静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『駿府城公園』天守台発掘調査中!静岡市民憩いの城跡公園!

f:id:sakuyaoi:20210811011648j:plain

天守大の大きさ日本一
おまちの中心大きな城跡公園

岡市の代表的な観光スポットの一つ、駿府城公園。徳川家康公が築いた駿府城公園の城跡をそのまま利用した公園です。天守閣はありません。

有名どころなので後回しになっていましたが、意外と地元の方でも見どころを見逃してる声が多かったので改めて紹介いたします!

駿府城公園を囲むお堀

f:id:sakuyaoi:20210811011700j:plain

お堀

駿府城公園は駿府城の敷地をそのまま使った広大な公園です。天守閣はありませんが、公園を囲むお堀や町の形は当時のまま残っています。

お堀1周の距離は約1.6km!レンガで舗装された平坦な道はランニングにも最適で、スポーツウェアを着てお堀の周りを走ってるランナーさんもよく見かけます。

R&R Station

f:id:sakuyaoi:20210811011714j:plain

ラン・アンド・リフレッシュステーション

堀の周りの施設のひとつ、ラン・アンド・リフレッシュステーション。2018年5月にオープンした駿府城ランナーの為の休憩&リフレッシュスペース。

スポーツサプリやドリンクが購入可能な交流スペースや、シャワー・ロッカールームなどジョギング中に嬉しい設備が揃っています。

以前紹介したSo Juiceさんが協力しており、栄養価の高いスムージーの販売をこちらの施設でも行っています。

弥次喜多

f:id:sakuyaoi:20210811011703j:plain

弥次喜多像

海道中膝栗毛の弥次さん喜多さんの像が東御門 巽櫓の西側に設置されています。刊行200周年を記念して建てられたものだそうです。

ベンチと一緒になってるので絶好の写真スポットですよ!ちなみに作者の十返舎一九は静岡市出身なのです。

お堀の生き物

f:id:sakuyaoi:20210811011657j:plain

お堀を悠々と泳ぐ亀。1匹だけかと思ったら各所に数匹潜んでいました。

f:id:sakuyaoi:20210811011706j:plain

ものすごく人馴れした鳩がたくさん。手を近づけたりしない限りは逃げずにこちらの様子をうかがってきます。

パンくずを持っていると何処からともなく大量に集まってきてモテモテになれますよ。

f:id:sakuyaoi:20210811011654j:plain

こちらも人馴れした鯉。人馴れというか餌をくれる存在として覚えているようで、お堀をのぞき込むと鯉もこちらを見上げて口をパクパクさせて餌を強請って来ます。

駿府城公園内の見どころ

モニュメント

f:id:sakuyaoi:20210811011633j:plain

家康公の像

川家康像、駿府城主の像。写真だとわかり辛いですが、かなり巨大です。後ろの塀が2mくらいなので10m以上あるかも。

f:id:sakuyaoi:20210811011559j:plain

葵の花壇

徳川家康公顕彰四百年記念事業の一環で作られた、徳川家の家紋を模した花壇。駿府城公園の中心、沈床園にあります。

f:id:sakuyaoi:20210811011622j:plain

本丸堀

本丸にあったお堀。ほとんど崩れていますが、江戸時代は5m程まで積まれていたそうです。柵に囲われているので中には入れません。

f:id:sakuyaoi:20210811011604j:plain

銀座の柳

城内の水路を通る橋もあります。手前の銀座の柳二世については詳しくはこちらの記事で紹介しました。

遊具スポットもあります

f:id:sakuyaoi:20210811011625j:plain

子供向け遊具

史跡と庭園が中心の公園ですが、子供用の遊具スポットも二か所あります。広場になってるスペースも多いのでピクニックにもおすすめですね!

