静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

【閉店】『海とくま吉じぃさん』清水魚市場の新店舗!ネタを選んで海鮮うMY丼!

f:id:sakuyaoi:20210204203313j:plain

四代目くま吉がリニューアル!
河岸の市初のMy海鮮丼のお店!

水魚市場 河岸の市まぐろ館の2F右端、今年初めまで『四代目 くま吉』として営業していたお店が2月15日にリニューアルオープン。

『海とくま吉じぃさん』通称『海くま』です。清水の市場にはありそうでなかった、丼に好きな海鮮を乗せて自分で海鮮丼を作るタイプのお店。

オリジナル海鮮丼『うMY丼』の他にもガッツリな天丼メニューや、くま吉から継続の静岡おでんも扱っています。

※2019年10月、閉店しました。

店舗紹介

海とくま吉じぃさん:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20210204203303j:plain

外観

ニューアルオープンしたばかりで、まだ外観はシンプルそのもの。『四代目 くま吉』さんの頃から他の店に比べてさっぱりな外観でしたけどね。

f:id:sakuyaoi:20210204203300j:plain

店内

4人掛けテーブル中心に座席数は多め。河岸の市まぐろ館海側テナント共通の、清水港を見渡すカウンター席も。素晴らしいオーシャンビューです。

港を進む船も群れで飛ぶカモメも、優雅なここだけの風景ですね。

海とくま吉じぃさん:メニュー

f:id:sakuyaoi:20210204203252j:plain

メニュー

タを選んで作る『海鮮うMY丼』の他には、完成された『海くま海鮮丼』や、おすすめ丼として天丼3種、全部盛りっぽい『海くま天重』などが揃っています。

一品料理は少しですが、黒はんぺんフライやもつカレーコロッケなど清水らしいグルメも。静岡おでんが食べられるのも河岸の市じゃここだけです。

ネタを選んで『海鮮うMY丼』

f:id:sakuyaoi:20210204203327j:plain

海鮮うMY丼

文カウンターで『選べる海鮮うMY丼』と注文し、ごはんセットを購入。冷蔵ケースに並ぶネタ皿を好きに選んで取り、テーブルでどんぶりに盛り付けていきます。

回転ずしのようにネタ皿を会計の際に計算するシステムみたいですね。基本のごはんセット(丼酢飯+しじみの味噌汁)が350円で、ネタは100円から300円まで。

f:id:sakuyaoi:20210204203321j:plain

好きな具材で

注文カウンター前のケースから取っていきます。ネタは大体2枚ずつ程度。どれを選んでいいか迷う方のためにネタセットの皿もありましたよ。

f:id:sakuyaoi:20210204203324j:plain

具材一覧

うMY丼のシステムを紹介したものの、私はナマモノ食べられない人間ですので、今回も天丼の紹介になります。

ボリューミーな江尻天丼

f:id:sakuyaoi:20210204203255j:plain

江尻天丼

ちら今回試してみた『江尻天丼』980円税別です。丼ではなくお重での提供。見た目からかなりのボリューム感。お味噌汁と漬物付きです。

大きなエビが3本

f:id:sakuyaoi:20210204203258j:plain

大きな海老

ぷらネタは、海老3本・大葉・あなご・ナス・カボチャです。真ん中に大ぶりなエビが3本も並べば中々の質量感ですよね。

静岡市の天丼としては珍しい衣薄めのサクッとタイプ。タレひたひたなお店が多い中、サクサク好きな方に嬉しい揚げ具合。

とはいえタレが少ないわけではなく、ご飯までしっかり沁み込んだつゆだく状態です。甘さはそれほどなく、さっぱりとした薄口の印象でした。

ぷりぷりなエビも、薄めで舌に溶けるあなごも、どれもしっかり美味しい天丼でした!

海とくま吉じぃさん:店舗情報

店名 海とくま吉じぃさん
住所 〒424-0823 静岡市清水区島崎町149 まぐろ館2F
連絡先 050-3314-0107
駐車場 あり
アクセス 清水駅から徒歩3分
定休日 水曜日
営業時間 10:30~16:00
詳細 河岸の市

関連記事

静岡市の海鮮料理はこちら