静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『活うなぎ橋本』清水の鰻専門店で蒲焼&白焼き極みのうな重!

f:id:sakuyaoi:20200411114920j:plain

極み重でうなぎを満喫!
コスパも味も最高な専門店!

水区庄福町、大通りから外れた閑静な住宅街にある鰻料理専門店。店主さんの地元、榛原郡吉田町の養鰻場から仕入れた鰻を蒲焼と白焼き両方で楽しめます。

ボリュームのある本格的なうな重が市内の鰻料理店と比べてもかなり安価でいただくことができ、コスパ面でもありがたいラインナップとなっています。

2010年オープンと市内の鰻料理店では新顔ながらリピーターも数多く、清水エスパルス選手も御用達とのこと。穴場の名店ですね!

広告

 

店舗紹介

活うなぎ橋本:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20200411114917j:plain

外観

のある古さの木の看板に、和モダンな玄関。レトロさと新しさが融合した、優雅な和の建築です。入口の窓から焼き場が見えます。

f:id:sakuyaoi:20200411114902j:plain

焼き場が見える
入口すぐに焼き場の見えるカウンターが5席。調理の様子を眺めて待ちたい方は、予約の際にカウンターを指定してください。
奥にはテーブル席が1つと20名程まで使えるお座敷があります。全部で25席程しかなく、テーブル数的にも少ないので予約は必須ですね。

f:id:sakuyaoi:20200411114856j:plain

壁一面のサイン

カウンター席の後ろ側の壁にたくさんのサインが並んでいました。殆どが清水エスパルスの選手。間違いなく御用達店です。

活うなぎ橋本:メニュー

f:id:sakuyaoi:20200411114850j:plain

メニュー

なぎは蒲焼と白焼き両方扱っていて、一番小さいうな丼(半身)で1700円からと専門店価格ではあるものの、高級店と比較すれば格安と言えるレベル。

一身入るうな重が2500円、一身半の特上うな重が3200円と量が増えるごとに価格もお手頃になってます。この辺りもコスパ店ポイント!

極み重は蒲焼と白焼きが半身の合い盛り、普通のうな重と値段が変わらないので、食べ比べできるこちらがおすすめです。

f:id:sakuyaoi:20200411114853j:plain

サラダやドリンク

サラダやデザート、ドリンクも揃っています。肝焼きや骨せんべいもあるので、ちょっと一杯にもピッタリです。

メインは他にリーズナブルな天丼もあります。最初なら鰻一択ですけども。そういえば鰻料理のお店って天丼も扱ってる場合多いですね。

特上極み重(大盛り)

回は豪華に看板メニューの特上極み重!大盛り&タレ増量無料のサービスがあるので大盛にしてもらいました。タレは想定できないので普通です。

今回は5人で訪問し、なおかつじっくり焼き上げる為、提供まで約30分かかりました。炭焼きの香りが漂って来てものすごくお腹空いちゃいますね。

1.5身分の大ボリューム

f:id:sakuyaoi:20200411114924j:plain

特上極み重

特上極み重は蒲焼が一身、白焼き半身がその上に乗っかる形の1.5身分。厚いお重に表面までせり上がっているので大盛ご飯もかなりのボリュームですね。

箸の上にあるのは白焼き用のお塩、汁物はうなぎの肝入りのお吸い物。漬物も付いてきました。

f:id:sakuyaoi:20200411122953j:plain

うなぎ満喫

見た目も香ばしく焼き上げられた特上極み重、まずは2枚ある蒲焼の方から一口。

表面はタレがかかっているのにパリッと香ばしく、スーパーで買った鰻を自分で焼くのとは全然食感が違いますね。臭みも全くなく、旨味だけが口いっぱいに広がります。

身は噛みしめられないほど柔らかく、舌の上でふわっと溶けてしまいそうな程です。外はパリっ、中はふわっと完璧な舌触り。

f:id:sakuyaoi:20200411114911j:plain

米まで香ばしい

ごはんにもたっぷり浸み込んだタレがまた格別で、柔らか儚い口溶けうなぎの風味を全く妨げることなく、さらに濃厚で香ばしい味へと昇華させています。

うなぎが乗っかっている部分に風味が浸み込んでいるので、ご飯だけで食べてもうな重を食べていると錯覚するほどの旨味!最高過ぎました。

白焼きはタレに漬けていない分更にカリッ、パリッとした香ばしさが際立っています。もちろん白焼きも身は舌に溶ける柔らかさです。

塩はかけ過ぎず少しずつ調整して、より旨味が際立つ比率を探しながら食べ進めるのがオススメ。こちらはより鰻本来の風味を楽しめます。

f:id:sakuyaoi:20200411114914j:plain

山椒もマスト

が濃い紀州産の高級山椒。これをかけることで更にうなぎの風味が際立ち、味わい深い一口になりました。味わいもまた変わりますので是非お試しを。

落ち着く温かさの肝吸い

f:id:sakuyaoi:20200411114908j:plain

肝吸い

しっかりうなぎの肝が沈んでいます。お吸い物なのでさっぱり薄口でお口直しにぴったり。肝からしっかり出汁が出ており、口直しでもうなぎを満喫できちゃいます。

漬物もしっかり美味しくこちらもさっぱり、白米がすすみそう。しかし鰻でどんどんご飯がすすみ、おかずとしての出番は訪れませんでした。

その他のおすすめ

f:id:sakuyaoi:20200411114900j:plain

骨せんべい

味しいうなぎなら骨まで絶対美味しいはずと頼んだうなぎボーン。定番のおやつではありますが、一級品をプロの技で作ったこちらも正しく専門店の味。

なのに150円なのでお酒を飲まなくても是非頼みましょう。揚げたて熱々の状態で提供されます!さっぱりうすしおで飽きの来ない美味しさでした。

味も大満足ながら、お手頃な価格がまたリピートしたくなる要因でした。年に一度は行きたい贅沢な夕食。皆様も是非一度は極み重をお試しください!

店舗情報

店名 活うなぎ橋本
住所 〒424-0855 静岡市清水区庄福町7-15
連絡先 054-351-3000
駐車場 あり
定休日 水曜日
営業時間 11:00~13:45 17:00~20:30
詳細 公式サイト

関連記事

静岡市の和食処はこちらから