がりに進むとテーブル8つのスペースが広がっています。

建物自体がL字型の独特な作りですが40人のそこそこの宴会・パーティにも対応できる素晴らしい内装でした。パーティメニューもあるそうですよ!

f:id:sakuyaoi:20180711000739j:plain

厨房が見えます

お酒や食器が見える店内はインドカレー店あるあるですね。入口右側が厨房で、調理の様子が見えています。

MITRA:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180711000815j:plain

ランチメニュー

ンチは選べるカレー2品、サラダ、ナンのAセットが850円から。ワンコインの日替わりメニューは外の看板に本日のカレーと書かれています。ライスとナンから選べますよ。

f:id:sakuyaoi:20180711000730j:plain

ディナー

ディナーメニュー、『ネパールダルパートセット』以外はランチセットメニューと同じです。ランチより値段が+150~200円ずつ高くなっています(ランチが安くなってるのか)

f:id:sakuyaoi:20180711000724j:plain

単品メニュー

単品メニューにそれぞれのカレーが説明付きで載っています。セットはこちらの900円までのカレーから選びます。辛さも甘口から激辛までの5段階で選べるので色々な組み合わせで試せますよ!

f:id:sakuyaoi:20180711000727j:plain

おつまみメニュー

おつまみはインド・ネパール料理以外に日本の居酒屋メニューが揃っています。静岡らしいメニューとしては黒はんぺんフライがあります。

日替わりワンコインカレー

f:id:sakuyaoi:20180711000805j:plain

ワンコインカレーセット(ナン)

レーは日替わりなので選べませんが、ナンかライスを選択できます。ナンは見た目もボリュームもびっくりですが、甘みと香ばしさが噛み合って凄く美味しい!薄いので見た目ほど重くはなくお菓子感覚で食べられます。

しっかりと味があるのでナン単品でも食べられるのですが、カレーと組み合わせることでさらにバランスの取れた逸品に。この日のカレーは甘めな野菜カレーでした。

MITRAさんはナンのお代わりサービス等はありませんが1枚でおなかいっぱいになります!ナンが大きいので少しカレーの量が物足りなくなるかも。通常セットのカレー2つがバランス良い量なんでしょうね。

手羽先カレー

f:id:sakuyaoi:20180711003039j:plain

手羽先カレー

日替わりカレーの中には手羽先入りの豪華なメニューも!こちらも結構甘口で、一番辛いはずの5辛にしたのですが野菜の風味というかコクがあって、ちょうどいい辛さでおいしく食べられました。

ライスも頼めるのですけどついついナンを頼んでしまいます。カレーライスなら家でも食べられるって気持ちがあるのかな?次こそはライスでって食べ終わった後でいつも思ってるのですけどねぇ。

カレー2種とチキンのBセット

f:id:sakuyaoi:20180711000758j:plain

Bセット

べるカレー2品、サラダ、タンドリーチキン、ナンまたはライスのBセット。ランチは1000円、ディナーは1200円で提供されています。MITRAさんのセットの中では中間の豪華さかな?

タンドリーチキンは思っていたより淡白な味わい。表面にスパイスがまぶしてあるのでこちらも辛いのですが、脂分が少なくチキンなのに白身魚のような口当たり、柔らかくておいしいですよ。

チキンカレー

f:id:sakuyaoi:20180711000752j:plain

チキンカレー4辛

定番のチキンカレー。日本風のカレーより明るいオレンジ色です。香ばしい大きめのチキンがゴロゴロ入っていて食べ応えありました!

いきなり激辛は躊躇してしまい一段下の辛口にしましたが、これでも充分な激辛具合。先ほど紹介した手羽先カレーと違い、スパイスの辛さが強く舌全体に旨味と辛みが広がっていきます。

チキンも辛いので単品だとなかなかハードな辛さですが、甘いナンと一緒に食べるのでバランスが取れています。これは慣れないとライスで食べるのは厳しい辛さですね~。

マトンカレー

f:id:sakuyaoi:20180711000755j:plain

マトンカレー4辛

チキンカレーより少し薄めの色をしたマトンカレー。先ほどセットで選べるのは900円までのカレーと書きましたが、1000円メニューのマトンカレーは特別に選べるみたいです。ちょっとお得!

マトンなので羊肉ですが、チキンカレーの香ばしさとは逆でポークカレーのような濃厚さが前面に押し出された風味。

肉臭さは殆ど無く、むしろ肉の甘みが良く混ざっている感じです。同じ辛口ですがチキンカレーよりまろやかな風味。こちらも大ぶりの羊肉が入っていますが、牛スジ煮のようなホロホロ煮えた状態で柔らか!辛くて甘い肉の味が活きたカレーですね!

チャナマサラ

f:id:sakuyaoi:20180711000745j:plain

チャナマサラ

ひよこ豆のカレー。チャナマサラという料理自体は正確にはカレーじゃないらしいのですが、汁気を多めにしてカレーらしく仕立ててあります。

インドの家庭料理らしく、一番エスニック系というか独特なスパイスの味がしました。フルーツも入っているようで甘みと刺激がが両方主張している独特な風味がありますね。

サーグチキンカレー

f:id:sakuyaoi:20180711000748j:plain

サーグチキンカレー

ほうれん草とハーブスパイスのチキンカレー。緑のカレーはこれだけなので目立ちます。普通のチキンカレーと同じくチキンごろごろでボリューミー!

ほうれん草ペーストでこちらも甘め、どろどろ感が強く、ここまでに紹介したカレーの中では一番濃厚でした。こちらもスパイスの方向性が違うというか、独特な風味があります。色も味もオンリーワンなのでぜひ頼んでほしい一杯です。

ほう炭酸抜きコーラですか

f:id:sakuyaoi:20180711000733j:plain

サービスしてもらいました

そうに食べていたらドリンクをサービスしていただきました。炭酸を抜いたコーラです。ネパールの定番ドリンクなのか、私が範馬刃牙に見えたのかのどちらかでしょう。

シュワシュワはしていませんが、さわやかな甘さが辛いインドカレーの箸休めにぴったりでしたよ!

広告

 

 

店舗情報

店名 MITRA(ミトラ)
住所 〒424-0821 静岡県静岡市清水区相生町3−2
連絡先 054-689-7315
駐車場 有料駐車場(1500円以上の注文でサービスあります)
定休日 日曜日
営業時間 11:00~15:00 17:00~22:30
予約 食べログ

静岡市のワンコインランチはこちらから!

MITRAさんのほかにもお得でおいしいお店がいっぱい!

『高雄飯店』お得なランチ揃ってます!清水区役所前の本格中華飯店!

本場の料理人が作る
ボリューミーな中華ランチ!

f:id:sakuyaoi:20180709231824j:plain

外観

水区相生町、清水区役所の向かい側の道にある独特な外観の中華食堂。台湾出身の気さくな店長さん達3人の料理人が本格中華料理を提供しています。

お昼時は区役所の利用客や職員さんで大盛況。提供も早い!安い!美味しい!ボリューミー!非の打ちどころは駐車場が停めにくいことくらいでしょうか。昔からありそうな雰囲気ですが、今年で創業15年とそこまで古いお店ではありません。

広告

 

店舗紹介

高雄飯店:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180709231837j:plain

店内

内は縦長、入って左側にカウンターがありますがお皿などが並んでいて使われていないみたい?左奥が厨房で右奥に向かって席が並んでいますね。

f:id:sakuyaoi:20180709231758j:plain

奥にある4人席×4のスペース

四人掛けテーブル3席、三人掛けテーブル1席、二人掛けテーブル1席、混んでくると奥のスペース(四人掛け×4)も開放します。通常は電気も消えています。

スタッフは厨房3人、ホール1人と少数精鋭で混み合う店内を回していますが提供もそこそこ早く、ランチにパパっと食べていく区役所職員っぽい人もよく見かけます。

高雄飯店:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180709234927j:plain

サービスランチと主食

類・ご飯類ともに主食メニューからかなり豊富にそろっています!980円均一の定食メニューは昼も夜も同額ですが、一部のメニューはサービスランチでは100円安く提供されていますね!

f:id:sakuyaoi:20180709231755j:plain

ワンコインメニューもありました

サービスメニューとなってるのでおそらくこちらもランチタイム限定ですが、もやしらーめんがワンコインです!普通のラーメンワンコインはありますけどトッピングありのラーメンがワンコインってなんだか嬉しくなります!笑

f:id:sakuyaoi:20180709231831j:plain

一品料理

一品料理もピータンなどの本場的なメニューから、日本人の口に合った中華食堂メニューまでものすごく豊富にそろっています!チェーン店並みかそれ以上かも!これをシェフ3人で回してるので凄いですよね~。中華に紛れて清水のB級グルメもつカレーもありました!

f:id:sakuyaoi:20180709231834j:plain

飲み物

飲み物は基本的な品ぞろえですが、静岡市内でも一部のお店のみで扱ってる日本平サワーがありました!日本平の早摘みかんを使用した日本平シロップで作るお酒ですね!

