静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『中華そば0(ゼロ)』静岡駅の昼限定ラーメン店でさっぱり豚骨そば!

f:id:sakuyaoi:20211120052455j:plain

昼は2種のこだわりラーメン
夜は地魚&天ぷら居酒屋

岡駅隣接のASTY静岡東館に2021年11月18日にオープンしたラーメン店。昼15時までの営業で、夕方からは地魚と天ぷらの居酒屋『駅下のみぜん』のW暖簾です。

ラーメンは王道の『鶏醤油そば』と魚介豚骨醤油の『豚骨そば』の2本勝負。チャーシューが豚・鶏から選べ、追加トッピングやサイド・ご飯セットもあります。

店名のゼロは無化調にこだわった素材からとのこと。今回は15食限定のワードに釣られ『豚骨そば』を試してみました!

店舗紹介

中華そば0:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20211120052458j:plain

外観

館フードエリア、オープン前週まで『天ぷら酒場ゴロー』として営業していたテナント。オープン2日目に偶然店前を通り、急な新装に驚きました。

『ゴロー』さんも元々、駅南の『みぜん』さんやASTY静岡西館の『しずバル』を運営する【アップハートグループ】のお店なので、業態変更の形みたいです。

夕方からは元の天ぷら酒場に駅南みぜんさんの地魚メニューを加え『駅下のみぜん』となる訳ですね。平日は中休みあり、週末は通しですが中華そばは同じく15時までです。

f:id:sakuyaoi:20211120052453j:plain

店内

入口から左右の部屋に同じようにカウンター&テーブル席が並んでいます。カウンター6席に6人掛けテーブル1・4人掛け3・2人掛け4。

卓上調味料などは特になし、入口におでん鍋がありましたが昼は空でした。

中華そば0:メニュー

f:id:sakuyaoi:20211120052441j:plain

メニュー

ーメンは王道の中華そば『鶏醤油そば』と、豚骨・醤油・魚介を組み合わせた『豚骨そば』の2種。豚骨の中華そばってあまり見ないですよね。

チャーシューが国産鶏・豚肩ロースから選べ、豚の方が100円高くなっています。お得なご飯セットや追加トッピング、単品のサイドメニューもありました。

後味さっぱり『豚骨そば』

f:id:sakuyaoi:20211120052444j:plain

豚骨そば(国産鶏チャーシュー)

回は鶏チャーシューの豚骨そば。メニューの写真は豚肩ロースの大きなチャーシューだったので、やや上にスペースを感じますがトッピングは色々乗ってますね。

厚切りコリっと食感の甘さ控えめメンマ、富士山が描かれたなると、長ネギ・細ネギ・玉ねぎ3種のシャキシャキ食感。細ネギ以外は鶏醤油そばも同じ模様です。

そのまま飲めるさっぱりスープ

f:id:sakuyaoi:20211120052451j:plain

スープによく絡むもっちり麺

ニューに書かれた『豚骨・醤油・魚介のマリアージュ』に言葉負けしない、風味がとてもバランスよく混ざったスープ。

魚粉のドロッとしたとろみ、醤油はあっさりしつつも味の芯の濃さがしっかり目で存在感あり、背脂たっぷり系じゃないのに豚骨の甘みがしっかり出ています。

油くどさが全くなく後味さっぱり。中華そばのあっさりスープを飲む感覚で魚介豚骨の味です。つるっと啜れて歯切れの良いモチモチ中太麺、スープによく絡みます。

柔らか国産鶏チャーシュー

f:id:sakuyaoi:20211120052449j:plain

国産鶏チャーシュー

みもある国産鶏チャーシューが3枚も。圧力調理をされたような柔らかさに、塩気はほんのりで鶏自体の旨味が良く分かる逸品でした。

メニューに大盛はありませんが、麺もボリューミーでお腹も満足!こういうタイプの豚骨スープは珍しいので、個性もある一杯だと思います。是非お試しください!

店舗情報

店名 中華そば0(ゼロ)
住所 〒420-0851 静岡市葵区黒金町54-3 ASTY静岡 東館
連絡先 054-260-9898
駐車場 駅有料Pあり
アクセス 静岡駅改札より徒歩1分
定休日 無休
営業時間 【中華そば0】
11:00~15:00
【駅下のみぜん】
平日 16:00~22:00 
週末 15:00~22:00 
詳細 食べログ

関連記事

静岡市の中華・ラーメン記事はこちら!