静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

【Vグルメライターが選ぶ】2022年に食べた静岡市最強グルメ【10選】

静岡市に来たらまずこれを食べてほしい!
と個人的に心に残ったグルメ2022年編!

岡市Vグルメライター・葵桜玖耶です。2022年も365日、静岡グルメを食し静岡グルメの情報を伝え続ける、生きる上での優先順位1位が静岡グルメだった者です。

当記事では今年食べた静岡グルメの中で、特に思い出深い10店舗を改めてチョイス。紹介した全グルメがおすすめですが、まずはこの10軒を是非!というラインナップです。

普段から頻繁に利用しているお店はどうしても上位に入ってしまうので、今回はルールとして、"初めて利用したお店"または"1年以上ぶりに利用したお店"から選んでいます。

今回はかなり崩した文体で書きました。いつも以上にレポにもなってない感想が多いと思いますがご了承ください。最後に貼った動画バージョンも是非!

静岡市最強グルメ2022

焼肉 三宝園

三宝園の厚切り牛タン

1月からこんな美味いもの食べて、今年は自分の食欲を満足させることができるのだろうか...と心配になった、2年ぶりくらいの三宝園さん。

清水区三保のコスパ最強なコースのみの焼肉店ですね。店舗は極レトロでお世辞にも綺麗とは言えないのですが、2500円で食べ放題より量食べた気分になれます。

肉と野菜をバランスよく次々焼いてくれます

しかも一品一品がしっかり絶品!空いている時はスタッフの焼肉奉行なおばちゃんが殆どの肉を焼いてくれるので、とにかく私は食べ続けるだけ!

最初の写真の厚切り牛タンが特に最高で、必ず最初に焼かれちゃうので追加できるなら最後にもう一度食べたい...でも〆はおばちゃん特製ビビンバが最高なのですよね。

ただし利用は2人以上からのルールがあり、ぼっち・ざ・ぐるめを日々嗜む私には存外難易度が高いのです。1年に1度くらいの楽しみに、2023年もいつか行きたい...!

☟詳細レポはこちら☟

『三宝園』清水区三保のコスパ焼肉店で厚切り牛タンをガッツリ!

インド料理 ガネスジ

ガネスジのチーズナン

年あたりから両親と揃ってインドカレー店(主にナン)にハマっており、2022年も市内広範囲に様々なインドカレー店を周りました。

ソロ外食の際は複数軒回りたいので、ボリュームがありすぎるインドカレーのお店はなかなかいけないのですけどね。

インドカレー・ネパール料理店ってメニュー構成とかお得なランチは大体同じなのですが、カレーもナンもお店によって味が結構違うんです!

前置きが長すぎましたが、どちらかと言えば甘いナンが好きな私が一番お気に入りだったのがガネスジさん!葵区千代田の高校傍にあるお店ですね。

どろっとチーズが甘い!

カレーうどんやカレー焼きそばがあったりと面白いですが、ぜひチーズナンを食べてみてください。どろどろたっぷりチーズが最高ですが、すごく甘くて驚くと思います!

カレーの主食として考えると甘すぎないか?と最初はなりますが、チーズケーキ感覚でスイーツの口に切り替えると、市内1のデザートナンだと私は思います!

勿論カレーも最高ですよ!

☟詳細レポはこちら☟

『インド料理 ガネスジ』千代田のカレー店で濃厚チーズナン!

讃岐うどん 丸do

丸doのうどん

静岡駅の鷹匠口からすぐ傍の場所に、3月にオープンした新店舗。2月頃からSNSでフォローして下さって存在を知っていたため、ずっと気になってました。

静岡市内はうどん専門店が貴重で、2021年にオープンしたうどん8さんも美味しかったですが、普段冷凍うどんばかり食べてると専門店のレベルの違いに驚きますよね。

貧乏舌でなんでも美味しい美味しいな私ではありますが、麺の食感やしっかり素材の甘みを感じる仕上がりなど、やっぱり質の良いものは素人でも分かるものです。

ツルツルもちもち長いうどん

うどん1本がかなり長く、持ち上げた際のビジュアルも記憶に残ります。さっぱり自然に飲めるつゆも含めて、すぐリピートしたくなる美味しさでしたよ!

静岡駅方面の取材は週1回程度しか行けないのもあって色々回ること前提な為、なかなか再訪できないのですが、新メニューも増えてるそうなのでそろそろ行きたいですね!

☟詳細レポはこちら☟

『讃岐うどん 丸do(まるど)』新静岡駅前のうどん専門店!

ローストビーフ たわら屋

たわら屋の29日限定格安丼

服町のローストビーフギフト店が運営する肉料理店。2019年のオープン時に一度行き、大変美味しかったのですが、ランチ以外は高級路線でなかなか手が出ません。

しかしいつからか開催していた29日(肉の日)イベントが凄かった!通常2500円くらいのA5ランク黒毛和牛のローストビーフ丼が、半額以下の1100円でいただけるのです!

