静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『汐のや』静岡の塩ラーメン専門店で1日30食限定煮干し汐そば!

f:id:sakuyaoi:20201121080245j:plain

All塩ラーメンな麺処で
W出汁の限定ラーメン!

駿河区敷地、登呂遺跡からほど近い場所にある麺処。トッピングや出汁の違いなど様々なラーメンを扱っていますが、すべてのメニューが塩ラーメンです。

シンプルな見た目から繊細なスープの奥深さを感じる塩ラーメンの世界。カウンター席中心の一人でも気軽に利用できる店内で、ゆったり味わえます。

今回は1日限定30食、煮干しと鶏ガラWスープの名物塩ラーメンをいただきました!

店舗紹介

汐のや:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20201121080242j:plain

外観

荼羅図のような不思議カッコいい暖簾が目印。入口のあらゆる箇所で店名が主張していますね。店前に全メニューのボードが設置されており、入店前に決められます。

手前の駐車スペースは両隣のカレーハウス&スーパーと共有となっており、かなりの台数が置けるので余裕をもって利用可能です。スーパーが混む時間帯もありそうですが。

f:id:sakuyaoi:20201121080249j:plain

店内

内に入ると鶏出汁や煮干しの香りがズンっと鼻にきます。結構強烈なので苦手な方は酔ってしまうかも。豚骨系とはまた違いますがこちらも突き抜けてますね。

コンクリ床に白い壁とお洒落に飾った感じはありませんが、清掃が行き届いた綺麗な店内です。カウンター7席に2人掛けテーブル3つと4人掛けが1つ。

性別問わず一人でも気軽に利用できる雰囲気ですね。

汐のや:メニュー

f:id:sakuyaoi:20201121080255j:plain

ラーメン

ーメンはこちらの9種類、当然ながら塩ラーメンのみ。基本は『塩そば』のトッピング違いですが、今回のお目当て『煮干し汐そば』だけは出汁から違います。

初入店なので普通の『塩そば』からでも良かったのですが、限定の言葉に弱いのと『汐のや』の『汐そば』なので、こちらが看板メニューかなと選んでみました。

f:id:sakuyaoi:20201121080257j:plain

セット&サイド

ラーメンは全品麺大盛無料ですが、残した場合は罰金100円とのこと。全然優しい対応ですね。その他つけ麺2品とセットの丼やチャーハン、サイドは餃子とワンタンなど。

1日30食限定の煮干し汐そば

f:id:sakuyaoi:20201121080233j:plain

煮干し汐そば

ちらが『煮干し汐そば』無料の麺大盛もお願いしました。レアなチャーシューに水菜・ネギと隠れていますがメンマも。糸唐辛子と海苔で飾ったシンプルな構成。

f:id:sakuyaoi:20201121080239j:plain

麺は固ゆで、ブチブチっとした食感で噛んで味わうコシのある仕上がり。麺自体に素材の甘みがあり、スープとよく絡みます。

W出汁のスープは香りが突き抜ける存在感のある風味。煮干し特有の苦みも強く出ており、鶏出汁も甘く無く大人な味わいでした。塩スープ自体は割とあっさりしています。

甘みのある麺と絡むことで絶妙なバランスに。苦みなども麺と一緒に口に運ぶことで抑えられ、繊細な出汁の旨味とコクをより深く味わうことができました。

トッピングも独特です

f:id:sakuyaoi:20201121080236j:plain

チャーシュー

特なスパイスが効いた太めのメンマに、柔らかいのに噛み応えもあるローストポークのようなチャーシューとトッピングも個性マシマシ。

ネギと水菜たっぷりで更にさっぱりいただけました。大盛の麺は結構ボリューミーなので小食の方はご注意を。塩ラーメン好きには一度試していただきたい逸品でした!

店舗情報

店名 汐のや
住所 〒422-8036 静岡市駿河区敷地1丁目10-22
連絡先 080-2613-0209
駐車場 あり
アクセス 登呂南バス停より徒歩3分
定休日 不定休
営業時間 11:00~14:30 17:00~21:00
※スープが無くなり次第終了
詳細 食べログ

関連記事

静岡市の中華・ラーメン店はこちら