静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

【おしらせ】現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。
年末年始の営業も同様に内容が異なる場合がございます。二点予めご了承ください。

『とろろ汁 渓月』静岡・丸子の秘境でコスパ最高なとろろ定食!

f:id:sakuyaoi:20210628053815j:plain

丸子の秘境穴場店
品数豊富なとろろ汁定食!

駿河区丸子、住宅街から離れた山あいのお食事処。丸子の名物・とろろ汁の定食をお手頃価格で提供する、穴場ながら常に予約いっぱいの人気店です。

メニューは『とろろ定食』とサイドメニューの『揚げとろ』のみ。とろろ汁の他、そばや小鉢・デザートまで付いた品数豊富な豪華定食になっています。

丸子にはとろろ汁を扱うお店がたくさんありますが、値段とボリュームのコスパ面なら随一と言える、満足度の高い定食がいただけます!

広告

 

店舗紹介

渓月:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20210628053818j:plain

駐車場の奥です

宿や丁子屋などが並ぶ観光地エリアと住宅地エリアを抜け山間へ向かい、60cmの巨大たい焼きで有名な『丸子峠鯛焼き屋』のもう少し先にあります。

目印は店名が書かれた駐車場の案内看板。看板手前に3~4台置けるスペースあり。写真奥の赤い橋の先が店舗の入口です。

f:id:sakuyaoi:20210628053811j:plain

外観

小さな川に架かった赤い橋を渡った先に、緑に囲まれた和を感じるレトロな建物。老舗の民宿のような雰囲気を感じますね。

この日は予約なしで入れましたが、退転時に玄関を見ると『今日は満席です』のポップがつる下げてありました。現地に来て入れないのはショックなので予約を忘れずに。

f:id:sakuyaoi:20210628053732j:plain

秘境 渓月

タイトルに付けた【秘境】はこちらから。町中からそう離れても居ませんが、車じゃないとまず来ない場所ではありますからね。ストリートビューも対応してません。

f:id:sakuyaoi:20210628053734j:plain

玄関

1階と2階それぞれ座敷席があり、玄関で靴を脱いで上がります。席は入店順で決められているのでスタッフさんの案内に従いましょう。

f:id:sakuyaoi:20210628053737j:plain

店内(2階)

今回は2階座敷に案内されました。各部屋は2~3人掛けのテーブルが複数設置されています。窓には簾がかかっていますが、隙間から見える緑が秘境感ありますね。

窓の外からはホーホケキョとウグイスの声が絶えず聞こえていました。

小さなクーラーの冷風を複数設置された扇風機とサーキュレーターで部屋全体にまわしていました。色々レトロな感じが落ち着きます。

f:id:sakuyaoi:20210628053741j:plain

お茶が美味しい

テーブルには急須とポットで旅館のように煎茶を用意。しっかり美味しい静岡茶でした。煎茶に始まり煎茶に終わるのが静岡の定食スタイルですね。

渓月:メニュー

f:id:sakuyaoi:20210628053729j:plain

メニュー

ニューは玄関前に設置されたこちらのポップだけ。というのも渓月さんは『とろろ定食』のみの提供で、オプションで『揚げとろ』と大盛などがあるのみです。

ここで注文する内容を決めてから入店します。定食は必ず注文する必要があり、とろろ単品のみの注文はできません。

お手頃豪華なとろろ定食

f:id:sakuyaoi:20210628053744j:plain

渓月のとろろ定食

ちらが渓月のとろろ定食。写真は量が分かりづらいですが、ご飯はお茶碗たっぷりに2杯分・とろろ汁もそれに対応する大ボリューム。大盛オプション付けてませんよ?

冷かけそば・山野菜の煮物・半熟卵・湯豆腐・ごはんのお供・季節のフルーツ付き。

とろろ汁のお店は【とろろ汁・ごはん・漬物】で基本セットの所が多いというか定番なので、品数の多さだけでも嬉しくなりますね。

2021年6月の訪問時は1300円。これでも数年で結構値上がってるのですが、この品数でこの価格は丸子のとろろ汁専門店でも他に無いと思います。

まずはとろろ汁からたっぷりと

f:id:sakuyaoi:20210628053748j:plain

とろろ汁

子のとろろ汁は自然薯の擦りおろしに味噌ベースの出汁(冷やした味噌汁のようなもの)を加えた料理で、白ではなくミルクティのような色に濁っているのが特徴です。

とろろそのままの状態に比べて、粘り気を残したままサラッとした汁状に。麦ごはんにかけてズズズっと啜れる独自の口当たりとなっています。

安さの理由の一つとして、一級品の真っすぐな自然薯より少し曲がった形のものなどを仕入れているそう。ご主人曰く値段じゃなくそっちの方が美味しいからとのこと。

f:id:sakuyaoi:20210628053758j:plain

ごはんは少な目に×とろろはたっぷり

麦ごはんを軽めに盛って、その上にひたひたになるくらいにたっぷりとろろ汁をかけます。おひつにはこれくらいのお茶碗3~4杯分くらい入ってお腹パンパンボリューム。

香ばしくて甘みのある少し硬めに炊かれた麦ごはんに、味噌の味濃い目でコクと旨味濃厚、ズズっと啜っていくらでも食べられそうな後を引く美味しさ。

しっかりした粘り気がありますが普通のとろろと比べて痒くなったりはし難い気がしますね。ネギを加えてもさっぱり美味しいです。

さっぱりお蕎麦は山かけに

f:id:sakuyaoi:20210628053751j:plain

冷たいかけ蕎麦もボリュームあります

ばはミニサイズと思いきや割と深皿、こちらもお腹にガッツリくるボリューム感。香りも食感も本格派、出汁が冷たくてさっぱりいただける冷かけです。

f:id:sakuyaoi:20210628053803j:plain

こちらもたっぷりとろろ汁

もちろんこちらにもとろろ汁をトッピング!濃厚なとろろ汁の香りはそばとも相性抜群!温かいご飯もいいですが、冷たい出汁と合わせてよりさっぱりいただけます。

サイド小鉢も満足揃い

f:id:sakuyaoi:20210628053754j:plain

小鉢

っぱりした味付けが落ち着く山菜煮物に、湯豆腐は柔らかくかなり食べ応えのあるサイズ。夏前の6月なのにスイカがいただけたのもなんだか嬉しかったです。

f:id:sakuyaoi:20210628053808j:plain

神の組み合わせ

半熟卵は甘めの出汁に浸してあり、出汁もあわせて麦ごはん×とろろ汁にトッピング。

コクと香り抜群のとろろ汁に更にクリーミーさが追加され、これが最高の組み合わせでした。是非試してみてください!

揚げとろも是非

f:id:sakuyaoi:20210628053806j:plain

揚げとろ

はサクッと中はもちもち、生食感なかまぼこみたいですが風味はしっかりとろろ。香ばしくスナック感覚でいただけます。

薄味なので半熟卵の出汁やそばに合わせても良いですね。一口サイズですが460円で4個入りは他にないお手頃さなので迷ったら是非!

2017年はこれで980円だったとのことで恐ろしいコスパですね。今でもお得な内容なのに...!是非にと勧めたいけどあまり知られて欲しくない気もする秘境の穴場店でした。

ほぼいつでも混んでるそうなので予約はお忘れなく!

店舗情報

店名 渓月
住所 〒421-0103 静岡市駿河区丸子6077
連絡先 054-259-1795
駐車場 あり
アクセス バス停・二軒家大鈩不動尊入口より徒歩18分
定休日 月曜日
営業時間 11:30~14:30
詳細 食べログ

関連記事

静岡市の和食店舗はこちらから