丁度肉の日の数日前にその情報を見つけ、ランチのみなので並ぶだろうなとオープン30分前に到着。案の定行列でしたがなんとかありつけました。

とろけるローストビーフ

良い肉なので美味しいのは当たり前かもしれませんが、本当溶ける柔らかさながら、薄いのに肉らしい食感と旨味を口いっぱいに楽しめ、焼肉とはまた違う充実感!

肉自体の甘みが素晴らしく、ボリュームも並盛でバッチリ満足できる内容でした。

普段のお値段だと私のお財布には厳しいので月1イベントにはなりますが、コスパ面では特に今年の最強グルメでしたね!毎月行けるなら行きたいです。

☟詳細レポはこちら☟

『ローストビーフ たわら屋』肉(29)の日はA5黒毛和牛半額デー!

ピザハウス AN-AN

AN-ANのミックスピザ

前から気になっていた老舗ピザハウス。鷹匠エリアは割と回ってた気がするのですが、何度か前を通った甲子園球場みたいな蔦だらけなビルが店舗だと分かりビックリ。

店内もハリーポッターの杖の店みたいなタイプなレトロさなので、綺麗好きな方にはおススメできないのですが、とにかくピザのオリジナリティある生地が素晴らしい!

クリスピーな生地・ふんわり生地、私はどちらも好きなのですが、それとも違う第三の食感!厚いのにカリッと、スナック感覚ながら生地の甘みも感じる絶妙な焼き加減。

具沢山すぎる

注文したミックスピザはとにかく具沢山で、積み重なるように10種は優に超える様々な具が乗っています。ベーコン・チキン・サラミ・ハムと肉系が多いのも最高!

濃厚ですがくどさのないチーズも、生地と具の間にどろどろ乗っており、1枚で大満足できる内容でした。一度は食べていただきたい個性あるピザです!

☟詳細レポはこちら☟

『AN-AN(アンアン)』鷹匠の老舗ピザハウスで具沢山ミックス!

とろろ汁 丸子亭 静岡店

丸子亭の麦とろ飯

岡市のご当地グルメながら、市街にはあまり伝わって無い気がする『とろろ汁』駿河区丸子で東海道五十三次の時代から旅人のチカラめしとして愛されています。

市内のご当地グルメ店で扱っているお店もありますが、本場では高級な自然薯を使うことが基本の為、観光地ブランドも込みで割と高価なグルメではあるのです。

こちらの丸子亭さんは、清水駅近くで本場と同じ高級自然薯のとろろ汁がいただける人気店!実は本店は東京にあり、店主さんが清水の実家を改装して静岡店を始めました。

たっぷりかけてずるっといただく

店主は"スナッキーで踊ろう"というCMソングを歌った民謡歌手【海道はじめ】さんで、NHKの奇妙な音楽を取り上げる番組に出てるのを見て久々に行きたくなった次第です。

ランチセットが1200円程からと本場より安価、サラダや小鉢も多く、メインの麦飯&とろろ汁もお茶碗3杯分くらいはいただけるボリューム感でお得です!

擂った自然薯に味噌出汁を混ぜたのがとろろ汁ですが、もう単品で美味すぎる!ジャンル的には野菜オンリーなベジタリアン定食な訳ですが、焼肉の満足度ですよこれは!

香ばしい麦飯にたっぷりかけて、ズズっと啜れる滑らかな口当たり。コク深く風味抜群な味わいで、おひつの麦飯も丼のとろろ汁も余裕の完食。個人的最強和食です!

☟詳細レポはこちら☟

『丸子亭 静岡店』清水駅近くの丸子名物とろろ汁専門店!

スリランカ料理 SAVOIA

SAVOIAのスリランカカレー

2021年7月まで葵区本通でスパイスカレーのランチボックスをテイクアウト販売していた『七夕工作舎』さんのシェフが、2022年6月に始めたスリランカカレー店。

オープン当初は予約限定&安倍川エリアと離れていてなかなか訪問できませんでしたが、予約なしで利用可能になった瞬間に飛び込みました。

メインを3種のカレーから選んで、日替りのカレーやおかずがカラフルに盛り付けられる、お洒落なワンプレート!少しずつ食べても混ぜて食べても美味しいです。

ポークカレーは食べ応えある塊肉

メインのポークカレーはザラっとした口当たりが独特ながら、肉の旨味が詰まってコクも濃厚、大きな肉塊入り。他の具材もそれぞれ異なるスパイスの魅力を満喫できます!

