静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『あさひや』清水銀座で110年続くレトロお洒落な甘味処!

f:id:sakuyaoi:20200423100450j:plain

食事メニューも揃ってます
清水でも貴重な老舗甘味処!

水銀座の中でも一番の老舗甘味処。10年ほど前に劇的ビフォーアフターの番組を通してリノベーションし、レトロながらお洒落な店内に生まれ変わりました。

お汁粉やみつ豆・ぜんざいなどを中心に、夏場はかき氷など様々なスイーツが揃っています。雑炊やお雑煮など甘味処ならではの食事メニューも。

世代を問わず愛される、地元定番の甘味喫茶のひとつです。

広告

 

店舗紹介

あさひや:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20200423100423j:plain

外観

ノベーションしたとはいえ、110年の歴史を感じる趣ある外観。ですが窓の形など、独特なお洒落さがありますね。

f:id:sakuyaoi:20200423100434j:plain

店内

店内はカウンター4席、4人掛けテーブル3席のみと狭め。歴史を感じる柱やテーブルはそのままに、お洒落な照明や配置が現代的になりました。

f:id:sakuyaoi:20200423100429j:plain

カウンター席

店員はおばちゃん一人。のんびりにも見えるマイペースですがテキパキと調理をこなし、複数のメニューをほぼ同時に完成させる手際の良さはベテランの技。

昭和24年の七夕祭りの写真が飾ってあったり、インテリアにも歴史を感じます。

あさひや:メニュー

f:id:sakuyaoi:20200423100431j:plain

甘味メニュー

味メニュー。あんみつ・みつまめ・ぜんざいはそれぞれ白玉入り・クリーム入り・両方入り。バナナ/パインクリームはフルーツ1種のみなのかな?

夏季のかき氷は別メニューらしいので、この日はありませんでした。

f:id:sakuyaoi:20200423100426j:plain

食事メニュー

甘味と同等に食事メニューも豊富です。甘味処ならではなラインナップで、お雑煮や雑炊、焼きそば焼うどんおにぎり、駄菓子屋系軽食店にも通じる品揃えですね。

甘味処のシンプルな逸品

焼きそば

f:id:sakuyaoi:20200423100446j:plain

焼きそば

きそばはシンプルかつお食事処らしいビジュアル。具材はキャベツとお肉・肉カスと富士宮焼きそばのような材料でしたが麺は普通の焼きそばです。

味はかなり薄めで、卓上にあるソースをかけるのがお勧め、清水銀座にはソース後かけ焼きそばを扱うお店がもう一店ありますが、懐かしのスタイルみたいですね。

上に乗った海苔も、付け合わせの紅ショウガもどちらも風味にベストマッチ!ボリュームはそれほどないのでこれだけだと少し物足りないかもです。

+50円で目玉焼き付き。おにぎりとみそ汁がセットになったボリューミーなランチもありますよ。

あんみつ

f:id:sakuyaoi:20200423100439j:plain

あんみつ

のあんみつのイメージに比べてシロップがかなり多く見えますが、これがあさひやさんスタイル。真ん中にたっぷりあんこ、周りにフルーツです。

f:id:sakuyaoi:20200423100442j:plain

あんこを溶いて

餡子の下にはたっぷり寒天。パイン・リンゴ・キウイ・バナナ・イチゴとフルーツも豊富に盛られ、甘味を十分に摂取できます。

シロップと餡子が溶けた汁を飲み干すのはちょっと大変でしたが、頂いた煎茶と合わせて美味しく完食しました。

夏場のかき氷も人気メニューとのことなので今年中に挑戦しに行きたいですね!

店舗情報

店名 あさひや
住所 〒424-0817 静岡市清水区銀座13-28
連絡先 054-364-2634
駐車場 あり
アクセス JR清水駅から徒歩20分
定休日 水曜日
営業時間 10:00~19:30
詳細 ホットペッパー

関連記事

静岡のスイーツ・甘味処はこちらから