静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民のリアルな視点で全力食レポ!静岡市民がもっと静岡を好きになる・市外の方が静岡に興味を持ってもらえるWEBマガジンを目指しています!ζζ

当ブログで紹介している店舗のメニューは一部2019年10月の増税前のものもあり、最新の価格と異なる場合があります。
現在新型コロナウイルスの影響で営業時間、提供内容が異なる店舗もございます。二点予めご了承ください。

『信水堂』富士山の天然水使用!氷の概念を変える山梨のかき氷専門店!

f:id:sakuyaoi:20200106045445j:plain

かき氷の概念を書き換える
口溶け新食感の天然氷!

梨県南都留郡富士河口湖町船津、観光スポットである河口湖や市街地からは少し外れの林道で営業する小さなかき氷専門店。

霊峰富士の天然水で作るこだわりの氷をふわふわな食感に削った、食べた人のかき氷の概念すら書き換えるかもしれない逸品です!

上記の通り山梨のお店で静岡市グルメブログとは?な記事となりますが、実は知り合いのお店でして、真冬にかき氷目当てで山梨に行ったのでダイマさせてください!

広告

 

店舗紹介

信水堂:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20200106041906j:plain

外観

始の挨拶がてらの来店で、訪れたのは1月4日の午後14時過ぎ。

夏は常に行列とのことでしたが、流石に寒い冬のしかも新年から...と思っていましたが普通に順番待ちで驚きました。

f:id:sakuyaoi:20200107032728j:plain

目印看板

店舗の横には10台ほどの駐車場。黒い看板に氷の文字が目印です。河口湖大橋の県道707号線に交差するレインボー通りの先、河口湖オートキャンプ場の傍にあります。

f:id:sakuyaoi:20200106041859j:plain

店内

店内はテーブル席4×3と2人掛け1つ。カウンターもありましたが、テーブルの位置が遮る形になっていたので、季節によってレイアウトは変えているのかもしれません。

黒を基調に赤のテーブルと和を感じる照明のお洒落な店内で、BGMもヒーリングミュージックのような落ち着く音色が流れていました。暖房も効いていて冬でも快適です。

f:id:sakuyaoi:20200106041825j:plain

座敷席

座敷席も4人掛け×2つあります。こちらもテーブル席とはまた違った和の雰囲気。黒と赤のカラーリングはシックな印象で高級感もありますね。

f:id:sakuyaoi:20200106041837j:plain

和と富士を感じる

独特な歪みのグラスに富士山のお手拭き。海外からのお客さんにも喜んでもらえそうな、富士山のお膝元ならではなセンスがこちらもお洒落です。

信水堂:メニュー

f:id:sakuyaoi:20200106041830j:plain

かき氷

本のかき氷メニューがこちら。信玄餅をイメージしたきな粉&黒蜜の『信玄氷』が一番人気。その他にも普通のかき氷とは一風変わったフレーバーで揃っています。

f:id:sakuyaoi:20200106041833j:plain

季節限定

基本メニューに加えて季節限定も豊富に。こちらの方が少し高価な値段設定ですが、季節に合った素材を使用したフレーバーって感じ。その分内容も豪華な気がします。

f:id:sakuyaoi:20200106041835j:plain

その他の甘味

お餅を使った甘味メニューもあり、冬場はこちらも人気とのこと。この日は扱っていませんでしたがケーキもあるそうです。

f:id:sakuyaoi:20200106041828j:plain

ドリンクメニュー

カフェ風ラインナップでドリンクメニューもあります。ほうじ茶は単品150円ですが、かき氷とセットにする場合は+50円で付けられます。

初体験の口溶け、信水堂のかき氷

ョップカードの内容曰く『世界遺産、霊峰富士のミネラルたっぷりの天然水から専用の製氷機を使用し、こだわりの氷を製作いたしました。他では味わえないふわふわの、ケレン味のない純な氷をお楽しみください』とのこと。

特製ソースのいちご練乳

f:id:sakuyaoi:20200106041840j:plain

いちご練乳

んまるスノードーム状に美しく模られたいちごソースのかき氷。練乳は別添えで右の赤い容器に入っています。ボリュームも二人でシェアできる程のビックサイズ。

f:id:sakuyaoi:20200106041842j:plain

たっぷり練乳

別添え練乳もたっぷりで、そのまま全部かけるとこぼれてしまうので、食べながら少しずつかけていけます。自分のタイミングで調整できるのは嬉しいですね。

f:id:sakuyaoi:20200106041845j:plain

とろとろかけて

ミルクをかけて雪どけの装いに。一口食べれば今まで食べてきたかき氷とは明らかに違う食感。ふわふわ系かき氷は静岡のお店でも食べましたが、それともまた違うのです。

しゃくしゃく食感にもならない、確かに固形なのに水そのものを食べているような、かき氷というより雪のように軽いアイスクリームと言った感じ。

言葉で表しきれない新食感で、これは確かに概念が変わる新しい味ですね!

f:id:sakuyaoi:20200106041847j:plain

中までシロップたっぷり

いちご練乳は静岡市駿河区のブランドいちご『紅ほっぺ』を使用しており、酸味と甘さのバランスが素晴らしい逸品。果肉は残っていませんが、正にいちごをそのまま食べたような味わい深さです。

口の中に入れた瞬間溶けるのに、シロップと氷の重量感はしっかりあるのです。濃厚な練乳もバッチリ合い、イチゴに練乳をかけて食べている感覚もしっかり味わえます!

もちろん頭がキーンと来ることも無く、部屋も暖かいので冬でもしっかり満喫できるかき氷でした。

季節限定ピスタチオみるくとラズベリー

f:id:sakuyaoi:20200106044303j:plain

ピスタチオみるくとラズベリー

ちらは季節限定メニューから『ピスタチオみるくとラズベリー』抹茶のような緑色にラズベリーソースと練乳がかけられた見た目も印象的な一品。

f:id:sakuyaoi:20200106045705j:plain

金箔は新年仕様

お正月バージョンとのことで、普段はありませんが金粉を乗せていただきました。

香ばしく濃厚クリーミーなピスタチオの味がしっかり氷と混ざり合い、こちらは更にアイスクリーム感が増しますね。口溶けはいちご練乳同様すごく軽く、一瞬で口内に浸透していきます。

口に広がるナッツの甘さに、酸味の強いラズベリーソースが良いアクセント!更に上書きする形のミルクで三重奏です。

f:id:sakuyaoi:20200106045708j:plain

刻んだピスタチオも

中までしっかりシロップが浸透しており、ラズベリーとミルクもたっぷり。更にスライスされたピスタチオも入っており、この食感が氷の柔らかさと合わさって楽しい!

いちご以上にしっかりした甘さの逸品ですが、くどさは無く、酸味も交互に来るため飽きずに食べ進められました。

お口直しにほうじ茶

f:id:sakuyaoi:20200106041902j:plain

ほうじ茶

たい氷のお口直しに、熱々のほうじ茶を。かなり濃い茶葉を使用しており、甘みも強く落ち着く一杯です。

かき氷を食べた後は口の中はどうしても色々な甘さが混ざり合ってるので、ほうじ茶で美味しく慣らすことができますよ。

夏場は本当に混むらしいので、今の時期が穴場かもしれません!並んでも一度は食べていただきたいかき氷、山梨観光の際には是非お立ち寄りください!

店舗情報

店名 信水堂
住所 〒401-0301 山梨県南都留郡富士河口湖町船津7673-1
連絡先 0555-73-8548
駐車場 あり
定休日 月曜日
営業時間 11:00~17:00
詳細 Facebook

関連記事

静岡市外の紹介記事こちらから!