静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『珈琲館シーズン』葵区の静かな大人の喫茶店で本格アイスコーヒー!

f:id:sakuyaoi:20200125183947j:plain

落ち着いた大人の喫茶店
ベテランマスターの本格コーヒー

区両替町、青葉通り沿いのビル2階にある喫茶店。近隣のマダム&ムッシュの通う静かで大人の雰囲気を感じさせる老舗です。

カウンター席のみですが、店内の細部までお洒落にまとまっており、ベテランマスターの丁寧な仕事でハンドドリップコーヒーを淹れていただけます。

コーヒー&紅茶中心にドリンクメニューと軽食&スイーツも揃った豊富なラインナップ。落ち着いて休憩できる街中の名店です。

広告

 

店舗紹介

珈琲館シーズン:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20200125183949j:plain

目印

ルフェボン静岡店の向かい側のビル。目印の看板が二階部分についています。一階は人気のスイーツ店。三階はバーが入っていました。

f:id:sakuyaoi:20200125183952j:plain

入口

入口は青葉通りから脇道に入ったビル右側、お洒落なレンガの階段を上ってきます。上を見ていないとなかなか気が付かない立地ですね。

f:id:sakuyaoi:20200125183957j:plain

店内

店内は大きなテーブルのカウンター12席のみ、中央が厨房になったコの字型です。壁側が大きな窓張りになっており解放感ありますね。

棚の使い込まれたコーヒー用の道具や、窓際に設置された雑貨がレトロなお洒落感。常連さんは皆お洒落で空間に合ったマダム&ムッシュたち。喫煙可能で愛煙家が多いので苦手な方は注意です。

カウンターの内側が椅子より低くなっている珍しい構造で、マスターのベテランの技を斜め上からまじまじと見ることができます。ミルで豆を挽くところからもう所作が違いますね。

f:id:sakuyaoi:20200125184006j:plain

通りが見える窓

座る位置によっては通りが眺められて楽しそうですが、今回の私の席はビル側で外は余り見えませんでした。自然光に照らされた観葉植物も綺麗。

珈琲館シーズン:メニュー

f:id:sakuyaoi:20200125183954j:plain

メニュー

類豊富なコーヒー、ワンコインのものが多いですが高級豆のブルーマウンテンや、ウインナコーヒーなどもあります。紅茶も数種あり、その他にはジュースなど。

スイーツにケーキやコーヒーゼリー、軽食はサンドウィッチやトーストに混ざって異彩を放つおむすびセットも面白いですね。

アイスコーヒーとラムレーズンケーキ

f:id:sakuyaoi:20200125183959j:plain

アイスコーヒーとラムレーズンケーキ

回頼んだのはアイスコーヒーとラムレーズンケーキ。ラムレーズンケーキは卓上にパッケージされて置かれており、お土産にもできるみたいです。

大きめのグラスに明るめの色のアイスコーヒーは、ハンドドリップで淹れた濃いめのコーヒーをたくさんの氷で冷やすオーソドックスな作り方、しっかり冷えています。

苦味と酸味のバランスが良く、シロップを入れなくても後味から自然な甘さを感じます。苦7:酸3くらいですね。豆の味がしっかりしているので、ミルクを加えても香りが落ちません。シロップは少な目がオススメ、見た目の通りボリューム充分で飲みごたえありました。

f:id:sakuyaoi:20200125184002j:plain

ラムレーズンケーキ

レーズンの甘酸っぱさに濃厚なバタークリーム。シフォンもしっとり柔らかく、甘さが控えめでくどさを感じず美味しく戴けました。

アイスコーヒーのさわやかな苦さと良く合うスイーツです!

『純喫茶のハンドドリップ』そのものが好きな方は特に雰囲気込みで楽しめるお店です。珈琲の味もハイクオリティ、是非お試しいただきたい隠れ家喫茶でした!

店舗情報

店名 珈琲館シーズン
住所 〒420-0032 静岡市葵区両替町2丁目1-16
連絡先 054-255-5532
駐車場 なし
アクセス 静岡駅北口徒歩15分
定休日 水曜日
営業時間 10:30~19:00
詳細 食べログ

関連記事

静岡市のカフェ・喫茶店はこちらから!