静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『ほうとう彦作』静岡のアットホームな本格ほうとう専門店!

f:id:sakuyaoi:20210502142958j:plain

静岡市内では初めて?の
ほうとう専門店がOPEN!

駿河区国吉田、2021年2月にオープンした山梨の郷土料理・ほうとうの専門店。一軒家を改装したアットホームな店内で、本格&ボリューミーなほうとうを提供しています。

オープン当初はほうとうのみの提供でしたが、1人前の小サイズやもつ煮・定食メニューも開始。家庭的ながら味わい深い逸品揃いです。

隣の県の郷土料理とはいえ静岡市内ではあまり馴染みのないほうとう。本場にも負けない味を、お手頃価格で気軽にいただけます!

店舗紹介

ほうとう彦作:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20210502143002j:plain

から好し駐車場より

道1号、清水から静岡へ向かう際の東名高速道路の下を通ってすぐにある『から好し国吉田店』の裏手にオープン。から好し駐車場からほうとう専門店の看板が見えます。

f:id:sakuyaoi:20210502143004j:plain

玄関

口は看板の反対側。玄関から靴を脱いで上がる、一軒家の部屋を改装して営業しているスタイルです。駐車場は玄関前2箇所に2台ずつ置けます(案内看板があります)。

f:id:sakuyaoi:20210502143007j:plain

f:id:sakuyaoi:20210502142952j:plain

店内

玄関から奥に進んだ一部屋がお店になっていました。カウンター11席と2人掛けテーブル3つ。カウンター席はアクリル板で区切られています。

店内BGMは琴の演奏、日本人形が飾ってあったりと和な雰囲気。近所の常連さんが多いのか、店員さんと雑談している光景が目立つ大衆的なガヤガヤムードは人を選ぶかも。

ほうとう彦作:メニュー

f:id:sakuyaoi:20210502142955j:plain

メニュー

屋の入口にあるカウンターで先払い注文制です。メニューはカウンターにもありますが、外の看板で予め決めておいた方がスムーズですね。

レギュラーサイズのほうとう(1200円・税込)、こちらはシェアできるボリュームとのこと、今回は一人なのでほうとう(小)を注文しました。テイクアウトも可能みたいです。

最新のメニュー情報は公式サイトもオープンされていたのでこちらをご確認ください。

ほうとう(小)

f:id:sakuyaoi:20210502143011j:plain

ほうとう(小)

ギュラーは流石に厳しそうなので小にしましたが、それでも大きな鍋で登場と見た目からボリューミー。麺類基準なら具材も含めて大盛ラーメンくらいの量ですね。

オープン5分後くらいに着きましたが、前客8人で提供は15分程度でした。小ライスは無料、漬物と味変用の辛味噌がついています。お茶はセルフサービスです。

コク旨スープともっちり麺

f:id:sakuyaoi:20210502142947j:plain

は山梨に住んでたこともある私はほうとうも食べ慣れているのですが、一般的な家庭の品や市販品と比べてかなり太めの麺だと思います。

厚さもありもっちり食感、軽くコシもあり食べ応えを感じます。小でも充分な量があり、ご飯も合わせればお腹いっぱいですね。

味付けの味噌はさっぱり出汁の味。玉ねぎを煮込んだベースに赤味噌と白味噌を1対1で使用した、田舎の味噌汁をイメージした味付けとのこと。

煮込まれた野菜の旨味が染み、そのままいくらでも飲めそうな味わい深い逸品スープ、麺ともよく絡みますね。

f:id:sakuyaoi:20210502142949j:plain

野菜たっぷり

ジャガイモ・里芋・人参・カボチャ・椎茸・ネギと牛蒡に肉もたっぷり。厚切り具材もほうとうらしいビジュアルですね。肉は1日味噌に漬けて味をしみ込ませるとのこと。

小皿の辛味噌を溶き入れるとかなりの辛さに。味噌の味も深まり、あっさり系から割と濃厚な辛スープへと変わります。追い飯の際は辛味噌入れた方が好みでした。

具材を全部食べきる頃にはスープも殆ど飲み干しており、お腹パンパンの満腹感。本格ほうとうをお手頃価格でいただける、市内では貴重な新店舗。是非お試しください!

店舗情報

店名 ほうとう彦作
住所 〒422-8004 静岡市駿河区国吉田1丁目21-1
連絡先 090-2189-6113
駐車場 あり
アクセス 中吉田バス停より徒歩2分
定休日 日・祝
営業時間 11:30~14:00
詳細 公式サイト

関連記事

静岡市の和食記事はこちら!