駿府城天守台発掘調査

f:id:sakuyaoi:20210811011556j:plain

発掘中のエリア

西のエリアは現在天守台の発掘調査を行っています。調査開始前はイベント広場でした。こちらは自由に見学ができ、予約者限定ですが発掘体験も開催しています!

f:id:sakuyaoi:20210811011642j:plain

石垣を調査中

広大な駿府大の石垣が掘り進められています。写真は一部ですが、全体を見ると驚くほど大きく、日本一の天守台と言われているのも頷けます。

f:id:sakuyaoi:20210811011639j:plain

f:id:sakuyaoi:20210811011636j:plain

きゃっしる

発掘調査も2021年で5年目、様々な貴重な品が出土しており、それらの展示やこれまでの調査結果などを展示する施設『発掘情報館きゃっしる』も入場無料で営業中です。

有料観光施設

坤櫓(ひつじさるやぐら)

f:id:sakuyaoi:20210811011717j:plain

f:id:sakuyaoi:20210811011720j:plain

坤櫓

駿府城公園の西側にある櫓、公園内三か所の観光施設の一つです。有料で内部見学ができます。

f:id:sakuyaoi:20210811011547j:plain

セット券がお得です

手前にある受付で入場券を購入します。坤櫓のみの入場は100円ですが、他の二つも周る場合は共通入場券がお得です。

f:id:sakuyaoi:20210811011550j:plain

床を外して櫓の造りを解説

こちらの駿府城坤櫓は2014年に当時の資料を元に再建された建物ですので、中は小綺麗で歴史的価値があるわけではありません。

二階より上は建築法により一般公開ができないため、床を外して下から構造が見えるようになっています。物見櫓の構造が見られる点で建築学的価値が高いそうです。

f:id:sakuyaoi:20210811011553j:plain

鎧武者になれますよ

内部展示は駿府城の資料や当時の様子のムービー、甲冑を着て写真撮影ができるコーナーなど。櫓の隅側の展示を見て回る感じなので内容はあまり多くありません。

内側は更にオプション料金がかかるVR体験ゾーンの『今昔スコープ』があります。

写真が撮れないので今回は参加しませんでしたが、家康の活躍や駿府の町の構造などをVR映像で体験できるそうです。500円かかります。

東御門・巽櫓(たつみやぐら)

f:id:sakuyaoi:20210811011711j:plain

東御門

介の順番がおかしくなってしまいましたが、駿府城公園への入口は東西南北の四つの橋になっています。お堀に囲まれていますからね。

こちらが東御門、新静岡駅からは一番近い入口になります。坤櫓と同じく、内部の見学が有料で行われています。

f:id:sakuyaoi:20210811011709j:plain

巽櫓

東御門と巽櫓はつながっているので、この写真だけ見ると城跡がそのまま残ってそうな気もしますよね。

f:id:sakuyaoi:20210811011613j:plain

階段を上った先に入口が

中には検索した際に同じような写真を見つけて、天守閣があると勘違いされている方もいました。巽櫓は1989年に復元、東御門は1996年に復元されました。

f:id:sakuyaoi:20210811011619j:plain

f:id:sakuyaoi:20210811011616j:plain

博物館になっています

坤櫓より広いので、駿府城の模型や資料など様々な展示が並べられています。この記事内で紹介するには内容が多すぎるので、別の記事で紹介しました。

紅葉山庭園

f:id:sakuyaoi:20210811011607j:plain

紅葉山庭園入口

駿府城公園北門傍にある広い日本庭園。こちらも有料施設です。3つの観光施設の中で私の一番おすすめスポット!

f:id:sakuyaoi:20210811011610j:plain

大きな池があります

中央に大きな池があり、四季折々の花と、静岡の景色に見立てた9つのエリアに分かれています。小さい滝などもあります。

奥にあるお茶室では生菓子付きの静岡煎茶がお手頃価格で提供されています。季節によってメニューは変わるので現地のメニューをご参照ください。

お腹が空いたら静岡おでん

f:id:sakuyaoi:20210811011631j:plain

f:id:sakuyaoi:20210811011628j:plain

おでんやおばちゃん

駿府城公園内に2018年にオープンした静岡おでんを気軽にいただけるお店・おでんやおばちゃん。ドリンクや夏はかき氷なども扱っており、公園内での休憩にピッタリ。

食べ応えのあるサイズのおでん種が豊富に揃い、1本100円程度から。親子でおやつに食べたりと市民にも愛されるお店です!

見どころ満載な駿府城公園!是非周ってみて下さい!

詳細情報

公園名 駿府城公園
住所 〒420-0855 静岡市葵区駿府城公園1-1
連絡先 054-221-1433
駐車場 有料駐車場あり
アクセス JR静岡駅から徒歩10分
新静岡駅から徒歩5分
定休日 観光施設は月曜
公園は年中無休
営業時間 9:00~16:30(園内観光施設)
詳細 公式サイト

関連記事

岡の観光情報はこちらから!