静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡市観光するならこのブログをチェック!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!静岡市のご当地PRキャラさくやちゃんによる市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

『珉味(みんみ)』可愛い名前に懐かしい風貌 清水銀座の中華食堂

お得なメニュー揃い踏みんみ
昔ながらの町中華!

f:id:sakuyaoi:20171204191444j:plain

外観

水銀座にある昭和の香り漂う店頭の中華食堂。完全にネーミングから気になっての来店です。みんみと言えばみんみな感じになってしまってるので。みんみで是非みんみしてみん味を感じたかったのです。よくわからない方は"みんみ"で検索してください。

広告

 

店舗紹介

 雰囲気

f:id:sakuyaoi:20171204191449j:plain

店頭ショーケース

見かけると嬉しくなる食堂スタイルの店頭ショーケース。美味しそうなサンプルが揃っています。迷いましたが、

f:id:sakuyaoi:20171204191455j:plain

サービスメニューっぽい

お店の前で昼限定の文字を発見したのでこちらに決めました。税抜きにすればワンコイン!やっぱり500円メニューは惹かれますね~。普通のラーメンも540円でした!

f:id:sakuyaoi:20171204191501j:plain

入口

入口の引戸にはひらがなで『みんみ みんみ』みん味を感じる...。囍は中華料理店ではよく見かけますね~おめでたい雰囲気を演出する記号漢字らしいです。

f:id:sakuyaoi:20171204191417j:plain

お店の中

中華食堂の雰囲気は完璧なまでに揃っていますが、失礼ながら意外なほどに綺麗な店内です。掃除が行き届いていて、気取らず丁寧な好印象。団体のお客さんが数組いらっしゃいましたがすぐに案内していただけました。

メニュー

f:id:sakuyaoi:20171204191429j:plain

深夜まで営業

外で決めた焼肉丼を迷わず注文しメニューを見ると、まず営業時間に目が行きました。午前11時半~翌2時、土曜祝前は深夜3時まで!ラーメン店で深夜まで営業の店は清水にも結構ありますが、食堂系のお店でこんな遅くまで営業してる店他に思いつきません!ここに来れば三次会の〆くらいの時間でもエビチリを食べに行けるのですね...!

f:id:sakuyaoi:20171204191423j:plain

f:id:sakuyaoi:20171204191407j:plain

みんみラーメンにみんみセット

みん味全開ですね。みんみセットは酢豚とエビチリ、W主演ですね~素晴らしい!から揚げセットもお得!そしてラーメンメニューの方、見切れてますが『マーボーメン』ありますよ!メニュー見てたら絶対迷ってたラインナップ!先に決めておいて正解でしたね!

今回のメイン:焼肉丼

f:id:sakuyaoi:20171204191436j:plain

到着 焼肉丼(税込 540円)

見た目は色濃い中華の焼肉そのもの!細切りの玉ねぎと肉のみの潔さ、スープからもゴマ油の効いた昔ながらのしょうゆスープの香りが漂ってきます。引きで撮ったので少なく見える気もしますが、

f:id:sakuyaoi:20171204191440j:plain

結構ボリューミー

比較対象がレンゲぐらいしかないですが、大きなお皿に大盛りのご飯、それを覆う肉炒めですから結構なボリューム感!

味は見た目ほど濃くはないけどコクはあるといった具合。甘みのあるしょっぱさは中華炒めの基本ですね!高温で炒められてるのもあり、お肉自体にくどさを全く感じず、それなのにご飯にものすごく合う!まさに食堂の中華!感動するほど食堂の!中華!

スープは昔ながらの中華そばのスープです。特段語る必要もないほどに中華そばのスープ。このスタンダード感がいいのです。昨今の出汁取りにこだわった濃厚なラーメンばかり食べてると、ふいにどうしても飲みたくなる時が来るタイプのストレートなしょうゆスープ。これはラーメンで食べたいですね。また行きます!

広告

 

 

店舗情報

店名 珉味(みんみ)
住所 〒424-0817 静岡県静岡市清水区銀座8-15
連絡先 054-365-8355
駐車場 なし(清水銀座の路上駐車スペースが使用できます)
定休日 日曜日
営業時間 月~金 11:30~14:00 17:30~翌2:00 土・祝前 ~3:00
詳細・予約 https://tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22004966/