静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡のグルメブロガーさくやちゃんです!静岡市グルメを探すならこのブログ!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

『chuan(チュアン)』静岡茶かき氷がワンコインで一年中味わえる専門店!

f:id:sakuyaoi:20190506182119j:plain

静岡茶フレーバーが豊富な
かき氷&スイーツアルコールのお店!

区七間町、交番がある青葉通りの交差点角にある、ふわふわのかき氷専門店!静岡抹茶・ほうじ茶・紅茶と静岡のお茶フレーバーが豊富です!

かき氷は季節替わりでいちごやミカンなど、こちらも静岡のフルーツをふんだんに使ったメニューが揃います!

かき氷以外にも抹茶の甘味やアルコールドリンクまで!店内は狭めなのでテイクアウトして公園で食べるのも良いかも!

広告

 

店舗紹介

chuan:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20190506182115j:plain

外観

ニューが大きく貼り出されたシンプルな外観!手前の柵は順番待ち用、利用後に撮った写真で空いてるタイミングでしたが、この日も行列で入店の際は5組20分待ち程でした!

f:id:sakuyaoi:20190506182053j:plain

f:id:sakuyaoi:20190506182104j:plain

店内

店内は2人テーブル2、3人テーブル1、カウンターが3席、外に2人テーブルが一つあります。店内もシンプルですが、家具はお洒落な若者向けカフェって感じですね!

カウンターにかき氷の機械があるので、削られていく様子が見れます!細かく削っている為か全然音が聞こえませんでした!

無口イケメンなバーテンみたいな店長さんがもくもくとかき氷を作っています!

chuan:メニュー

f:id:sakuyaoi:20190506182055j:plain

アルコールもあります

き氷専門店かと思っていたのですが、ドリンクメニューも豊富でカフェとして利用可能!スイーツカクテルも揃っています!

食事メニューは白玉ぜんざい以外黒く塗りつぶされていて、現在はやっていないみたいです。

f:id:sakuyaoi:20190506182058j:plain

かき氷

看板に隠れている分も含めて基本のかき氷から結構豊富に揃ってますね!黒い棒は何を隠してるのでしょう?

f:id:sakuyaoi:20190506182101j:plain

季節メニューが人気!

期間限定かき氷は通常メニューに比べてフォトジェニックな特徴があるのだとか。お値段も少しお高めですが、工夫された可愛い見た目だそうですよ。

今回は初めての訪問なのでシンプルに静岡抹茶ミルク(500円 税込)を注文してみました!

ワンコインの静岡抹茶ミルクかき氷!

f:id:sakuyaoi:20190506182107j:plain

静岡抹茶ミルク

ンプルな抹茶かき氷でもなんだか写真映えする盛り付け!実は今回かき氷専門店初体験で、こういうふわふわ氷に憧れていました!

抹茶ミルクなので濃い緑×クリーミーな色合い!氷の白とのコントラストが良い感じ!

f:id:sakuyaoi:20190506182110j:plain

キーンと来ないふわふわ食感!

ひとくち目から今まで食べてきたかき氷と全く違う食べ物であることを確信!ふわふわなだけでなく氷自体が滑らか!頭もキーンになりません!

スプーンで掬う際の柔らかさも感動もの!まぁこういうかき氷に慣れてる方は普通なのかもしれませんが、なにせ初めての体験でしたので!

抹茶の味は濃いめで苦みは少なくミルクのクリーミーな甘さが強く出ています!

f:id:sakuyaoi:20190506182113j:plain

仲間でシロップたっぷり!

掬っても掬ってもシロップが途切れないことにも感動!たっぷり氷に沁み込んでいて、中心は抹茶シャーベットのようでした!

不思議なことに口に入れるまでは殆ど溶けないのも特徴!ゆっくり会話しながらも食べられそうですね!

また夏場に食べに行きます!今度はシーズン物のフルーツ氷に挑戦したいですね!

広告

 

店舗情報

店名 chuan(チュアン)
住所 〒420-0035 静岡市葵区七間町14-7
連絡先 054-255-6099
駐車場 なし
アクセス 静岡駅から徒歩20分
定休日 水曜日
営業時間 11:00~20:00
詳細 食べログ

ここもオススメ!ご近所スポット!

最寄りの2件の記事を紹介します!