台風15号の断水で大変な期間を過ごした後、しばらく味覚障害に陥り、なぜかスパイス料理だけは正常に美味しくいただけたので、秋口から先スパイス三昧しておりました。

その期間だったのもあって相対的に評価が上がってるのもありますが、見た目のお洒落さや、ボリューム感・味わいの豊富さ含めて思い出に残った逸品でした!

☟詳細レポはこちら☟

『SAVOIA(サボイア)』駿河区のスリランカカレー専門店!

タイ料理 ラーン・ガパオ

ラーン・ガパオのガパオライス

ちらもスパイス系ですが、今年8月にオープンした草薙駅前のタイ料理専門店。タイ人の女性シェフが本場の食材を使って、様々な珍しい料理を提供しています。

色々気になりましたが、名物であり日本でもなじみ深いガパオライスから試してみました。一口目からガツンと来るスパイスの香りと辛味!

見た目的にはそぼろ炒めなのですが、前面にさわやかなハーブの風味と、トウガラシの欠片が結構入ってる為か、ヒイヒイ来る辛さが押し寄せてくるのです。

思いのほかボリュームもあります

勿論肉の旨味も詰まっており、味付けのベース自体は醤油味のそぼろ炒めに近いので、後味はご飯が進む日本人の口にも違和感なく美味しくいただける味わいです。

パラパラジャスミン米と合わせた食感も最高、半熟の目玉焼きから黄身を掬って肉と混ぜると、少しマイルドになって食べやすかったですね。

今年は本当にスパイス系に体が適合してるなぁ~。あと壺に入ってる謎の調味料はものすごく辛いのでちょっとずつ試した方が良いです。

☟詳細レポはこちら☟

『ラーン・ガパオ』草薙駅前のタイ料理店でガパオライス!

ラーメン ABE's

ラーメンABE'sのセアブラニボシ

店舗の数的にも、毎年一番多く食べるジャンルがラーメンになりがちですね。今年も例に漏れず、食べたグルメの1/5以上がラーメンという結果になりました。

10選がラーメンばかりになるのもアレなので、1店舗だけ選ぶならと考えて浮かんだのがABE'sさん。2021年にリニューアル移転して広くなった店舗に初訪問!

最近は素材にこだわる店や、無化調の素朴で繊細な味わいを謳う店が増えていますが、市内ではその系統でいち早く話題になったお店だと思います。

甘みのある麺がコク旨スープによく絡む

ABE'sさんの基本のスープはコク深い出汁ながらさっぱりとした味わいなので、この日は色々濃そうなセアブラニボシにしてみました。

煮干しの風味がガツンと!それでいて苦みというよりはしっかり香りとして楽しめる、背脂の甘みもバランスよく絡んだスープに、コシのある麺は小麦の甘みも感じます。

美味しいラーメンを沢山食べた1年でしたが、味わい・値段の安さ・ボリューム、色々な面で安定感が一番高く感じたのがABE'sさんでした。行列店なだけはありますね!

☟詳細レポはこちら☟

『ラーメンABE's(アベズ)』葵区の麺処で背脂煮干しのコク旨麺!

蕎麦処きしがみ

きしがみのマイタケ天おろし

鉄の電車とバスが1日無料になったイベントの日に、なるべく遠く、それでいて疲れなそうな距離感で選んだ宇津ノ谷散歩。前回気になったきしがみさんに初訪問!

街中の蕎麦処よりはややお高め、郊外のランチのみのお店ながら、平日オープン前から行列のできる人気店。当然イベントデーで大行列でしたが私は1組目で入れました。

この日は他にもバスを駆使して色々回る予定だったので、さっぱり食べられそうなマイタケ天おろしをチョイス。しかし結構なボリューム感です。

マイタケ天がサクサク香り最高

細い麺はズルズル啜れて、ビックリするくらいコシが強い!十割蕎麦なのですが、特有のボソッとした感じや歯切れが良すぎる感じもありません。喉越しも素晴らしい。

そば粉の香りや甘みも、麺だけで分かる質の高さに驚きます。しっかり冷えたつゆも、出汁の香りが効いて、ほんのり甘さがある蕎麦の風味を邪魔しない仕上がり。

そして写真のマイタケ天が絶品!尾瀬のブランド品を使用しており、コリコリとした食感も、キノコとしての香り自体も最高で、くどさの無い軽い揚げ具合も絶妙でした。

☟詳細レポはこちら☟

『蕎麦処きしがみ』宇津ノ谷の十割そば店でマイタケ天おろし!

まとめて紹介しました!

【静岡市Vグルメライター】が2023年に食べてほしい最強静岡グルメを語るだけ【10選】 - YouTube

というわけで、こちらの10選になりました。2022年も素晴らしい静岡グルメ揃いの1年間でしたね。バーチャル暴飲暴食ライター活動を、来年も楽しく続けてまいります!