ランチ焼肉定食

f:id:sakuyaoi:20180709231813j:plain

ランチ焼肉定食

ちらは焼肉定食。ご飯は中でランチでは880円です。レンゲの大きさと見比べてもらうと、焼肉がかなりのボリュームなのが分かると思います。定食メニューにはライス・スープ・柴漬け、写真には写ってませんがデザート杏仁が共通でついてきます。

f:id:sakuyaoi:20180709231818j:plain

焼肉

野菜もお肉もたっぷり!ステーキやハンバーグ1食より少しずつ食べる方がお腹に溜まりますよね。 豚バラ肉ですが脂と身のバランスが良く、甘めのタレに胡椒が効いてごはんが進みます。

というかご飯中盛でにおかず半分で食べきってしまいましたので、いっぱい食べられる方は大盛りにした方がバランス良いかもしれません!

f:id:sakuyaoi:20180709231821j:plain

紅ショウガも相性抜群

卓上にはトッピングの紅ショウガもあります。味濃いめのお肉とよく合って、生姜焼きみたいになって美味しいですよ!

f:id:sakuyaoi:20180709231828j:plain

デザート杏仁

セットのデザートは本場の味の杏仁豆腐です。セット以外でも100円で注文できます!これは一度は食べてもらいたいクオリティです!

鶏唐揚げ定食

f:id:sakuyaoi:20180709231810j:plain

鶏唐揚げ定食

唐揚げ定食、ライスは中。こちらも定食メニューなので焼肉定食と均一価格です。大きめのごつごつした唐揚げが5個乗っています。表面にスパイスの点々があり、中華屋の唐揚げって感じの見た目ですね。

f:id:sakuyaoi:20180709231840j:plain

唐揚げ

サクサクジューシーで表面はカリッ中ジュワァ!胡椒のスパイシーな風味が強いですが、味は結構薄め、セットの写真で左上にある白いお皿には特製の塩が入っており、これを付けるとちょうどいい味の濃さになりました!揚げ物ですが焼肉定食よりはさっぱりした感じですね~。

半マーボー丼とラーメン

f:id:sakuyaoi:20180709231848j:plain

半マーボー丼とラーメンセット

マーボー丼とラーメンのセット。ランチセットの一つでこちらは800円です。スープは付いてきませんがデザート杏仁は付いてきました。半マーボー丼になってますが、ラーメンと並べると量的には同じくらい入ってる気がします。

f:id:sakuyaoi:20180709231845j:plain

ラーメン

見た目は普通のラーメン。というかこちらも普通オブ普通の中華そばな見た目ですね!生姜風味の清水ラーメンとは違いますが、こちらも昔ながらの麺細めでスープあっさり醤油。

トッピングも見た目通りですが、チャーシューは結構大きくて満足感ありました。単品だと500円なので先ほどのもやしラーメンのほうがお得っぽい?

f:id:sakuyaoi:20180709231806j:plain

マーボー丼

食べやすそうな色合いでスパイスもかかってないので油断していましたが、かなり辛い!そしてビリビリ~!ちゃんと花椒が入った本格四川風麻婆豆腐でした。

激辛を謳ったお店に比べるとそこまで辛いわけでは無いですが、それでも汗が出る程度には辛いです。油断していたのも大きいと思いますが、辛いの苦手な方は家庭料理の麻婆豆腐とはちょっと違う辛さなので注意ですよ!

肉ニララーメン

f:id:sakuyaoi:20180709231802j:plain

肉ニララーメン

ンチメニューに単品で勝負しているだけあって、かなりボリューミーなトッピング!スタミナ野菜炒めがドーンと乗った肉ニララーメンも食べ応えある一杯でした!

広告

 

店舗情報

店名 高雄飯店
住所 〒424-0821 静岡県静岡市清水区相生町6-28 神戸ビル 1F
連絡先 054-352-1009
駐車場 あり
定休日 日曜日
営業時間 11:00~14:00 17:00~22:00
予約 食べログ

近場のおすすめ店

『丸岩ラーメン』自慢の焼豚と秘伝のスープ!清水の老舗ラーメン店!

昭和5年創業からの伝統
自家製素材の自慢の一杯!

f:id:sakuyaoi:20180707005410j:plain

外観

水区袖師町、JR清水駅のみなと口から徒歩5分ほどの港湾道路沿いにあるラーメン店。昭和5年創業、90年近くの間地元で愛され続けている老舗です。

昔ながらの味や自家製素材を伝承しながらも、代を継ぐごとに試行錯誤し新しい味や商売スタイルを組み込み、秘伝の味をより多くのお客さんに広めようと今も清水の前線で戦っている人気のお店です!

広告

 

店舗紹介

丸岩ラーメン:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180707005404j:plain

入口に席が一つ

白線の独特な建物に、入り口にはベンチ席、待合用なのかここで食べられるのか、メニューも置いてあります。そしてハンモックが気になる...。やばそうな感じではないですがB級スポット好きのレーダーが反応する良い違和感がありました笑

f:id:sakuyaoi:20180707005339j:plain

テーブル席

店内はいたって普通、老舗ですが何度か改装しているのか綺麗で明るい店内です。6人掛けテーブル席は6つ、4人掛けと2人掛けが1つずつ、カウンターが8席あります。

f:id:sakuyaoi:20180707005336j:plain

カウンター

今回はカウンター席を利用、8人テーブルに仕切り立てを置いて4×4で向かい合った状態ですね。仕切りにメニューが貼ってあり、スパイス類は前の人と共用です。奥行きがあるので結構広めに使えるカウンターです。

丸岩ラーメン:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180707005413j:plain

通常メニュー

岩ラーメンのおすすめはしょう油ラーメン!先々代からの伝統の味です。塩ラーメンと味噌ラーメン、辛いラーメン(しょう油ベース)もあり、それぞれトッピングが追加できるようになっています。

定食メニューはやき豚セットのみですが、半チャーハンとミニチャーシュー丼がラーメンとセットで注文可能です。左にはお客さんの人気トップ5が詳細な紹介付きで並んでいて、一番人気はチャーシュー麺とのこと。

f:id:sakuyaoi:20180707005332j:plain

限定メニュー

定番メニューのほかにも季節限定の冷やしラーメンや台湾ラーメン、2種のとんこつラーメンなど公式サイトにも載っていないメニューが店内を見渡すとかなり豊富にありました。こだわりは醤油なのですが、いろいろ試せると思うと迷ってしまいますね。

f:id:sakuyaoi:20180707005401j:plain

かき氷も人気です

ここ数年流行りのふんわりかき氷(台湾風っていうのかな?)も売ってます。他より安め!いちごとカルピスと書いてありますが、ほかにもフレーバーがあるようで、日によってはランチタイム後にかき氷喫茶『Maruiwa』としてデザート専門のおやつタイム営業もあるのだとか!

