静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『M case(エムケース)』新静岡の洋風酒場で静岡地鶏のランチリゾット!

f:id:sakuyaoi:20201002130832j:plain

9月よりランチも開始!
駅前に移転したワイン酒場!

区伝馬町のワインが気軽に楽しめる駅近洋風酒場。

葵区本通にて2015年より営業してましたが、より気軽に利用できるお店にしようと、2020年7月に新静岡セノバ前に移転リニューアルオープン!

お洒落で落ち着くカジュアルな店内。9月からは曜日限定ですがランチ営業も開始。今回は日替わりランチで静岡地鶏のリゾットをいただきました。

広告

 

店舗紹介

M case:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20201002130857j:plain

外観

静岡セノバけやき通り口から徒歩30秒。ダイニングバー・グッドオールドテーブルさんの上の階に移転しました。

f:id:sakuyaoi:20201002130838j:plain

店内

奥に長い店内。コンクリートの壁に淡い照明がお洒落、ジャズが流れています。6人掛けテーブル1・4人掛けテーブル3・2人掛けテーブル2と席数は少な目ですね。

M case:メニュー

f:id:sakuyaoi:20201002130835j:plain

ランチメニュー

ランチはハンバーグセットと日替わりのリゾットのみ。同額でどちらもサラダ付き、ドリンクやデザートが追加オプションになっています。

この日のリゾットは静岡地鶏の『ふじのくにいきいきどり』を使用したチーズリゾット。ハンバーグも気になりましたが、食べたことのない静岡ブランド肉だったのでこちらにしました。

f:id:sakuyaoi:20201002130841j:plain

夜は前菜盛りがおすすめ

バータイムはおつまみも豊富に揃っていますが、まずはこちらの前菜盛り合わせがおすすめとのこと。見た目もお洒落なボリューミーな洋食小料理盛りですね。

f:id:sakuyaoi:20201002130845j:plain

洋食揃ってます

その他お肉は基本的に地物ブランドが揃っているようです。魚介も肉料理も名前から気になる品ばかり。こちらは夜のメニューなのでランチにお通し代はつきません。

いきいき鶏のチーズリゾット

f:id:sakuyaoi:20201002130850j:plain

いきいき鶏のチーズリゾット

んげんと謎の緑野菜に彩られた粉チーズもたっぷりなリゾット。写真では少なく見えますが、割とお皿が大きめでボリューム充分。

いんげんじゃない方の緑野菜、私は見た目から何かわかりませんでしたが、ねばねばしており独特な食感。甘みもありチーズと相性抜群で妙なくらい美味しいです。

チーズの酸味は抑えられており、さっぱり甘みを感じるクリーミーなリゾットです。

f:id:sakuyaoi:20201002130853j:plain

お肉たっぷり

リゾットに隠れたいきいき鶏をとりだすと、チキンステーキ一枚分ぐらいの中々ガッツリな量で入ってました。

表面はスパイスと共に焼き上げられた皮の香ばしさ、柔らかすぎることもなく、噛んでジュワっと旨味と出汁が口に広がる肉らしい逸品です。噛むほど甘さも感じますね。

f:id:sakuyaoi:20201002130848j:plain

サラダも付いてます

 ビネガードレッシングのさっぱりサラダは、大きなトマトが甘く葉野菜もたっぷり。濃厚なリゾットとのセットはピッタリですね。

ハンバーグも気になるのでまたランチで試してみたいですが、夜も静岡らしいお肉メニューが揃っていたのでまた訪問します。洋風酒場の本格リゾットを是非お試しください!

店舗情報

店名 ワイン厨房 M case(エムケース)
住所 〒420-0858 静岡市葵区伝馬町8-15 2階
連絡先 080-9736-1683
駐車場 なし
アクセス 新静岡駅より徒歩1分
定休日 日曜日(ランチは火・水・木のみの営業)
営業時間 ランチ 11:30~13:30(火・水・木のみ)
バータイム 17:30〜24:00
詳細 ぐるなび(予約可能・GoToイート対象店)

関連記事

静岡市の居酒屋・バーはこちらから