静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『らーめん矢吹 本店』静岡の定番麺処でこっさり魚介塩豚骨!

ライスも麺もガッツリと!
サービス豊富な麺ランチ!

区紺屋町、静岡市内に4店舗展開する定番人気な麺処の本店。醤油・塩から選べる、魚介豚骨ラーメンと濃厚な元味豚骨ラーメンの2本柱で提供しています。

本店限定のランチタイムサービスがお得で、麺の大盛・小ライス(小じゃない)をどちらも無料で追加可能。単品のラーメンを頼めばお腹パンパンに満足できますよ!

今回はベースの豚骨は濃厚ながら後味さっぱり=こっさり系スープのラーメンを頂きました。よく利用する清水店の記事はこちら☟☟

『らーめん矢吹』清水区入江の定番麺処で濃厚豚骨ラーメン! - 静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

店舗紹介

らーめん矢吹 本店:雰囲気

外観

ル1階部分だけが黒い石壁で覆われた特徴的な外観に、大きな暖簾と提灯が目印。呉服町通りと両替町通りの間を通る、中島屋ホテル周辺の飲食店密集地帯にあります。

清水店は結構な頻度で利用しているのですが、本店は今回がはじめてでした。

店内

店内も黒を基調とした、各テーブルに向けてほんわり照らされる灯りの使い方などお洒落な雰囲気。テーブル席を遮る縦長の壁掛けも面白いデザインですね。

カウンター4席・4人掛けテーブル5・2人掛け2、明るい洋楽が流れています。

らーめん矢吹 本店:メニュー

ラーメンメニュー

介豚骨・元味豚骨に醤油・塩の組み合わせ、その他ラーメンはトッピングの違いのみとシンプル。つけめんも3種類と、季節メニューも外のポップにありました。

清水店含め本店以外の店舗はメニューが違い、魚介豚骨は【金富士らーめん】を名乗っていたり、本店に無いラーメンもあります。

トッピングとサイド

各種トッピングや、ご飯ものにはまぐろ漬け小丼も。餃子・チャーシュー・メンマと麺処おつまみ3種の神器も揃っています。

昼サービスでガッツリらーめん

魚介塩(大盛サービス)+小ライスサービス

回は魚介豚骨を塩でチョイス。市内の豚骨は家系が多いので、塩ベースの豚骨ラーメンは案外貴重な気がします。ランチの大盛・小ライスサービスどちらも付けました!

表面に油が浮いた白濁スープに、スープから浮かび上がる程の大盛麺。メンマ・チャーシュー・水菜・ネギ・海苔とシンプルながら充実のトッピングですね。

こっさり魚介塩豚骨

見た目よりもあっさりめ

ったスープも見た目からドロッとしており、とろみのある口当たりで一口目からぶわっと豚骨風味が広がりますが、思いのほかあっさり目。

豚骨醤油のような塩味の強さは無く、魚介出汁のコクのある香り高さは寧ろ繊細で、マイルドにじっくり味わって飲める印象ですね。これぞこっさり系。

背脂も浮いていて豚の甘みを感じますが、多すぎないのでくどくならず飲み干せます。

結構太めの麺は固ゆででコリっとした食感。背脂がよく絡んでいる為ちゅるんと啜れてスープもよく絡んでいます。

コシを楽しむモチモチな仕上がりなのもあって、大盛は見た目以上にお腹にガツンと来る量ですね。小ライスが小じゃないのでサービスはどちらかにした方がいいかも...。

チャーシュー

チャーシューは一枚のみですが、大きく厚みもアリ。しっかりと食感があり噛んで肉肉しい旨味を味わえるタイプの良いトッピングでした。

追い飯でお腹いっぱい

余さず完食しました

い飯にもスープがよく合いました。とろみと背脂効果で、混ぜるだけでコク旨なおじやに!こちらも存外さっぱりな為、お腹を空かせていけばペロリと行けるかも。

しかし私は二軒目だったため、お腹パンパンになりながらなんとか完食。無理しすぎない量を選ばないとですね。

ゆったり寛げるシックにお洒落な店内で、ランチは特にお得にガッツリいただける、豚骨系の静岡定番ラーメン店です。ぜひお試しください!

【らーめん矢吹 本店】塩魚介豚骨のこっさりラーメン!【静岡市葵区】 - YouTube

店舗情報

店名 らーめん矢吹 本店
住所 〒420-0852 静岡市葵区紺屋町4-22
連絡先 054-255-3317
駐車場 なし
アクセス 静岡駅北口より徒歩6分
定休日 日曜日
営業時間 11:00~14:30 17:00~翌1:30
詳細 食べログ

関連記事

岡市の中華・ラーメン記事はこちら!

『サバーイ・ディール』静岡駅近の政府公認タイ料理店でお手頃ランチ!

タイ本場の味を楽しめる駅近店で
激辛グリーンカレーと米粉汁めん!

区紺屋町、ビル2階のタイ料理専門店。静岡駅近くの好立地で1992年から続く人気店で、市内唯一の『タイ政府公認レストラン』として、本場の味を提供しています。

ランチは8種の料理から2品選べる、ハーフ&ハーフセットがボリューミーで人気。グリーンカレーなど、タイのスパイスにこだわった激辛メニューも揃っています。

タイの料理店では定番という、卓上の追加調味料セットで自分好みに味を調整するシステムなど、本場の雰囲気も味わえる名店です!

