静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『焼豚工房 康平』清水の炭火つるし焼豚テイクアウト専門店!

f:id:sakuyaoi:20210909132334j:plain

おかずにもおつまみにも!
柔らかさっぱり焼豚専門店!

水区幸町、常念川傍にあるテイクアウトの焼豚専門店。老舗の精肉店が経営していますが、品揃えは焼豚といくつかのお惣菜のみ。他のお肉はありません。

基本は3種の部位別にグラム売りですが、専門店ならではの柔軟な対応で『おつまみ用に5枚』『厚めに切って』など細かい注文も可能。

人気店の為午後になるとほぼ売り切れ、沢山購入したい場合は電話での予約推奨です。

店舗紹介

焼豚工房 康平:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20210909132325j:plain

外観

川から連なり住宅街を通る細い川『常念川』の傍。清水小学校と清水第三中学校の間あたりの立地にぽつんとあります。

朱色で目立つ外観ではありますが、普通の住宅の1階部分を使った受け取り口だけの屋台のような店舗ですので、近くに来ないとお店があること自体気付かないかも。

つるし焼豚の旗が立っているので目印にしてください。専用駐車場は無く、すぐ近くのスーパーでの買い物ついでに寄っている方が多いようです。

焼豚工房 康平:メニュー

豚は豚もも・豚バラ・豚肩ロースの3種類。ほぼ時価で来るたびに値段が変わっている気がします。入口に手書きの値段票が貼ってあるのでそちらを確認してください。

オープン~午前中くらいは冒頭で書いた通り枚数や形を指定して購入できますが、午後になると売り切れが多く、予約しないとあまり自由には買えません。

指定して切ってもらう以外にもパックに入って値段が付いた品も店頭に並んでいますので、特に指定が無い方はそちらを購入するのが早いです。

その他、ポテトサラダや清水もつカレーなどもパックのグラム売りで販売しています。

国産モモ肉焼豚

f:id:sakuyaoi:20210909132329j:plain

豚モモ400g

方に予約なしで買いに行った為在庫は少なかったですが、400gのモモ肉パックが残っていました。薄すぎず厚すぎずカットされたスタンダードなスライススタイル。

パックには特製のタレが付いており、グラム指定の場合も相応の量でタレが貰えます。

そのままでサッパリジューシー

f:id:sakuyaoi:20210909132327j:plain

盛り付けました

側のあらびきコショウと綺麗な断面が見た目から食欲そそりますね。そのまま食べると塩気はさっぱり目。食感は柔らかく、脂身は少ないのにジューシーな肉の味。

ロースやバラは脂身がもっと多いので今回のモモ肉に比べるとコクがある分少しくどさも出てきます。ラーメンに乗せたりそのままおつまみにするならモモですね。

お値段的にも結構差が出てくるので、コスパで選ぶなら個人的にはモモ一択笑。

タレを絡めて焼豚丼に

f:id:sakuyaoi:20210909132332j:plain

焼豚丼になりました

ンジで軽く温めてからタレを絡めてオンザライス。脂身が少なくそのまま食べられるモモならではの チャーシュー:ご飯=1:1のお肉たっぷり豪華盛りです。

タレは甘めで濃い味なのでかけすぎ注意ですが、ご飯との相性も抜群なのでほどよく絡めます。肉の旨味と塩気にタレの味わいがしっかり合体するイメージ!

温めた焼豚はより柔らかくなり、表面にほどよく脂も乗ってご飯が進みますね。かけすぎ注意ですがマヨもまた合うのです。

つるし焼豚ならではのほどよく脂が落ちた香ばしい味わい。いくらでも食べ続けられそうな逸品でした。是非お試しください!

店舗情報

店名 焼豚工房 康平
住所 〒424-0923 静岡市清水区幸町11-47
連絡先 054-335-4001
駐車場 あり
定休日 火曜日
営業時間 9:00~18:30(売り切れ次第終了)
詳細 食べログ

関連記事

静岡市のお土産・テイクアウト記事はこちら!