静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『cafe co:ing(カフェコアン)』鷹匠のアットホームなお洒落カフェ!

f:id:sakuyaoi:20220302235259j:plain

住宅街の一角にあるカフェで
さっぱり美味しいコーヒーセット

区鷹匠、2020年9月にオープンしたカフェ。外観も店内も個性あるデザイナー物件で、コーヒー・紅茶などドリンク中心に提供しています。

もともと住宅街の一角ということもあって、ママさんと会話を楽しむ昔ながらの喫茶店感覚なお客さんが多く、アットホームな雰囲気。

焼き菓子以外の軽食などはないので、食事で長居というよりはほっと一息ついたり、読書休憩などに向いたお店ですね。ドリンクのみテイクアウトも可能です!

店舗紹介

cafe co:ing(カフェコアン):雰囲気

f:id:sakuyaoi:20220302235256j:plain

外観

匠2丁目、静鉄日吉町駅からまっすぐ進んだ住宅街の一角。ちょうどこの辺りから先が、お洒落な新店舗が立ち並ぶ近年人気のエリアって感じですね。

独特な形の平屋建てに大窓の玄関、手前に植えられた大きな観葉植物が目印。フサアカシア(ミモザ)だそうで、黄色い花が少しずつ開花していました。

目立つ看板はありませんが、足元にカフェコアンと書かれたボードがありました。

f:id:sakuyaoi:20220302235245j:plain

f:id:sakuyaoi:20220302235301j:plain

店内

奥に長い店内。入口側左手は自然光が席を照らす窓張り、右手には可愛い小物やママさん手作りの雑貨などが並んでいました。

記号的なお洒落さを感じるテーブルや椅子は北欧家具で統一されているそう。席はカウンター4席に4人掛けテーブル2つと2人掛け1つと、空間を広く利用しています。

cafe co:ing(カフェコアン):メニュー

f:id:sakuyaoi:20220302235304j:plain

メニュー

ーヒーはオリジナルブレンド1種のみ、焼き菓子・生菓子とのセットとアイス&カフェオレ。紅茶にはロイヤルミルクティーも。ココアもホット&アイス。

ドリンクも広義的には3種のみのシンプルなメニューですね。最後に書かれたカリソン・デクスは南フランス・プロヴァンス地方の伝統的なお菓子だそうです。

お洒落なマドレーヌセット

f:id:sakuyaoi:20220302235252j:plain

coffeeとマドレーヌセット

回はコーヒーとマドレーヌのセットを注文。素人目でも高級感ある佇まいの、白にさざ波のような模様付きで統一されたお洒落な磁器で提供。

後から調べましたが、カップはドイツのブランド・マイセンの『波の戯れ』。ソーサーとセット1組で1万円以上の品とのことで驚きましたね。

ミルクがオススメなコク旨コーヒー

f:id:sakuyaoi:20220302235247j:plain

うつわもお洒落

ハンドドリップで淹れたコーヒー。一口目は酸味が前に来ますが、香り高さは最初から味わえ、その後ろからマイルドな苦みがほんのりと流れてくる印象。

熱々で少しずつ飲みましたが、ゆっくり口の中に香ばしさが広がっていき、芯に豆の甘みを感じる、さっぱりながらコク深い一杯です。

f:id:sakuyaoi:20220302235254j:plain

カフェオレが最高です

温めたミルクを付けて下さり、砂糖と共に加えるとこれがとても合います。もともとマイルドな飲み口なのでカフェオレが大正解ですね!

クリーミーながらコーヒー豆の味わいもしっかり残った至福の一杯となりました。

相性抜群香ばしマドレーヌ

f:id:sakuyaoi:20220302235250j:plain

マドレーヌ

ンプルなマドレーヌ、縁がカリッと中はもっちり食感と自然な甘み&アーモンドの香ばしさが落ち着きます。甘くしたコーヒーともさっぱり合う美味しさでした!

家具や食器のブランドも統一された大人なお洒落さを感じる店内で、ゆったりコーヒーを楽しめる名店です。是非お試しください!

店舗情報

店名 cafe co:ing(カフェコアン)
住所 〒420-0839 静岡市葵区鷹匠2-11-5
連絡先 なし
駐車場 なし
アクセス 静鉄・日吉町駅より徒歩2分
定休日 水曜日・第2/4月曜日
営業時間 12:00~18:00
詳細 食べログ

関連記事

岡市のカフェ・喫茶店記事はこちら!