店舗紹介

サバーイ・ディール:雰囲気

外観

岡駅北口より呉服町通りを進み、静岡PARCOを越えた交差点を左折した辺り。レトロお洒落なレンガのビルの2階部分がサバーイ・ディールさんです。

冒頭で触れたタイ政府公認~とは、『タイ・セレクト』と呼ばれる政府による厳しい審査を通過した店のことで、日本に居ながら本場の味をいただける証明となっています。

2023年現在、市内ではサバーイ・ディールさんだけが認定されており、県内でも2軒のみ。他にも美味しいタイ料理のお店はありますが、本場の味としては随一な訳ですね。

店内

見慣れないデザインの絵画や手織り品が飾られており、お寺の楽器のようなBGMやお経・パレードっぽい曲と、いずれも独特な雰囲気。

タイ料理店自体の利用経験が薄いので、それらがタイ感なのかは判断できませんが、街中からドア一枚隔てていきなり異国に来たような、雰囲気抜群の空間を楽しめました。

店内は縦に長く、2人掛けテーブル3・4人掛け6・5人掛け1となっています。

サバーイ・ディール:メニュー

ランチメニュー

ンチの人気ナンバーワンは『ハーフ&ハーフ』ご飯もの中心に8品からお好みの2品を選んでいただける組み合わせランチですね。二色の象の絵が可愛い。

その他のメニューは"今週の"とあるので週替わりみたいです。屋台系のタイ料理に、選べるタイのドリンクやデザートも付いて大満喫な『トロピカルセット』もあります。

プレートなどもあります

裏面にも手描きのおすすめ麺料理と、おかずなどが盛られたアジアンプレートもありました。殆どのメニューが990円で分かりやすいですね。(2023年1月時点の価格です)

ハーフ&ハーフランチ

グリーンカレーと米粉汁めん

回はハーフ&ハーフランチで、グリーンカレーと米粉汁めんをチョイス。

ハーフのはずですが、ご飯やおかず・トッピングの内容的にも7~8割盛りくらいの印象。両方食べれば1.5人前ぐらいのボリューミーな内容になっていますね。

グリーンカレーは本場の辛さ

激辛グリーンカレー

ろっとした緑色のポタージュのような色合いのグリーンカレー。大き目なチキンとナス中心に、カブやよく分からない野菜も混ざっています。

クリーミーそうな印象でしたが、口に入れた瞬間想像の3倍の激辛が!普通の唐辛子系やカレーのスパイスと別方向と言うか、シビカラに近い印象で口の中がずっと辛い!

スタッフさんに辛いですねと伝えると、日本人の口に合わせてマイルドにせず、しっかりタイ本場の辛さで提供していますとのことでした。

チキンも入ってます

見た目通りココナッツミルクのクリーミーさもしっかりあり、野菜やチキンの旨味が溶け込んで、ジューシーで濃厚なコクを味わえます。

が、やっぱり激辛が前に来ますね!赤い野菜は固形の唐辛子、トロトロ煮込まれて甘い他の野菜と共に、軽い気持ちで口に入れたら火を噴きましたね。

硬めに炊かれたタイの長米。米自体に甘さはありませんが、カレーと合わせて食べると少しだけ辛味がマイルドになる気がします。

最後まで辛味に慣れることはありませんでしたが、お米とバランスよくいただき、水を飲むと舌の辛さは案外流れるので、なんとか辛い!美味い!辛い!で完食しました。

さっぱりクィティオナーム

クィティオナーム(米粉汁めん)

う一品は米粉汁めんこと、クィティオナーム。青ネギともやし・茹でた豚肉や肉団子?がトッピングされた、透明なスープの米粉麺料理です。

こちらはかなり甘みの強い豚骨ベースの出汁に、具材の肉の旨味もしみ込んだ味わい。ある意味グリーンカレーと相性抜群かもしれません。

日本料理と比べるとかなり甘いとは思いますが、パクチー以外は出汁の風味自体は癖がある訳でもなく、白出汁おでんのような感覚でじんわり温まる美味しさです。

米粉麺

米粉麺は非常に軽い口当たりでつるつる啜れますが、噛んで味わう香りなどは薄く、ほぼスープの味がしみ込んでいる感じ。

豚肉は柔らかく、シャキシャキもやしもスープと相性抜群。肉団子は弾力が強く、ソーセージのような食感で、こちらは食べ慣れない個性を感じましたね。

麺の量が平均的なラーメン1杯分よりあり、軽いのに割と胃にはずっしり来てお腹パンパンですね。カレーの後に食べたので、舌のヒリヒリも美味しく落ち着きました!

お好み味変【クルワンプルーン】

追加スパイスなどもありますが

れはタイ料理のお店なら大体あるという【クルワンプルーン】と呼ばれる調味料セット。ナンプラーや唐辛子粉・砂糖などもあり、自分好みにアレンジが定番とのこと。

残りの二つは酢と唐辛子入りのナンプラー。そちらは単品でもかなり辛いので、激辛グリーンカレーでも辛さが足りない方は追加も良いかもしれません。

駅からもほど近い街中で、本場のタイ料理をいただけます!お手頃価格でボリューミーな内容です。ぜひお試し下さい!

