静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『らぁ麺ここん』静岡流通センターで朝ラーメン!鶏醤油×コク深煮干し!

f:id:sakuyaoi:20200924051223j:plain

静岡市の名店の味を良い所取り!
朝から濃厚鶏醤油ラーメン!

区の卸売市場『静岡流通センター』のバス停前に2020年9月17日にオープンしたラーメン店。朝7時から昼14時までの変則営業ですが、市内では貴重な朝ラーのお店です。

店主さんは静岡市の人気麺処『麺や厨』『ラーメンABE's』『Ramen Lacan』で修業した抜群の経歴を持ち、七間町での間借り営業を経て遂に店舗オープンとなりました。

修行した各店の良い所取りのような、鶏醤油×魚介出汁のスープ2種のラーメンを提供しています!静岡市民受けすること間違いなし?

広告

 

店舗紹介

らぁ麺ここん:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20200924051226j:plain

外観

通センターで働く人達が利用していたカフェやお食事処が並ぶテナントビルの一番右端の店舗にオープン。店舗自体はほぼ居抜きな感じでした。

最寄りのバス停は目の前、静岡駅からはやや遠くバスも1時間に2本ですが、分かりやすい場所ではありますね。

f:id:sakuyaoi:20200924064859j:plain

駐車場

駐車場も店舗裏側に6台分専門で確保されていました。裏口からも入店可能となっています。

f:id:sakuyaoi:20200924051156j:plain

店内

店内は以前は蕎麦屋か定食屋だったのかなといった雰囲気の居抜きレイアウト。4人掛けテーブル4つ、2人掛け1つ。

奥は座敷スペースで空間自体はテーブル4人×3となっていますが、ソーシャルディスタンスの都合かテーブルは1つのみ使用しており、他は奥に立て掛けてありました。

らぁ麺ここん:メニュー

f:id:sakuyaoi:20200924051229j:plain

メニュー

文は食券制。メニューは『正油らぁ麺』と『濃厚正油らぁ麺』がそれぞれトッピングオプション別で揃っています。

季節のラーメンも予定しているみたいですがこの日は×になってましたね。サイドは唐揚げとミニ丼のご飯もの。

オープン直後に訪問された方々のブログのメニューには『冷やしラーメン』が載っていて興味あったのですが、券売機からも消えてました。今後増えるのかはわかりません。

二種の鶏出汁らぁ麺

鶏濃厚鶏白湯醤油『濃厚正油らぁ麺』

f:id:sakuyaoi:20200924051202j:plain

濃厚正油らぁ麺(大盛)+味玉

々のラーメンだったので私はガッツリ濃厚正油味玉の大盛にしちゃいました。鶏白湯醤油な濁りスープが結構上まで来ててずっしり重量感を感じるビジュアル。

固定トッピングはネギ・なると・細いメンマ・海苔・チャーシュー2枚ですね。大盛は麺のボリュームがかなりあるのでご注意を。

f:id:sakuyaoi:20200924051205j:plain

麺は太め

修行された『麺や厨』さんの『うっ鶏』などを彷彿させる、鶏出汁の香りが濃厚でかなりコク深いスープです。麺は太めでもちもち、甘みも感じスープによく絡みます。

煮込まれた鶏のクリーミーさが強いので、魚介出汁の風味自体は割とあっさりしており、スープ自体のとろみに濃さは感じるものの、しょっぱいわけではありません。

f:id:sakuyaoi:20200924051221j:plain

じゅくじゅく玉子は白身まで柔らか

トッピングの半熟味玉は絶妙な茹で加減で白身部分まで凄く柔らか!是非付けていただきたい絶品味玉です。

細いメンマはコリコリと甘みもさっぱり美味しく、チャーシューも舌に蕩ける柔らかさで、こちらは肉の甘みを強く感じる逸品でした。

f:id:sakuyaoi:20200924051159j:plain

普通盛りはこんな感じ

こちらは味玉なし、普通盛りのスタンダード版。大盛はボリューミー過ぎたので量的にもこちらの方がバランス取れてる気がします。味玉は付けたいところですけど。

コク深煮干し『正油らぁ麺』

f:id:sakuyaoi:20200924051215j:plain

正油らぁ麺

う一方が『濃厚』なので、こちらはあっさりと思われるかもしれませんが、こちらはこちらで魚介出汁の旨味が強い『コク深×あじぶか』タイプのスープ。

とにかく煮干しが鋭く香り、鶏出汁の醤油は少し焦がしたような苦味を感じる癖がまた味わい深いです。濃厚が『麺や厨』さんベースなら、こちらは『ABE's』さんっぽさも感じるスープです。

麺の太さは濃厚と同じですが、それでもしっかり絡みます。濃厚に比べて飲み干せるさっぱり感もありますが、口いっぱいに出汁の香りが広がる味わい。

2種は全然個性が違うので是非食べ比べてもらいたいところですが、普通盛りでも結構ボリューミーなのですよね。

『肉醤油』は所謂チャーシューメン

f:id:sakuyaoi:20200924051209j:plain

チャーシューがたっぷり

『肉』はチャーシューが6枚入り。所謂チャーシューメンですが、舌に蕩ける柔らかさのチャーシューなら魅力も特大アップですね!

サイドメニューもお手頃に

1個からどうぞ『唐あげ』

f:id:sakuyaoi:20200924051218j:plain

唐あげ

ちらも『厨』さんリスペクトなのか、同じようなビックサイズからあげがサイドメニューに。塩味は薄めで、生姜と醤油がさっぱり利いた竜田揚げスタイルです。

サックリ美味しく、ラーメンとセットで1個から注文可能。お値段もお手頃なので是非。グループの場合は2個セットなどは大小で出てくるので1個ずつが良いかも。

シンプル追い飯にも『肉飯』

f:id:sakuyaoi:20200924051212j:plain

肉飯

りチャーシューが乗った肉飯、こちらは『ABE's』さんを取材した際に同じようなものを頂きましたね。ご飯の盛りは普通です。

炙っている分チャーシューは少し硬くなっていますが、胡椒と甘みが効いたタレがご飯とも相性抜群、余ったらスープを加えたりスープに追い飯もできる最高のサイドです。

新店舗ですが、静岡の人気店の味を集め、さらに上を目指すようなラーメン店。朝からはボリューミーすぎるかもしれませんが、少し早めのランチにも便利なお店ですので、是非一度お試しください!

店舗情報

店名 らぁ麺ここん
住所 〒420-0922 静岡市葵区流通センター4-1
連絡先 080-1620-6164
駐車場 あり(店裏6台)
アクセス 静岡駅北口より静鉄バス
こども病院 静岡神経医療センター行
流通センター入口 下車 徒歩10秒(目の前)
定休日 日曜日
営業時間 7:00~14:00
水曜10:00~
詳細 なし

関連記事

静岡市の中華・ラーメン店はこちら