静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『四季菜ジェラート&カフェきらり』JAしみずの農産スイーツ&アンテナショップ!

f:id:sakuyaoi:20210513040718j:plain

清水の食材で作る四季のジェラート
地場商品のアンテナショップも隣接!

水区北脇に2021年4月29日にオープンした、JAしみずのカフェ&アンテナショップ。清水区の地産フルーツ&野菜などを使った季節のジェラートを提供しています。

以前は清水区庵原町にあった『JAアンテナショップきらり』が移転する形でカフェとしてリニューアル。以前と同じくお土産にピッタリな静岡食材商品コーナーも併設。

清水の菓子店とコラボしたケーキセットもお手頃価格で扱っており、気軽に地元の逸品を味わうことができる、より便利になった観光客にもお勧めな新店舗です!

店舗紹介

四季菜ジェラート&カフェきらり:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20210513040643j:plain

外観

道1号線から1本外れた北脇の中でも工場や会社が連なるエリア。以前はJAしみずが経営する地産品レストラン『四季菜』として営業しており、外観はそのままです。

店前に10台分の駐車場、少し離れた場所に20台分の第二駐車場もあります。最寄りバス停はそれほど本数の多くない線なので、基本は車で来る立地ですね。

f:id:sakuyaoi:20210513040649j:plain

カフェスペース

入口側がアンテナショップ、奥が以前のレストランをそのまま利用したカフェスペースになっています。席は2人掛けと4人掛けテーブルが5つずつです。

アンテナショップきらり

f:id:sakuyaoi:20210513040701j:plain

お茶と地場野菜

ンテナショップエリアはコンパクトにまとまっていました。こちらは清水のお茶製品他、オリジナルのボトルドリンクや葉ショウガ・枝豆など野菜も販売。

f:id:sakuyaoi:20210513040704j:plain

缶詰

シーチキンのはごろもフーズは工場を駿河区に移転してしまいましたが、他にも様々な缶詰工場・企業がある清水区。ツナ缶や焼鳥缶以外にも面白い商品が揃っています。

f:id:sakuyaoi:20210513040707j:plain

清水のお菓子

清水の菓子店・煎餅店の商品も単品販売。色々なお店から少しずつ集めている感じが正にアンテナショップ。気になった商品は是非本店でもってスタイルですね。

f:id:sakuyaoi:20210513040710j:plain

JAしみずオリジナル

フルーツのような甘さの清水産ミニトマト・レッドオーレや、JA清水オリジナルで販売している紅茶パックなど、他にも様々な品が揃っていました。

四季菜ジェラート&カフェきらり:メニュー

f:id:sakuyaoi:20210513040715j:plain

カフェメニュー

フェのメインはジェラート。12種+スペシャルいずれも清水の農産野菜やフルーツなどが使用されています。店名の通り季節で一部のフレーバーが変わるそうです。

シングル・ダブルは大きさではなく選択可能なフレーバーの数。キッズはミニサイズシングルで小学生までのお子様限定。

単品のドリンクなどは無く、清水の洋菓子店とコラボしたケーキセットにのみ煎茶または和紅茶ポットサービスがついています。テイクアウトはジェラートのみ可能です。

f:id:sakuyaoi:20210513040646j:plain

無いフレーバーもあるので注意

シングル or ダブル選択、お会計後に横にずれ、ケースからフレーバーを選ぶ形で注文します。日によって扱いが無い・売り切れのフレーバーもあるみたいなのでご注意を。

f:id:sakuyaoi:20210513040713j:plain

ケーキセット

今回は頼みませんでしたが、いずれも580円のケーキセット。(単品もあるみたいですが、ドリンク付きと40円しか変わりません)

入口のサンプルを見るとケーキやバームクーヘンも大きく、ポットサービスのドリンクとセットでこの価格はカフェとしては破格ですね。

清水産フルーツの特製ジェラート

ダブルで色々試してみました。

煎茶&トマト

f:id:sakuyaoi:20210513040658j:plain

煎茶&トマト

岡食材スイーツの基本『煎茶ジェラート』しっかりとした苦味とお茶ならではの甘さが香りと共に口いっぱいに広がる逸品。

色々なお店で静岡煎茶のアイスは提供されているのであえて珍しいフレーバーを選ぶのも良いですが、迷ったら基本のコレ!ですね。

『トマトジェラート』は糖度の高いレッドオーレを使用。皮ごと荒く削り入れたザラザラ食感と、スッキリとした甘さで酸っぱさはほとんど感じません。

それでいてミニトマトらしいコクある味わいの逸品。今回食べた6種の中でさわやかさ随一でした。夏に是非食べていただきたいフレーバーです。

抹茶&ミルク

f:id:sakuyaoi:20210513040652j:plain

抹茶&ミルク

番の『抹茶ジェラート』イメージとは裏腹に煎茶の方が苦いことに静岡茶スイーツを初めて食べる人は驚くと思います。

ジェラートらしいミルクの濃厚さは抹茶の方が強く、苦味より甘さが際立つクリーミーな味わいが特徴。割とさっぱりしています。

ちらも王道『ミルクジェラート』流石に清水産ではありませんが静岡の牛乳をたっぷり使用しています。

他のジェラートにも牛乳は使用されていますが、食材の癖が存分に出るフレーバーばかりなので、基本のミルクも一つの個性として味わい深い濃厚な逸品です。

いちごミルク&スルガエレガント

f:id:sakuyaoi:20210513040655j:plain

いちごミルク&スルガエレガント

能街道の石垣から『いちごミルク』紅ほっぺ&きらぴ香を使用、いちごのつぶつぶ食感と甘酸っぱさが癖になるさっぱりした逸品です。

いちごミルクは年中ありますが、いちごシャーベットは生いちごを冷凍せずに使用する為いちご狩りシーズンのみとのこと。

から春が旬の『スルガエレガント』は甘夏に近い柑橘類。こちらも収穫時期のみの季節限定フレーバーとのこと。

しっかり甘く酸味は少な目ですが、皮の苦味も濃縮されたマーマレードにも近い味わい。とてもスッキリさわやかな逸品です。

いずれも素材の味や食感を活かした逸品揃い。ダブルのお値段もお手頃なのでグループで複数フレーバーの味見も良いですね。是非お試しください!

店舗情報

店名 四季菜ジェラート&カフェきらり
住所 〒424-0052 静岡市清水区北脇250-1
連絡先 0120-322-064
駐車場 あり(30台)
アクセス 静鉄ジャストラインバス 国道東静岡清水線
クミアイ化学前バス停から徒歩4分
定休日 火曜日
営業時間 10:00~17:00
詳細 公式サイト

関連記事

静岡市のスイーツ店はこちら!