から麺+チャーシュー丼

f:id:sakuyaoi:20180707005343j:plain

から麺(4辛)+チャーシュー丼

回の注文【から麺(4辛)+チャーシュー丼】です。ホームページから辛いラーメンを扱っていると情報を得ていたので、最大の辛さ『から麺(3辛)』を求めて訪問しました。ホームページでは1~3辛選べますと書いてあったので、一番辛いので!と頼んだところ、実はどこまでも辛くできるとのこと。

3辛は唐辛子をスプーン5杯分だそうで、それ以上(4辛)でとお願いしました。久々の訪問なのにツウっぽい頼み方してしまいましたね!チャーシュー丼は250円のミニサイズの方です。

から麺

f:id:sakuyaoi:20180707005346j:plain

から麺

通常のしょう油ラーメンに唐辛子を追加したシンプルな構成。唐辛子がスプーン5杯以上は入ってるわけで、スープの上に赤い欠片がかなり浮いてるのがわかります。しょう油スープの色は濃い目ですね。

f:id:sakuyaoi:20180707005358j:plain

スープ

深みのあるしょう油スープ+唐辛子。見た目は色が赤いわけではないのでそんなに辛そうじゃないのですけど、唐辛子をストレートで味わうのは意外と、かなり、辛い...!ですがスープ自体が辛いわけじゃないので舌に辛さが残らず、のど元過ぎれば論で飲み干せるスープですね。

しょう油スープは複雑なダシ系とは真逆の、昔ながらの醤油かえしがとってもおいしい安定感のあるさっぱりスープなので、トッピングもスパイスも何を追加しても相性良くアレンジできそうな味でした。

f:id:sakuyaoi:20180707005352j:plain

麺はかなり細めのストレート、弾力は少なめでもちもちしています。スープから持ち上げるときに大量の唐辛子が纏わりつくので、麺もかなり辛くなっています。スープも麺もストレートな辛さが続くので、好みですけど途中でテーブルのニンニクをトッピングすると味が変わって最後まで楽しめるかも。

チャーシュー丼

f:id:sakuyaoi:20180707005349j:plain

チャーシュー丼

250円のセットミニ丼ですが、ご飯はお茶碗一杯分ありますし、チャーシューもミニサイズですが5枚入っていました!チャーシューはとろとろで舌の上で溶ける極上品!ですがしっかりかみしめてお肉の味を感じられます。

甘いたれが白米との相性抜群で、この量ならチャーシュー1枚でも食べきれてしまいそうです。いくらでも食べられそうなチャーシューですが、その分ごはんも欲しくなってこれだとついつい食べ過ぎてしまいますね...!

やき豚セットではもっと大きめにカットされていたので、より旨味をかみしめられそうです。次は絶対やき豚をメインに注文します...!

広告

 

店舗情報

店名 丸岩ラーメン
住所 〒424-0037 静岡県静岡市清水区袖師町1575-75
連絡先 054-364-8437
駐車場 あり
アクセス 清水駅みなと口から徒歩5分
定休日 月曜日
営業時間 火~金 11:00~14:00 17:00~19:30
土日 11:00~19:30
予約 食べログ

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

ご当地Vtuber始めました!静岡おでんの紹介を動画でやってみた

岡市ご当地キャラクターの葵桜玖耶です。当ブログ内では観光&グルメ情報の単発記事ばかりなので、ほとんどそのことに触れておらず普通のブロガーだと思われていると思いますが、メインはTwitterでのキャラクター活動なのです。

6月の経過報告記事で宣伝してましたが、この度Vtuber活動を始めてみました!最初の動画はこちら!

www.youtube.com

広告

 

Vtuberについて

話題のコンテンツとはいえ、まだ知らない方も多いと思いますので、一応説明させていただきます。Vtuberというのはバーチャル・ユーチューバーの略称です。

数年前からYoutubeに自作動画を作ってアップするアーティストのことをYoutuberと呼び始めましたが、それの進化というか派生というか、2017年末ごろから話題になってる新しいネットの流行コンテンツです。

簡潔に言えば、人が何かをする動画ではなく2次元のキャラクターが何かをする動画。例えば歌を歌うYoutuberさんがいますけど、顔出しして歌う動画の代わりに、3Dモデルのキャラクターが歌を歌っていたり、お笑い芸人が面白いトークをする動画の代わりに、キャラクター二人がトークしてたり、ざっくりとそんな感じです。

VRコンテンツ流行の流れ

VRChat

なぜここにきてVRが流行っているのかというと、2017年末よりバーチャル端末が一躍話題になったことが始まりで、それまで端末代が高いのと、使用できるソフトも少なかったVRコンテンツに、参加コミュニティ型のチャットゲーム【VRChat】が登場し、没入型コンテンツがより身近になりました。

VRChatでは自身が任意のキャラクター3Dモデルに変身して、他社と会話やアクションが楽しめます。かつて流行ったセカンドライフや、MMOゲームと同じようなシステムではあるのですが、そこにVRが加わることでより目の前の相手と会話している感覚+二次元の相手と会話している感覚が味わえるわけです。

これは体験してみないことには伝わりませんが、相手は確かに普通の人間で中身がある存在なのに、ガワが二次元でかわいいアクションが入るだけでなぜか!なぜかものすごく会話が弾むというか、話してるだけで楽しくなれるというか。今までになかった楽しさを感じられる場所になっていったわけです。

Vtuber

話を戻してVtuberについて、2016年6月から活動しているキズナアイちゃんが徐々に人気を集め、2017年末に人気が爆発!バーチャルブームの火付け役になると共に、同様の活動をしていたほかのバーチャルユーチューバーさんにも目が向けられました。

ネットメディアやコンテンツ会社がいち早く目を付け、乗ってきたことでキズナアイちゃんは数々のコラボを獲得し、2017年末から2018年はじめにかけてさらに飛躍した人気を獲得、それとともに、自分も同じ活動ができるのではと考える人が増えてきます。

しかし当初、活動しているバーチャルユーチューバーのほとんどが3DモデルをVR端末でモーションキャプチャーして動かすというランニングコストが非常に高い、趣味や軽い気持ちではできない内容となっていたため、今流行ってる子以上に新しいバーチャルユーチューバーが乱立するなんて展開はないだろうといわれてきました。

しかしwebカメラを用いた顔認識での2Dアバター操作ソフト『FaceRig』がバーチャルコンテンツと相性いいのでは?との内容が広まり、3Dは厳しいと手をこまねいていた人達が次々と参入。

2Dでのバーチャルユーチューバーが一般化するとともに、Vtuberという呼び名も普及し、Youtuberと同じく、だれでもやる気と内容次第で人気者になれる夢の舞台の環境へと変わっていきました。

ご当地Vtuber

に語りすぎな気もしますが、本当はまだまだ現在に至るまでの流れや活躍があるのです。しかしよくよく考えなくても当ブログは観光ブログですので、そろそろ話を戻しまして、私が始めるご当地Vtuberについて。

実のところ私が知ってる限りではご当地Vtuberはほとんど流行ってません。というかいません。いるにはいるのですけど、ご当地に住んでる設定とかネタを使うだけで、私が今回作ったような観光案内の動画を扱う方は数える程度しかまだ登場していません。

ので、そういう動画が増えたらいいなとずっと思っていたのですが、正直な話Vtuberはバーチャルの世界であることを売りにしているので現実を持ち込むご当地コンテンツとはなかなかかみ合わないのだと思います。

嚙合わせることはできるのですが、たぶん求められてるものが違うとなるか、そもそもこれではVtuber動画ではないといわれる可能性もあるかなと私見ですが思ってます。

それでも動画というのは情報量が多く、例えば私の2500文字程度のグルメ紹介記事を、動画で話してしまえば5分以内で記事を読むよりも印象的に伝えられるかもしれません。あとご当地キャラ活動として紹介できそうなのはブログより動画です。の2点で挑戦してみるのには十分な理由でした。

今回の動画を作るのにも、初めての作業で3時間ほどかかりました。慣れればポンポン作れるかもしれませんが、記事より伝えやすい分作るのが大変です。

それでもPRの場を増やすことによって、ブログへの流入にもなってくれればなと淡い期待を込めながら、これから少しずつ活動していこうと思います。

最初の動画は静岡おでんについて

というわけでもう一度動画を貼ります。

www.youtube.com

3分ちょっとの動画に3時間はなかなか前途多難です。あと声もボイスチェンジャーで無理やりキャラクターっぽく演出して無理してます。今回は静止画でしたが、動画用に素材を集める習慣をつくるようにすれば、ブログでは使えない映像素材も一緒に集めることになります。

その点こそブログでは表現できない魅力だとおもいますので、まあ第一弾動画は制作お試しということで、次の動画は映像素材を使ってみようと思います。

当ブログも停滞気味な中で新しいことに挑戦する余裕あるのかって話なのですけど、どうぞ応援していただけると嬉しいです。ブログのほうも引き続き頑張ります。

『すぱげてぃ屋』エスパルスファン御用達?濃厚もちもちパスタ専門店!

