静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡のグルメブロガーさくやちゃんです!静岡市観光するならこのブログをチェック!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

清水区巴川を辿る① 天女が舞う羽衣橋~常念川河口 清開橋

川は静岡市清水区、駿河区、葵区を貫流する全長17.98kmの二級河川。多くの支流に分かれて静岡市の市街地全域に広がっています!

一本の川ではありますが、様々な特色のある静岡市内を通っている為、橋・その川沿もまた地域ごとの特徴があります。

今回は数回に分けて河口に架かる『羽衣橋』から巴川を辿りながらみなと町周辺の橋を紹介します!

広告

 

羽衣橋

川の河口、清水港・三保半島内海との境界にある橋。完工は1992年と巴川に架かる橋の中では2番目に新しいです。

国道149号線と150号線を結ぶ交通の要所となっている為、これから紹介する橋の中でも最も大きく頑丈な作りになっています。

f:id:sakuyaoi:20180828230917j:plain

三保から清水駅方向

緩いアーチ状ですが、自転車で通る際は意外に力が必要な絶妙な斜度。橋長は84mでそう長くもないですが、幅が広いので大きく感じます。

躍動感ある天女像

f:id:sakuyaoi:20180828230919j:plain

跳ねる天女

橋の建造と共に設置されたらしい天女像は両車線に1体ずつ別ポーズです。三保側の天女は天を仰ぐように反り立っています。

どこから撮ってもカメラ目線にならないので顔がよく映りませんが、像の下から空をバックに撮れるので神々しさがありますね!

f:id:sakuyaoi:20180828230924j:plain

舞う天女

駿河舞を舞う天女像。こちらは斜め下を向いているのでカメラ目線で撮れます。羽衣と天衣に躍動感がある美しい像です。

工場地帯を望む広い河口

f:id:sakuyaoi:20180828230929j:plain

三保方面

から見える工場群は三保の塚間、カナサシ重工です。

かつて清水駅と三保を結ぶ国鉄『清水港線』が走っていた頃、この写真の羽衣橋と並行して、すぐ前の部分に巴川可動橋が架かっていたそうです。

また昭和初期の時代、同じ『羽衣橋』の名前で塚間と現在の羽衣橋を三保側に渡った先の辺りとを繋ぐ、長い木造の橋が通っていたのだとか。

f:id:sakuyaoi:20180828230922j:plain

上流方向

巴川は文字通り巴を成すように蛇行した川ですので、真っ直ぐ先が見えるわけではありません。

羽衣橋から見る巴川は左右に別れ、本流は右に曲がり、左は水門を挟み、常念川へと続きます。結構カックンと曲がってますね~!

f:id:sakuyaoi:20180828230932j:plain

全体像

広告

 

アクセス

橋名 羽衣橋(はごろもばし)
完工年 1992年
地図

清開橋

常念川へと繋がる小さな橋

f:id:sakuyaoi:20180828230938j:plain

清開橋

ちらは巴川とも隣接している常念川に架かる短い橋です。常念川は南矢部にある『所川提(貯水場)』と合流する細い川で清水区内を通っています。

f:id:sakuyaoi:20180828230935j:plain

常念川水門

巴川とは常念川水門を挟んで繋がっています。隣接した水門は、巨大地震で振動や水量が規定値を上回った際に自動で閉まる仕組みなのだとか。

青い水門

f:id:sakuyaoi:20180828230940j:plain

水門

よく通るのですが一度も閉まってる所見たことないです。もちろん災害時に閉まるわけなので閉まってたら困るのですけど。

f:id:sakuyaoi:20180828230902j:plain

常念川

巴川に比べると比較的真っ直ぐなので、橋からの眺めもまとまりを感じます。

アクセス

橋名 清開橋(せいかいばし) 常念川水門(じょうねんがわすいもん)
完工年 1999年
地図

清開橋を渡って巴川沿いを進みます!こんなゆるいノリですがよろしくお願いします。清水区巴川を辿る②へつづく!