静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『安田屋本店』葵区の150年続く蕎麦処でお手頃そば丼ランチ!

市内屈指の老舗蕎麦処で
かき揚げ丼とそばの満足ランチ!

区横内町、慶応2年(1866年)創業の老舗蕎麦処。徳川慶喜公や山岡鉄舟などの旧幕臣も訪れたとされる、歴史ある市内定番のお店です。

霧下そばと十割そばで分けて扱っており、様々なトッピングのそば他、丼もの各種も提供。ランチタイムは選べる丼とそばのセットもお手頃価格で揃っています!

テーブル・座敷両方備えたゆったりくつろげる店内。今回は桜えびかき揚天丼とそばのランチセットをいただきました。

店舗紹介

安田屋本店:雰囲気

外観

屋根の二階建て、二階のシャッターが独特な外観。角度的に読みにくいですが、左の看板の前方側には『山岡鉄舟御用達の店』と書かれています。

新静岡駅前の北街道沿いを清水方面へ向かった、水落交番東交差点の角。駅から徒歩10分ほどです。店前2台駐車可能、隣のコインP利用と伝えると割引もあるそうです。

店内

店舗自体は流石に150年使われている訳ではなく、詳細は不明ですが比較的新しい建物です。レトロな雰囲気を残しつつも石床やガラスの使い方は和モダンお洒落な印象。

4人掛けテーブル4・2人掛けテーブル3・4人座敷2・奥にも座敷があり、全42席分とのこと。落ち着くピアノのBGMが流れています。

安田屋本店:メニュー

※写真は2022年10月時点の内容です。11月現在一部値上がりしています。

お得なランチ

ンチのサービスメニューは13時までとやや短めですが、7種から選べる丼と温 or 冷のかけそばが付いて980円(2022年11月現在)でいただけます。

通常メニュー

単品蕎麦は『きりしたそば』と『十割そば』でそれぞれトッピングなども異なり、大盛オプションの価格なども違いますね。

定番どころが揃っており、静岡らしい名前が付いた品も。ごはんものも天丼・親子丼・かつ丼と揃っており、それぞれ並と上があるのも個性的。

かつ丼はおまちの老舗で何店舗か見かける、ソース風味の卵とじとのこと。

定食やおつまみも

定食メニューも基本そば付きの豪華な内容。おつまみも揃っています。

桜えび天丼と冷かけランチ

お得なそば丼ランチ

ーフサイズのセットかと思いましたが、割とたっぷり麺が見える冷かけと、大きな桜えびかき揚げが乗った丼セット。昆布の佃煮もついてボリューミーですね。

大きな桜えびかき揚げ乗ってます

桜えびかき揚げ天丼

きなかき揚げは、食感と香りをしっかり感じる桜えびを中心に、玉ねぎ・ゴボウ・水菜などが入って風味もさっぱりとまとまった逸品。

ご飯もどんぶり1杯分はあり、これだけでもお腹にたまるガッツリ感。かき揚げとのおかず量的なバランスもいい感じです。

サクサク海老の風味も抜群

揚げたてカリサクな生地と、たっぷり入った桜海老の風味が口いっぱいに広がり、あまじょっぱい味付けでご飯が止まりません!

少し味濃くはなってしまいますが、蕎麦に入れて食べても最高の相性でした。

さっぱり冷かけそば

冷かけそば

汁が効いたさっぱり冷たいつゆに、固茹ででコシがあり、噛むと香りと甘みを感じる麺の定番美味しい一杯。

ネギが少し添えられたのみのシンプルな内容ですが、しっかり冷えていて麺の量も多め。ズズっと啜って一気に食べたくなる、セットとしてのバランスも良い逸品でした。

過ごしやすい店内で、お手頃価格でボリューミーなそば丼ランチがいただける老舗の名店です。ぜひお試しください!

【安田屋本店】徳川慶喜公も通った蕎麦処で丼そばランチ【静岡市葵区】 - YouTube

店舗情報

店名 安田屋本店
住所 〒420-0832 静岡市葵区横内町53
連絡先 050-3461-2688
駐車場 あり
アクセス 新静岡駅より徒歩10分
定休日 木曜日
営業時間 平日 11:00~14:30 17:00~20:30
土日 11:30~20:30
※お得なランチは平日11:00~13:00
詳細 食べログ

関連記事

岡市のそば処記事はこちら!