あつあつもちもち!
清水では珍しいパスタ専門店!

f:id:sakuyaoi:20171115003111j:plain

店頭 隣のイタリア軒はラーメン店

水区有東坂、住宅街の外れにあるパスタ専門店。隣の店舗がイタリア軒という名前なので、『イタリア軒すぱげてぃ屋』という一店舗と間違われることもあるそうです。パスタのすぱげてぃ屋とラーメンのイタリア軒で別店舗ですね。

ランチタイムは休みなし、ディナータイムは金・土・日のみと変則的。ディナーはお酒も提供しています。

清水区のサッカーチーム『清水エスパルス』のエース、鄭大世選手常連のお店らしく、2016年に大世選手本人がお店とコラボして公式Twitterを運営開始し、一部で大きな話題になりました。

大世選手がTwitterでおすすめしたカルボナーラはエスパルスサポーターやファン中心に大人気になり、手が追い付かないようで一日20食限定になってしまったそうです。

広告

 

店舗紹介

すぱげてぃ屋:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20171115003106j:plain

内装

席は入口入って左手前にあるテーブル席ひとつと、あとはカウンターのみです。大人数は想定していませんが、お酒メニューもありバーのように楽しむこともできそうですが、フィギュアが飾ってあったり、電子レンジが見えてたり漫画が置いてあったりと家庭系定食屋の雰囲気もあります。

f:id:sakuyaoi:20171115003143j:plain

店内にはエスパルス選手中心にサインがいっぱい

エスパルス選手御用達なのでサインもいっぱい。壁や棚に所狭しと何かしら飾られているので秘密基地みたいな感じにもなってます。

f:id:sakuyaoi:20171115003127j:plain

かわいいボトル

食器や備品のデザインにもこだわりがあるそうで、お水入れのボトルは私も欲しくなりました。

すぱげてぃ屋:メニュー

f:id:sakuyaoi:20171115003138j:plain

メニュー豊富

真付きで分かりやすいメニュー、店内には人気メニューランキングも張り出されていました。一番人気のガーリックミートとナポクリームも気になる...。シェフはお店のマスター一人なので忙しいと結構時間がかかるかもしれません。

f:id:sakuyaoi:20171115003954j:plain

オーガニックすぱ

オプションで全メニュー麺をオーガニックすぱに変更可能。ミネラル豊富でダイエットにも向いているとのこと。嬉しい選択肢ですね。

1日20食限定のカルボナーラ

f:id:sakuyaoi:20180511203530j:plain

カルボナーラ(1100円+大盛りシングル200円)

ちらが絶賛の一日20食限定のカルボナーラ、トッピングは厚切りのベーコンと卵黄のみです。大盛りシングル(200円+50g)にしましたが、基本量でも100gなのでレストランのパスタとしてはボリューミーですね。大盛りはダブル(400円+100g)もあり、ランチタイムは無料で増量可能です。

f:id:sakuyaoi:20180511203534j:plain

卵を割ります

出来立てはアツアツ!写真撮影で冷めてしまうのを危惧しましたがグツグツしてそうな程熱いままでした。 麺はモチモチ、クリームはトロトロで麺とよく絡みます。擬音ばかりで上手な表現ができませんが、一口でこれは美味しい!と分かる感覚。

ガーリックが強めで、クリーミーさの中にもピリッとスパイスが効いており、重さや飽きを感じません。卵黄の甘さも相性抜群です。

f:id:sakuyaoi:20180511203521j:plain

パスタに慣れてないのでうまく巻けない

市販のスパゲティとは比べ物にならないくらいのもっちもち感と、麺に馴染むクリーム、ベーコンも肉厚でこんがり香ばしくステーキを食べているかのよう。大世選手が一食でお気に入りになったのも頷けます。

パスタ専門店自体が珍しいので本物を食べたのが初めてだったからかもしれませんが、パスタってこんなにおいしかったっけ?と感動するレベルでした!笑

ナスとベーコンのミートソース

f:id:sakuyaoi:20180511203524j:plain

ナスとベーコンのミートソース(950円)

もう一品紹介。こちらは厚切り茄子とベーコンがごろごろと具だくさんなミートソース。酸味の強いミートソースが食欲を掻き立てます。こちらもアツアツもちもち、さっぱりと濃厚さのバランスばっちりで、優しくお腹と心を満たします。

ほかのメニューもどれも美味しそう...豊富にそろっているので悩んじゃいますねっ!混んでいて入れない日も多いですが、いつか全メニュー制覇したい...!

広告

 

 

店舗情報

店名 すぱげてぃ屋
住所 静岡県静岡市清水区有東坂2丁目294−13
連絡先 054-348-4946
駐車場 あり(店前1台のみ)
定休日 不定休
営業時間 ランチ 11:30~14:30 ディナー 18:00~21:00(金~日のみ)
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22024913/

隣のイタリア軒はこちらです。

『あねタン』 燃える次郎長担々麺!清水のニュータンタン専門店!

辛いけど美味い!美味いけど辛い!
清水のニュータンタン

f:id:sakuyaoi:20180704221109j:plain

外観

水区相生町、鉄新清水駅から徒歩5分ほどの場所にあるラーメン店。2013年オープンの比較的新しいお店です。神奈川発祥の新しい担々麵『ニュータンタン』をアレンジしたラーメン『あねタン』を提供しています。

営業時間が夕方から深夜ですので、呑んだ後の〆にお勧めのお店ですね!お酒も焼酎とビールのみですが扱っています。

広告

 

店舗紹介

あねタン:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180704221008j:plain

食券制です

口傍に食券機がある先払い制。あねタン単品はひき肉と溶き卵しか乗っていないので、トッピングを追加するのがおススメだそうです。今回は一番辛いのを頼む計画なので、量が増えるトッピングはやめておきました。

f:id:sakuyaoi:20180704221011j:plain

辛さ7段階

ラーメンは唐辛子とニンニクが入っていない塩たまごラーメンと7段階の『あねタン』5辛から上は小政・大政・次郎長と街道一の大親分清水次郎長とその子分集の名前が使用され、清水らしさが出ています!。次郎長の名前を付けたメニューもっといろいろなお店で出してくれればいいのに~。

あねタン中辛(3辛)

f:id:sakuyaoi:20180704221020j:plain

中辛

でに真っ赤なあねタン中辛、溶き卵が広がり鮮やかです。唐辛子の粒がたくさん浮いていて辛そうな匂いもぷんぷんと...!しかし食べてみると意外に普通に行けちゃう辛さ。スープは一口目は辛っ!となりますが、卵が存外にマイルドで辛いスープの辛みまでやさしく包まれています。

とはいえスープの部分はしっかり辛いので、バランス的にも初めての方にはお勧めだと思います。もう一段上でもいいかも。

あねタン次郎長(7辛)

f:id:sakuyaoi:20180704221024j:plain

7辛の次郎長

から違いますね~。中辛より濃いとか赤いとかもありますけど、どんぶりの淵にも唐辛子が浮いてついてますし、中辛ではぽつぽつ浮かんでいた唐辛子が次郎長では表面全体に浮かんでマグマ状態。かなり強烈な辛みをまとった刺激的な香りがします。

まさに燃えてる担々麺です!卵とじも同じくらいは入ってると思うのですけど、上からかけられた唐辛子の量が多くて中辛より少なく見えますね。

f:id:sakuyaoi:20180704221104j:plain

比較

比べるとその差は歴然!とまででもないですが、やっぱり色は違います。なんというか中辛は担々麺っぽい色ですけど、次郎長は唐辛子麺って感じ?

f:id:sakuyaoi:20180704221029j:plain

レンゲが大きいのでわかりにくいですが、麺はかなりの極太麺。パスタくらいの太さはあります。一口食べるとさっそく咽せました。辛いものは噛みしめる位置を間違えるとすぐ変な気道に入ってしまうので辛い(つらい)ですね。食べてるうちに慣れてくる気がしますが、慣れなのか感覚障害なのか...。

とにかく辛いの一言。味自体は出汁の効いた薄味でとろみも少ないあっさり系の塩ラーメンかタンメンっぽいスープなのですが、ニンニクと唐辛子の量が半端なく、辛みと刺激をそのまま飲んでいる感覚です。

なのですが、意外なことに初めから美味しさが分かりました。トッピングの卵とじが辛みを口の中でマイルドにしようと頑張ってくれるため、舌に乗っている間も辛さと甘さが交互に混ざり合い、バランスが良く整った旨味を運んでくれるのです。

卵は砂糖とかが入ってるわけではないと思うのですが、辛いものと一緒に食べると自然な甘さを感じます。次郎長は逆に喉元過ぎた後にじわじわ胃が熱くなっていく感覚がありますね。麺を食べるのとスープだけ飲むのではかなり感覚が違いました。スープと絡みすぎない麺の太さも食べやすさに繋がっているのかも!

