静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』

最新の静岡グルメ&観光情報を毎日更新!地元民目線で全力食レポ!お財布に優しいランチを積極的にまわってます!

『カレーと喫茶 あまりろ』鷹匠のレトロな喫茶店で自家製レモンソーダ!

f:id:sakuyaoi:20210519080240j:plain

NewOPENですがレトロな雰囲気
大人の味・自家製レモンソーダ!

区鷹匠3丁目に2021年4月1日オープン、カレーと手作りスイーツ&ドリンクを提供する喫茶店。新しいお店ですが、レトロ感が落ち着く店内になっています。

食事メニューは昔懐かしい二種類のカレーのみ。自家製の砂糖漬けレモンを使用したドリンクは、ソーダやサワーなどアルコールでも提供しています。

あまりろはスペイン語で黄色を意味する【amarillo】からとのこと。今回はランチのカレーではなく、おやつタイムなカフェ利用で立ち寄りました。

店舗紹介

カレーと喫茶 あまりろ:雰囲気

f:id:sakuyaoi:20210519033250j:plain

外観

るいレンガ色の壁と大きな窓、屋根にあまり主張せず店名が書かれた昔ながらの喫茶な外観。この店名表記スタイルは市内の喫茶にもいくつかありますね。

中心街からは離れた北街道傍の脇道沿い。最寄りは静鉄・日吉町駅ですが、徒歩8分と駅からはやや遠い立地です。

駐車場は二軒隣の北街道沿いにあります。満車の場合はコインパーキングのキャッシュバックなども行っているそうです。

f:id:sakuyaoi:20210519080243j:plain

店内

暖かさを感じる色合いの店内。昔ながらの喫茶店な雰囲気+センスが光る照明や飾りが並び、レトロお洒落って感じですね。BGMはラジオ放送。

4人掛けテーブル1・2人掛け1、奥にカウンター5席と席数は少なめ。空間が空けた配置になっているので、一人やグループでゆったりくつろげます。

カレーと喫茶 あまりろ:メニュー

f:id:sakuyaoi:20210519033255j:plain

メニュー

事メニューは自家製カレー&ドライカレー。ルーのみのお持ち帰りもありました。スイーツのチーズケーキ&ミルクジェラートも手作り、ハーフサイズもあります。

ドリンクはコーヒーやココアなど喫茶らしいラインナップから、自家製のレモンシロップを使用したジュースやソーダ・アルコールメニューもレモン推しですね。

冷たいドリンクもお値段変わらずなのがほんのり嬉しい。

自家製スイーツでゆったりカフェ

自家製レモンソーダ

f:id:sakuyaoi:20210519033301j:plain

f:id:sakuyaoi:20210519033258j:plain

自家製レモンソーダ

家製レモンシロップのレモンソーダ、500円(税込)。レモンジュースもレモンソーダも同額です。厚めに切ったレモンが浮かぶ大きなアロマフロートグラス。

皮の苦みも感じる、甘さはほんのりなレモンの香りを味わう一杯。炭酸は弱めですが、しっかり冷えたさわやかな清涼感。

ジュースって感じではない大人向けな味わいですが、少しずつ飲んでゆったりくつろぐのに最適。レモンサワーもシロップとウォッカがよく合いそうです。

自家製チーズケーキ

f:id:sakuyaoi:20210519033303j:plain

f:id:sakuyaoi:20210519033307j:plain

チーズケーキ(ハーフ)

ーフサイズのチーズケーキ、250円(税込)。通常サイズが500円でハーフもそのまま半額なのがありがたいですね。

半分でも結構な食べ応え、通常サイズはかなり満喫できるボリュームだと思います。

フォークで切る際は固めな印象でしたが、口に入れるとしっとり舌に溶ける柔らかさ。チーズは乳の風味が強く、濃厚な甘みと優しい酸味が口いっぱいに広がります。

レモンのチップが振りかけられており、ほんのり苦味と後味さわやかな逸品でした。レモンソーダとも意外と相性良かったです。

ゆったりくつろげる店内で、さわやかな大人のレモンソーダとお手頃しっとりチーズケーキ。ふらりと立ち寄りたくなる名店でした。是非お試しください!

店舗情報

店名 カレーと喫茶 あまりろ
住所 〒420-0839 静岡市葵区鷹匠3丁目3-14
連絡先 054-295-5600
駐車場 あり
アクセス 静鉄日吉町駅より徒歩8分
定休日 木曜日
営業時間 11:00~17:00
詳細 公式Instagram

関連記事

静岡市のカフェ・喫茶店はこちら