静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『きみくら 呉服町店』掛川の人気日本茶カフェが静岡に支店OPEN!

f:id:sakuyaoi:20220409144035j:plain

和スイーツと静岡茶で一服!
和菓子やギフトも揃います!

区呉服町、2022年4月9日OPENの日本茶販売店&カフェ。掛川市の人気店から静岡市内初の支店として、静岡駅からもほど近い呉服町通り傍にオープンしました。

お洒落な和の空間で、お茶とお菓子のセット中心に提供。静岡舞台のアニメ『ゆるキャン△』に登場し、ファン定番となった【抹茶ティラミス】は静岡店でもいただけます。

煎茶一煎目はスタッフさんの手で丁寧に、二煎目からは自分の手で体験も。専門店ならではな特別な日本茶体験と、お茶とよく合う逸品和スイーツが楽しめますよ!

店舗紹介

きみくら 呉服町店:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20220409144032j:plain

外観

岡駅前から真っすぐ呉服町通りを進み、玄南通り側に右折してすぐの店舗。以前はドトールコーヒーだった場所ですね。白を基調とした石壁の高級感ある外観です。

入店すると茶寮(カフェ)利用か尋ねられ、茶寮の場合は整理券を発行します。

LINEを使用した呼び出しアプリに対応しており、時間になったら通知が来るようにも設定可能。待ち人数が多い場合は受付後一旦他の用事に向かう事もできますね。

f:id:sakuyaoi:20220409144038j:plain

f:id:sakuyaoi:20220409144030j:plain

入口側は販売店

きみくらさんは日本茶販売店としての営業がメイン。お洒落な包装の茶葉やティーバッグ、急須などのグッズに、抹茶どら焼きなどのお茶スイーツも販売しています。

各種ギフトも揃っており、お土産にピッタリな詰め合わせも分かりやすく並んでいました。二枚目の写真上の抹茶缶など、100g5000円以上の超高級品も...!

f:id:sakuyaoi:20220409144001j:plain

試飲コーナーも特別感

販売店の一角にあるカウンター席は試飲のコーナーとのこと。サンプルケースの茶葉を見ながら説明いただいたり、目の前で淹れていただいたお茶を飲めるそうです。

f:id:sakuyaoi:20220409144010j:plain

目の前で淹れていただけます

店舗左奥が茶寮フロア。大テーブルの手前に席があり、目の前で淹れていただけるライブキッチンなカウンター席となっています。こちらは2席区切り×3の6名まで。

f:id:sakuyaoi:20220409144004j:plain

テーブル席も

その他2人掛けテーブル席4つと4人掛け2つ並んでいました。店内も白を基調に木の枠やテーブルと、和の雰囲気が落ち着く空間になっています。

きみくら 呉服町店:メニュー

f:id:sakuyaoi:20220409144008j:plain

メニュー

寮は6種のお茶とスイーツの組み合わせセットのみの提供。抹茶ティラミスなどの洋生菓子から、ねりきりやあんみつなどの和菓子も抹茶スイーツ仕様。

各ページ同じようなメニュー構成になっているので画像は省略します。公式サイトにPDFメニューが載っているのでこちらからどうぞ。

日本茶きみくら・茶寮メニュー(https://kimikura.jp/gofukucho/assets/pdf/menu.pdf)

テイクアウトはできません。

抹茶ティラミスのお茶セット

f:id:sakuyaoi:20220409144013j:plain

一杯一杯丁寧に

回は抹茶ティラミスと煎茶【きみくらの庵】を選択。注文後カウンターにてスタッフさんが丁寧にお茶を淹れて下さいます。

普段は製茶問屋で働いているプロの方とのことで、もしかするとオープン初日のゲストさんだったのかもしれませんが、色々お茶についての雑学も語ってくださいました。

f:id:sakuyaoi:20220409144015j:plain

抹茶ティラミスにしました

お洒落なプレートに各お皿や急須なども含め、カラフルなのに落ち着いた印象で映えるセットですね。見た目から楽しめること間違いなし!

きみくらの庵

f:id:sakuyaoi:20220409144020j:plain

急須とセットで

一煎目のお茶と共に運ばれてきた急須、こちらも底側に大きな網がある初めて見る仕様で、たっぷりの茶葉をより美味しく出せる構造なんだとか。

すぐにお湯が入ったミニポットも届き、二煎目からは自分で淹れても、お願いしてスタッフさんに席で淹れていただくことも可能です。

【きみくらの庵】は八十八夜前後に摘み採った一番茶で仕上げる、深蒸し掛川茶だそう。一口目に渋みを感じますが、すぐ奥まで突き抜けていくようなさわやかな香りが。

一番茶の印象通りなフレッシュな味わいで、口当たりは柔らかいのにキリっと輪郭も感じる安定感ある美味しさ。静岡茶として定番に薦められる一杯ですね!

二煎目からもしっかり美味しい

f:id:sakuyaoi:20220409144022j:plain

二煎目も淹れていただきました

一煎目はテーブルで特に説明なしで淹れていただくのを見ていただけだったので、二煎目は隣でコツを教えていただきながら淹れていただきました。

お湯は湯冷ましに30秒ほど置いてから急須に注ぎ、蒸らし時間は不要ですぐ注ぐのがこの茶葉には合っているそうです。

二煎目の方が色は濃く見えますが、香りが少し薄くよりさっぱりとした味わいに。一口目に感じた渋みは無くなり、更にマイルドになっています。

f:id:sakuyaoi:20220409144027j:plain

美味しい淹れ方を覚えたら自分でも

三煎目は自分で。香りは更にさっぱりしてきますが、苦みや自然な甘みの比率も変わって感じ、それでも全体的な味わいはしっかり美味しいのでお得感あります。

スタッフさんも、良いお茶は値が張りますが、二・三煎目まで美味しく飲めるから実はお得なんですよと教えてくださいました笑。

お湯は四煎目を淹れられるくらいたっぷりでしたが、流石に次は色があまり出なかったので、美味しく飲める三煎目までがオススメですね。

濃厚抹茶ティラミス

f:id:sakuyaoi:20220409144018j:plain

抹茶ティラミス

麗な箱型の抹茶ティラミス。クリーム・スポンジが交互に挟まる断面も美しい。

抹茶スポンジがとっても柔らかく茶の香りもしっかり感じます。クリームとの境界に濃い層もあって、そちらが特に苦みも含んで風味抜群ですね。

ティラミスなのでマスカルポーネだと思いますが、酸味はほとんど感じず、マイルドな生クリームに近い風味。くどすぎず優しい甘さで抹茶によく合います。

f:id:sakuyaoi:20220409144024j:plain

絶妙な甘さとほろ苦さ

一番上の抹茶パウダーは抹茶そのものなので、舌にじんわり残るようなほろ苦さもありますが、それもアクセントになってティラミスらしさを感じる甘香ばしい逸品です。

さっぱりとした煎茶とも抜群の相性でした!美味しいお茶と共に逸品抹茶スイーツを気軽にいただける名店がついに市内にも!是非一度お試しください!

【きみくら 呉服町店】日本茶カフェの名店が静岡市に!【2022/4/9OPEN】 - YouTube

店舗情報

店名 日本茶きみくら 静岡呉服町店
住所 〒420-0031 静岡市葵区呉服町2丁目5-21
連絡先 054-255-2000
駐車場 なし
アクセス 静岡駅北口より徒歩8分
定休日 年末年始
営業時間 10:00~19:00(喫茶L.O.18:00)
詳細 公式サイト

関連記事

岡茶やお茶スイーツ・料理を楽しめるお店はこちら!