静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『めるへん』葵区の昭和チックな喫茶店でクリームソーダを!

f:id:sakuyaoi:20191210002852j:plain

昭和レトロな穴場喫茶で
シンプルな喫茶のクリームソーダ!

区伝馬町、静鉄日吉町駅と新静岡駅の間あたりにある老舗の喫茶店。昭和喫茶の雰囲気そのままに、猫の置物など可愛い雑貨が並ぶ店内です。

おじいさん一人で経営する個人店ですが、モーニングサービスやランチメニューも豊富に揃っている他、単品メニューもお手頃と穴場な雰囲気満載!

葵区のお店では珍しく駐車場もあります。今回は朝食後に立ち寄ったため、お手頃価格のクリームソーダのみいただいてみました。

広告

 

店舗紹介

めるへん:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20191210002856j:plain

外観

通りから一本住宅街側へ入った通り沿いに緑の建物と青い大きな看板が目印。看板は大きいのに店名が1/4くらいのスペースに収まっています。

駐輪場は無いので常連さんは店先に自転車を止めていますが、車は隣に駐車スペースが用意されていました。

f:id:sakuyaoi:20191210002918j:plain

カウンター

店内はカウンター7席と4人掛けテーブルが4席。昭和のパブや喫茶店らしいスタイルの椅子やテーブル、カウンター構成です。

おじいさん一人で料理や接客を担当しているので時間に余裕のない方はおすすめできません。営業時間は7時~19時ですが上下することもあるそうなので大体ということで。

f:id:sakuyaoi:20191210002850j:plain

雑貨が並びます

カウンターの上には単行本や猫やフクロウなど店名の通りメルヘンチックな雑貨が並んでいます。カウンター後ろの棚にも猫と鳥類中心にずらり!

店内を見渡すとフクロウの雑貨が特に多く、カウンターの本も鳥類の図鑑やバードウォッチングについてなど、マスターが鳥好きなのかもしれません。

f:id:sakuyaoi:20191210002858j:plain

テーブル

テーブル席も昭和レトロな雰囲気。高級感のあるソファでゆったりくつろげる座り心地。大理石のテーブルも老舗喫茶ならではですね。

めるへん:メニュー

f:id:sakuyaoi:20191210002901j:plain

ドリンクとデザート

レンドコーヒー380円から、ジュース類まで個人店のラインナップとしてはかなり豊富。アイスやあんみつ・パフェなどもお手頃価格です。

10時半まで注文可能なモーニングセットはワンコイン以下のものも!

f:id:sakuyaoi:20191210002904j:plain

食事メニュー

食事メニューも大体630円均一とお得感ある価格帯。日替わりランチもあり、600円以上のお食事をした場合はブレンドコーヒーが+100円で注文できます。

ドリンクメニューにお酒が無かったので純喫茶かと思いましたが、最後の最後にビールがありました笑

喫茶のクリームソーダ

f:id:sakuyaoi:20191210002910j:plain

クリームソーダ

ーヒー付きの朝食を食べた後だったので、今回は喫茶店らしくクリームソーダを注文!ワンコインを超えるお店が多い中めるへんさんは430円とお手頃でした!

f:id:sakuyaoi:20191210002914j:plain

上から

アイスの大きさはディッシャー一杯分ですが、下に向かうほど色が濃い素材から混ぜて作るメロンソーダは喫茶店の味そのもの!

アイスを溶かしてクリームを混ぜながらゆったり味わう、老舗喫茶ならではの時間を忘れた楽しみ方がついついハマってしまいますね。

ビジネスホテル街からも近いので、近くに宿泊された方もぜひモーニングや休憩に立ち寄っていただきたい雰囲気の良いお店でした!

店舗情報

店名 めるへん
住所 〒420-0858 静岡市葵区伝馬町15-8
連絡先 054-255-0109
駐車場 あり
アクセス 静鉄日吉町駅から徒歩5分
定休日 不定休
営業時間 7:00頃~19:00頃
詳細 食べログ

関連記事

静岡市のカフェ・喫茶店はこちらから!