静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『ヒトヤ堂』静岡・人宿町人情ストリートの泊まれる純喫茶!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/sakuyaoi/20180618/20180618234424.jpg

築50年のビルをリノベーション
大正ロマンな泊まれる純喫茶!

岡市葵区七間町、レトロ感と新しさの融合した町『人宿町人情ストリート』の一角に、2018年6月にオープンした純喫茶、兼ゲストハウス。

大正ロマンをテーマにした懐かしい雰囲気の館内は、築50年の喫茶店をリノベーションしたリアルな時代を感じさせる内装。

喫茶に泊まる貴重な経験と、泊まらなくてもレトロな味わい深い館内で本格的な純喫茶グルメ・カフェメニューをゆったり楽しめる話題のお店です。

広告

 

店舗紹介

f:id:sakuyaoi:20200524120609j:plain

ダンなお洒落感を残しつつも、昔ながらな雰囲気そのままにといった感じの店頭。ビルの1階は『珈琲舎 茜』という昭和56年から続いていた純喫茶が入っていました。

茜さんの喫茶スペースはヒトヤ堂さんがそのまま譲り受け、一部はリノベーションしたものの、そのまま味のある店内で老舗の雰囲気を残しています。

ヒトヤ堂:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20200524120606j:plain

カウンター席

内はカウンター5席に4人掛けテーブルが2つ。昔ながらの喫茶店の雰囲気をしっかり感じます。オープン直後なので純喫茶特有のコーヒーの香りは漂ってませんでしたが。

提供しているコーヒーは静岡市内でも珍しい『サイフォン式コーヒー』とのことで、器具や技術を前店主さんから譲り受けたそうです。

f:id:sakuyaoi:20200524120555j:plain

テーブル席

インテリアや小物ひとつひとつが味のある古の純喫茶そのもので、きっとファンも多かったことでしょう。

以前の茜さんの時にも行ってみたかったと今更思ってしまいますが、ヒトヤ堂さんがしっかりその雰囲気を伝えてくれています。

ヒトヤ堂:メニュー

f:id:sakuyaoi:20200524120557j:plain

メニュー

承されたサイフォンコーヒーの他に、静岡のやぶきた紅茶、自家製の生姜を使ったチャイやソーダ。食事メニューにはトースト各種と多岐に揃えています。

自家製コーヒーゼリーも気になりましたが、純喫茶と言えばなクリームソーダを注文しました。

純喫茶のクリームソーダ

f:id:sakuyaoi:20200524120603j:plain

クリームソーダ

トヤ堂さんは定番の綺麗なメロンクリームソーダですね。シンプルなアロマフロートグラス。この形が純喫茶の定番です。

f:id:sakuyaoi:20200524120600j:plain

薔薇型アイス

しっかりグラスの縁ギリギリの大きなサイズのアイスクリーム。炭酸は強すぎず弱すぎず、メロンソーダらしいメロンソーダです。

宿泊施設

共有ラウンジ

f:id:sakuyaoi:20200524120552j:plain

共有ラウンジ

茶エリアから奥に進むと、靴を脱いで上がる宿泊者用の共有ラウンジ。カフェ利用者の方も使えるそうです。

電子レンジの下には炊飯器や電子ケトル、食器もあり、クッキングヒーター、水道、冷蔵庫とキッチンセットが揃っています。

こちらもお洒落な談話室スタイル。丸テーブルでトランプとか盛り上がりそうです。読書が捗りそうな壁のカウンター席には電源プラグもありますよ。

シャワールームへ

f:id:sakuyaoi:20200524120549j:plain

店内奥へ

話室の奥へと進んでいきます。冷蔵庫の後ろの扉はトイレですね。突き当りは階段になっており、この先左は化粧室とシャワールームです。

洋館風の建物で階段の手前に扉並ぶ光景は、とってもお洒落で大正ロマンな雰囲気を感じるとともに、某青鬼を思いだします笑。

f:id:sakuyaoi:20200524120547j:plain

化粧室

緑と白のツートンでお洒落な洗面台。金の蛇口や木の額が付いた鏡も雰囲気にしっかり一致していますね。このタイプの水道、ゲストハウスにはよくあるタイプなのです。

目立つワンポイント、鏡の間にある3つの飾りはモロッコタイルと言うそうです。

f:id:sakuyaoi:20200524120544j:plain

シャワールーム

シャワーはアメニティ完備でした。一人用で浴槽はありません。

2階:ドミトリー

f:id:sakuyaoi:20200524120541j:plain

お洒落な階段

や灯りにもこだわりを感じます。窓のある階段は開放感ありますね。昼間は左の大窓から光も指していますし。階段は緩やかなのでご心配なく。

f:id:sakuyaoi:20200524120538j:plain

ロッカー

貴重品入れのロッカーは雰囲気に合わせて黒いシートを貼ったそうです。イロハニホヘトの番割りが良いですね。

階段の右奥は化粧室とトイレになっています。一階と同じ金色の蛇口にキリンビールの古い鏡。ミスマッチな気がするのになぜか雰囲気が統一されています。

f:id:sakuyaoi:20200524120536j:plain

ドミトリー

こちらが宿泊エリア①定員12名のドミトリーベッド。木の質感が素晴らしいです。ドミトリーの利用は1泊3240円からだそうです。

f:id:sakuyaoi:20200524120618j:plain

シンプルな寝室

それぞれのカーテンと布団、ライトとシンプルな造りですが、グループでひょっこり顔を出してのドミトリートークに憧れます。ワクワクしますよね!

個室(2~3名1部屋)

f:id:sakuyaoi:20200524120612j:plain

個室ベッド

ミトリーの温かい木の雰囲気と逆に、個室はシックな雰囲気。ダブルベッドが一つとシングルベッドが一つなので2~3人で泊まれます。

f:id:sakuyaoi:20200524120615j:plain

シンプルな内装

その他には化粧鏡が一つと飾らない内装。こちらも正式営業は6月末からなので、内装は変わってくるかもしれません。個室の利用は5000円からとのことです。

ヒトヤ堂さんは『泊まるだけではない空間に』をテーマに、ワークショップやイベントの開催も予定していています。

特別な空間での宿泊を楽しめる、流行のゲストハウス。静岡観光の際に是非ご活用ください。

施設情報

店名 泊まれる純喫茶『ヒトヤ堂』
住所 〒420-0035 静岡市葵区七間町16-8
連絡先 info@hitoyado.com
駐車場 なし(近隣にコインパーキング多数あり)
アクセス JR静岡駅より徒歩15分
定休日 不定休(公式twitterにて月初めに告知)
営業時間 喫茶店営業は7:30~18:00
予約 公式サイト

関連記事

静岡市のカフェ・喫茶店はこちらから