静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『AJ CURRY』静岡人宿町で鰹出汁香る和風カツカレー!

和出汁がぶわっとコク旨!
ボリューミーなカツカレー!

区人宿町、2022年12月8日にオープンしたカレー専門店。静岡市を中心に活動するYouTuber【AJ UNITED】さんが運営しています。

企画の中で先にレトルトでカレーを開発し、それを更に美味しくいただける場として実店舗を始めたそうです。カウンター中心の店内で気軽にカレーをいただけます。

オープン時点では鰹出汁を使用した和風カレー1本勝負。とんかつと野菜のトッピング、大盛オプションも安価でガッツリボリュームでした!

店舗紹介

AJ CURRY:雰囲気

外観

間町通りと人宿町通りの間。ヴェルベナさんの左を入った先のお洒落なビル1階です。お祝いの花で隠れてますが、ドアにロゴがあるのみのシンプルな外観ですね。

市内の方には以前アオイパフェさんが入っていた場所と言うと分かりやすいかも。

店内

明るい洋楽が流れる、大きなコの字型カウンター12席分・4人掛けテーブル2つで20席のみの店内。レイアウト自体は以前と同じですが、椅子などは新しくなっています。

お冷が麦茶で食前もカレーのお口直しにも落ち着く一杯でした。

AJ CURRY:メニュー

メニュー

レー自体は1種のみで、とんかつ・国産野菜・カツ&野菜のトッピング別に、小盛・並・大盛から選べます。トッピングはカツの追加のみ。サイドにサラダがありました。

その他アルコール&ソフトドリンクと、テイクアウトにも今後対応するみたいです。

手作りカツカレー大盛

手作りカツカレー大盛

回は手作りカツカレーの大盛をチョイス。シンプルな見た目ながら、ご飯は300gを超えてそうなガッツリ量にカレーもたっぷり!カツも厚く大きめですね。

具材は完全に煮込んで溶かしたタイプで、【国産野菜カレー】を選ぶと、溶けきっていない大き目にカットされたジャガイモや玉ねぎが乗る形だそうです。

鰹出汁が効いた濃厚カレー

カツオ出汁ガツンと辛さはマイルド

一口目からぶわっと鰹出汁の香りが広がる、どろっとしたルウは素材の甘みを感じるマイルドな仕上がり。甘口~中辛程度で、世代を問わず美味しくいただけるはずです。

定番の野菜に加え、様々なフルーツをスパイスで煮込んであるとのこと。変に甘いわけでは無く、自然な風味で仕上がっているのでスパイス感もしっかりありますよ。

鰹出汁は違和感なく溶け込んでいますが存在感は強く、量が多くても飽きの来ない味わい。素材のコクも合わせ抜群に風味豊かです。

安定した美味しさの家庭的な欧風カレーに、秘伝の隠し味を追加したような、個性もしっかり乗った逸品ですね!

サクサクカツも食べ応えあり

とんかつも食べ応えあります

んかつも厚みがあり、揚げたて衣がカリサク!カレーに乗ってひたひたになった部分も食感が残っています。肉質柔らかでジューシー、固い筋なども全くありません。

肉の繊維自体はしっかりしているので噛んで味わえ、脂身は多すぎず、くどくならない程度に絶妙な甘みがバランス良い、単体で美味しいロースカツです。

カレーの鰹出汁と合わさると煮カツのような風味にも感じられ、一般的な洋風カツカレー以上にカレーとの相性抜群に思えました。

マイルドなので辛味をお好みで

辛くしたい方はスパイスをお好みで

上にはシャキシャキな福神漬けと、追加の【辛味スパイス】【ガラムマサラ】基本が甘口に近いので、辛めが好きな方はスパイスをお好みで。

ガラムマサラは辛くはなく、様々なスパイスの香りを更に追加し、より風味豊かにする品ですね。カレーはそのままでも美味しいので、後半の味変などにオススメです。

結構振りかけても中辛程度ですが

辛味スパイスも少量で激辛になるわけでは無く、写真のように全体に振りかけても中辛程度にまとまりました。

辛いのが好きな方には物足りないかもしれませんが、個人的にはピリリとスパイシーで食欲が増す程度の良いアクセントになりましたね。

ガッツリボリュームでお腹も満足。豊富な素材とスパイスでコク旨に煮込まれ、存在感ある鰹出汁が効いた個性もある逸品カレー!ぜひお試しください!

【AJ CURRY】鰹出汁の和風カツカレーをガッツリ【静岡市葵区】 - YouTube

店舗情報

店名 AJ CURRY(エージェーカレー)
住所 〒420-0037 静岡市葵区人宿町1丁目1-10 Sozosya Mビル 1F
連絡先 下記詳細欄の公式SNSからDMへ
駐車場 なし
アクセス JR静岡駅北口より徒歩16分
定休日 水曜日
営業時間 11:00~14:30 17:00~20:00
詳細 公式Twitter
公式Instagram

関連記事

岡市のカレー記事はこちら!