静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは、2019年10月の消費税増税前の内容がほとんどです。
増税後の値上がり等、現在の金額とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

『クロンボ 曲金店』パフェが美味しい静岡の定番カフェレストラン!

f:id:sakuyaoi:20191228012342j:plain

市内の定番パフェレストラン!
オールドタイプのパフェが揃います!

つて静岡市内に展開していた定番カフェレストランの駿河区曲金店。現在は古庄と二店舗のみとなっており、各店内容は違うほぼ個人店の形で営業しているそうです。

ハンバーグやパスタ、オムライスやドリアと洋食中心にボリューミーなカフェランチが楽しめますが、今回は豊富に揃ったパフェの紹介をさせていただきます。

昔ながらの定番スタイルのパフェから、アイスたっぷりのパフェまで様々なパフェメニューを扱っている、静岡市でパフェと言えばなお店でもあります。

広告

 

店舗紹介

クロンボ 曲金店:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20191228012346j:plain

外観

静岡から日帰り温泉『松之湯』に徒歩で向かう道の延長線上にあります。白い壁とオレンジ屋根にコカ・コーラのネオンが懐かしい雰囲気です。

f:id:sakuyaoi:20191228012349j:plain

店内

店内は禁煙席と喫煙席で正面の入口から左右のフロアに分かれており、こちらは禁煙席。4人テーブル5つと2人テーブル1つの構成でした。仕切りがお洒落です。

天井にはギターやスピーカーにビートルズのジャケットアートワークなど、音楽方面の趣味がうかがえる私好みの店内でした。

f:id:sakuyaoi:20191228012357j:plain

雑誌も置いてあります

各少年誌・青年誌も揃っており待ち時間に読めます。若者向けの喫茶レストランに毎週通って雑誌を読む文化は私の世代より少し上の話なので憧れでしたね。

クロンボ 曲金店:メニュー

f:id:sakuyaoi:20191228012351j:plain

パフェメニュー

食事メニューも含めるとかなりの枚数になってしまうので、今回はパフェのみの紹介。ソフトクリーム入りのパフェや、オールドタイプは昔ながらの構成。各種ミニもあり。

ソフトクリーム入りパフェの下にご一緒にいかがですかと書かれた揚げ物の羅列は食べ合わせ大丈夫なのかと毎回疑問です笑

f:id:sakuyaoi:20191228012354j:plain

ケーキが乗ったパフェも

こちらはクロンボさんならではのソフトクリーム+ケーキが乗ったパフェ。ケーキが丸ごと乗っかっているビジュアルから凄い重量感ありますね。

食後の訪問で一人でこれは辛いので今回はオールドプリンパフェを注文しました。

オールドプリンパフェ

f:id:sakuyaoi:20191228012359j:plain

オールドプリンパフェ

ャラメルソースがかけられたたっぷり生クリームに、アーモンドをパラパラと。リンゴ・オレンジ・バナナとラスクが盛り付けられたビジュアル。

f:id:sakuyaoi:20191228012402j:plain

手作り感あるプリン

生クリームの下が手作り感満載のプリン。味はカスタードさっぱりの焼きプリン風で単品で甘すぎないので生クリームがよく合います。カップ幅の大きさでボリューミー!

f:id:sakuyaoi:20191228012404j:plain

しっかり美味しい

プリンの下にはアーモンドアイスがたっぷり、珍しいフレーバーですね。香ばしさと冷たさがプリンと混ざっても美味しい!

更にシフォンの層の先にアイスと細かく刻んだメロンがたっぷり!見た目以上に満足度も高い一杯でした!

ボリューミーなパフェなので単品でお腹いっぱいになってしまいますが、今度は食事メニューにも挑戦したいと思います!

店舗情報

店名 クロンボ 曲金店
住所 〒422-8006 静岡市駿河区曲金4丁目1-8
連絡先 054-281-4425
駐車場 あり
アクセス 東静岡駅より徒歩20分
定休日 木曜日 第三水曜日
営業時間 11:00~21:30(21:00 ラストオーダー)
詳細 公式ブログ

関連記事

静岡市のスイーツはこちらから!