静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『望月竹次郎商店』清水の駄菓子屋かき氷カフェで静岡茶氷金時!

f:id:sakuyaoi:20210711001913j:plain

興津川近くの駄菓子屋カフェで
貴重なお茶を使用したさっぱり茶氷!

水区但沼にある駄菓子屋カフェ。夏はかき氷が有名な、地域の小学生にも市街の常連さんにも愛される人気店です。カフェの正式名は『たっけーさん』とのこと。

駄菓子屋として40年以上営業している老舗ですが、かき氷が名物になったのはここ10年の間とのこと。静岡茶のかき氷・茶氷プロジェクトにも参加しています。

今回は実生在来茶と呼ばれる、古くからの製法で育てられた両河内の貴重なお茶を使用したかき氷を目当てに訪問しました!

店舗紹介

望月竹次郎商店:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20210711001846j:plain

外観

いテント屋根と飛び出し坊やが目印。レトロな駄菓子屋っぽさは殆どありませんが、朝顔が育てられていたりと、子供たちのたまり場な雰囲気を感じますね。

静鉄バスの終着駅・但沼車庫の少し手前辺りの立地。清水駅からも興津駅からもバスが出ているので行きづらいことは無いです。バス停からも徒歩2分の近場です。

f:id:sakuyaoi:20210711001910j:plain

ガソリンスタンド併設でした

店舗の左右共に駐車スペースあり。右側は数年前まで営業していたガソリンスタンド。

閉店してから駄菓子屋カフェを改装オープンした訳ではなく、以前からガソリンスタンド併設店として営業する風変わりな形態だったみたいです。

f:id:sakuyaoi:20210711001907j:plain

f:id:sakuyaoi:20210711001836j:plain

店内

明るくお洒落なカフェのような部分と、手作り感ある絵本の本棚や駄菓子コーナー。レトロと今風が混ざり合った落ち着く店内。

お昼前なので小学生はいませんが、近隣さんが絶えず訪問。店員さんも近隣さんと世間話に盛り上がる地元感溢れる雰囲気、観光地感覚で接客を急かしたりは厳禁ですよ。

f:id:sakuyaoi:20210711001839j:plain

駄菓子コーナー

駄菓子屋コーナーはカウンター前の一角ですが、10円から30円程度のお手頃駄菓子中心にズラッと並んでいます。駄菓子だけは20年経ってもほとんど変わりませんね。

f:id:sakuyaoi:20210711001842j:plain

奥にも席があります

販売カウンター右側の通路から進める奥にも席があり、割と大人数利用可能です。近隣の小学生のたまり場として、秘密基地感もあってなんか良いですね。

望月竹次郎商店:メニュー

f:id:sakuyaoi:20210711001821j:plain

f:id:sakuyaoi:20210711001824j:plain

茶氷とフルーツ氷

ップで紹介されている魅力的なかき氷やドリンクメニュー。茶氷はお茶氷(煎茶)とほうじ茶氷の2種類。フルーツ氷とコーヒー味の大人のかき氷もあります。

ちなみに茶氷の場合はミルクやアイスがお茶の風味を少々壊してしまうそうで、初めての場合はそのままの茶氷の方がオススメと紹介されました。

f:id:sakuyaoi:20210711001833j:plain

子供用のシンプルかき氷も

ポップの品は見た目も映える大きなかき氷なので、小さい子向けにはこちらの【ふわごおり】も。シンプルなかき氷シロップと、子供心踊るスペシャルレインボー!

f:id:sakuyaoi:20210711001827j:plain

カフェドリンクメニュー

かき氷だけでなくカフェらしいトーストやドリンクも揃っています。自家製マフィンはかき氷期間中はお休みとのことです。

コーヒーは葵区の自家焙煎珈琲店・鳥仙珈琲さんの豆を使用。紅茶は両河内グリーンエイトさんの和紅茶ほか、海外の茶葉も揃えた本格派でした。

たっけーさんのかき氷

茶氷・両河内実生在来茶の金時

f:id:sakuyaoi:20210711001849j:plain

茶氷

河内の茶農家・清照由苑さんの実生在来茶を使用したオリジナルシロップの茶氷。実生在来茶は『みしょうざいらいちゃ』と読みます。

現在では品種改良された挿し木が定番のお茶栽培を、日本茶栽培の始まりの方法である【お茶の実を植えて育てる】スタイルで栽培された貴重な茶葉だそうです。

清照由苑さん曰く『香りが強く自然で野性的な風味が特徴』とのこと。シロップは芯からしっかりお茶の香り。苦みの奥にスッキリとした甘さが口いっぱいに広がります。

f:id:sakuyaoi:20210711001853j:plain

中にはたっぷりあんこ

今回は『お茶あずき』を注文したので、中にはたっぷりのあんこ。宇治茶じゃないので静岡金時ですね。つぶあんとこしあんの間の食感で、こちらも甘すぎずさっぱり。

氷はふんわり食感ですが、かき氷専門店のような食感の無い&キーンと来ない柔らか氷ではなく、レトロスタイルを少し粗削りにした懐かしくも新しい仕上がりでした。

f:id:sakuyaoi:20210711001902j:plain

溶ける前に食べましょう...

撮影に夢中になっていると割と早く溶けていきます。盛り付けもふんわりなので、下手に崩すとこんなことに...!崩れやすいのは織り込み済みのプレートなのでしょうね。

シロップもたっぷりかかっており、最後までお茶の香りとさっぱりあんこの甘さを楽しめる一杯でした。販売は夏限定ですが、季節問わず誰でも美味しくいただける味です。

マンゴーラッキー

f:id:sakuyaoi:20210711001859j:plain

マンゴーラッキー

う一つはフルーツ氷のマンゴーラッキー。シロップだけでなく、アップルマンゴー果肉がたっぷりトッピングされています。

マンゴーパラダイスはこちら単品。マンゴーラッキーは写真右に隠れてるヨーグルトソースが付いたセットになっています。いわゆるマンゴーラッシー味。

マンゴーシロップがとても濃く甘さも濃厚ですが、ほんのり酸味がありさっぱりいただけます。果肉も滑らかなくちどけでとても贅沢な食感。

f:id:sakuyaoi:20210711001905j:plain

ヨーグルトソースをかけて

ヨーグルトソースは甘みもありますがしっかりヨーグルト味でマンゴーとの相性抜群!

というよりそのままマンゴーラッシーな味なわけですが、シロップ単体とヨーグルトが混ざった味で2度楽しめて満足度の高い逸品でした!

夏にピッタリなさっぱりかき氷がいただける、レトロと今風の合わさった楽しい駄菓子屋カフェたっけーさん!夏本番はかなり混むらしいのでオープン直後がオススメです!

店舗情報

店名 望月竹次郎商店(たっけーさん)
住所 〒424-0303 静岡市清水区但沼町489-4
連絡先 054-393-2008
駐車場 あり
アクセス 但沼バス停より徒歩2分
定休日 月・火
営業時間 10:00~17:00
詳細 公式Facebook

関連記事

静岡茶氷プロジェクト参加店はこちら!