静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『すごせる酒屋 MUGI』静岡浅間通りのクラフトビール立ち飲み酒屋!

f:id:sakuyaoi:20220110213947j:plain

クラフトビールを気軽に立ち飲み!
駄菓子と楽しむ古民家酒屋!

区宮ヶ崎町、静岡浅間神社前の浅間通りに2021年11月にオープンした、主にクラフトビールを販売する酒屋 兼 立ち飲みバー。

オーナー・伏見さんの実家だった古民家をリノベーションした店内は、今風のスタイリッシュさとレトロな木造の温かさが合わさり、カジュアルに過ごせる良い雰囲気。

13時からの営業で昼呑みもでき、期間替り4タップをテイスティングサイズ(56ml)200円から気軽に試せます。おつまみの持ち込み自由&小さな駄菓子屋コーナーも!

店舗紹介

すごせる酒屋 MUGI:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20220110213949j:plain

外観

の字が書かれた青い暖簾が目印。左の店内が見える綺麗な窓と、右の古民家感が残るレトロな窓のギャップが味わい深い外観ですね。

静岡浅間神社の大鳥居からは2つ目の信号を越えた2区画目。以前紹介した300年続く老舗蕎麦処・河内庵さんの斜め向かい、新静岡駅からは徒歩15分ほどの立地です。

f:id:sakuyaoi:20220110213955j:plain

f:id:sakuyaoi:20220110213945j:plain

店内

研究所のように無機質でスタイリッシュなコンクリートの床と壁に、柱と天井はそのままの歴史を感じるコントラストある店内。中央には12名程で囲える立ち飲みテーブル。

天井は配線なども丸見えなのにそれが逆にお洒落なような、隠れ家系や秘密基地感とはまた違った、MUGIさんならではの個性と温かさを感じる過ごしやすい雰囲気です。

すごせる酒屋 MUGI:メニュー

f:id:sakuyaoi:20220110214541j:plain

立ち飲みメニュー

ち飲みクラフトビールはMUGIさんオリジナル含め、全国から厳選の7種が揃っていますが、タップは4つなのでその日飲めるのはいずれか4種。お会計は都度先払いです。

f:id:sakuyaoi:20220110213942j:plain

様々なクラフトビールが揃ってます

大きな3つの冷蔵棚が並んでおり、こちらから購入した瓶や缶のクラフトビールも店内で飲めます。複数人でボトルシェアも可能。

種類が多すぎて選べないと思うので『甘いクラフトビールが飲んでみたい』など、好みの感覚で指定して紹介してもらうのもオススメです。

f:id:sakuyaoi:20220110213927j:plain

おつまみは駄菓子&持ち込み可

階段下の空間が駄菓子屋コーナーになっており、おつまみとしても購入できます。この辺りに駄菓子屋が無いのもあり、子連れでも気軽に利用してほしい思いもあるそう。

お値段もそのまま駄菓子屋価格なので、軽呑みのおつまみとしてコスパも素晴らしいですね。その他食品の持ち込みも可能&チャージ料などもかかりません。

試飲サイズで飲み比べ

f:id:sakuyaoi:20220110213930j:plain

3種のクラフトビールをお試し

回はタップビールから3種をテイスティングサイズ(56ml)で注文。

市販のブランドビールと比べてお高く付きがちなクラフトビールも、このサイズなら1杯200円と飲み比べに嬉しい手頃さ。おつまみ駄菓子もこの二つで50円ありがたや~!

ひと粒の麦(MUGIオリジナル)

f:id:sakuyaoi:20220110213935j:plain

ひと粒の麦

店記念のMUGIさんオリジナルビール『ひと粒の麦』静岡県沼津市の【柿田川ブリューイング】さんによる醸造とのこと。

お店のマークが描かれたシンプルなラベル。瓶にも近い琥珀色、飲みやすさを求めたとのことでタップメニューの中では一番低いアルコール度数4%です。

尖った特徴はありませんが、深いコクと後味の甘さを感じるビール。

炭酸も飲み口にも強い部分が無いので、乾杯でグイっと飲み干すより食事をしながらワインのように少しずつ飲むのも良さそう。テーマ通りにとても飲みやすい1杯でした。

ねこにひき(三重)

f:id:sakuyaoi:20220110213933j:plain

ねこにひき

品ある猫のラベルが可愛い『ねこにひき』三重県の伊勢角屋麦酒さんの品で、アルコール度数は8%と高め。オレンジジュースのような黄色分強めの色味ですね。

口に入れた瞬間から桃やパインのようなフルーツ系の香りが口に広がり、ジューシーな味わいが喉の奥まで爽やかに突き抜けていきます。

使用されている5種のホップの内4種がフルーツ系の香りを持つ品とのことで、アルコールが強いのに甘いフルーツカクテルのような飲みやすさ。

ケーキや焼き菓子などと一緒にスパークリングワイン感覚で飲んでも良さそう。ぐびぐび飲んでいつの間にか酔ってそうな危険な美味しさの一杯でした。

MATSUMOTO Castle Stout(長野)

f:id:sakuyaoi:20220110213938j:plain

MATSUMOTO Castle Stout

がありませんでしたが、長野県・松本ブルワリーの真っ黒なビール『MATSUMOTO Castle Stout』"松本城をイメージした気品高くどっしりした味わい"とのこと。

燻製のようなスモーク感ある香りに、ほんのり苦みと確かなコク・グッとくるのど越しの良さ。じっくり香りを味わう濃厚な一杯です。

他2杯がとても飲みやすかったので、対極な癖強さと大人な味わいに感じました。こちらも冷たいうちにグイっとではなく、塩気あるおつまみとゆっくり飲みたいですね。

おつまみ駄菓子は意外な相性

f:id:sakuyaoi:20220110213940j:plain

コスパも良い懐かしおつまみ

菓子の塩気と合わさると、どのビールも後味の甘さが際立つ印象。久々に食べたキャベツ太郎のソース感がよく合います。駄菓子呑みの魅力にも触れられました。

お昼過ぎからクラフトビールが気軽に味わえる新店舗。名店が揃う静岡浅間通りの散策と合わせて、是非お試しください!

店舗情報

店名 すごせる酒屋 MUGI(むぎ、麦)
住所 〒420-0868 静岡市葵区宮ヶ崎町21
連絡先 なし
駐車場 なし
アクセス 静鉄・新静岡駅より徒歩15分
定休日 火曜日
営業時間 13:00〜22:00
詳細 公式Twitter

関連記事

静岡市の居酒屋・バー記事はこちら!