静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『OIMO Factory(お芋ファクトリー)』静岡駅で木金土OPEN!八百屋のお芋スイーツ店!

f:id:sakuyaoi:20220320002112j:plain

人気青果店から曜日限定出店!
お芋スイーツ専門テイクアウト店!

岡駅南口傍・新幹線改札横にて、2022年2月24日より毎週木・金・土曜日限定で営業している、お芋スイーツのテイクアウト専門店。

駿河区八幡の青果店『フルーツボムファクトリー』が運営しており、焼き芋や大学芋と定番の他、サツマイモベースのプリンやシュークリームなど。

他にもお芋パイ・水ようかん・半熟のスイートポテトにおさつチップスまで、和洋様々なスイーツすべてがサツマイモ素材です。駅内でお土産にもピッタリですよ!

店舗紹介

OIMO Factory:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20220320002117j:plain

曜日限定で屋台が出現

岡駅南口入ってすぐの道沿い、2021年3月まで谷岡の甘栗さんが長年出店していた場所ですね。屋台の後ろ側が新幹線の改札です。

木目調のデザインがお洒落な、キッチンカーの荷台のようなレイアウトで展開していました。紹介ボード共に様々なお芋スイーツがずらりと並んでいます。

OIMO Factory:メニュー

f:id:sakuyaoi:20220320002114j:plain

全品さつまいもスイーツ

スイーツは黒いボードに詳しく紹介も書かれており、どの品も気になっちゃいますね。それぞれ1個 or 食べきりサイズでの販売なので一人でも買いやすいです。

f:id:sakuyaoi:20220320002101j:plain

おさつチップス2種

おさつチップスの一人分のミニパックで販売。シンプルパッケージで価格も抑えめ。さとう味と静岡が誇る【あらしお】とのコラボ味の2種あります。

f:id:sakuyaoi:20220320002058j:plain

焼き芋も並んでいます

大きな保温ケースにはたくさんの焼き芋とお芋パイが並んでいました。左のポップに貼られた写真に凄くそそられます...!

おやつにお芋スイーツ

f:id:sakuyaoi:20220320002107j:plain

大学芋とおさつチップス

回はシンプルに大学芋とおさつチップス。良い感じに写真を撮ろうとマグカップに盛り付けてみました。これで2/3くらいの量なので思いのほかボリュームありますね。

まだ取材めぐりの途中だったので、カバンが揺れても潰れないよう硬めのものから選んだ次第です。他にも気になる品多いのでまた準備して買いに行かないとですね。

あらしおのおさつチップス

f:id:sakuyaoi:20220320002109j:plain

おさつチップス(あらしお味)

芋そのものの味を楽しめそうだなと"あらしお味"を選択。大きな芋が縦にスライスされており、1枚の食べ応えがある仕上がりです。

想像通り素材本来の甘みに、さっぱりとした塩気と油の香ばしさ。食べだしたら止まらない美味しさ!食感の変化もパリっと&しっとりどちらもあり楽しい逸品でした。

濃厚大学芋

f:id:sakuyaoi:20220320002104j:plain

濃厚大学芋(ミニ)

1人分なのでミニサイズを選択しましたが、大きめのカットで10個あり食べ応え充分です。蜜はかたまっていないタイプで、しっとり蒸かし芋に蜜がかかっているイメージ。

チップス以上に芋自体を味わう仕上がりで、噛むほど自然な甘さが口いっぱいに広がります。少しパサつく部分もありますが、それを含めてお芋らしい味わいの逸品でした!

お芋自体が濃厚で自然な甘みたっぷりな味わいなので、他のスイーツも外れのない美味しさなハズ。次回は生スイーツ系どれか挑戦したいですね!是非お試しください!

店舗情報

店名 OIMO Factory(お芋ファクトリー)
住所 〒420-0851 静岡市葵区黒金町50
連絡先 なし
駐車場 なし
アクセス 在来線改札より徒歩30秒
定休日 日~水
営業時間 11:00~14:00 16:00~19:00
詳細 公式Instagram

関連記事

岡市のスイーツ記事はこちら!