静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報なども毎日更新!お腹いっぱいになることが生きがいな静岡市民の食べ歩きブログです!ガッツリ系ランチ探してます!

『HORSEHEAD LABS』静岡蒲原発のクラフトビール【馬頭 那由多 10^60】

広告

広告

ガツンと苦く爽やかな一杯
尖った個性のNEW静岡ビール!

水区蒲原、2022年9月に新蒲原駅前・スルガノヴィレッジ内に醸造所をオープンした、静岡の新たなビールメーカーHORSEHEAD LABS(ホースヘッドラブズ)さん。

2023年2月時点で、尖った個性の4種のビールを開発。木・金・土限定で工場直売も開始し、ちょっとした工場見学と共に気軽に購入できるようになりました。

今回は2月14日に販売開始したばかりの【馬頭 那由多 10^60】を買ってみましたので、直売所紹介と共にレポさせていただきます。

※クラフトビールはまだ片手の指で数える程しか飲んだことのないずぶの素人です。当記事に専門的な解説はありませんのでご了承下さい。

店舗紹介

HORSEHEAD LABS:雰囲気

スルガノヴィレッジ

原を盛り上げる様々な取り組みで話題が絶えない企業・スルガノホールディングスの拠点の一つ、新蒲原駅前のスルガノヴィレッジさん。

4店舗が入ります

今回のお目当て『HORSEHEAD LABS』さんを筆頭に、さくら不動産・興津から移転したすずとらさん・2023年2月23日にはジェラート店『ジューゴ』もオープンします。

奥にあるラボ的な建物

黒い建物の間を抜けた先に、研究所のようなロゴマークが目立つHORSEHEAD LABSの工場がありました。営業中の旗が立ってドアが開いていれば直売所開催中です。

ゲーミング醸造所!?

工場の隅の廊下を進む構造になっており、窓から醸造所の様子が眺められます。廊下側のカラフルな光が反射して、ゲーミングな雰囲気の空間ですね。

簡易的な販売スペースです

廊下の先がそのまま簡易の販売スペースになっており、ビールの冷蔵ケースとお会計のカウンターが設置されていました。

HORSEHEAD LABS:メニュー

この日は3商品

回のお目当ては、馬頭-BATOU-の【那由多 10^60】と【不可思議 10^64】仏教用語から来た数を表す言葉で、それぞれ10の60乗と64乗のことですね。

味自体が気になってというより、名前の響き自体がお気に入りというか、スキマスイッチのファンなので昔のアルバム【ナユタとフカシギ】を思い出したというか...。

数としての那由多は谷山浩子さんの"夢のスープ"にも出てきましたね。

そんな感じで決めていたのですが、不可思議は既に売り切れ。那由多のみ購入しました。他には【じくうラボ。】の2種類が並んでいます。

専門用語は分からないので画像を参照下さい

2023年2月時点では、"馬頭"と"じくうラボ。"全4種のみの製造。下にそれぞれ味のステータスや解説がありますが、素人なので専門用語が多くてよく分かりません。

公式サイトには『「商業ベースなんてつまらない」と醸造長が手間と採算度外視でただ作りたいモノをつくるがコンセプトの奇奇怪怪な馬頭ブランド』とあります。

ステータス図を見る限りでも、かなり尖った個性がある品なのは間違いないですね。

馬頭 那由多 10^60

馬頭 那由多 10^60

を明けた瞬間、ふわっと柑橘系のさわやかな香りが広がり、オレンジやレモンのような、甘みのあるお酒を開けた時のみたいな印象でした。(この油断が命取りに)

綺麗に泡が立ったグラスを再度嗅ぐと、今度は甘い匂いではなく定番のビールの香りになっているので不思議ですね。素人なりの開封レポを経て、満を持して一口...。

強烈な苦みと爽やかな香り

ガツンと苦く でも爽やか

りの印象にあった甘さは全く無く、むしろ真逆にガツンと来る苦み!口の中に広がる苦み!喉を通っていく苦み!飲み込んだ後も口の中に苦みが残ります。

と、一口目の強烈な苦みに、馬頭だけに馬が食べる牧草でもイメージしてるのだろうかなんて思いもしましたが、滅茶苦茶に苦い割に飲み口がかなりスッキリしています。

舌触り自体が水より軽く炭酸は強めですが、熱くなるようなアルコール的な辛さが全くないので、自然に爽やかにスッと喉に流れて行くのですよね。

数口で慣れてくると、開封時にあった柑橘系の香りも奥からほんのり流れこんで、よりスッキリ。勿論何度飲んでも苦みは強いのですが、これはこれでハマる美味しさです。

割と何にでも合う一杯

ラベル

ベルは静かな深い森の朝のような幻想的なイラストと、字面からカッコいい商品名。アルコールは7%でしたが、レポの通り水のように飲めてしまうのですよね。

全部飲み切った後のタイミングでお腹の奥が熱くなっており、知らない間に酔いが回っている感じの飲みすぎ注意な一本です。

今回はキノコのピリ辛炒め・食後のケーキと合わせていただきましたが、濃い味を爽やかに流し込むのにも、濃厚な甘さとの差を味わうのにもあっています。

色々な楽しみ方ができる、尖った個性ながら一度は試していただきたい美味しさでした。限定品なのでタイミングもあると思いますが、見かけたらぜひお試し下さい!

店舗情報

店名 HORSEHEAD LABS(ホースヘッドラブズ)
住所 〒421-3203 静岡市清水区蒲原2丁目4-8
連絡先 公式Twitter
駐車場 あり
アクセス JR新蒲原駅より徒歩2分
定休日 日~水
営業時間 木・金 11:00~19:00
土 11:30~19:00
※時間変更あり、訪問前にSNSをご確認下さい。
詳細 公式サイト

関連記事

岡市のお土産・テイクアウト記事はこちら!