静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『ももぞの(桃園菓子店)』日吉町の名物スイートポテトが復活!

f:id:sakuyaoi:20211101053946j:plain

日吉町駅チカ菓子店の
長年愛されるスイートポテト!

区鷹匠、静鉄日吉町駅から徒歩1分の80年以上続く老舗菓子店。2代目ご主人が新たな名物をと、30年程前に作り始めたスイートポテトが世代を超えて愛されています。

ご主人の高齢により2019年に一度閉店されましたが、定番だったスイートポテトが失われるのを惜しむ声にも応え、2代目の次男の奥様が継いで2021年2月にリニューアル。

以前売っていた和菓子などはありませんが、スイートポテト&もう一つの名物・プリンを引き続き販売していくそうです。

店舗紹介

桃園菓子店:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20211101052533j:plain

f:id:sakuyaoi:20211101052535j:plain

外観

吉町駅前からつつじ通り沿いを徒歩1分、完成したばかりの四階建て住居1階が厨房&販売窓口になっているそうです。オリジナリティある看板もお洒落ですね。

f:id:sakuyaoi:20211101052545j:plain

以前の外観

こちらは地元の方に馴染み深い以前の外観。利用したことが無くても、前を通って気になっていた方もいるかもしれません。

f:id:sakuyaoi:20211101052537j:plain

店内

店内に入って直ぐ1畳ほどの販売スペース。奥が厨房になっており、ケースの在庫を見て注文するだけのシンプルな窓口です。

桃園菓子店:メニュー

f:id:sakuyaoi:20211101052539j:plain

メニュー

物スイートポテトは9時半・12時・14時の焼き上がりで、在庫が無くなり次第終了とのこと。10時頃の訪問時、木のプレートにずらりと並べられていました。

タイミングによってはケースに並んでいなくても厨房に残っている場合があるので、確認お願いしますとのことでした。

他のメニューはスイートポテトより数量限定なプリンと、カウンターに置かれた栗ボールのみ。2代目ご主人は引退され、和菓子の販売はありません。

復活の名スイーツ

スイートポテト

f:id:sakuyaoi:20211101052541j:plain

スイートポテト

わらない姿で復活した小舟型のスイートポテト。焼きたてでいただければ最高ですが、お土産なのでオーブントースターで温めなおしていただきます。

再加熱の場合は5分オーブン→常温で30分冷ますとカリッと美味しいとのこと。

f:id:sakuyaoi:20211101052543j:plain

おいもぎっしり

隙間なくぎっしり詰まったおいもの餡に、下はサクサクなタルト生地でクッキーのような香ばしさ。甘すぎずサツマイモの自然な甘さでいくらでも食べてしまえそうです。

表面もパリッと焼き上げられ、焼き芋さながらの風味に。柔らかしっとりで食べ応えありますが、サツマイモの繊維が残ったさっぱり自然な美味しさでした!

プリン(旧・ジャンボプリン)

f:id:sakuyaoi:20211101052550j:plain

プリン

面が少し固まった昔ながらのカスタードプリン。もう一つの名物『ジャンボプリン』として人気でしたが、リニューアル後は『プリン』に品名が変ってました。

香ばしさと濃厚な甘さが揃った焼きプリンな風味、ジャンボが取れてもサイズは変わらずボリューム感ある食べ応えです。

f:id:sakuyaoi:20211101052531j:plain

カラメルたっぷり

苦みと甘みのバランスが取れたカラメルが底にたっぷり入っており、お好みの分配でプリンの味にアクセントが付けられます。甘いだけの一辺倒じゃない美味しさです!

復活した二枚看板、これからも日吉町で愛され続ける品になって欲しいですね。是非一度お試しください!

店舗情報

店名 ももぞの(旧・桃園菓子店)
住所 〒420-0839 静岡市葵区鷹匠2丁目23-11
連絡先 054-253-1232
駐車場 なし
アクセス 静鉄 日吉町駅から徒歩1分
定休日 日・祝(不定休あり)
営業時間 9:30~売り切れ次第終了
☟スイートポテト焼き上がり目安時間
9:30 12:00 14:00
詳細 食べログ

関連記事

静岡市のスイーツ記事はこちら!