静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡のグルメブロガーさくやちゃんです!静岡市観光するならこのブログをチェック!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

『太龍』本店は焼肉屋!?静岡県下4店舗の激辛牛骨ラーメン専門店!

焼肉の人気〆メニューから始まった
独自の味と刺激を貫く人気ラーメン店!

店は御殿場市の焼肉レストラン『太龍』ごく普通の、普通に人気の個人焼肉屋です。〆のサイドメニューとして提供していた辛いラーメンが人気になり、店の看板メニューへ。そしてラーメンのみの店舗展開へと発展していったそうです!

静岡県内に4店舗。市内は清水店と静岡店がありますが、今回紹介するのはJR清水駅から徒歩5分の駅チカにある清水店です。

広告

 

店舗紹介

太龍:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20180801212612j:plain

店頭

水店は辛口!と書かれた黄色い看板が目印。夜に清水駅前の道を通ればすぐにわかります。看板は太龍清水駅前店になっていますね。

公式サイトは『焼肉レストラン 太龍 清水店』になっているので、どっちが正式店名なのかわかりませんが、清水店で焼肉は提供されていません。

f:id:sakuyaoi:20180729000243j:plain

漫画が並びます

入口の待合スペースというよりは、店内で調理待ちの間に読める漫画コーナー。入口すぐ右側ですが、左側に玄関があるので入店時に借りて、帰る際に返す感じですね。

f:id:sakuyaoi:20180729000151j:plain

カウンター

店内はそれほど広くはなく、目の前で調理しているカウンター6席、2人掛けテーブルが2席と4人掛け座席が2つです。どことなく色のセンスとかが焼肉店っぽいかも?

キムチ食べ放題

f:id:sakuyaoi:20180729000211j:plain

おつまみキムチとトッピングにんにく

f:id:sakuyaoi:20180729000214j:plain

いくらでも食べられちゃう

にはトッピング用の生にんにくとサービスのキムチが置いてあります。これがかなり美味しい!箸が止まらず辛いラーメンに挑戦前から口の中が燃え上がります。

本店の焼肉店で提供しているものらしくかなり辛いのですが、辛さの中に野菜の自然な甘みもあって、ご飯のおかずにもなりそうな理想に近いキムチです!

太龍:メニュー

f:id:sakuyaoi:20180729000154j:plain

看板メニュー

看板メニューの牛骨から旨な『太龍ラーメン』は、味噌・塩・醤油のスープ3種類と辛さは4段階選べます。1辛の"おさえめ"でも辛くないわけではないです。

f:id:sakuyaoi:20180729000203j:plain

その他のメニュー

各種ラーメンとなっていますが、基本的に全部ピリ辛。辛みなしでも注文可能だそうです。左の牛バララーメンのみ、元々辛くないラーメンですね!

f:id:sakuyaoi:20180729000159j:plain

サイドメニュー

サイドメニューは餃子とチャーハン、ライスのみ。あくまでも太龍ラーメンのお店って感じのメニューでしたが、餃子も看板メニューの自信作みたいです。

f:id:sakuyaoi:20180729000208j:plain

ランチ

ラーメンと日替わり一品料理がセットになって700円のお得なランチもありますが、太龍ラーメンは選べません。

太龍ラーメン・味噌1辛

f:id:sakuyaoi:20180729000226j:plain

ひかえめ...?

た目は明らかに控えめじゃないマグマのような赤さ。二郎系まではいきませんがたっぷり乗ったもやし。麺が全く見えません。

f:id:sakuyaoi:20180729000236j:plain

チャーシューではなく塊肉

食べてみるとピリリと辛みは感じますが、辛いっ!て叫ぶほどではないですね。キムチと同じく野菜の自然な甘みを感じるので、見た目ほどの辛さは感じません。

牛骨がよく効いたスープ自体もお肉料理の延長といった感じで飲み応えを感じます。

むしろコクのあるちょっとピリ辛なスープを飲み干せるくらいに楽しめるので、一番スープを美味しく味わうなら控えめがおすすめかもしれません。

麺はかなりの太麺でもっちり食感!辛いスープが絡みすぎないというのも共通の食べやすさですね!

トッピングはチャーシューではなく牛塊肉!ほろほろに煮込まれ、ここだけまるでビーフシチュー。牛油が汁と馴染み、食べ進めるとどんどんコクが増していきます。

写真では分かりにくいですがかなり巨大です。煮込まれた状態で100g以上はありそうで、牛骨というか牛塊ラーメンでした。

太龍ラーメン・醤油2辛大盛

f:id:sakuyaoi:20180729000229j:plain

大盛りの丼ぶり大きくなりすぎ

の大きさが普通盛りの1.5倍以上あります、写真だと伝わりにくいですが、目の前にドーンと置かれてバケツかと思いました...。大盛とは+100円の違いですよ?