【サバーイ・ディール】激辛グリーンカレーと甘旨米粉麺!【静岡市葵区】 - YouTube

店舗情報

店名 サバーイ・ディール
住所 〒420-0852 静岡市葵区紺屋町6-13 2F
連絡先 054-253-5778
駐車場 なし
アクセス 静岡駅北口より徒歩5分
定休日 木曜日
営業時間 11:30~14:00 17:00~22:00
詳細 ホットペッパーグルメ

関連記事

岡市のエスニック記事はこちら!

『CAFE LIKE』静岡市中心に出店!可愛いラテアートの移動カフェ!

静岡駅周辺に出店中の移動カフェで
可愛い干支兎のラテアート!

岡市内のイベントや、静岡駅ASTY西口の高架下・青葉シンボルロードなどに出店する、キッチンカーでの移動カフェ。可愛い絵柄のラテアートが名物です!

コーヒー以外にも、抹茶やほうじ茶ラテでラテアートが可能。それ以外にもこだわりのスイーツ系ドリンクがほぼワンコイン均一でいただけます!

以前は『THE STAND UP cafe』『ユートロンコーヒー』などの名前で出店されていましたが、2023年からは『CAFE LIKE』に屋号を変更されました。

店舗紹介

CAFE LIKE:雰囲気

この日は青葉シンボルロードに

岡駅周辺を中心に活動していると、度々見かけたお店でした。何となくコーヒー一杯飲みたいなと思ったタイミングで丁度通りかかったので初利用。

撮影や立ち飲みに便利なテーブルも設置されています。

隣のキッチンカーと共通スペース

この日は左隣に別のキッチンカーも出展されており、共通スペースとして椅子のあるテーブルも用意されていました。広く使える青葉シンボルロード限定かもしれません。

CAFE LIKE:メニュー

ラテメニュー豊富です

気のラテアートはワンコイン、他にもスイーツラテ系が豊富に揃っており、ほぼ500円です。対応可能な絵は写真にあるので、基本はこの中から選びます。どれも可愛い!

限定品など

こだわりのスペシャルティコーヒーもあり、日替りの豆が黒板に書かれていました。冬限定のラームカプチーノやホットワイン等もアリ。

この日の軽食はミックスナッツだけでしたが、イベントによってホットサンドなどもあるみたいです。

ラテアート・着ぐるみうさぎ

人気の干支着ぐるみうさぎ

2023年の干支と言うことでウサギをチョイス。最初にイラスト一覧を見た際は気づかなかったのですが、赤ちゃんの着ぐるみみたいになっていました!

注文後スタイリッシュな身振りでエスプレッソを淹れ、アートもササっと描いて3~4分で提供と、絵柄は可愛くパフォーマンスはかっこよかったです笑。

マイルドに飲める濃厚ラテ

苦みの輪郭はしっかりありつつも、クリーミーなミルクと泡でマイルドに飲める一杯。後味に酸味が残りますが、嫌な感じはなくミルクのコクと違和感なく混ざります。

濃厚なミルクの甘さが前に出るので、苦みは濃すぎずスッキリ美味しくいただけました。可愛いアートがズズっと吸われてくのも可哀そうで可愛い...!

イベントだけでなく平日も月曜日以外は各所に出店されているので、見かけたら是非お試しください!

店舗情報

店名 CAFE LIKE(カフェライク)
出店場所 青葉シンボルロード・静岡駅ASTY高架下など
詳しい出店情報は下記公式Instagramをご参照下さい
詳細 公式Instagram

関連記事

岡市のカフェ・喫茶店記事はこちら!

『HOPA(ホパ)』静岡七間町のジブリ愛溢れるパスタ屋さん!

草薙の人気店が七間町に移転!
お洒落可愛い店内でパスタランチ!

区七間町、2023年2月1日にオープンしたパスタ中心の洋食店。"ホパ"はシェフの苗字から取った【"ほ"んださんちの"パ"スタ屋さん】の略。

以前は清水区草薙で営業、2022年末で閉店し七間町へ移転しました。ドライフラワーやステンドグラスの灯りがお洒落な空間、鉱物やジブリグッズが並んで可愛い店内です!