追い飯

f:id:sakuyaoi:20180704221032j:plain

追い飯

麺なので意外と量が少なく感じ、あまり難なく完食してしまったのでなんとなく消化不良(辛みで胃にダメージという意味ではないです)。止めとけばいいのにライスを注文してしまいました。こちら100円で半ライスなのですがお茶碗一杯分で結構なボリューム。

f:id:sakuyaoi:20180704221045j:plain

沈んでいきます

そのままあねタンのマグマに投入してしまいました。ご飯粒を残すのはグルメブロガーとしてあってはならないこと、これではスープまで飲み干すしかありません。追い飯のつもりが謎の追い込み飯になってしまいました。

f:id:sakuyaoi:20180704221055j:plain

マグマ雑炊地獄風

溶き卵が入ってるので鍋の〆状態でなんだかいけそうな気がします。しかし、マグマオンライスは麺を食べる数倍辛みを感じました...。唐辛子がたっぷり乗ったスープをそのまま掬って飲んでるわけですからね...。

もともと薄味なので雑炊っぽさが強く、食べやすいには食べやすいのですが、優しい口当たりから地獄のような辛さが待っています。風邪の時に食べて無理やり体を覚醒させられそうな一杯ですね。スープがかなり残っていたのでなかなか減りません。

f:id:sakuyaoi:20180704231523j:plain

完食

いろいろありましたがなんとか完食!スープまで残さず浄化しました!辛さに挑戦的な企画なら間違いなしのメニューですけど、正直辛さはもう少し控えめにした方がより美味しく食べられるとは思います。〆の一杯に最適なのは間違いないです!是非清水の飲み会の後にお試しあれ!

広告

 

店舗情報

店名 あねタン
住所 〒424-0821 静岡県静岡市清水区相生町9-6
連絡先 054-368-6610
駐車場 なし(となりに有料Pあり)
定休日 月曜日
営業時間 19:00~4:00
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22025272/

清水食べ歩きスイーツツアーであねタンさんを紹介しました!スイーツ...?ζζ

『麺屋 燕』鶏と魚介のW和風ダシ!静岡の人気ラーメングループ!

2つのだしの組み合わせ!
メニュー豊富な人気ラーメン店!

f:id:sakuyaoi:20171106191304j:plain

ドリームプラザ店

田市発、静岡県下に展開する人気のラーメングループ。静岡市内には清水区の『麺屋 燕 ドリームプラザ店』と、葵区の『麺屋 燕 Rs』『麺屋 燕 両替町店』があります。

じっくり時間をかけて取り出した鶏ダシと魚介ダシを合わせ、出汁の割合で様々な味を生み出しているそうです。各店へは朝早くに本店で仕込んだダシを持ちこんで使用しています。定番メニューは鶏9:魚介1の燕ラーメン、鶏7:魚介3の燕和風ラーメン、5:5の燕和風支那そばの3種ベースに塩か醤油を選べます。

あっさり和風系が多いですが、濃厚なメニューもあったりと好みの幅を広くそろえており、家族やグループで来ても自分の好みで自由に選べる点も人気の理由ですね!今回紹介するのはドリームプラザ店の内容になります。

広告

 

店舗紹介

麺屋 燕:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180703001854j:plain

カウンター

リームプラザ店は1階の『まんぷく街』の一番奥にあります。スペースは狭めですが、カウンターとテーブル席を無駄のない配置にしており、スタッフも多いので大人数も対応可能です。カウンターは6席と5席の2スペース。4人テーブル6つと2人テーブルが2つです。

f:id:sakuyaoi:20180703011455j:plain

食券制です

注文は出口側にある券売機で購入です。替え玉も先に購入しておきます。画像付きで分かりやすいメニューが隣にあるので安心ですね!券売機のボタンも大きく押し間違え対策にもなってます。

麺屋 燕:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180703001853j:plain

メニュー

ウンターにもメニューが置いてありました。こちらのほうが、定番・さっぱり系・こってり系・辛味系・つけ麺と豊富なラーメンの種類分けもされていて分かりやすいです。一品一品にどういうラーメンなのかの説明も三か国語で書かれています。

サイドメニューは自家製餃子のみ。ご飯ものはチャーシュー丼とマグロ丼があります。このほかに期間限定や季節限定のメニューが壁などにPOPで貼り出されている場合もあるので要チェックです!

しょうゆつけ麺

f:id:sakuyaoi:20180703001855j:plain

しょうゆつけ麺

回はこちらの醤油つけ麺を注文!麺の量大盛が無料オプションになってますので、大盛で頼みました!つけ麺専門店ですとトッピングはオプションだったり、チャーシューと玉子のみだったりしますが、燕さんはラーメンっぽいトッピング全部乗せ!見栄えもいいですね!

そして大盛りの麺が思ってた以上の大盛りでお得感!普通のラーメンの倍以上はありますよ!スープの見た目は背油が浮いていてこってりしてそうなイメージです。

f:id:sakuyaoi:20180703013358j:plain

上から見た写真。トッピングはチャーシュー、なると、味たま、小松菜、めんま、真ん中はあおさのりですね。太めの麺で300g程度。

f:id:sakuyaoi:20180703001856j:plain

実食

スープは熱々の温スープです。ダシの味が強いしょうゆ濃いめのつけ麺に合うスープって感じですが、背油がかなり多いので濃厚系になりそう。でもくどさは感じず、麺に絡むと背油の甘みが強く発揮され箸が止まらないおいしさ!麺を多めに一気に啜るのがおいしく食べるポイントです!

トッピングのクオリティも高く、チャーシューは冷たいのに口の中で溶けてしまう柔らかさ、味たまもクリーミーでスープの上で崩して麺に絡めると、背油との相性も抜群でより麺の濃厚さに拍車がかかります。さっぱりした小松菜も味の濃いスープに合います!かなりボリューミーだったのに一気に食べきってしまい、替え玉が欲しくなりました(我慢しました)。

期間限定メニュー

f:id:sakuyaoi:20180703001852p:plain

超和風ラーメン(期間限定)

f:id:sakuyaoi:20180703001851j:plain

冷やし和風ラーメン(夏限定)

かに頼んだことあるメニューがどちらも期間限定でした笑。イベント出店限定メニューなど、出汁の組み合わせや素材をひねった変わり種を多数用意。市内の各店舗も本店から出汁を運んできますが、店によって独自の進化をしています。それぞれの店舗の良さがありますのでぜひ食べ比べしてみてください!

広告

 

店舗情報

店名 麺屋 燕 ドリームプラザ店
住所 〒424-0942 静岡県静岡市清水区入船町13-15
連絡先 054-376-4444
駐車場 あり
定休日 なし
営業時間 11:00~21:00
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22027485/
店名 麺屋 燕Rs(アールズ)
住所 〒420-0856 静岡県静岡市葵区駿府町1-15 叶家ビル1階
連絡先 054-270-9178
駐車場 なし
定休日 なし
営業時間 月・火・水・金11:00~14:30 17:00~20:30
木11:00~ ランチ営業のみ
土・日・祝 11:00~ 夜までスープがなくなり次第終了
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22029170/

 

店名 麺屋 燕 両替町店
住所 〒420-0032 静岡県静岡市葵区両替町2丁目3−2 NSコートビル1階
連絡先 054-204-2311
駐車場 なし
定休日 日曜日
営業時間 18:00~翌4:00
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220101/22030982/

エスパルスドリームプラザまとめ

ドリームプラザ内の他の店舗もこちらの記事でまとめて紹介しております。

『珉味(みんみ)』深夜2時まで営業!清水銀座の老舗中華食堂!

お得なメニュー揃い踏みんみ
昔ながらの町中華!

f:id:sakuyaoi:20180628194714j:plain

外観

水銀座にある昭和の香り漂う店頭の中華食堂。完全にネーミングから気になっての来店です。みんみで是非みんみしてみん味を感じたかったのです。よくわからない方は"みんみ"で検索してください。日本平動物園からの帰りに寄るのもおススメです。

清水では数少ない深夜まで営業しているお店で、お酒も扱っています。二軒目、三軒目に、〆のラーメンにと様々な用途で使える素晴らしいお店です!ランチ・ディナーに関係なく提供されている定食メニューはどれもボリューミー!

