静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『びすとろ光輪』映画の舞台になった清水港の定番洋食店!

f:id:sakuyaoi:20210803054537j:plain

ロケ地として話題に
清水港の洋食店でお得なランチ!

水区入船町、地元定番のビストロ&洋食店。2015年に公開された静岡市が舞台の映画『イニシエーション・ラブ』のロケ地としても話題になりました。

日替わりの定食セットを中心にお得なランチも提供しており、平日お昼時は港で働く方々の定番ランチのお店として愛されています。

東京と宮家に関連したルーツ、由緒ある名前と歴史を持った店舗でもあり、確かな美味しさの洋食を提供している名店です。

店舗紹介

びすとろ光輪:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20191225001728j:plain

外観

変わりなコックさんの像が目印の光輪さん。ウッディ調に色合いもお洒落な雰囲気の外観です。建物左側が2台だけですが駐車場になっています。

f:id:sakuyaoi:20210803054518j:plain

店内

店内も木の色合いが落ち着く内装で、すきま窓からの光など細部のこだわりを感じます。席数はカウンター5、4人掛けテーブル5・3人掛け1・2人掛け2となっています。

壁に並ぶエスパルスグッズやユニフォーム、レトロなテーブルにお洒落なカフェのようなクッションと上手く組み合わせており、ゆったりくつろげる店内です。

f:id:sakuyaoi:20210803054540j:plain

イニシエーションラブ関連

原作が静岡市舞台なので市内の様々なスポットが登場するイニシエーション・ラブですが、デートシーンに使用されたことでカップルのお客さんも増えているのだとか。

歴史ある光輪の名前

f:id:sakuyaoi:20191225001741j:plain

歴史もあります

に飾られていた光輪閣の看板。光輪の店主夫妻は、戦後に宮家の邸宅を使用して作られた貿易庁の迎賓施設『光輪閣』で料理人・事務として勤めていたそうです。

1971年に光輪閣は建物老朽化に伴い解体、総支配人から名前と看板を譲り受け1972年に清水の地にびすとろ光輪をオープンしたとのこと。

光輪閣の『輪』は建物があった現在の港区高輪から命名されているそうで、ルーツは東京にある訳ですね。

びすとろ光輪:メニュー

f:id:sakuyaoi:20210131054242j:plain

ランチメニュー

ちらはランチメニューですが、左上にWeekDayと書かれているので、週末は別のメニューになるのかもしれません。

日替わりでメイン2品が付く『光輪ランチ』は880円。ハンバーグやドリアなども同額で、スープ・サラダ・コーヒー付きは嬉しい価格帯です。

f:id:sakuyaoi:20210131054247j:plain

通常メニュー

夜はビストロとして洋食メニューやおつまみが揃っており、パーティーで盛り上がりそうなチーズフォンデュなどもありました。お酒も豊富に揃っています。

お手頃日替り光輪ランチ

f:id:sakuyaoi:20210131054256j:plain

日替りランチ

ちらが日替りの光輪ランチ。この日は『ビーフソテーと魚のフライ盛り合わせ』と書いてありました。日替わりの内容は玄関のドアにも貼り出されています。

メインの大皿には日替わり2品と結構ボリューミーなパスタ、デザートのフルーツが乗っており、サラダとスープにご飯も良い盛り。

食後にコーヒーも付く、ボリューム的にも内容的にも満足度の高いセットです。

メインは必ず二品

f:id:sakuyaoi:20210131054259j:plain

ビーフソテーと魚のフライ

ーフソテー少し厚めのローストビーフって感じですが、ナポリタンを挟んでメインが並ぶビジュアルも含めて町の洋食店らしいメイン皿です。

バター塩味のビーフソテー、しっかりと柔らかくも肉の旨味・ジューシーさが詰まっています。味付けはさっぱりですが芯の風味が強い為ご飯が進みますね。

f:id:sakuyaoi:20210131054305j:plain

魚のフライ

白身魚のフライはとろける軟からさ。揚げたて熱々なので火傷注意ですが、舌に溶けそうなくらい滑らかな口当たりのお魚と甘みのあるクリーミーなタルタルが相性抜群!

サクサクジュワっと食感で臭みも無く、ビーフソテー以上にご飯にも合うおかずになる逸品でした。とにかく揚げ具合が最高です。

付け合せのナポリタンも酸味とクリーミーさのバランスが絶妙で、パスタとして一食分味わいたくなりました。

f:id:sakuyaoi:20210131054303j:plain

サラダとスープ

フレンチドレッシングのサラダはバランスの取れたボリューム。コーンスープは粒は入っていませんがドロドロ濃厚でコク深い味わいです。

その他のランチも逸品揃い

ロースカツカレーランチ

f:id:sakuyaoi:20210803054524j:plain

f:id:sakuyaoi:20210803054527j:plain

ロースカツカレーランチ

食店らしくカレーは自分好みにかけるタイプ。大きなお皿にボリューミーなご飯、カツも大きめで食べ応えあります。セットの内容は日替りと同じです。

ルウの量はご飯に比べるとたっぷりというほどではなく、カツをおかずに食べて丁度良いくらいでした。小食の方はあらかじめご飯を減らして貰った方が良いかも。

ホテル風カレーながらスパイスもよく効いて結構辛め。芋や肉などの具材はありませんが、ルウに溶け切ってコクになっているイメージ。コク旨濃厚なおいしさです。

f:id:sakuyaoi:20210803054530j:plain

食べやすい厚さ

カツの厚さは薄くもなく厚すぎもせず。サクサクな衣からしっかり肉の食感がありジューシーで柔らかい甘みも感じる逸品。

食感も口当たりも軽く、油くどさが全然ないので割とさっぱりいただけます。とんかつ店とはまた違った洋食店らしい仕上がり、ならではの満足感がありました!

ハンバーグランチ

f:id:sakuyaoi:20210803054521j:plain

ハンバーグランチ

ごねのもっちり柔らか食感なハンバーグ。セット内容はこちらも同じ。

つなぎもありますが肉らしさが強く、デミグラ風ですが苦みは無く、コクのある甘さと少しの酸味が癖になるご飯の進む逸品でした!こちらも洋食店らしい仕上がりですね。

食後のコーヒー

f:id:sakuyaoi:20210803054533j:plain

食後のコーヒー

後のコーヒーはあっさり美味しい酸味の薄いまろやかな味わい。

少し冷ました飲みやすい温度で提供されたので、食後落ち着いてる時間はあまりないサラリーマンさん達に合わせているのかもしれません。

1000円以下のランチ中心ながら、ビジュアルも味も素晴らしいお手頃セット揃い。カツカレーも癖になるサクサク食感で是非お試しいただきたい逸品です!

店舗情報

店名 びすとろ光輪
住所 〒424-0942 静岡市清水区入船町7-10
連絡先 054-352-9285
駐車場 あり
アクセス JR清水駅より静鉄バス三保山手線 港橋下車徒歩2分
定休日 月曜日・第三日曜日
営業時間 11:30~14:00 17:30~22:30
詳細 Facebook

関連記事

静岡市の洋食店はこちら!