ジブリ飯を扱うお店としても有名で、移転後も予約コース限定であの名作たちのあの再現グルメがいただけるそう!今回は1人なのでパスタランチの紹介になります。

店舗紹介

HOPA(ホパ):雰囲気

外観

きな可愛い猫の看板が目印!七間町の魔法カフェ・ヴェルベナさんと同じ【セブンセンタービル】の1階、就活カフェNANA-SHOKUさんを挟んだ2軒隣です。

店内

中央の天井から吊るされたドライフラワー群が特徴的な店内。ステンドグラスの灯りが投影された壁や、店のカラーに合った絵画など、とてもお洒落な雰囲気です。

カウンター4席・4人掛けテーブル5・2人掛け2となっています。

カウンターに並ぶジブリグッズ

カウンター席前のケースや、店内各所にはジブリグッズがたくさん並んでいます。BGMもジブリ主題歌のジャズアレンジ中心と、可愛く趣味全開な空間ですね。

とはいえ近づいて見ない限りはカラフルに小物が並んでいるな程度の認識なので、ジブリ推しではありますが強く主張しすぎないバランスが良い感じです。

カウンター端の棚にはシェフが趣味で集める鉱石も並んでおり、知らない趣味の世界ですが興味深く眺めさせていただきました。玄関で鉱石の販売もされています。

HOPA(ホパ):メニュー

ランチメニュー

回はランチで利用。パスタに前菜やメインなどが日替りで付くプレートランチが名物。パスタを沢山食べたい方はサラダ付きのシンプルなセットもあります。

どちらもドリンク・デザートが100円ずつで追加可能なのが嬉しいですね。

1人で利用の場合はプレートorパスタランチどちらかになりますが、2~3名利用の場合はランチセットやシェアの形で色々楽しめるコースもありました。

単品メニュー

夜の単品メニューは肉料理やピッツァなども充実しており、【カリオストロ城のミートボールパスタ】など名シーンの浮かぶ品も名前から気になる所。

ページ数が多くなってしまうので一部のみ紹介していますが、夜はコースが色々揃っており、予約せず当日注文可能なものもありました。

ドリンクもこだわってます

自家製ジンジャーシロップを使ったドリンクなど、ここだけの品も含めアルコール・ソフトドリンク共に充実。この他ワインやビールもこだわりのラインナップ。

ジブリ飯は予約コースで

最後のページに描かれた【憧れ再現コース】が所謂ジブリ飯コースですね。品名として名前は出せないのかもしれませんが、見覚えのある料理のイラストが並んでいました。

こちらは3日前までの予約限定・2名からなのでご注意を。ちなみに予約はコース料理のみで、ランチなど席のみの予約はできないとのことでした。

本日のパスタランチ

パスタランチ

回は日替りパスタランチ。この日はボロネーゼとのことでしたが、一般的なボロネーゼとは違ったビジュアル。サラダもキノコがたっぷり乗って個性ありますね!

かぼちゃが入ったボロネーゼ

日替りパスタ・ボロネーゼ

菜が混ざってドロッとしたひき肉のオイル炒めに、かぼちゃと芋が固形で入っているのが特徴的。コショウもかかって香ばしい香りが漂います。

パスタは固ゆで

麺は結構固ゆで。中央のコリコリ食感を噛んで味わうと、小麦粉の甘みをしっかり感じる仕上がりです。周りはもっちり仕上がっており、2段の食感も楽しいです。

肉の旨味と野菜のコク

ひき肉の旨味に野菜の甘みとコク・ワインの香りが芳醇に絡み、塩味自体は割とさっぱりしているので、ソース部分だけ食べても濃すぎず美味しくいただけます。

カボチャやジャガイモのしっとり&ザラっとした舌触りが満遍なく混ざり、ポタージュのようなクリーミーさで全体的にはマイルドな味わい。

しかしコショウとニンニクも効いているので、後を引く秋の来ない美味しさにまとまっています。普通盛りでパスタの量も多く、お腹に溜まる一皿でした!

キノコたっぷりミニサラダ

ミニでも豪華!

ラダは器自体はミニですが、レタスや海藻がたっぷり。上にはシメジやマッシュルームがこちらも結構な量乗っており、なぜかコリコリ鶏ナンコツまで。

不思議な構成ではありますが、和風ドレッシングにナッツを刻み入れた風味豊かな味付けで、野菜にもキノコにも相性抜群!風味豊かで食感も楽しい逸品でした。

ドリンクもお手頃追加可能

アイスカフェオレ

ラス100円で追加可能なドリンクはアイスカフェオレをチョイス。このお手頃価格でもグラデーションがかったお洒落なビジュアルで提供!

苦みの輪郭はありつつも、濃すぎずマイルドでスッキリ抜けていく味わい、酸味や口に残るえぐみは全くなし。ミルクとシロップの甘みがよく合うスイートな一杯でした。

スイーツも+100円。この後スイーツの店に行く予定があったので咄嗟にドリンクのみにしてしまいましたが、100円ならつけておけばよかったですね。

お洒落可愛い店内で、個性ある逸品パスタを中心にいただけます!駅から徒歩は少し離れていますが、七間町の雰囲気にもあった落ち着ける空間でした。ぜひお試し下さい!

【HOPA(ホパ)】ジブリ愛溢れるパスタ屋で逸品ボロネーゼ!【静岡市葵区】 - YouTube

店舗情報

店名 HOPA(ホパ)~ほんださんちのパスタ屋さん~
住所 〒420-0035 静岡市葵区七間町7-8 1F
連絡先 054-272-3232
駐車場 なし
アクセス JR静岡駅北口より徒歩15分
定休日 月曜日・不定休あり
営業時間 11:00~14:00 17:00~21:30
詳細 公式Instagram

関連記事

岡市のパスタのお店はこちら!

『きんつば屋』清水駅近で格安静岡おでんと大きなきんつば!

