静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『ケバブ555』両替町の夜限定ガッツリケバブ専門店!

イートイン可能な夜グルメ
具沢山なチキンケバブ!

区両替町、静岡市内では貴重なケバブ専門店。夕方から深夜までの営業で、具沢山なケバブや、ケバブの具材をご飯に乗せたケバブ丼などを提供しています。

屋台のような調理スペースでテイクアウト販売していますが、奥に簡易的なイートインスペースもあり、アルコールやソフトドリンクも充実。

本場は羊肉が定番だそうですが、ケバブ555さんではチキンを使用。スパイスの風味抜群、香ばしく焼かれたジューシーな鶏肉を満喫できますよ!

店舗紹介

ケバブ555:雰囲気

外観

岡駅側から両替町通りを進み、カラオケまねきねこの交差点を左へ曲がってすぐ。昼間はシャッター閉まっていますが、夜は灯りに照らされた看板も目立ちますね。

店名の555は『ゴーゴーゴー』だそうです。ファイズじゃありません。

左側の屋台のようなスペースでテイクアウト販売しており、イートインでと声をかけると奥へどうぞと案内されます。イートインの場合は食後払いです。

回転してます

スライスされた鶏肉を重ねながら串に刺して作った、巨大な肉塊が回転しています。

写真左側が縦向きに設置されたオーブンになっており、回るごとに表面がこんがり焼けていくシステムです。注文ごとに外側のよく焼けた部分を狙って削いでいました。

イートインあり

イートインスペースは椅子バラバラなカウンター15席。BGMなどは流れてませんが、日本人以外のお客さんが結構多く、様々な言語の会話が聞こえてきます。

ゆったりくつろいでといった雰囲気ではありませんが、ティッシュやごみ箱は用意されているので、ケバブを食べる分には充分な空間ですね。

ケバブ555:メニュー

メニュー

ニューはシンプルに4種のケバブを販売。ニンニクやトウガラシなど、トッピング1種の違いなので、チーズ以外は味自体はあまり変わらないそうです。

このほか、同価格でごはんに具材を乗せたケバブ丼。肉のみ・ソーセージ・牛串焼きなどおつまみメニューもありました。

ドリンクも定額で

ドリンクはアルコール缶400円・瓶450円、ソフトドリンク150円で店内の冷蔵庫から定額で販売されています。こちらも好きに取り出して最後にまとめてお会計です。

具沢山なガーリックケバブ

ガーリックケバブ

は今回がケバブ初挑戦、ガーリックケバブにしてみました。写真では分かりづらいですが、かなりたっぷりの鶏肉がピタパンから飛び出る程に盛り付けられていました。

その下にはトマトや千切りキャベツ。上にはヨーグルトベースにオーロラソースを合わせ、スパイスなども混ぜた"ケバブソース"がかかっています。

たっぷりチキンと香ばし生地

三段くらい重なってます

くはないけど風味豊かなスパイスの味付けがしみ込んだ鶏もも肉。香ばしく焼かれた所を狙って切っている分、カリカリな部分が多いです。

肉質自体は柔らかく、ジューシーでプリプリ食感!ガーリック感はあまりありませんでしたが、後を引く味でどんどん食べてしまいます。

上から見える量だけなく、三段分くらいにたっぷり重なってステーキ一枚分以上のボリューム感!こんなに肉食欲を満たせる料理だとは知りませんでした。

香ばしく焼かれた生地

ピタパン(生地)の表面もこんがり焼かれており、外側はパリパリとお煎餅のような、少し違うような不思議な食感。

甘みはあまりなくシンプルな分、具材の味わいが引き立ちます。生地自体は薄めですが、たっぷりお肉と食べていると結構お腹にも溜まりますね。

野菜もたっぷりヘルシーです

野菜もたっぷり

の下にはたっぷりキャベツとトマトなども挟まって、思いのほかヘルシーな内容。肉のプリプリ・キャベツのシャキシャキ・生地のパリパリ、食感の変化が楽しいです。

最終的にボリューム的にはハンバーガー二つ分くらいの満足感があったので、おやつ感覚だと大変かも。濃い味のお肉でお酒と合わせてゆっくり食べるのもおススメです!

市内では貴重な、イートインも可能なケバブ専門店!ぜひお試しください!

店舗情報

店名 ケバブ555(kebab555)
住所 〒420-0032 静岡市葵区両替町2丁目3-9
連絡先 090-4382-3758
駐車場 なし
アクセス JR静岡駅北口より徒歩8分
定休日 日・月・火
営業時間 18:00~翌2:00
詳細 食べログ

関連記事

岡市の焼肉・肉料理店はこちら!