広告

 

店舗紹介

みんみの雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180628194717j:plain

店頭ショーケース

かけると嬉しくなる食堂スタイルの店頭ショーケース。美味しそうなサンプルが揃っています。これだけメニュー豊富だと迷ってしまいますね!

f:id:sakuyaoi:20180628194722j:plain

ランチサービスあります

昼限定のサービスメニュー、焼肉丼!税込み540円なのでワンコイン扱いで良いかな?ラーメンワンコインの店は結構ありますが、焼肉丼がスープ付きでこの価格は珍しい!

f:id:sakuyaoi:20180628194726j:plain

入口

入口の引戸にはひらがなで『みんみ みんみ』みん味を感じる...!囍は中華料理店ではよく見かける文字で、おめでたい雰囲気を演出する記号漢字らしいです。

f:id:sakuyaoi:20180628194759j:plain

カウンター

f:id:sakuyaoi:20180628194732j:plain

8人掛けテーブル

L字のカウンターは11席、テーブルが4人席3つ、6人席と8人席がひとつずつあります。カウンター内の調理場ではおじさんとおばさんが手際よく作業分担で調理しており、お昼時はほぼ満席になるほどにぎわっていますが、どんどん料理ができていきます。

みんみのメニュー

f:id:sakuyaoi:20180628194745j:plain

f:id:sakuyaoi:20180628194742j:plain

ん味全開ですね。単品メニューも豊富ですが、定食とセットメニューがお得です!店名のついた『みんみセット』は他より少し高めですが酢豚とエビチリのW主演!他のセットはどれも1000円以下!税込み価格なので安心です。一品料理にはハーフの小皿サイズもあり!色々味見してみたい方に嬉しいサービスですね!

f:id:sakuyaoi:20180628194748j:plain

店頭にサンプルがありました

酢豚セット

f:id:sakuyaoi:20180628194729j:plain

ミニラーメンがミニじゃない

んみセットも迷いましたが、今回は酢豚セットを注文!内容は酢豚とライス+ミニラーメンとのことでしたが、ラーメンのサイズが普通のどんぶりでびっくり!セットの見た目からかなりのボリュームですね。ごはんの盛りも良いですし。

f:id:sakuyaoi:20180628194752j:plain

ラーメン

f:id:sakuyaoi:20180628194738j:plain

麺を掬ってみると、普通のラーメンの半分程度でした。一応ミニラーメンではあるみたいですが、スープの量とかトッピングはそのまま入ってるっぽいのでお得に感じますね。麺も半分とはいえ結構量ありますのでスープ感覚ではなくしっかりラーメンです。

昔ながらの中華しょうゆスープであっさりめ。濃くないのでごくごく飲めます。麺はシンプルにつるつるといけるこちらも昔ながらのスタンダード。トッピングも含めて正にな中華そばですね。ちなみに塩スープも選べます。

f:id:sakuyaoi:20180628194735j:plain

酢豚

甘酸っぱい餡は中華屋の王道と言った感じ!食べやすくおかずになるバランスのいい濃さと酸味がたまりません!野菜はやわらかくも食感が残る程度に火が通っており、餡に負けずに野菜自体の味が残っています。

肉は酢豚なので豚ですが、から揚げのように薄い衣でカラッと揚げられています。大きめの塊で5個入っていたのでボリュームありますね!揚げ豚自体がジューシーですが、さっぱり甘酢餡と合わせるとコクを感じる仕上がりに!かつさっぱりしていていくらでも食べられそうです~。

これ1皿でご飯足りないくらいでしたので、みんみセットは大盛りのご飯二杯くらい必要かもしれません...そんな食べきれないけど。

ランチ限定焼肉

f:id:sakuyaoi:20180628194755j:plain

焼肉丼

き色が濃く、中華屋の焼肉丼って感じ!醤油ラーメンと同じ味のスープが付いています。ごはんはどんぶりサイズより多く、お茶碗二杯分くらいはありますね。その上にたっぷり焼肉です。これで540円は安い!

 

f:id:sakuyaoi:20180628194802j:plain

アップ

味は見た目ほど濃くはないですが、肉の旨味を感じられる味付けです。甘みのあるしょっぱさは中華炒めの基本!高温で炒められている為かお肉自体にくどさを全く感じず、それなのにご飯が進む進む!長年愛されてるだけはある完成度の高さでした!

シンプルなので語る内容もそんなにありませんが、お昼に安くガッツリなら焼肉丼でも充分満足できます!セットは色々食べられるので更に満足度高いですけどね!

広告

 

店舗情報

店名 珉味(みんみ)
住所 〒424-0817 静岡県静岡市清水区銀座8-15
連絡先 054-365-8355
駐車場 あり(向かい側の駐車場に契約枠あり)
アクセス JR清水駅より徒歩15分
定休日 日曜日
営業時間 月~金 11:30~14:00 17:30~翌2:00 土・祝前 ~3:00
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22004966/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『汁平』もつカレーにイルカのたれ!静岡グルメが揃う清水の老舗居酒屋!

静岡&清水グルメ揃ってます!
隠れた人気!清水の老舗居酒屋!

f:id:sakuyaoi:20180627091826j:plain

外観

水区富士見町にある老舗の居酒屋。提灯と一番搾りの旗が目印でいい感じの雰囲気ですが、建物はよく見ると凄く時代を感じる風貌です。

元気でトークが面白いおばちゃん一人で経営しており、料理もすべておばちゃんお手製。メニューによって値段が書いていなかったりと、利用するのがほぼ地元の方だけということで、分かる人に分かる店というのがピンと来ますね。

メニューには静岡・清水のご当地グルメが揃っており、ここでなら静岡グルメを満喫する会ができそうです。

広告

 

店舗紹介

汁平:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180627091801j:plain

カウンター席

f:id:sakuyaoi:20180627091807j:plain

テーブル席

内はカウンター6席に4人テーブルと6人テーブルの座席で最大16人まで。壁にポスターやメニューがびっしりといかにも昔からある居酒屋感!窓ではなく開かない障子になってるのが面白かったです。

f:id:sakuyaoi:20180627091748j:plain

灯りは最近よく見るやつ

f:id:sakuyaoi:20180627091804j:plain

奥にはボトルキープのお酒がずらり。それぞれ名前や団体名が書いてありました。地元団体の夜のたまり場って感じですね。棚の上には大きめのテレビも設置されています。

f:id:sakuyaoi:20180627091708j:plain

テーブルの上

テーブルの上にはお菓子と昔はやったらしい鳥がつまようじを出してくれる絡繰り装置が置いてあります。お菓子は適当につまんでいいそうで、おばあちゃんちのノリ笑

f:id:sakuyaoi:20180627091823j:plain

最新号まであります

机の下には三大少年誌に青年誌と最新号までの漫画がずらり。雑誌でここまで揃えてるお店逆にないですよね。雰囲気的には一杯飲み系の店なのですけどカフェ感覚で長居してしまいそう。

汁平:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180627091741j:plain

f:id:sakuyaoi:20180627091744j:plain

カウンターの上のメニュー

本的に料理はカウンターの上に書いてあるものを提供しています。値段が書いてあるものと書いてないものの違いは何でしょうね?どれも大体500円程度で1000円を超えるものは無いようで、そういうノリで頼んでしまっても大丈夫な価格帯でした。

カレーもつ丼が500円と書いてありますが、単品の清水もつカレーが300円とお得です!おそらく清水最安値!メニューをよく見るとギョーザがギーザになっていたり、ピーマンがPーマンだったりインスタントラーメンが売っていたりと独特。

定食メニューやドリアやパスタまであって、意外にも和・洋・中が揃ってしまっています。いろいろ気になりますが今回は静岡グルメを中心に頼んでみました。

f:id:sakuyaoi:20180627091738j:plain

今日のメニュー

ほかにもメニューは色々な場所に書かれています。明らかに今日書いた感じじゃない今日のメニュー。こちらには焼鳥や豚串、普通の居酒屋っぽいメニューも揃っていて、全部合わせたらかなりメニュー豊富なお店ですよね。

f:id:sakuyaoi:20180627091711j:plain

お酒メニュー

机にもお酒とおつまみのメニューが置いてありました。おなじみメニューが途中から朝食の品ぞろえに笑 営業時間や休日の書き方でお店のノリが分かると思います。

f:id:sakuyaoi:20180627091720j:plain

美空ひばり(時価)

