静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

静岡のグルメブロガーさくやちゃんです!静岡市グルメを探すならこのブログ!と言ってもらえるような静岡市の観光&グルメ情報サイトを目指してます!市民&旅行者の為のローカルネタたっぷり静岡市観光&グルメブログです!ζζ

『登呂遺跡』竪穴住居に高床倉庫!弥生文化の遺跡で古の時代を体験!

弥生時代の遺跡の代名詞

f:id:sakuyaoi:20180521231504j:plain

公園の高床式倉庫と竪穴住居

駿河区登呂にある弥生時代の農耕文化を伝える史跡。当時を再現した竪穴式住居、高床倉庫、祭殿、水田などの見学、週末には当時の暮らしを体験できるイベントなどを行う公園になっています。

敷地内には弥生時代の考古資料・土器などを展示した『登呂博物館』があり、こちらも体験や歴史の体験・勉強ができる資料が集められています。一階は無料の体験展示、二階は収蔵品の有料特別展示です。

以前まで登呂遺跡は小学校の歴史の教科書に載っていたのですが、ここ数年の改正で消されてしまったそうです。私達の世代くらいまでの常識が変わっていく...。

広告

 

スポット紹介

駐車場

f:id:sakuyaoi:20180521231326j:plain

駐車場の案内板

登呂公園全体は意外と広く、博物館と美術館以外のスペースは居住跡と復元水田で本物の村のようになっています。駐車場側から水田沿いを進んでいきます。

駐車場は有料で400円、営業時間は8時半から17時までです。

登呂博物館

f:id:sakuyaoi:20180521231330j:plain

登呂博物館入口

3分ほどで博物館に着き、コチラが入口。以前は建物自体が竪穴式住居みたいな形の独特な雰囲気がありましたが、2010年ごろにリノベーションし現在は近代的なミュージアムというか、いい感じの建物になってしまいました。いいのか悪いのか。

一階の展示は無料ですが、二階はイベントや収蔵品の企画展示になっており、イベントによって300円〜400円程度の入館料がかかります。入口でチケットどうですかと聞かれますが、1階だけ見ればいい場合は断ってください。今回の記事では1階のみ紹介します。

f:id:sakuyaoi:20180521231426j:plain

展示スペース

f:id:sakuyaoi:20180521231422j:plain

弥生人の服

展示スペースの入口には弥生人の服があり、着ることが出来ます。服を着たまま展示を見たり体験したりできるので、弥生人の気分になって周れる楽しいシステムです。

f:id:sakuyaoi:20180521231333j:plain

土器展示

f:id:sakuyaoi:20180521231419j:plain

棚にも展示

列沿いに土器や当時の食器などの展示。それぞれ説明があります。

f:id:sakuyaoi:20180521231346j:plain

高床式倉庫

奥は壁一面に弥生時代の村の光景が描かれた体験スペース。竪穴住居や高床式倉庫など生活の様子に触れながら勉強できます。コチラの高床式倉庫は手前のはしごを登ることができ、中が覗けます。何が入っているのかは行ってみてのお楽しみ。

f:id:sakuyaoi:20180521231405j:plain

f:id:sakuyaoi:20180521231337j:plain

中にはいれます

住居の紹介とともに、中に入ってじっくり様子を観察できます。中から外がどう見えるかなども気になりますね。

f:id:sakuyaoi:20180521231340j:plain

f:id:sakuyaoi:20180521231343j:plain

f:id:sakuyaoi:20180521231349j:plain

f:id:sakuyaoi:20180521231352j:plain

f:id:sakuyaoi:20180521231402j:plain

弥生人体験

広い空間に弥生時代の生活を体験できる様々な展示が並んでいます!スタッフさんに声をかけることでいつでも体験できますよ!もちろん大人の方でもOK!

f:id:sakuyaoi:20180521231415j:plain

f:id:sakuyaoi:20180521231430j:plain

土器パズル

ちょうど小学生が体験に来ていて、流石に混ざっていくのは...!だったので土器パズルだけ体験しました。皆さんは恥ずかしがらず是非参加してくださいね!

f:id:sakuyaoi:20180521231433j:plain

図書室

弥生時代の歴史図書を中心に資料が揃う図書室もあります。

f:id:sakuyaoi:20180521231442j:plain

反対側の入り口

というわけで一階の内容は以上。体験型の展示が多いので写真じゃ魅力が伝わり切らないと思います。是非直接見て触れて弥生時代の文化を体験してみてくださいね!

芹沢銈介美術館

f:id:sakuyaoi:20180521231445j:plain

f:id:sakuyaoi:20180521231448j:plain

独特な館前庭園

続いて芹沢銈介美術館。反対側の入口から出て真っ直ぐ暫く進むと道沿いにあります。入口までがちょっとした迷路のように石の壁が並ぶ、凝った雰囲気の庭園になっています。今回は時間が無かったので中には入りませんでした。

静岡市葵区出身の染色師『芹沢銈介』の作品が並ぶ美術館ですが、本人の染物以外にも趣味で収集した工芸品も展示されています。こちらは観覧料がかかりますが、展覧会などの追加料金が無いので、イベント開催中がおすすめです。

登呂公園

f:id:sakuyaoi:20180521231452j:plain

f:id:sakuyaoi:20180521231457j:plain

竪穴住居と火をおこす人の像

暫く木の間を進むと、竪穴住居と高床式倉庫が並ぶ村の一部を切り取ったようなエリアが。壺のレプリカや火起こしをする人の銅像なども並んでいます。こちらの竪穴住居も中へ入れます。

f:id:sakuyaoi:20180521231509j:plain

f:id:sakuyaoi:20180521231512j:plain

竪穴住居の中

竪穴住居の中はこんな感じ。一人暮らしだったら意外と快適な生活できそうです。

f:id:sakuyaoi:20180521231500j:plain

広場側へ進むと更に竪穴住居や高床式倉庫が並んでいます。こちらは実際の村を再現した公園で、弥生人の生活空間そのものを等身大に見学することができます。

 

f:id:sakuyaoi:20180521231516j:plain

f:id:sakuyaoi:20180521231519j:plain

田んぼ

川や田んぼなど村そのものの再現の為けっこう広く、歩き回ると疲れます。登呂遺跡以外の遺跡公園を見たこと無いので何とも言えませんが、こんなに村そのものを再現してる施設って結構貴重だと思うのですよね。今回は曇っていて残念でしたけど、青空の下だと緑も映えるとっても綺麗な公園です。

f:id:sakuyaoi:20180521231523j:plain

f:id:sakuyaoi:20180521231526j:plain

火起こしも体験できます

公園にいるスタッフのお爺さんに頼むと火起こしも無料で体験できますよ!これが結構難しい。他にも古代のお米を使ったお菓子作りや土器作りなど年間様々なイベントが行われています。詳しくは登呂遺跡公式サイトのイベント情報をチェック! 

広告

 

スポット情報

スポット名 登呂遺跡(登呂公園)
住所 〒422-8033 静岡県静岡市駿河区登呂5-10-5
入場料 無料(博物館2階は有料)
駐車場 あり(有料)
連絡先 054-285-0476
定休日 公園は無休、駐車場・博物館は月曜日
営業時間 公園は無休、駐車場・博物館は 9:00~16:30
サイト (登呂博物館)http://www.shizuoka-toromuseum.jp/