おやつにピッタリおでんときんつば!
駅チカお手頃テイクアウト店!

水区辻、清水駅から徒歩3分の住宅街にある、静岡スタイルの丸いきんつばを販売するテイクアウト専門店。基本は13時から17時までの営業です。

市内のきんつば店と比べても一回り大きい、もちもち生地にあんこたっぷりの食べ応え抜群なきんつばが2023年1月現在でも100円!

よく煮えた静岡おでんも1本50円と格安で提供しており、近隣ではおやつや夜のおつまみにも、駅近テイクアウトグルメの定番店として人気です!

店舗紹介

きんつば屋:雰囲気

外観

水駅西口のロータリーより徒歩3分ほど、清水駅前交番左の道を進んだ二本目の交差点を左折した辺り。裏表に店名が掛かれた黄色い看板が目印になっています。

f:id:sakuyaoi:20210709125616j:plain

看板が出ていないときはお休み

営業時間外やお休みの日はこの看板が出ておらず、シャッターも閉まっています。

店舗自体も住宅の玄関を改装したような外観なので、よく通るのに店の存在は知らなかったという声も多いですね。

テイクアウトのみです

引き戸を開けた店内は、一畳程のスペースで受付口のみの空間。奥におでんの鍋ときんつばを焼く器具が見えています。

きんつば屋:メニュー

メニュー

ニューは100円のきんつば・50円のおでん・100円のペットボトルのお茶のみ。お茶まで最寄りのスーパーより安いのはどういうことなの...?

基本的には焼いたきんつばを注文を受けたら温めて提供するスタイルですが、オープン30分以内を目途に最初のロットを焼き立てで購入できる場合もあります。

各種1個から購入可能。きんつばは大量に欲しい場合は時間によっては在庫が無い場合もあるので、電話で予約推奨となっています。

おでんは口頭確認

おでんネタはメニュー表示が無く、本数だけ伝えてお好みで盛ってもらうか、混んでいなければ何が入っているか聞いて選んでも良いと思います。

この日は、黒はんぺん・大根・たまご・厚揚げ・ウインナーをいただきました。その他に、さつま揚げ・こんにゃく・こんぶなど、日によってネタは異なるそうです。

静岡タイプの大きなきんつば

大きなきんつば

岡市で"きんつば"と言えば、このようにヨモギを練りこんだ生地であんこを包んで、丸い刀の鍔の形にして焼いた和菓子。全国的なきんつばよりは生地が厚いイメージ。

昔は多くのお店で扱っていたそうですが、今は市内でも一部の老舗だけが残り数えるほどに。他の店と比べても、きんつば屋さんの品は生地がかなり厚め。

平均的にはこの半分ぐらいの厚さのお店が多いので、食べ応え面でも100円でこのサイズは嬉しいです。

あんこもたっぷり入ってます

あんこもたっぷり

面はパリッと香ばしく焼かれ、生地もモチモチ食感を楽しめる程度の厚みアリ。その中にたっぷりのこしあんが詰まっています。

よもぎ餅の香りをしっかり感じ、たっぷりあんこは甘すぎないので、意外とぺろりと食べてしまえる良いバランスの仕上がり。

普通の餅や大福などと比べてねっとり感は少なく、歯につかない食感も絶妙ですね。夕飯前に食べるとお腹が膨れそうなので、お子様のおやつには半分ずつが丁度良いかも。

1本50円の静岡おでん

これで250円

ラ容器に入れて二重袋で包んでくださるので、汁など垂れず持ち帰れました。良い色に煮えた5種のおでん。しっかり出汁粉もかかっています。これで250円ですからね!

出汁と甘味噌のコク深味

癖のない黒はんぺん

種しっかりしみ込んだ出汁の味。塩気は少なめなので濃い色の割にはさっぱりしていますが、提供時に甘味噌にくぐらせるため、二層の味付でコクを感じます。

黒はんぺんは弾力のあるタイプで、しっかり煮えながらも噛んで味わえます。コリコリ極小な軟骨が残る舌触りも楽しく、それでいて臭みや癖が無く食べやすいです。

ジューシー大根

大根は出汁が芯までしみ込んで滅茶苦茶ジューシー!串に刺さる程度の固さは残っているはずなのに、口に入れた瞬間溶けて飲める柔らかさに。

熱々出汁がジュワっと口に広がる感じに、おでんならではの魅力が詰まった逸品です!

おやつにぴったりな軽さ

中までしみた玉子

まごは白身部分が完全に浸かりきって、見た目は普通の味玉ながら、こちらもとろけるような柔らかさ。黄身にも出汁の香りが混ざり、クリーミーなくちどけ。

切れ込みから入った出汁で芯まで浸かっているものの、塩気が強すぎないので存外マイルドに軽く食べられちゃうのですよね。その点でもおやつにピッタリ!