お酒とお通し

f:id:sakuyaoi:20180627091716j:plain

生ビール

f:id:sakuyaoi:20180627091700j:plain

芋焼酎

ビールはキリンの中ジョッキ。グラスがお洒落な焼酎は黒霧島ですね。今でも甘いお酒の方が好きですが、普通になんでも飲めるようになってきました。

f:id:sakuyaoi:20180627091723j:plain

お通し

お通しは里芋と焼いた蒲鉾でした。組み合わせは謎ですが両方美味しいです。里芋、給食に出てた時は苦手でしたが、ちゃんと美味しいの食べれば美味しいのですよね。お酒にも合いますし。

清水もつカレー

f:id:sakuyaoi:20180627091726j:plain

玉葱がたくさん乗ってます

f:id:sakuyaoi:20180627091729j:plain

こんにゃくも入ってました

初の静岡グルメは清水のもつカレー!書いてませんが300円らしいです。本家の金の字さんは串の名古屋土手煮スタイルでしたが、多くのお店ではこの大阪土手焼きスタイルですね。汁平さんはしっかりこんにゃくも入っています。

臭みの無いモツはものすごく軟らかく煮こまれており、カレーもそこそこに辛いです。生の玉ねぎがシャキシャキとアクセントになって良い食べ併せ!味が濃い目なのでビールに良く合います!

あまり比べるの好きでは無いですが、グルメ通りの居酒屋に負けないクオリティで半額程度の値段で提供してるのは凄い...。大きめのお椀サイズなので結構ボリュームもあります。

イルカのたれ

f:id:sakuyaoi:20180627091732j:plain

見た目はビーフジャーキー

f:id:sakuyaoi:20180627091735j:plain

呟いたら虫ですか?と聞かれた一枚

ルカ料理は色々な都合で観光マップには載りませんが間違いなく清水のご当地グルメ。日本でも食べている地域がごく一部な本当のローカルグルメですね。

基本のイルカ料理は煮物ですが、独特な食感と臭みがあり、初心者向けにしっかり調理されたもの以外は慣れてないと厳しいです。逆に今回のイルカのたれは、イルカで作ったビーフジャーキーみたいなもので、見た目も味もほぼビーフジャーキー。独特な臭みも残ってはいるものの、気にならない程度で初心者にもおすすめできます。

その臭みというのもジビエ料理にありがちな、お酒に合う臭みですので是非一度味わっていただきたい地元の味です。

黒はんぺんフライ

f:id:sakuyaoi:20180627091751j:plain

サラダも豪華でボリューミー

人前のボリュームなのか、一皿でこれなのか分かりませんが、サラダまでたっぷりボリューミーな盛り付け!ポテトサラダも付いてました。右端の黒はんぺんと半分に切ってある黒はんぺんは種類が違うので、食べ比べができます。

黒はんぺん自体が静岡県外では馴染みないかもしれませんが、会社によって結構味が違うのです。どちらもジューシーですが、大きい方が柔らかくて甘みがありました!

富士宮やきそば

f:id:sakuyaoi:20180627091754j:plain

出汁粉たっぷり

f:id:sakuyaoi:20180627091757j:plain

取り分け

ちらも値段が書いてありました。通常500円、目玉焼きあり600円ですね。富士宮焼きそばは焼きそばと言いつつ感じは全然違います。

冷麺とまではいきませんが透明感のあるかなり弾力のある麺に、肉かす(豚の背脂)を入れて焼き上げ、最後にたっぷり出汁粉(いわし粉)をかけるのが特徴。普通の焼きそば感覚で食べるとちょっとびっくりしますよ。

出汁粉の量が半端じゃなく、かなり粉っぽさがありますので良く混ぜてください。こちらも味が濃いめでお酒に合います!

〆のインスタントラーメン

f:id:sakuyaoi:20180627091810j:plain

カウンターにあります

ウンターの上にあるインスタントラーメンから好きなのを選び作ってもらえます。トッピングが侮れない盛り付けで、インスタントとはいえ見た目はちゃんとしたラーメン店のラーメンに仕上がってしまうので面白いです。どれでも400円。

f:id:sakuyaoi:20180627091813j:plain

f:id:sakuyaoi:20180627091816j:plain

f:id:sakuyaoi:20180627091820j:plain

インスタントっぽくないインスタント

海苔の使い方が豪快、ノリも豪快な店ですからね。チャーシューや他のトッピングもそれぞれ商店で買ってきた既製品だそうですが、〆に食べると妙に美味しく感じます。おばちゃんはインスタントはだれが作っても美味しくできる!と言っていました笑 

今回は二人で行って合計4000円!これだけ頼んで飲んでこの価格!10月から4月はおでんも作るそうなので、静岡グルメを完全制覇するなら冬から春がおすすめですね!

広告

 

店舗情報

店名 汁平(じるへい) または じる
住所 〒424-0941 静岡県静岡市清水区富士見町6-11
連絡先 054-207-7148
駐車場 なし
アクセス JR清水駅から徒歩20分
定休日 不定休(ほぼ休みなし)
営業時間 17:00~23:30
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22017931/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『山下天丼』天丼専門ではありません!ランチもお得な清水の老舗定食屋!

天丼専門店かと思いきや
何でも美味しい定食屋さん

f:id:sakuyaoi:20180626002719j:plain

外観

水区巴町にある老舗の定食店。外観は数年前にリニューアルし、現代っぽいデザインになっています。名前にこそ天丼が付いていますが、天丼の種類が豊富な専門店という訳ではなく、丼と定食メニューが揃った昔ながらの定食屋さんです。

こちらの本店ともう一店、三保に支店があります。近くに練習場がある、清水エスパルス選手の利用などから一部では三保支店のほうが有名かもしれません。(今回は本店の紹介です)

店員さんは結構な御歳のベテランさんなのですが、テイクアウトメニューや出前もやっており、ランチメニューにワンコイン丼、宴会メニューなどサービスの幅が広いです。

本店の外観はかなり広いお店に見えますが、横長の店舗で縦幅が狭い独特な形の建築です。通常利用は1階席、2階は宴会場になっています。(3階もかな?)

広告

 

店舗紹介

山下天丼:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180626002732j:plain

店内

と椅子は新しめですが、昔ながらの定食屋さんのシンプルなレイアウト。 暇つぶしはテレビと漫画が用意されています。(清水らしくちびまる子ちゃんの他、カイジと進撃の巨人が揃ってました)

1階は6人席が1、4人席が2、2人席が2、カウンター3席と狭めな店内ですがうまくスペース活用されています。2階から上は宴会場なので通常利用は1階のみですね。

f:id:sakuyaoi:20180626002735j:plain

壁に宴会メニューの写真が

山下天丼:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180626002726j:plain

メニュー

本はどんぶりメニューと定食メニュー。天丼の名前が付いてる割りに天丼メニューは3種類だけ。天丼やかつ丼の並・上はよくある定食屋っぽい感じですけど、親子丼の上は珍しい気がします。気になりますね。フライや天ぷらの定食の他、カレーが一番種類多く揃ってますね!

f:id:sakuyaoi:20180626002723j:plain

セット

丼メニューにミニそばが付いたセットもあります!ちょっとお得ですね!焼肉丼のそばセット、単品のメニューには焼肉丼無かった気がするのですが、セット限定なのでしょうか?そばのメニューが一番豊富でした笑

f:id:sakuyaoi:20180626002729j:plain

ランチは更にお得

サービスランチは更にお得!日替わりですが通常メニューの丼セットと定食の2種類が割引価格で提供されています!メニューは全品税込み価格で表示されています。

Aランチ(そば天丼セット)

f:id:sakuyaoi:20180626002738j:plain

そば天丼セット

回のAランチ、そば天丼セット!天丼のネタは4品と少な目、同名メニューはランチで150円も安くなってるから天丼もミニだったりするのかな?通常も頼んでみないと分かりませんね。

逆にミニそばは小さなせいろですが結構な厚みで蕎麦が盛り付けられ、こっちの方が一人前分くらいありそうな豪華盛り。冬は暖かい蕎麦になるそうです。

ミニそば

f:id:sakuyaoi:20180626002744j:plain

蕎麦から

結構そば屋に行く割りにそばの色で何割蕎麦かも判断できない私です。山下天丼さんのそばは結構薄め。もりそばとざるそばの違いは他の店で学びましたが、海苔の有無でしたね。海苔がちょっと乗ってるのでこれはミニざるそばでいいのかな。

f:id:sakuyaoi:20180626002747j:plain

つゆにつけて

薬味のネギがたっぷりでありがたいです。わさびも毎回全部入れちゃって一口めで鼻がピンチになる恒例です。そば屋さんではないのでよくある感じかなと見縊ってましたが、意外と言ったら失礼かもしれませんがかなり美味しいです!

