静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡のグルメブロガーさくやちゃんです!静岡市観光するならこのブログをチェック!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

清水区巴川を辿る② かつて清水港があった場所 港橋

川周辺と橋を歩きながら紹介するシリーズ2記事目です。ゆるく続けていきたいと思います~。前回はこちら

f:id:sakuyaoi:20180829182330j:plain

道すがら富士山が見える

清開橋から今回のみなと橋まではそこそこ距離がありますので飛ばしましょう。港情緒ある景色は見ものです。

広告

 

巴川の橋2本目:港橋

f:id:sakuyaoi:20180829182334j:plain

港橋

衣橋に続いて2本目の巴川に架かる橋。清水港界隈での橋間距離は羽衣橋と港橋の間が一番長いです。1879年完工、明治時代からあります。

巴川沿い下流から右方向(写真の奥側)がドリームプラザなどの港。左(写真手前側)が次郎長通り商店街への方向になります。

港橋の特徴

f:id:sakuyaoi:20180829183324j:plain

灯台が目印

川に架かる橋の多くはそれぞれ独特の目印やデザインが施されています。羽衣橋は天女像でしたが、港橋は灯台です。

橋を渡った先、現在の港湾地区は埋め地で、清水港が開かれたばかりの時代は港橋の辺りが港だったそうですが、灯台があった訳ではないそうです。

港橋の名前の由来には『単純に、港があったから』『地域の火消しが港会という名前だったから』など諸説ありますが定かではありません。

f:id:sakuyaoi:20180829182337j:plain

高欄

高欄には碇とカモメのマークが描かれています。色合いが港の作業用クレーンと同じなのでイメージしているのかもしれません。

歩道部分は狭め。かつては港橋から清水駅の先辺りまでを静岡鉄道の路面電車が走っていたそうです。

イベントなど

毎年11月19日、20日は港橋傍の西宮神社で大祭(おいべっさん)が行われ、港橋にも熊手や縁日の屋台が並びます。年々規模が縮小していますが...。

また、8月に開催される清水一のお祭り『清水みなと祭り』の際は、港橋が港かっぽれ総踊りのUターン地点となります。

堤防の壁画

f:id:sakuyaoi:20180829182341j:plain

羽衣橋の方向

いてきた道とは川向う側から振り返って見ました。常念川水門は見えますが、羽衣橋は見えません。

先に進む前に少しだけ戻って川沿いの特徴を紹介します。

f:id:sakuyaoi:20180829182349j:plain

壁画

巴川沿い各所の堤防には、清水や川、水辺をイメージした様々なイラストが描かれています。

1997年、巴川流域快適環境づくり協議会の事業により清水市内の美術部と有志の生徒によって製作されました。

f:id:sakuyaoi:20180829182346j:plain

学校名が書いてありました

なんの事業であるのかの説明がないので、学校名だけ書かれてもって感じですが、6つの高校が協力したみたいですね。

ちなみに半分がもう存在しない学校名なのです...。

広告

 

アクセス

橋名 港橋(みなとばし) 
完工年 1879年
地図

内容が無いよう。もう一つの橋もくっ付けてしまえばよかったかも。引き続きよろしくお願いします。 お次の記事↓