トッピングはネギの乗ったモヤシ炒めと大きな牛塊肉は同じですね。普通盛りには味玉となるとが入っていましたがこちらには入っていません。

"ひかえめ"の一段上の"辛口"ですが、こちらはしっかり辛っ!と叫びたくなる辛さ!

辛いラーメンが食べたくて来たのならここからが本番ですね!それでも出汁が美味しく飲める辛さで、麺を啜ってるうちに慣れていきます。

味噌も醤油も牛骨ベースが強いのでそこまで違いを感じず、風味程度のものでした。まだ飲み干せる辛さ。

f:id:sakuyaoi:20180729000240j:plain

比較

ちなみにこちらが大盛と普通盛の比較です。明らかにサイズおかしいですよね。普通盛でも結構ボリューミーなのに...。お得ですけど、段階踏まずに一気に特盛が来てしまった感。お得ですが圧倒されないように。

太龍ラーメン・味噌4辛(超激辛)

f:id:sakuyaoi:20180729000250j:plain

一番辛い太龍ラーメン

龍ラーメンの中で一番辛い4辛(超激辛)です!とはいえ見た目はほとんど変わりません。少しだけ濃いような気もしますが、照明の当たり方もあるのでわかりませんね。

大盛の方がお得なのはわかっていましたが、2辛で結構な辛さだったのを1段飛ばして1番辛いメニューを選んだ訳ですので、この日は自重しました。

れんげで掬ってみると、2辛までと比べてとろみというか重さというか、スープ時代のどろどろ感が強くなってる気がします。

辛い!一口目は辛さだけが口の中いっぱいに広がっていきます。でも意外に喉元過ぎれば熱さを忘れるというか、後味はしつこく残るものではない感じ。

触れた部分が後からどんどん辛くなるような毒タイプの激辛とは違いますね。甘みも感じてしっかり美味しく飲めます。

それでもボリュームが凄いので、まずはマグマに漬かり切っていない陸地のモヤシから食べ進めました。シャキシャキ残る口当たりで、噛めば噛むほど甘みも出てきます。

f:id:sakuyaoi:20180729000255j:plain

肉が多いような

先ほど紹介した辛口には牛塊肉が巨大なまま入っていましたが、今回は7等分くらいに切られて食べやすい一口サイズに。ボリュームは前回以上でステーキ一枚食べてる感覚です。

牛塊肉も噛みしめると甘みと出汁が出てくるため、辛い!でも美味い!状態になってきました。食べてるうちに慣れてどんどん美味しくなっていきます。感覚麻痺してる可能性もありますが。

このタイミングでフリーキムチを食べたらものすごく甘く感じました。やっぱり感覚麻痺の線が....。

f:id:sakuyaoi:20180729000258j:plain

溶けるゆで卵

太龍さんのトッピング卵は普通のゆで卵で味玉ではないのですが、真っ赤に染まっています。まるでレーザーの分断面のようなどことなくグロテスクなどろどろ感。

トッピングがどれも箸休めとして機能してくれるのが嬉しい...。太龍ラーメン4辛の半分はやさしさで出来ていますね。

f:id:sakuyaoi:20180729000301j:plain

スープは無理

さすがにスープは飲み干せず。この状態では口を付けるだけで確実に咽ることができます。大盛にしなくてよかった...でも追い飯も気になりました...!

美味しかったですが油断しているとお尻とお腹が痛くなるので、初めての方は辛口くらいから試してくださいね...。

牛バララーメン

f:id:sakuyaoi:20180729000223j:plain

牛バララーメン

じメニュー三連だったので、ほかのメニューもご紹介。太龍さん唯一の辛くないメニュー牛バララーメン。写真は大盛です。

こちらは細麺ストレート。スープはかなり甘口ですが、牛骨からの自然な甘みなので、くどさは感じずすっきり味わえます。

トッピングの牛肉は太龍ラーメンと違い、少し薄めの牛バラ肉が焼肉のような状態で乗っています。食べやすいですが、辛いお店では物足りない気もするメニューでしたね。

手作り餃子

f:id:sakuyaoi:20180729000220j:plain

餃子

 

真撮るのが下手で小さく映っていますが、皮がかなり大きいタイプの餃子です。自家製らしいので市販のものとは食感が違います。

具のお肉が牛肉で、こちらも牛全開なジューシーさ!どこまでも牛にこだわった、ここだけの味が楽しめるお店ですね!

 

広告

 

 

店舗情報

清水駅前店の情報 他店舗は公式サイトをご参照ください。

店名 太龍(たいりゅう)清水駅前店
住所 〒424-0806 静岡県静岡市清水区辻1丁目1-4-8
連絡先 054-364-5085
駐車場 あり 店前4台
定休日 月曜日
営業時間 11:00~23:00
予約 食べログ

静岡市のラーメン店はこちらから!