ぷるぷる厚揚げ

厚揚げは大きなものをカットした形で、豆腐部分からもよくしみ込んでいます。ふわふわぷるぷるな食感が素晴らしく、噛むととろっと口に広がる滑らかさ。

お揚げ部分にしみこんだ出汁と味噌の甘みが、揚げと豆腐どちらとも相性抜群でした。居酒屋おでんだと高価格帯の具なだけに、これも50円は信じられない安さです。

味しみなのにぷりっぷり

他の具よりは小さくて値段相応かなと思ったウインナーでしたが、食べてみると柔らかい安物タイプではなく、アルトバイエルンかシャウエッセン系のプリジュワな品!

出汁の味がしみ込んでいるのに、あの食感とジューシーな口当たりは損なわれず、今まで食べたおでんのウインナーの中で一番絶妙な仕上がりでした。これも必食です!

メインのきんつばだけでなく、おでんもこだわりの逸品を格安でいただける、おやつにもピッタリな名店!テイクアウト限定ですが、機会があればぜひお試し下さい!

店舗情報

店名 きんつば屋
住所 〒424-0806 静岡市清水区辻1丁目3-16
連絡先 054-367-0206
駐車場 あり
アクセス 清水駅から徒歩3分
定休日 水曜日
営業時間 13:00~17:00(最長20時 きりがいいとこまで)
詳細 食べログ

関連記事

岡市のスイーツ記事はこちら!

『大村屋』静岡浅間神社傍の居酒屋で豚あみ焼き丼ランチ!

老舗居酒屋のお手頃ランチ!
大盛ご飯の豚あみ焼き丼!

区片羽町、静岡浅間神社近くの老舗居酒屋。2022年よりランチ営業を始められ、メニュー豊富な定食や、お手頃丼ランチを提供しています。

曜日替りの定食・トッピングが異なるハンバーグ定食・その他は定額で肉料理も豊富に。ランチと共に10年ぶりに復活したという手羽先も人気です。

レトロな内装ながら、カウンター中心に座敷とテーブル席も揃った店内。一人でもグループでも気軽にランチや居酒屋利用が楽しめますよ!

店舗紹介

大村屋:雰囲気

外観

い緑色・独特な形の4階建て、ランチの旗と歴史を感じる看板が目印です。浅間通りを神社側へ進み、赤鳥居前から左へ進んだ先すぐの斜めの交差点角にあります。

浅間通りまで歩くとランチのできる名店も多いのですが、浅間神社のすぐ傍には意外と少ないのですよね。大河ドラマ館観光の後にも、ふらっと立ち寄れる好立地です。

店内

カウンター8席・小上がりの座敷テーブルが2人掛け×4・4人掛けテーブル2。全体的にレトロな雰囲気ではありますが清潔感はあります。

テレビの音と肉を焼く音がBGM。ストーブがあったり接客も含めアットホームで、近くにあったら通いたくなるような、とても落ち着ける空間です。

大村屋:メニュー

ランチメニュー

ンチメニューが想像以上に豊富。まずはお目当ての600円ランチ、今回は事前情報で豚あみ焼き丼と決めて来たのですが、丼やチャーハン系が全部で10種類も。

トッピングやみそ汁・小皿料理も有料追加可能、ご飯大盛無料です。左の定食は1000円均一で肉系メインに揃っており、山かけや焼き魚と海鮮系もありました。

※当記事の写真は2023年1月現在の内容です。

ハンバーグや日替りも

更にハンバーグの定食がトッピングやソース別で5種類。曜日で変わる日替りの1000円ランチもあり、次回行くならどれにしようと迷っちゃいましたね。

人気の手羽先を昼から

ランチと共に10年ぶりに復活したという、かつての人気メニュー・手羽先。裏メニューとして揚げたバージョンもあり、どちらも1本120円でランチに追加も可能です。

夜のメニュー

壁のボードに夜のおつまみメニューも並んでいましたが、こちらも豊富過ぎますね。海鮮系・串焼き・揚げ物と居酒屋定番の品に加え、中華メニューも充実していました。

お手頃豚あみ焼き丼ランチ

豚あみ焼き丼(ご飯大盛)+揚げ手羽先

定通り豚あみ焼き丼をチョイス。無料のご飯大盛をお願いし、揚げ手羽先も1本味見で注文。美味しいお茶と漬物も付いて720円、このご時世にありがたい低価格です。

香ばしく柔らかい豚焼肉

香ばしく焼かれた豚肉

めの醤油味が、あみ焼き効果で非常に香ばしく肉にしみこんでおり、ほんのり焦がした苦みも風味豊か、小さなバターを広げるとコクもより深まります。

食感はしっかりあるものの肉質は柔らかなジューシー豚肉。縦長サイズで8枚も入っており、大盛ご飯でもバランスの良いおかずの量ですね。

白米と相性抜群です

ご飯との間に敷かれたキャベツと共に長いお肉で包んで。フライパンでの肉炒めと比べても、焼肉を食べてる感が強くて一口の満足度が非常に高いです。

七味をかけるとピリっと味も引き締まり、最後まで飽きずにいただけました。この価格帯でこのお肉の量はお得!タレが染みた白米もたっぷりお腹にも溜まりました。

パリッとジューシー揚げ手羽先

揚げ手羽先もさっぱりジューシー

リパリに揚げられた香ばしい皮と、可食部も多くジューシーな旨味たっぷり鶏肉。シンプルな塩の味付で、より自然な肉の甘みを味わえます。

コショウが効いて後を引くピリ辛!今回は味見感覚での注文でしたが、お酒と共にガッツリ食べたくなる美味しさでした。

駅前からは離れていますが、昼営業のお店が貴重な浅間神社周辺で、コスパ最高&メニュー豊富なランチがいただけます!ぜひお試し下さい!

