静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『agato(アガート)』地産地消にこだわった両替町のダイニングバー!

f:id:sakuyaoi:20200227110800j:plain

地場食材使用の無添加グルメ
繁華街の穴場ダイニングバー!

区紺屋町、大通りの両替町交差点にあるドン・キホーテのビル5階で営業するダイニングバー。地産地消にこだわった和洋料理を定番から創作まで幅広く提供しています。

入口のバーカウンターが特徴のお洒落な店内ですが、掘りごたつ席もあり幅広い世代が気軽に楽しめる雰囲気。

見た目にも味にもこだわった様々な逸品がお手頃価格で提供されている、飲み会にもデートにも使える穴場の名店です!

※【PR】当記事は静岡新聞とのコラボ企画で執筆いたしました。▷詳細はこちら

広告

 

店舗紹介

agato(アガート):雰囲気

f:id:sakuyaoi:20200227110718j:plain

両替町のドン・キホーテビル5階

い出の交差点こと、両替町交差点のドン・キホーテビル。静岡の繁華街の中心ともいえるエリアですね。agatoさん入口へは写真の向きでビルの左側にあるエレベーターから上がります。

f:id:sakuyaoi:20200227110723j:plain

バーカウンター

エレベーターから降りてすぐ、入口にはシャンデリアが特徴的なバーカウンターが並び、明るく落ち着いた雰囲気ながらラグジュアリーな印象も与える素敵な店内です。

f:id:sakuyaoi:20200227110721j:plain

テーブル席

定番のレストランスタイルのテーブル席。窓際の席はビル5階からおまちの夜景も眺められます。テーブル間隔も広いので、グループごとにゆったりくつろげますよ。

f:id:sakuyaoi:20200227110726j:plain

掘りごたつ席

ファミリーにもオススメな和室掘りごたつ席や、仕切りもお洒落な個室、先ほどのテーブル席の隣には落ち着いて会話も楽しめるソファ席など、全部で100名程まで同時に座れるスペースが用意されているそうです。

agato(アガート):メニュー

f:id:sakuyaoi:20200227110729j:plain

冬のオススメ

ニューはタブレットで注文。履歴も表示可能な明瞭会計です。とにかく豊富なメニューは写真も貼り切れない為、今回は注文したブロックのみ併せて紹介いたしますね。

こちらは季節のオススメ料理。旬の野菜や牡蠣など冬の逸品の中で、内容の割にお値段もお手頃な『牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ』が気になり注文してみました。

f:id:sakuyaoi:20200227110732j:plain

前菜

地場産品の地産地消にもこだわるagatoさん。もう一品軽めの肉料理として『静岡県産セレ豚の自家製ローストポーク』を選択。

セレ豚(せれぶー)は富士市のブランド豚で、県内でも食事処で提供しているお店は限られる珍しい品種なんですよ!

f:id:sakuyaoi:20200227110734j:plain

ピッツァ

主食も一品と、ピザメニューから定番でお客さんからも人気という『マルゲリータ』を選択。パスタやライスものも豊富でした。

f:id:sakuyaoi:20200227110738j:plain

オリジナルカクテル

ダイニングバーですのでお酒もしっかり揃っており、今回はオリジナルカクテルから、『TOI・TOI』という夏らしさ溢れる一杯をいただきました。思いっきり冬ですけども。

agatoさんの逸品をバランスよく満喫!

f:id:sakuyaoi:20200227110751j:plain

お洒落なビストロセット

いう訳で、定番・季節モノ・静岡地産地消とバランスを考えてagatoさんの逸品を選んでみました。お洒落で会話をしながら楽しめそうな料理が揃っていますね!

静岡県産セレ豚の自家製ローストポーク

f:id:sakuyaoi:20200227110744j:plain

清水ブランドのローストポーク

の形のプレートが可愛いローストポーク!噛み締める程脂の甘さが際立ち、口いっぱいに広がる絶品。肉自体はさっぱりした味付けです。

きざみ玉ねぎ入りのマスタードソースが濃厚に絡み、酸味もあるので濃いコクなのに後味さわやかを成しています。薄切りですが肉食の満足度が高い逸品ですね!

セレ豚の公式紹介ページでも、代表的なお店として書かれているのはagatoさんと富士市の一店のみでした。清水にも一店舗ありますが、珍しいのは確かです。

お店の立地や雰囲気も考えると勝手にメニューもお高めかなと想像していたのですが、見た目にもこだわった地物の逸品がこのお手頃価格ならつい色々頼んじゃいますね!

マルゲリータ

f:id:sakuyaoi:20200227110746j:plain

マルゲリータ

周りが写真でもわかるほどにもっちりしたマルゲリータ。トッピングの部分は薄皮でその分たっぷり具材。具材が乗らない周りはピザの原型であるフォッカッチャを連想させます。

焼き加減自体は香ばしく、カリッとした外皮に中は本当にもっちもち。耳だけでも食べたいと思えるピザは初めて。齧った部分がふんわり戻っていく、素材の練り込みも素晴らしい逸品です。

f:id:sakuyaoi:20200227110757j:plain

断面

2~3人で食べられるボリュームに加えてチーズが厚く、とろけるモッツァレラながら噛み締めて味わう確かな食感も併せ持っています。

トマトもたっぷり酸味が効いており、さっぱり&濃厚のいくらでも食べられそうな逸品ですよ!是非温かいうちに!

牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ

f:id:sakuyaoi:20200227110749j:plain

牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ

回のメイン!エレベーター前の入口でも盛大におすすめされており、スタッフさんに是非食べて欲しいメニューを聞いた際も真っ先に勧められた品で、期間限定・数量限定とのこと。

ロッシーニとはフォアグラとトリュフを組み合わせた肉料理のことで、一番上のフォアグラにたっぷり乗っている黒いものは刻んだトリュフです!

f:id:sakuyaoi:20200227110754j:plain

お肉も柔らか

牛フィレ肉もフォアグラもとにかく柔らかく、ナイフで切る際は質感があるのに、口に入れればすぐに溶けてしまう贅沢な逸品!

お肉の下のマッシュポテトも濃厚で良い芋が使われているので、三位一体に柔らかな口当たりが香りも食感も味自体も語感で味わう、とても幸せなメイン料理でした。

ソースも赤ワインのトリュフソースで、甘みの濃厚さが違います。この内容で1280円でしたので、各品の完成度もさることながら、お値段的にもコスパ店と言って差し支えないですよね!

オリジナルカクテル TOI・TOI

f:id:sakuyaoi:20200227110741j:plain

TOI・TOI

メニュー紹介でも夏のカクテルと書かれていたのですが、撮影させていただいたソファ席に青いカクテルが合いそうだなと選択。

見た目通りにさわやかな炭酸と柑橘系香るブルーハワイって感じの一杯でしたが、濃厚な脂も楽しむ肉料理やピザには特にお口のリフレッシュにも良い一杯でした。

見た目も可愛い料理やお酒は女子会でも受けそうな要素がたっぷり詰まっていますね!貸切パーティにも対応した様々な用途で使える名店です。是非一度お試しください!

店舗情報

店名 agato(アガート)
住所 〒420-0852 静岡市葵区紺屋町12ー1 ドン・キホーテ 5F
連絡先 054-254-7314
駐車場 なし
アクセス JR静岡駅北口徒歩8分
定休日 年中無休
営業時間 月~木・日 17:00~翌4:00
金・土 17:00~翌5:00
詳細 公式サイト

関連記事

宴会にもピッタリ!静岡市定番居酒屋はこちら!