コシが強めでもちっとした食感ですが、つるつると啜れるちゃんとしたそば屋クオリティ!そば屋の天丼やかつ丼は美味しいって話はよく聞きますが、丼屋の蕎麦もまた美味しい相互関係だったわけですね!つゆは濃すぎずちょうどいいストレートな出汁でした。そば湯は無いそうです。

天丼

f:id:sakuyaoi:20180626002741j:plain

天丼!

ミニ天丼疑惑がありますが、それでも大きな海老天が2本入ってますし、ナス、キス、ピーマンとご飯はかなりの大盛りでちゃんと一人前ありましたね。蕎麦とセットならかなりお腹いっぱいなボリュームです。

f:id:sakuyaoi:20180626002751j:plain

ナス

f:id:sakuyaoi:20180626002754j:plain

ピーマン

f:id:sakuyaoi:20180626002800j:plain

キス

f:id:sakuyaoi:20180626002757j:plain

海老

天ぷらはつゆに浸かりきっているので、カリカリした感じは無いです。それでも素材が包み込まれて旨味が圧縮された感じはしっかり美味しいぷりぷり食感の天ぷらでした!

炊き具合が良いのかご飯が異様に美味しく、かかってるタレも甘すぎず出汁がよく効いた非常にクオリティの高い味付け!天ぷら自体は普通の域かもしれませんが、ご飯とタレでかなりレベルの高い逸品に仕上がっています!そばつゆも天丼のたれも甘すぎないのが良いですね!

かつ丼

f:id:sakuyaoi:20180626002803j:plain

かつ丼

の日に訪問して今度はかつ丼を頼んでみました。こちらも肉は結構小さめ、厚切りですが幅が無いです。相変わらずご飯はボリューミー。それでも他メニューと同じく出汁の効いた味付けで、玉葱と卵の自然な甘さでくどくならないさっぱりとしたかつ丼です。

こちらはカツがまだカリカリしていて、ひょっとしたら天丼も蓋を開けるのが遅くて蒸れちゃっただけだったのかも?全体的な味付けの好みが出ている味噌汁が完璧な出汁の風味で感動のクオリティでした。次はカレーも試してみたいです!

広告

 

店舗情報

店名 山下天丼本店
住所 〒424-0829 静岡県静岡市清水区巴町7-13
連絡先 054-353-5381
駐車場 お食事で近くの千歳橋駐車場が1時間無料
アクセス JR清水駅より徒歩15分
定休日 日曜日の午後
営業時間 11:00~14:00 16:30~19:30
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22013206/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!

『ミルククラウン』清水駅前銀座外れのお洒落なダイニングバー!

綺麗にまとまったお洒落な店内
パーティでワイワイ楽しめそう!

f:id:sakuyaoi:20180624125916j:plain

外観

JR清水駅前、清水駅前銀座商店街の中腹の交差路を曲がってすぐにあるカフェ&バー!マンションの1F部分に入っていますがぱっと見分かりにくいので、目印としては隣に静岡のお弁当チェーン天神屋があると覚えてください。

2015年にオープンした銀座界隈でもまだ新しいお店。昼からお酒も楽しめるダイニングバースタイルですが、お得な選べるランチセットもあります。今回は清水みなとまちバルの一環で寄ってみました。通常営業と内容が異なるかもしれません。

広告

 

店舗紹介

ミルククラウン:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180624125856j:plain

店内

の方はお客さんが居たので撮れませんでしたが、大体こんな感じ。自然光が射す店内は暗めですが、間接照明の明かりがぽわぽわ。観葉植物やポップなインテリア、ダイニングバーらしいアルコールの紹介など、とってもお洒落に飾り付けられています!

f:id:sakuyaoi:20180624125846j:plain

f:id:sakuyaoi:20180624125900j:plain

カウンター

席数は4人テーブルが5つ、2人テーブルが1つ、カウンター8席と外観でイメージしていたより結構大人数での利用ができるみたいです。テーブルや壁など全体的にミントっぽいカラーリングですね!若者向けな雰囲気ですが、意外にお年寄りのお客さんも多かったです。バルの日だからかな?

店内には落ち着いて聴き続けられる、感じの良いボサノバなミュージックがかかっています。フリーWi-fiもあるのでゆっくり休憩できそうですね!

ミルククラウン:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180624125841j:plain

飲み放題メニュー

ルの日なので通常メニューはおやすみ。メニューも置かれていませんでした。こちらは飲み放題メニュー。バルメニューはこちらから好きな飲み物1杯とガーリックチキンです。通常メニューはホームページにびっしり載っていますのでこちらからチェック!

ランチメニューも豊富でワンコイン丼もあるみたいですね!またランチでお邪魔してみたいです!

バルメニュー

f:id:sakuyaoi:20180624125904j:plain

ワイン&チキン

回のバルメニュー。先ほどのメニューよりドリンク一杯と結構ボリューミーなガーリックチキン。チケット一枚が800円程度に対して、ワイン550円+ガーリックチキン850円なのでものすごいお得なイベントでしたね。毎月やってほしい。

店長さん一人で調理しているのもあって、混んでいるとかなり時間がかかります。ゆっくり足を休めたい方におすすめですが、急いでる方は混み具合に注意ですね。

 スパークリングワイン(ピーチ)

f:id:sakuyaoi:20180624125851j:plain

桃のワイン

み放題メニューから桃のスパークリングワイン!いっぱいあって選べないのでお勧めはどれですかと聞いたところスパークリングワインがお得ですよと教えてもらえました。なぜ私がお得さに目が無い事を知っているんだ!桃のワインを飲んだこと無かったので気になって注文です。写真映え的にブルーも気になったけど注文した後の祭りでした。

桃の香りは結構強く、癖の無い果実の香りでジュース感覚ですが、意外と悪酔いしそうなアルコールを感じました。サワーとかだと絶対酔わないのに...私がワイン弱いだけかも。炭酸は弱めです。

f:id:sakuyaoi:20180624125912j:plain

オリジナルコースター

ミルククラウンさんオリジナルのコースター。ラバーなので使いまわし可能。お持ち帰りは出来ません笑

ガーリックチキン

f:id:sakuyaoi:20180624125908j:plain

ガーリックチキン

度的に少なく見えますが、5つのチキンが積み重なって結構なボリューム感。皮がカリカリで皮の唐揚げのようなビールにしておけばよかった感が押し寄せてくるステキおつまみな風味、かつ肉もちゃんと厚くジューシーな唐揚げ。

濃いめの甘ダレにたっぷり漬けられていて、これはハイボールも合いそう...ハイカラ案件ですよ。お洒落にワインよりガッツリアルコールで行くべきでしたかね...残念ながらメニューにハイボールはなかったですけど。

ミニサラダのよこにマヨがトッピングされているのでこちらをチキンにつけて南蛮風に!濃い味に更にプラスする形になりましたが甘いから揚げにマヨネーズが合わないわけがありません!追加注文できるか聞いてビールを頼むべきでしたね。ご飯の上に乗せてどんぶりにしてもいいかも...。ランチメニューにチキン南蛮丼があったので次こそは絶対...!

 

広告

 

店舗情報

店名 milk crown cafe&bar(ミルククラウン カフェ アンド バー)
住所 〒424-0816 静岡県静岡市清水区真砂町3-15
連絡先 054-366-0108
駐車場 なし
アクセス JR清水駅から徒歩5分
定休日
営業時間 12:00~15:00 (料理L.O. 14:00 ドリンクL.O. 14:30)
18:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22029173/

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!