【大村屋】老舗居酒屋のコスパ豚あみ焼き丼ランチ!【静岡市葵区】 - YouTube

店舗情報

店名 大村屋
住所 〒420-0003 静岡市葵区片羽町74
連絡先 054-271-5069
駐車場 なし
アクセス 赤鳥居・浅間神社入口バス停より徒歩1分
定休日 第2/第4日曜日 第3月曜日
営業時間 11:00〜14:00 16:00〜23:00
詳細 食べログ

関連記事

岡市の居酒屋・バー記事はこちら!

『ろーすとらんぷ』常磐公園傍の肉料理店で日替りワンコイン弁当!

気軽に購入&公園へ!
ステーキハウスのお手頃弁当!

区川辺町、常磐公園からほど近い住宅街エリアの入口にあるステーキハウス。格安弁当販売・ランチもお手頃・夜はせんべろとサービス豊富なお店です。

元は七間町でダーツバー『Mato-Ya』を営業されていた『KAORIKAN』さんが、2018年3月に現在の場所に移転、その後ステーキ部門メインの屋号に変更されました。

今回は以前から気になっていたお弁当を目当てに訪問。2023年1月現在でもワンコインで提供されている、日替り弁当をいただきました!

店舗紹介

ろーすとらんぷ:雰囲気

店舗

磐公園一本隣のときわ通り沿い、そば処が1階に入るマンションが目印。通り沿いが『そばの実』さんで、左の道を進んだ横向きに『ろーすとらんぷ』さんがあります。

駅からはやや離れ少々説明も難しい立地ではありますが、元々は洋食店のデルソーレさんが入っていた場所と言うと、伝わる方も多いかもしれません。

販売場所は少し離れてます

11時15分頃からのお弁当販売は店舗前ではなく、ときわ通り沿いに戻って道を挟んだ斜め向かい『お仏壇の静岡物産商会』前の歩道で行われています。

店舗前はそのまま車道なので、最寄でスペースがあるのがここだったとのこと。

ろーすとらんぷ:メニュー

日替り弁当

替り弁当は3~4種ほど。ワンコイン中心ですが、550~600円の品や予約限定の品がある日もありますので、内容含め前日にTwitterをチェックしてからご訪問下さい☟

ステーキハウスろーすとらんぷ by.KAORIKAN (@KAORIKAN_shizu) / Twitter

予約のお弁当も

ワンコイン弁当以外にも、店舗で提供している肉料理中心にお弁当・丼メニューがあり、こちらは電話予約で提供・出来立てタイミングの指定も可能です。

店内利用は夜のせんべろも気になりますね。ハッピーアワー的な時間の厳しさも無く、22時まで利用できるのがありがたいです。

店内ランチもあります

店内ランチのメニュー、カレー以外全て肉料理!こちらもお手頃価格で揃っています。

日替りワンコイン弁当

鶏からあげの黒酢炒め弁当

鶏からあげの黒酢炒め弁当

の日の日替りワンコインより、鶏からあげの黒酢炒め弁当をチョイス!徒歩移動中であまり持ち歩けないので、常盤公園でいただきました。

ワンコインなら充分なボリューム

メインおかずと白米に、左上も日替り一品。ミニポテトサラダと漬物付きです。シンプルではありますが、このご時世のワンコイン弁当としては嬉しいボリューム感。

柔らかむね肉 白米進む黒酢味

ご飯が進む柔らか鶏肉

は胸肉でしたが、とても柔らかく自然に歯に溶けていく肉質。持ち帰って温めたほうがより美味しそうではありますが、冷めていても旨味をしっかり感じます。

酸味の効いた黒酢ダレは濃いめで、唐揚げの衣にしっかり絡んでおかずになる味わい。甘みもあって鶏肉の香りと相性抜群!しょっぱ過ぎはせず、さっぱりいただけました。

日替り一品も付きます

日替り一品はサクサク食感が残る、コショウの効いたほんのりスパイシーなコロッケ。ソースはありませんが、そのままでも芋のクリーミーさで白米が進みました!

おかずの量もご飯と丁度良い、安定感あるお弁当でした。今度は店内ランチや夜のせんべろも試してみたいですね。お近くで用事の方はお弁当も是非!

店舗情報

店名 ろーすとらんぷ
住所 〒420-0043 静岡市葵区川辺町2丁目2-3
連絡先 054-272-2209
駐車場 なし
アクセス 静鉄バス 用宗線
駒形二丁目バス停より徒歩4分
定休日 基本無休
(日曜日は前日までの予約でのみ営業)
営業時間 お弁当 11:15頃~無くなり次第終了
店内営業 12:00~14:00 18:00~23:00
詳細 公式Twitter(日替り弁当情報など前日に告知アリ)

関連記事

岡市のお土産・テイクアウト記事はこちら!

『レストラン Aoki』静岡駅近の昔ながらの洋食店でお手頃ランチ!

駅南5分の定番洋食店で
ハンバーグと魚フライランチ!

駿河区泉町、静岡駅南口から徒歩5分、1980年創業の老舗洋食店。ステーキやハンバーグなど肉料理を中心に、パスタや定番洋食、お得なランチセットも提供しています!

店舗は2007年にリニューアルされており、大窓にオルガンと楽器が並ぶ棚など、独特ながらお洒落な空間。席数も多めでパーティー・宴会にも対応しているそう。

親子2代で続く老舗らしいアットホームな接客と、立ち寄りやすい価格帯。常連さんも多い駅近人気店です!

店舗紹介

レストランAoki:雰囲気

外観

階建てビルの二階から上が突き出た形の建物に、手作り感あるハートの看板が可愛い外観。写真奥の扉が玄関、手前の二階屋根の下が駐車スペースになっています。

冒頭は静岡駅南口から徒歩5分と書きましたが、ASTY西館の最も西側の出口からが分かりやすいです。以前紹介したJR新幹線食堂さんから少し西へ進んだ場所にあります。

店内

お酒が並んだバーカウンターのような西側、中庭が見える屋根まで窓張りの東側、オルガンや楽器が並んだ南側と、広い一階部分に様々な要素が集まっています。

カウンター6席・2人掛けテーブル7・4人掛け4と、一人でも気軽に利用しやすい席構成。2階は10人までの個室や50名で利用可能な宴会用座敷もあるそうです。

賞状や家族写真が飾られていたり、お客さんとご近所トークをしていたりアットホームな雰囲気。バンドミュージックが流れる店内でゆったり寛げます。

レストランAoki:メニュー

ランチメニュー

番ランチは3種類。人気のハンバーグにミニ魚フライとサラダがセットになったA・豚肉野菜炒め定食なB・フライが乗ったカレーのCもサラダと味噌汁付き。

ランチの内容は洋食店というより家庭的な定食屋のイメージですね。週替わりおかずのランチ、コーヒー or 紅茶とデザートのお得なセットもあります。

昼からステーキも

裏面は豪華なステーキランチや、しっかり洋食店らしい品揃えのパスタ、かと思えばやっぱり定食屋な揚げ物ランチも揃っています。

夜のメニュー等は公式サイトにも載っているので、☜気になる方はこちらもどうぞ。

お手頃洋食Aランチ

Aランチ(ハンバーグと魚フライ)

回はAランチ。厚みのあるハンバーグに、コロコロサイズな魚フライが2つ。シンプルながらボリューミーなシーザーサラダが付いたメインに、ごはんと味噌汁付きです。

さっぱりソースの柔らかハンバーグ

オリジナルソースのハンバーグ

 

きくはないですが、ふっくら厚みがあってこんがり焼き上げられた表面のハンバーグに、カレーのような見た目のドロッとしたソースがかかっています。

見た目通り表面は香ばしく、中は煮込みハンバーグのように柔らかく仕上がっており、つなぎもありますが肉肉しいコクと旨味が口いっぱいに広がります!

柔らかジューシー

肉汁はそれほどありませんが、噛んでジューシーさを満喫できる、コショウも効いて後を引く味わいです。見た目の印象より食べ応えもあります。

デミグラスソースとは少し違う、赤ワインとトマトがベース?の酸味も効いたさっぱりなのにコク旨ソースが、肉とも相性抜群&ごはんが進む逸品でした!

小ぶりでもご飯が進む魚フライ

小ぶりなタルタル魚フライ

フライはミニサイズになったフィッシュバーガーの白身魚って感じ。サクサク軽い揚げ具合と油の香ばしさが絶妙。相性抜群な濃厚タルタルが掛かっています!

小さいけど満足度高め

白身魚は淡白ながらも脂と甘みが強く、塩気はあまりないのに不思議とそのままでもおかずになる旨味たっぷりな逸品。食感もとても柔らかふんわりで最高です。

小さいのにハンバーグの一口より白米が進む、理想の魚フライでした!

出汁が効いたお味噌汁

出汁の効いた白みそ

3種のランチには必ず付いてくる味噌汁。甘めの白みそとしっかり出汁が効いた一杯で、豆腐・ネギ・わかめのシンプルな内容ですが、白米も進む味わいです。

スープではなく味噌汁なのが、より洋食店というより定食店ではなイメージに繋がってる気もしますが、手頃なランチとしては良いバランス。これでいいのだセットですね。

お腹も満足な温かい洋食ランチを、お洒落でアットホームな店内でお手頃価格でいただける、静岡駅近くの人気店!ぜひお試し下さい!

【レストラン Aoki】駅近老舗洋食店のお手頃ランチ!【静岡市駿河区】 - YouTube

店舗情報

店名 レストラン Aoki(アオキ)
住所 〒422-8066 静岡市駿河区泉町1-27
連絡先 054-285-0733
駐車場 あり
アクセス 静岡駅南口から徒歩5分
定休日 月曜日
営業時間 11:30~14:00 17:00~22:00
詳細 ホットペッパーグルメ(予約可能)

関連記事

岡市の洋食店はこちら!